#1: 戦略「脳」を鍛える―BCG流 戦略発想の技術

戦略「脳」を鍛える―BCG流 戦略発想の技術   戦略「脳」を鍛える―BCG流 戦略発想の技術 御立 尚資 過去の24時間でランキングが上昇しました 2日間100位以内 (65) ダウンロード: ¥ 599 (この商品の現在のランクに関する正式な情報については、Kindle本のベストセラーリストをご覧ください。)     以下、amazonより抜粋

内容紹介

戦略「論」は後講釈、つまり学問にすぎない。ビジネスの実践で勝つための戦略は「ユニークさ」が必要。本書ではユニークな発想を生み出す「頭の使い方」を解説。 【主な内容】 第1章 インサイトが戦略に命を吹き込む 第2章 思考の「スピード」を上げる 第3章 三種類のレンズで発想力を身につける 第4章 インサイトを生み出す「頭の使い方」を体験する 第5章 チーム力でインサイトを生み出す

出版社からのコメント

戦略コンサルタントの「マル秘の奥義」がわかる!! クラウゼヴィッツと孫子を読んだ軍事参謀同士が戦ったらどうなるか? 同じ戦略論を読み、同じ理屈で戦うので、お互い手の内はわかっている。そのため、勝負はつきにくくなるだろうが、それでも、勝ち負けはつく。そこで勝敗をわけるのは何か? 定石を超え、相手の裏をかく戦い方の工夫、ちょっとしたアイデアなどの「ユニークさ」であろう。 将棋や囲碁はもちろん、企業間の競争においても同様のことがいえる。本書では、定石を超える「ユニークさと「イノベーション」を生み出す能力を「インサイト」呼び、この能力について解説していく。ボストンコンサルティンググループ過去40年の歴史の中で秘伝の奥義され、上司・部下、先輩・後輩の間で継承されてきたンサイトを生むための発想術を紹介し、戦略構築能力いわば戦略「脳」を鍛えるプロセスを明らかにした。アカデミックな戦略論の基本も解説されているので、経営学の初学者にとっては戦略の本質を知ることができ絶好の入門書である。 また、マイケル・ポーターやP・F・ドラッカーを読んでも勝てる戦略・戦術がつくれないとお悩みの中・上読者にとっては、「机上の知識」を「実務に役立つ知恵に変えてくれる一冊となるだろう。

内容(「BOOK」データベースより)

“ポーター”を読んだだけでは勝てる戦略はつくれない!ボストン・コンサルティング・グループがもつノウハウの中核部分を初公開。定石を超えた「イノベーション」を生み出すための発想法を解説。

内容(「MARC」データベースより)

ボストン・コンサルティング・グループがもつノウハウの中核部分を初公開。戦略論という定石を知った上でのプラスアルファの能力、「インサイト」を中心課題とし、そのさまざまな要素を解説し、頭の使い方のコツを紹介する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

御立/尚資 ボストン・コンサルティング・グループヴァイスプレジデント。京都大学文学部卒業。ハーバード大学経営学修士(MBA with High Distinction)。日本航空株式会社を経て現在に至る。金融、消費財・流通業界を中心に幅広い業界に対して、事業戦略、グループ経営、イノベーション、プライシング、M&A等のプロジェクトを数多く手掛けている。BCG Worldwideの金融および消費財・流通に関するエキスパートグループのコアメンバー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

#7: 未来をつくる起業家  ~日本発スタートアップの失敗と成功 20ストーリー~ (NextPublishing)

未来をつくる起業家 ~日本発スタートアップの失敗と成功 20ストーリー~ (NextPublishing) 未来をつくる起業家  ~日本発スタートアップの失敗と成功 20ストーリー~ (NextPublishing) ケイシー ウォール(Casey Wahl) 過去24時間でランキングが下降しました 39日間100位以内 (10) ダウンロード: ¥ 900 (この商品の現在のランクに関する正式な情報については、Kindle本のベストセラーリストをご覧ください。)   amazonから抜粋

