Category Archives: TVドラマ

おもちゃの国のクリスマス

おもちゃの国のクリスマス』(原題:Babes in Toyland)は1986年のアメリカのテレビ映画。劇場未公開作品。『E.T.』の子役で注目された、ドリュー・バリモアが主役の少女を演じる。

クリスマスの夜、主人公の少女がおもちゃ屋さんで、楽しくも不思議な体験をする、ファミリー向けミュージカル・コメディ映画。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
リサ・パイパー ドリュー・バリモア 渕崎ゆり子
メアリー・パイパー/メアリー・コントラリー ジル・シュエレン 松井菜桜子
ジャック・フェントン/ジャック・ニンブル キアヌ・リーブス 堀内賢雄
パイパー夫人/未亡人ハバード アイリーン・ブレナン
ジョージ/ジョージー・ポージー グーギー・グレス 塩屋浩三
バーニー/バーナビー・バーナクル リチャード・マリガン 大木民夫
グリム判事 ウォルター・ブッシュホフ 北村弘一
トイマスター パット・モリタ 富田耕生

※wikipedia参照

リンカーンを殺した男

リンカーンを殺した男<特別編> [DVD]

 

リンカーンを殺した男』(Killing Lincoln)は、2013年のアメリカ合衆国の伝記ドラマテレビ映画。ナショナルジオグラフィックチャンネルで2013年2月17日に放送された2時間の政治ドキュドラマである。トム・ハンクスがナレーターとホストを務め、ビリー・キャンベルが第16代アメリカ合衆国大統領のエイブラハム・リンカーン、ジェシー・ジョンソン(英語版)が暗殺者のジョン・ウィルクス・ブースを演じた。『バンド・オブ・ブラザース』のエリック・ジェンドレセン(英語版)が脚本と製作総指揮、エイドリアン・モートが監督、リドリー・スコット、トニー・スコット、クリストファー・G・コーウェン、マーク・ヘルツォーク、メアリー・リシオ、デヴィッド・W・ザッカー、テリー・ワインバーグがプロデューサーをそれぞれ担当した。

本作の企画段階で死去したトニー・スコットの追悼記念として放送された。平均で340万人が視聴し[2]、そのうち統計では25歳から54歳の視聴者が100万人だった[3]。これはナショナルジオグラフィックで2005年8月に放送された『インサイド 9/11(英語版)』の300万人を抜く高視聴率である[4]

日本ではナショナルジオグラフィックチャンネルにて『リンカーン大統領暗殺の真相』というタイトルで120分枠の字幕版と60分枠に短縮した吹替版が放送され[5]、後に20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンから現在のタイトルでDVDが発売された[6]

キャスト[編集]

  • エイブラハム・リンカーン – ビリー・キャンベル(日本語吹替:石塚運昇)
  • ジョン・ウィルクス・ブース – ジェシー・ジョンソン(英語版)(日本語吹替:平田広明)
  • メアリー・トッド・リンカーン – ジェラルディン・ヒューズ(英語版)
  • ジェームズ・R・タナー(英語版) – カム・ダブロウスキー
  • ロバート・トッド・リンカーン – ブレット・ダルトン
  • エドウィン・スタントン – グレアム・ベッケル(英語版)
  • クララ・ハリス(英語版) – エレノア・パーキンソン
  • エドマンド・スパングラー(英語版) – トッド・フレッチャー
  • ジョン・W・ニコルズ – ショーン・パイフロム
  • クロフォード – ジョナサン・チャイカヴスキー
  • チャールズ・リール(英語版) – マット・ハックマン
  • アルバート・フリーマン・アフリカヌス・キング(英語版) – マイク・ホームズ
  • ハリー・ホーク – ヴィンス・ナッポ
  • ウィリアム・ベル – ランス・レモン
  • デヴィッド・ケロッグ・カーター – エド・イースターリング
  • ナレーター/ナビゲーター – トム・ハンクス(日本語吹替:江原正士)※wikipedia参照

ジョディ・フォスターのママはゴースト

ジョディ・フォスターのママはゴースト』(O’Hara’s Wife)は、1982年のアメリカ映画。

元々はアメリカでTV映画として製作・放映された作品で、ジョディ・フォスターが女優業を控え学業中心だった大学在学中に唯一出演したハートフル・コメディー。日本では後に『ママはゴースト』の題名でビデオ販売されている。

