日本の映画を見た「清州会議」

こちらのコーナーでは、極力ネタバレしないようにしつつ、映画の見所をご紹介していきます。前もって言いますが、ご紹介にあたっての評価には、個人の主観が多分に含まれています。
なので、こちらのコーナーを見て映画を見ることを決断した方は、「実際に見たら、つまらなかったわよ!」等という想いを抱いたとしても、苦情等は一切受けません。予めご了承の程よろしくどうぞ!

さてさて、記念すべき第一弾のタイトルは「清州会議」です!

清州会議とは、戦国時代の覇者である織田信長が本能寺の変で死亡した後、誰を後継者にするかを決めた会議です。建前上は、織田信長の息子たちから誰を跡継ぎにするかを決めるものでしたが、実質は、その跡継ぎの後見役になる織田信長の家臣が、信長の後継者になるということで、そういう政治競争を決着する重要な会議。

映画「清州会議」は、2012年に三谷幸喜が書いた小説を基にしています。三谷幸喜が監督・脚本を務め製作され、翌2013年に公開されました。

まず面白いのは、時代劇ならではの堅苦しい言葉使いが全くないということ!言葉使いだけではなく、コミュニケーションも出来る限り、砕けたものにしています。

三谷幸喜ならではのコメディータッチで、差し迫った状況である織田軍団をコミカルに描いているところも見所です。
「歴史はよく分からないから・・・」という人でも、十分に楽しめる映画だと思います。
とにかくシンプルなストーリーで、動きが多く、その動きもやたらと大げさにしています。

時代劇でよくある雰囲気を伝えるシーン。風景や陶芸品などを映して、日本文化の「わび」と「さび」を伝えるようなシーンです。時代劇が好きではない人には、ああいうのが苦手な人も多いのでは。
そういうシーンが一切ありません。あったとしても、それを覚えてないくらい展開がめまぐるしく動き、のんびりした感覚を抱かせない映画ですね。

役者の演技については、特にコメントしません。良いか悪いか判断できないからです。響くものはないです。これは、三谷映画にあることです。どうしても三谷幸喜の演出の色が強く、役者の特性はあまり記憶に残っていないのが正直なところ。

歴史の史実性については、気になったのが一点だけ。
松姫は、あの時代、八王子市の北条家にいる筈なので清州会議の場にはいません。
別に松姫じゃなくても良かったのでは、と思いましたが、三谷幸喜がわざわざそれを選んだ理由があるのでしょう。

最後ですが、
つまり役所広司が演じる柴田勝家と大泉洋が演じる豊臣秀吉の二人の戦いであるように思えた清州会議が、それだけではなかったということが最後の最後で分かる、という、ちょっとしたドキドキも与えてくれます。さすが、三谷幸喜。ミステリー性を忘れていない。

結論、是非見て下さい!

「蒼天航路」を読んでみた

蒼天航路は原作・原案が李學仁(イ・ハギン)、漫画が王欣太(キング・ゴンタ)の作品です。蒼天航路で描かれているのは、皆さんご存じの三国志の世界。

「三国志」とは、魏(ぎ)、呉(ご)、蜀(しょく)という3つの王朝が一時代に興り、覇権を争った時代を指します。魏を興す曹操(そうそう)、呉を興す孫権(そんけん)、蜀を興す劉備(りゅうび)を中心とした様々な英雄たちが登場し、歴史ドラマを展開します。

この漫画が珍しいのは、日本人が信じる「三国志」とは違う「三国志」を内容の素材としていること。どういうことかと言うと、日本で広く親しまれている「三国志」の正式名称は「三国志演義」です。多くの日本人が歴史の史書として認識しているこの本は、中国の「四大奇書」と呼ばれており、後世に書かれた歴史小説です。つまり、歴史書ではないんです。

「三国志演義」は、三国志の時代から明の時代にかけて講談師(話しを聞かせる人)が作った紙芝居の内容を素材としており、人の噂やイメージなどが多分に含まれている内容です。
横山光輝氏が描く三国志は、この「三国志演義」を素材としています。