内容紹介

『無理』を超えろ!ー日本人IT起業家20人のリアルすぎるストーリーー “起業大国”とは言い難い日本において、揺るぎない情熱と信念を糧に起業した人たちがいる。日本のみならずシリコンバレーやアジアなどグローバルでも活躍している彼らを突き動かしたものは何か? 困難をいかに乗り越えたのか? あるいは成功に導いた鍵とは? 日本ではあまり話されることのない失敗談(Lessons and Learned)を豊富に交え、起業戦略や戦術、成功に至るポイントや経営哲学などの起業ストーリー、そして具体的アドバイスなど、スタートアップにまつわる奥行きある実話を収録。 著者のケイシー・ウォール自身、リクルーティング業界をディスラプトすべく15年前に日本を拠点に起業。彼ならではの視点やディテール描写、リアリティが展開されている。 ――アメリカでは“失敗”は必ずしもネガティブにとられない。起業においてはむしろ賞される。かたや日本では起業に限らず“失敗談”はあまり語られない。そんな“失敗談”にこそ、学ぶべき気づきがある(本書より) 【目次】 <収録インタヴュイー> 小林 清剛(NOBOT, Chanoma) 木村 新司(Gunosy) 南 壮一郎(BizReach) 村田 マリ(iemo) 光本 勇介(ブラケット) 柴田 陽(Spotlight) Robert Laing & Matthew Romaine(Gengo) 福山 太郎(AnyPerk) 井口 尊仁(DokiDoki,Tonchidot, Telepathy) 柿山 丈博(MONOCO) 平野 未来(Cinnamon) 倉富 佑也(Panda Graphics) 秋好 陽介(Lancers) 山本 敏行(ChatWork) 須田 将啓(エニグモ) 坂井 光(インタレストマーケティング) 河端 伸一郎(Interspace) 武藤 友木子(ProTrade) 林 郁 & 伊藤 穰一(デジタルガレージ)

出版社からのコメント

※本書は、本年3月20日にオンデマンド書店および電子書籍ストア限定で発売されたベストセラー『未来をつくる起業家』(販売:株式会社インプレスR&D[NextPublishing])を底本としています。 新装版では、「はじめに」が大幅拡張され、シリコンバレーと日本の起業シーンの違いや文化的な背景にまで踏み込んだ考察や本書の出版後に著者が思いめぐらせたことが加筆されており、新たな知識が得られるよう設計されています。 なお、これにあわせ電子書籍とプリントオンデマンド版もアップデートされ、内容は同一のものとなっています。※2015年10月には本書の英語版『The Quiet Comeback』の電子・オンデマンド書籍が日米で同時発売されるなど、話題が高まっています。

だれもがクジラを愛してる。

だれもがクジラを愛してる。 [Blu-ray]

 

だれもがクジラを愛してる。』(原題: Big Miracle)は、2012年のアメリカ映画。1988年に実際に起きたクジラ救出作戦を取材した、トム・ローズの同名ノンフィクションを原作としている。

ストーリー

1988年10月、アラスカ州バロー。テレビリポーターのアダムは、取材中に偶然3頭のコククジラが厚さ15センチの氷の下に閉じ込められていることを知る。そこは海まで8キロも離れており、氷に穴を開けなければクジラは息をすることもできなかった。動物ネタは世間の関心を惹けると考えたアダムは、自らのキャリアアップのためにこれを報道する。すると、そんな彼に一本の電話が入る。相手は彼の元恋人で、環境保護団体「グリーンピース」で活動しているレイチェルだった。

クジラの救出に名乗りを挙げたレイチェルは、地元の先住民族「イヌピアック」がクジラを食用として捕獲する恐れがあるとし、州知事に協力を要請するも冷たく断られてしまう。そんな彼女に意外な人物が協力を申し出る。なんとその相手とは、石油採掘会社の社長の妻だった。しかし、実は石油採掘会社としては、今回の救出活動で環境保護団体に貸しを作ることで、今後の採掘事業への批判を軽くしたいという思惑と、自社が環境に優しい企業であるというイメージアップこそが真の目的であった。こうしてクジラ救出のための機材を手に入れたレイチェルは、その後巧みにメディアを利用し、この救出作戦に世界中の人々の関心を集めるのだった。世間の関心が救出作戦に向けられていると知った州知事は、態度を一変させて協力を申し出る。早速州知事は州兵部隊の司令官に連絡し、採掘会社が所有するホバーバージをヘリ2機で移動させる命令を下すのだった。