あらすじ

平凡な中年の主婦ハリーは、ある日突然、心臓発作で死んでしまう。だが、夫が一人では何一つできないことを心配するあまり、ゴーストになって家族の元に戻り、夫や子供たちを助けようとするが、おせっかいがたたって大騒動を巻き起こしてしまう。

スタッフ

  • 監督・脚本:ウィリアム・バートマン
  • 製作総指揮:マイケル・T・マーフィ
  • 製作:ピーター・S・デイヴィス、ウィリアム・N・パンザー
  • 脚本:ジョセフ・キーランド
  • 撮影:ハリー・ストラドリング・Jr
  • 音楽:アーティ・バトラー

キャスト

  • ジョディ・フォスター:バーバラ・オハラ
  • エドワード・アズナー:ボブ・オハラ
  • マリエット・ハートレイ:ハリー・オハラ
  • ペリー・ラング:ロブ・オハラ
  • ケリー・ビショップ:ベス・ダグラス

※wikipedia参照

Sex and the City(シリーズ)

セックス・アンド・ザ・シティ』(Sex and the City)は、2008年公開のアメリカ映画。同名のドラマの映画版でドラマの最終話から4年後という設定。

日本では映倫によってPG-12指定を受けている。

女性なら一度は観た事があるのでは?!!
華やかな世界にとても憧れます!

ストーリー

テレビシリーズから4年後、ビッグ(クリス・ノース)とキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)は落ち着いた関係を継続させ、共に棲むアパートを探していた。33番目に見た部屋は大変酷いものだったが、そのアパートの最上階にあった物件は、キャリーが楽園と例える程の素晴らしいものだった。唯一の欠点である小さなクローゼットは、ビッグが広く美しいものに改築すると約束し、キャリーは承諾。2人はそのアパートに住むことにした。そんな中キャリーは、ミランダ(シンシア・ニクソン)、シャーロット(クリスティン・デイヴィス)、LAから遊びにきたサマンサ(キム・キャトラル)の3人とクリスティーズのオークションハウスへ出向く。サマンサの目当ては女優ブレア・エルケンが出品した花の指輪だった。その指輪は、彼女が3度離婚歴のある男性と、結婚することなく10年過ごした挙句、ある日突然捨てられ、腹いせにこのオークションに出品したものであった。その話を聞いたキャリーは脳裏に少しの不安がよぎった。その夜、キャリーはビッグにある提案をする。今自分が住んでいるマンションを売り、新居の購入資金に当てることで、法的にも2人の部屋にしたいということだった。その話を聞いたビッグは「結婚する?」と言った。キャリーは戸惑いながらも、快く受け入れ、2人は近々結婚式をあげることとなった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
キャリー・ブラッドショー サラ・ジェシカ・パーカー 永島由子
サマンサ・ジョーンズ キム・キャトラル 勝生真沙子
シャーロット・ヨーク クリスティン・デイヴィス 松谷彼哉
ミランダ・ホップス シンシア・ニクソン 渡辺美佐
ミスター・ビッグ クリス・ノース 中田譲治
スティーブ・ブレディ デヴィッド・エイゲンバーグ 中尾隆聖
ハリー・ゴールデンブラット エヴァン・ハンドラー 朝倉栄介
スタンフォード・ブラッチ ウィリー・ガーソン 岩崎ひろし
スミス・ジェロッド ジェイソン・ルイス 三木眞一郎
ルイーズ ジェニファー・ハドソン 根本圭子

 

 

シェイムレス -shameless- 俺たちに恥はない

ストレス発散になるのでやめられない。

このドラマみるともっと自由な発想で生きなきゃって・・・

パワーをもらっています!

 

wiki

シェイムレス 俺たちに恥はない』(シェイムレス おれたちにはじはない、Shameless)は、アメリカ合衆国Showtimeで放送されているテレビドラマ

この番組はイギリスのチャンネル4で放送されていた同名の番組( Shameless )のリメイクにあたる。

この番組はシカゴ南部のカナリービル(Canaryville)周辺を舞台にしているが、撮影は同じくシカゴのサウス・ローンデイル(en:South Lawndale, Chicago)[1]のほかにもワーナーブラザースのスタジオがあるカリフォルニア州バーバンク でも行われている。 第1シーズンの初回放送は2011年1月9日に開始された[2]。 第2シーズンの撮影は同年7月5日に行われ[3]、初回放送は2012年1月8日に行われた[4]。 2012年2月1日、第3シーズンの制作発表が行われ[5]、同年6月27日から撮影が開始された[6]