蒼天航路が素材とする「三国志」は歴史書の方の「三国志」です。これを「三国志正史」と呼びます。こちらは、中国で正式に認められた歴史書です。中国の王朝では、次の王朝の歴史書担当が前の王朝の歴史を書くという暗黙のルールが決められているそうです。なので、三国志の次の晋の時代の歴史家が書いたのが、この「三国志正史」です。

「三国志演義」は、四大奇書と呼ばれるだけあって、怪奇的なストーリーが含まれています。また、「三国志正史」と大きく違う点は、「三国志演義」の善玉が蜀の劉備であり、悪玉は魏の曹操です。「三国志正史」は小説ではないので、善玉も悪玉もありませんが、正統は、あくまでも曹操になっています。

前述した通り、中国の王朝の正史は、次の王朝の歴史家が書くので、三国志の後の王朝である晋が王朝を引き継いだのが三国志の魏である以上、魏を正統にしなくてはいけなかったということですね。

蒼天航路に描かれる三国志の英雄たちは、「三国志演義」のような善玉、悪玉という観念が無い為か、登場する人物たち全員に哲学やドラマがあり、英雄として格好良いキャラクターになっています。

次回から、蒼天航路の世界を詳しくご紹介しちゃいます!

実は、違う人?日本の英雄たち

研究の近代化や新たな発見により教科書の内容は部分的に変化しているんです。
では何故、変化するのか。それは、歴史の史実の誤りが発見されるから。

誤りの原因は何でしょう。
憶測が独り歩きしているケースや、解読ができなかったケース。そして、遺物によって誤解が生まれるケースなど、様々なケースがあります。中には、先人である歴史家たちが言い切ったことを後輩である歴史家やジャーナリストが素直に受け入れた結果、史実としてすっかり浸透しているパターンもあります。

あるケースだと、当時、沢山の発見をした有名な歴史家が言い切ったことが、特に疑われることもなく史実として定着し、どの本でも、その人物はすっかりダメ人間として描かれていました。それがようやく再評価されて、現在、研究が進み、徐々に人物イメージが変わってきています。その人物からすれば、本当にたまったものではないですね。残念ながら日本ならではのそういう背景もあるんですね・・・。

さて、今回の歴史の教科書の変化は、「肖像画」です。
今、二人の英雄が話題です。一人目は鎌倉幕府を開いた源頼朝。二人目は、その次の幕府である室町幕府を開いた足利尊氏。
なんと、この二人の英雄の肖像画は、本人ではない可能性が高いようです。
日本で幕府を開いた三人の英雄、源頼朝、足利尊氏、徳川家康の内の二人が肖像に誤りがあったということです。

源頼朝と言われた肖像画は、なんと、足利尊氏の弟ではないかと言われており、足利尊氏と言われた肖像画は、尊氏の家来の高師直ではないかと言われています。まだ定かではないので現在の教科書では「騎馬武者の画」等と人物を特定しない形になっています。

日本史上「幕府」という武士政権を開いた三人の征夷大将軍の人物画像が間違えていた、というのは歴史家として結構な失態かと・・・。

シェイムレス -shameless- 俺たちに恥はない

ストレス発散になるのでやめられない。

このドラマみるともっと自由な発想で生きなきゃって・・・

パワーをもらっています!

 

wiki

シェイムレス 俺たちに恥はない』(シェイムレス おれたちにはじはない、Shameless)は、アメリカ合衆国Showtimeで放送されているテレビドラマ

この番組はイギリスのチャンネル4で放送されていた同名の番組( Shameless )のリメイクにあたる。

この番組はシカゴ南部のカナリービル(Canaryville)周辺を舞台にしているが、撮影は同じくシカゴのサウス・ローンデイル(en:South Lawndale, Chicago)[1]のほかにもワーナーブラザースのスタジオがあるカリフォルニア州バーバンク でも行われている。 第1シーズンの初回放送は2011年1月9日に開始された[2]。 第2シーズンの撮影は同年7月5日に行われ[3]、初回放送は2012年1月8日に行われた[4]。 2012年2月1日、第3シーズンの制作発表が行われ[5]、同年6月27日から撮影が開始された[6]