こうして始まった救出作戦を、世界中の人々が固唾を飲んで見守る中、ついにはアメリカ合衆国大統領であるロナルド・レーガンまでもが、この作戦に協力を申し出る。大統領選挙を直前に控えたレーガン陣営としては、この作戦を大統領のイメージアップに繋げようと躍起になっていたのだ。一方、クジラを食用として捕獲しようとしていたイヌピアックたちは、捕鯨を強行すべきかどうか思い悩んでいた。そんな彼らの気持ちを察したアダムは、救出作戦が世界中に報道された今、捕鯨に乗り出すことは今後の狩猟活動に支障をきたすと族長に進言する。彼の進言を聞き入れた族長は、民族のために救出作戦に協力することを決定するのだった。

様々な人物の思惑が交差する救出作戦は順調に思われたが、ここで最悪のアクシデントが彼らを襲う。なんと肝心のホバーバージが移動途中に氷の穴に落下してしまったのだ。この知らせを受け、途方に暮れる救出チーム。だが、そんな彼らを救おうと多くの地元住民が立ち上がり、さらには意外な人物が救出活動に協力を申し出るのだった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
レイチェル・クレイマー ドリュー・バリモア 石塚理恵
アダム・カールソン ジョン・クラシンスキー 坂詰貴之
ジル・ジェラード クリスティン・ベル 榊原奈緒子
スコット・ボイヤー大佐 ダーモット・マローニー 斉藤次郎
ケリー・マイヤーズ ヴィネッサ・ショウ 石田嘉代
マリク ジョン・ピンガヤック
ネイサン アマウォーク・スウィーニー
J・W・マグロウ テッド・ダンソン
ルース・マグロウ キャシー・ベイカー
ハスケル州知事 スティーヴン・ルート

※wikipedia参照

遠距離恋愛 彼女の決断

遠距離恋愛 彼女の決断 [DVD]

 

遠距離恋愛 彼女の決断』(原題: Going the Distance)は、2010年公開のアメリカ映画。

ストーリー

ニューヨークで働くギャレットと新聞社のインターンに来ていたエリンが意気投合して一夜を共にし、付き合うようになる。当初は軽い関係だったが、やがてお互い真剣な気持ちとなってゆく。しかし6週間後、エリンがサンフランシスコに戻ることになり、遠距離恋愛がスタートする。

 

キャスト

役名: 俳優(ソフト版日本語吹き替え)

  • エリン: ドリュー・バリモア(石塚理恵)
  • ギャレット: ジャスティン・ロング(川中子雅人)
  • ダン: チャーリー・デイ(桜井敏治)
  • ボックス: ジェイソン・サダイキス(山野井仁)
  • コリーン: クリスティナ・アップルゲイト(沢海陽子)
  • フィル: ジム・ガフィガン
  • ウィル: ロン・リヴィングストン
  • デイモン: オリヴァー・ジャクソン=コーエン
  • ブランディ: ナタリー・モラレス
  • ブライアンナ: ケリ・ガーナー
  • カレン: ジューン・ダイアン・ラファエル
  • ロン: ロブ・リグル
  • ハーパー: サラ・バーンズ
  • 教授: テリー・ビーヴァー
  • ヒュー: マット・セルヴィット
  • エイミー: レイトン・ミースター※wikipedia参照

ローラーガールズ・ダイアリー

ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]

 

ローラーガールズ・ダイアリー』(原題: Whip It)は、2009年のアメリカ映画(日本公開は2010年)。女優ドリュー・バリモアの長編映画監督デビュー作品で、本人も出演している。原作はショーナ・クロスの『Derby Girl』。米国で1960年代から流行したローラーゲームを題材とした映画である。