日本では2012年1月5日から2012年3月22日までWOWOWで毎週木曜23:00に第1シーズンが放送(再放送は翌週木曜9:50)され、第2シーズンは2012年11月1日から同じ時間帯で放送(再放送は翌週木曜15:00)。さらに、2014年10月2日から2014年12月18日までの毎週木曜深夜0:00(字幕)、毎週金曜深夜1:00(吹替)に第4シーズンが放送された。

概要[編集]

飲んだくれの父親・フランクとその6人の子、そしてその周辺を描いたコメディドラマ。 この番組はアルコール依存症のフランクが家族を巻き込む様子を通じて、今日のアメリカの労働者階級の様子を描いている[7] 。 この番組の制作者であるポール・アボットはこの番組は『マイ・ネーム・イズ・アール』といったテレビドラマとは異なり、単なる肉体労働者ものではなく貧困をより深く掘り下げて描いていると話している[7]

登場人物[編集]

ギャラガー家[編集]

フランク・ギャラガー
演:ウィリアム・H・メイシー/吹き替え:梅津秀行
ギャラガー家の父親である飲んだくれの男。不正に障がい者年金を受給している。
加えて、すでに死亡している姉の年金も不正に受給している。(死体は庭に埋まっている)
半ばもぐり込む形でシーラと同棲していた。
フィオナ・ギャラガー
演:エミー・ロッサム/吹き替え:坂本真綾
ギャラガー家の長女で、実質上彼女が大黒柱である。
フィリップ(リップ)・ギャラガー
演:ジェレミー・アレン・ホワイト/増田裕生
ギャラガー家の長男。学校では学年トップを誇るほどの優等生。カレンに片思いしている。
イアン・ギャラガー
演:キャメロン・モナハン/成家義哉
ギャラガー家の二男。ゲイであり、親友マンディの兄イアンに心惹かれている。フランクの実の子ではなく、フランクの兄弟の子である。
デビー・ギャラガー
演:エマ・ケニー/ 山根舞
ギャラガー家の次女。
カール・ギャラガー
演:イーサン・カトスキー/ふしだ里穂
ギャラガー家の三男。
リアム・ギャラガー
ギャラガー家の四男である幼児。
モニカ・ギャラガー
演:クロエ・ウェブ/安達忍
フランクの元妻で、子供たちの実の母親。双極性障害を抱えている。
ペグ・ギャラガー
演: ルイーズ・フレッチャー
フランクの実母で、家では家長としてふるまっていたため、彼にとっては恐ろしい人物である。

周辺の人物[編集]

カレン・ジャクソン
演:ローラ・ウィギンス/嶋村侑
リップの片思いの相手だが、学校ではよく問題を起こしている。リップへの思いが暴走したマンディによって車で轢かれた。
スティーヴ
演:ジャスティン・チャットウィン/川田紳司
フィオナの元恋人。
シーラ・ジャクソン
演:ジョーン・キューザック/幸田直子
カレンの母親で、フランクとは恋人同士。広場恐怖症を抱えている。
ジョディ
演:ザック・マッゴーワン/高橋英則
カレンの知人である男性。
ヴェロニカ
演:シャノーラ・ハンプトン/ 林りんこ
ギャラガー家の隣人である看護師。かつてわいせつ動画で生計を立てていたことがあった。ギャラガー家を助けてやりたいと思っている。
ケヴィン
演:スティーヴ・ハウイー/ 中谷一博
ギャラガー家の隣人。バー『アリバイ・ルーム』でバーテンダーをしている。ヴェロニカと同棲。
トニー・マルコビッチ
演:タイラー・ジェイコブ・ムーア 
ギャラガー家の隣人で、警察官である。第2シーズンでは新しい恋人を見つけた。
マンディ・ミルコヴィッチ
演:エマ・グリーンウェル/安藤瞳
イアンの友人で、リップとは恋人関係にあった。
ミッキー・ミルコヴィッチ
演:ノエル・フィッシャー/畠中佑
マンディの兄。乱暴な人物だが、父親には頭が上がらない。イアンと肉体関係を結ぶも、自分がゲイであるという事実を受け入れられず、ロシア人女性とできちゃった婚した。