日本では2012年1月5日から2012年3月22日までWOWOWで毎週木曜23:00に第1シーズンが放送(再放送は翌週木曜9:50)され、第2シーズンは2012年11月1日から同じ時間帯で放送(再放送は翌週木曜15:00)。さらに、2014年10月2日から2014年12月18日までの毎週木曜深夜0:00(字幕)、毎週金曜深夜1:00(吹替)に第4シーズンが放送された。

概要[編集]

飲んだくれの父親・フランクとその6人の子、そしてその周辺を描いたコメディドラマ。 この番組はアルコール依存症のフランクが家族を巻き込む様子を通じて、今日のアメリカの労働者階級の様子を描いている[7] 。 この番組の制作者であるポール・アボットはこの番組は『マイ・ネーム・イズ・アール』といったテレビドラマとは異なり、単なる肉体労働者ものではなく貧困をより深く掘り下げて描いていると話している[7]

登場人物[編集]

ギャラガー家[編集]

フランク・ギャラガー
演:ウィリアム・H・メイシー/吹き替え:梅津秀行
ギャラガー家の父親である飲んだくれの男。不正に障がい者年金を受給している。
加えて、すでに死亡している姉の年金も不正に受給している。(死体は庭に埋まっている)
半ばもぐり込む形でシーラと同棲していた。
フィオナ・ギャラガー
演:エミー・ロッサム/吹き替え:坂本真綾
ギャラガー家の長女で、実質上彼女が大黒柱である。
フィリップ(リップ)・ギャラガー
演:ジェレミー・アレン・ホワイト/増田裕生
ギャラガー家の長男。学校では学年トップを誇るほどの優等生。カレンに片思いしている。
イアン・ギャラガー
演:キャメロン・モナハン/成家義哉
ギャラガー家の二男。ゲイであり、親友マンディの兄イアンに心惹かれている。フランクの実の子ではなく、フランクの兄弟の子である。
デビー・ギャラガー
演:エマ・ケニー/ 山根舞
ギャラガー家の次女。
カール・ギャラガー
演:イーサン・カトスキー/ふしだ里穂
ギャラガー家の三男。
リアム・ギャラガー
ギャラガー家の四男である幼児。
モニカ・ギャラガー
演:クロエ・ウェブ/安達忍
フランクの元妻で、子供たちの実の母親。双極性障害を抱えている。
ペグ・ギャラガー
演: ルイーズ・フレッチャー
フランクの実母で、家では家長としてふるまっていたため、彼にとっては恐ろしい人物である。

周辺の人物[編集]

カレン・ジャクソン
演:ローラ・ウィギンス/嶋村侑
リップの片思いの相手だが、学校ではよく問題を起こしている。リップへの思いが暴走したマンディによって車で轢かれた。
スティーヴ
演:ジャスティン・チャットウィン/川田紳司
フィオナの元恋人。
シーラ・ジャクソン
演:ジョーン・キューザック/幸田直子
カレンの母親で、フランクとは恋人同士。広場恐怖症を抱えている。
ジョディ
演:ザック・マッゴーワン/高橋英則
カレンの知人である男性。
ヴェロニカ
演:シャノーラ・ハンプトン/ 林りんこ
ギャラガー家の隣人である看護師。かつてわいせつ動画で生計を立てていたことがあった。ギャラガー家を助けてやりたいと思っている。
ケヴィン
演:スティーヴ・ハウイー/ 中谷一博
ギャラガー家の隣人。バー『アリバイ・ルーム』でバーテンダーをしている。ヴェロニカと同棲。
トニー・マルコビッチ
演:タイラー・ジェイコブ・ムーア 
ギャラガー家の隣人で、警察官である。第2シーズンでは新しい恋人を見つけた。
マンディ・ミルコヴィッチ
演:エマ・グリーンウェル/安藤瞳
イアンの友人で、リップとは恋人関係にあった。
ミッキー・ミルコヴィッチ
演:ノエル・フィッシャー/畠中佑
マンディの兄。乱暴な人物だが、父親には頭が上がらない。イアンと肉体関係を結ぶも、自分がゲイであるという事実を受け入れられず、ロシア人女性とできちゃった婚した。
1 100 101 102