ストーリー

テキサスの田舎町で暮らす17歳のブリスは、母親に言われるまま、美人コンテストに出場している。そんな彼女は、ある日友人のパシュとローラーゲームの観戦に行き、すっかり魅了される。彼女は、年齢を偽わり、家族にも内緒でハール・スカウツの新人テストに参加し、合格する。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ブリス・キャヴェンダー エレン・ペイジ 小松由佳
ブルック・キャヴェンダー マーシャ・ゲイ・ハーデン 定岡小百合
マギー・メイヘム クリステン・ウィグ 日野由利加
スマッシュリー・シンプソン ドリュー・バリモア よのひかり
アイアン・メイビン ジュリエット・ルイス 山像かおり
“ホット・タブ”・ジョニー・ロケット ジミー・ファロン 小森創介
アール・キャヴェンダー ダニエル・スターン 石住昭彦
レイザー アンドリュー・ウィルソン
ローザ・スパークス イヴ
パシュ アリア・ショウカット
ブラディ・ホリー ゾーイ・ベル
オリヴァー ランドン・ピッグ
エヴァ・デストラクション アリ・グレイノール
シャニア・キャヴェンダー ユーレイラ・シール
バードマン カルロ・アルバン

※wikipedia参照

グレイ・ガーデンズ 追憶の館

グレイ・ガーデンズ 追憶の館』(Grey Gardens)は、2009年にHBOで製作されたテレビ映画である。日本では2009年11月3日にWOWOWで放送。

あらすじ

1973年、ケネディ一族の取材の為にドキュメンタリー映画のスタッフはジャクリーン・ケネディ・オナシスの叔母であるビッグ・イディ・ビールとその娘リトル・イディ・ビールが住むハンプトンのグレイ・ガーデンズ邸を訪れる。

1930〜40年代は社交界の華と謳われた母娘だったが、今はゴミが散乱し荒れ果てたグレイ・ガーデンズ邸で多数の猫やアライグマに囲まれひっそりと暮らしていた。

キャスト

  • ドリュー・バリモア:リトル・イディ・ビール
  • ジェシカ・ラング:ビッグ・イディ・ビール
  • ケン・ハワード:フィラン・ビール
  • ダニエル・ボールドウィン:ジュリアス・アルバート・クルーグ
  • ジーン・トリプルホーン:ジャクリーン・ケネディ・オナシス
  • ケネス・ウェルシュ:マックス・ゴードン

    ※wikipedia参照

ラッキー・ユー

ラッキー・ユー 特別版 [DVD]

 

ラッキー・ユー』(原題:Lucky You)は、2007年のアメリカ映画。

ストーリー

プロのポーカー・プレイヤーであるハックは、ラスベガスで行われるポーカーの世界選手権での優勝を目指していた。だがそれには、皆から尊敬される偉大なポーカー・プレイヤーである父を越えなければならなかった。そんな彼の前にビリーという女性が現れる。自分とは違い人生を正直に生きる彼女に、彼は惹かれていく。

役名 俳優 日本語吹替
ハック・チーバー エリック・バナ 藤原啓治
ビリー・オファー ドリュー・バリモア 浅野まゆみ
LC・チーバー ロバート・デュヴァル 有川博
スーザン・オファー デブラ・メッシング 葛城七穂
レディ・エディ ホレイショ・サンズ 石住昭彦
ロイ・ドゥルチャー チャールズ・マーティン・スミス
レスター サヴェリオ・ゲーラ
ミシェル・カーソン ジーン・スマート
テレフォン・ジャック ロバート・ダウニー・Jr
レイ・ズンブロ マイケル・シャノン
ジェイソン・ケイズ エヴァン・ジョーンズ

※wikipedia参照

2番目のキス

2番目のキス (特別編) [DVD]

 

2番目のキス』(原題: Fever Pitch)は、2005年のアメリカ映画。ドリュー・バリモアとジミー・ファロンが共演したロマンティック・コメディ。ニック・ホーンビィの自伝的小説『ぼくのプレミア・ライフ』(原題は同じくFever Pitch)を原作にしている。

ストーリー

10月のボストン。女性ビジネスコンサルタントのリンジーは、高校の数学教師ベンと運命的な出会いをし、そして恋に落ちる。リンジーは交際を通じて、ベンが自分にとってかけがえのない存在であることを確信する。

しかし、幸せは長くは続かなかった。メジャーリーグのシーズンが到来すると、ベンは人が変わったかのように、リンジーに対して見向きもしなくなってしまう。そう彼は熱狂的なボストン・レッドソックスファンであり、彼にとっては恋人ですら「2番目」にすぎないのであった。

そんな彼に渋々付き合うリンジーだったが、次第に二人のスレ違いが大きくなってしまう。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
リンジー ドリュー・バリモア 松本梨香
ベン ジミー・ファロン 松本保典
アル ジャック・ケーラー 小室正幸
モリー アイオン・スカイ 根本圭子
ロビン ケイディー・ストリックランド 渡辺美佐
アーティー スコット・H・セヴェランス 白山修
本人役 スティーヴン・キング(カメオ出演)

※wikipedia参照

50回目のファースト・キス

50回目のファースト・キス [Blu-ray]

 

50回目のファースト・キス』(ごじゅっかいめのファースト・キス、原題:50 First Dates)は、記憶障害の女性と、一途な愛を貫く男とのロマンティック・コメディ。全米1位初登場を記録している。

ストーリー

ハワイの水族館で獣医師として働くヘンリーは後腐れのない一夜の恋を楽しむプレイボーイ。

ある日カフェでルーシーという女性と出会い、意気投合するが、翌日会うと彼女はヘンリーのことをすっかり忘れていた。 実は彼女は交通事故の後遺症により、事故前日までの記憶は残っているが以後の記憶が全て一晩でリセットされてしまうという短期記憶喪失障害だった。 父と弟は彼女がその事に気づかないように、夜のうちに同じ新聞を準備し、彼女が壁に描いた絵を真っ白に消す作業を行い、彼女が事故にあった父親の誕生日での出来事を毎日同じように繰り返せるように努力していた。

ヘンリーは毎日、初対面から始め、愛を告白し続ける。二人は毎日恋に落ち、毎日ファースト・キスをする。ヘンリーにとっては23回目であろうが50回目であろうが、ルーシーにとってはファースト・キスなのである。

ある日ルーシーは車が車検切れだと指摘され、それに反論するために新聞を見て、日付が自分の記憶にあわないことに驚愕する。記憶のない彼女にとっては、常にその日は父親の誕生日なのである。この矛盾を父親に問いただすために、怒りながら帰宅するが、これらのことも父親にとっては何度も経験したことであり、すでに用意していた事故のファイルを見せ、真実を説明する。彼女にとって初めて聞いたことで、悲しみにくれるが、次の日になれば、また彼女にとっては同じ父親の誕生日の日曜日となる。

しかし、このままではルーシーの人生は失われたままであると考えたヘンリーは二人の出会いから現在までを描いたビデオを作成し、毎朝彼女に見せ、彼女の人生を取り戻す努力を開始する。また、そのビデオによって、この彼女にとって見知らぬ男であるヘンリーが彼女の恋人と理解するようになり、少しずつであるが、二人の仲は進展していくかに思われた。しかしヘンリーもまた、毎日ルーシーに恋をさせることに努力することに没頭するあまり、ヘンリー自身の人生の夢である海洋探索の夢をあきらめることにした。これを立ち聞きしてしまったルーシーは、自分が愛する人の重荷になると思い、別れを決意した。実は、ルーシーはヘンリーに黙って日記をかき、そこにビデオとおなじように自分の気持ちを寝る前に日記にかいて、それを記憶を失った翌朝に、よみなおすことにより、自分自身の記憶を再現する努力をおこなっていった。ビデオでは又聞きのような気が毎回してしまうというのが、理由だ。ルーシーはこのヘンリーとの想い出を綴った日記も全て処分してしまう事を決意した。このことは、つまり記憶から、ルーシーの人生からヘンリーを消すということになる。はたしてヘンリーとルーシーの恋は別れたまま終わってしまうのか?

出演

役名 俳優 日本語吹替1 日本語吹替2
ヘンリー・ロス アダム・サンドラー 森川智之
ルーシー・ホイットモア ドリュー・バリモア 松本梨香 乙葉
ウーラ ロブ・シュナイダー 後藤哲夫
ダグ・ホイットモア ショーン・アスティン 高木渉
マーリン・ホイットモア ブレイク・クラーク 辻親八
アレクサ ルシア・ストラス 雨蘭咲木子
Dr.キーツ ダン・エイクロイド 佐々木梅治

※wikipedia参照

1 2 3 4 5 102