Category Archives: 洋画

映画「エスター」について

エスターは2009年に日本で公開されたアメリカのホラー映画ですが、サスペンスにも近い様に感じられるお話です。
流産を経験した夫婦がとある孤児院から一人の少女エスターを養子に迎え入れた事が全ての始まりで、9歳という年齢の割に大人びたエスターは難聴を患う妹のマックスとも仲良くなり、家族にも馴染んでいきます。
けれど夫婦は徐々にエスターに対して違和感を覚え始め、やがてエスターという少女の恐ろしい秘密が明らかになります。
純粋な気持ちで見ていればきっと騙されてしまう、背筋が凍る様なオススメの映画です。

 

wikiより参照

エスター (映画)

エスター
Orphan
監督 ジャウム・コレット=セラ
脚本 デヴィッド・レスリー・ジョンソン
製作 ジョエル・シルバー
スーザン・ダウニー
ジェニファー・デイヴィソン・キローラン
レオナルド・ディカプリオ
製作総指揮 スティーヴ・リチャーズ
ドン・カーモディ
マイケル・アイルランド
音楽 ジョン・オットマン
撮影 ジェフ・カッター
編集 ティム・アルヴァーソン
製作会社 ダーク・キャッスル・エンターテインメント
アッピアン・ウェイ・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年7月24日
日本の旗 2009年10月10日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
アメリカ手話
興行収入 $76,699,632[1]
テンプレートを表示

エスター』(原題:Orphan)は、アメリカ合衆国ホラー映画。北米では2009年7月24日に公開され、日本では2009年10月10日に公開された。原題の『Orphan』とは「孤児」という意味。

ストーリー[編集]

かつて3人目の子供を流産したケイト・コールマンとその夫のジョン。彼らはその苦しみを癒すため、孤児院からエスターという9歳の少女を養子として引き取る。少々変わってはいるが年齢の割にしっかり者で落ち着いており、すぐに手話を覚えて難聴を患う義妹のマックスとも仲良くなるエスター。だが共に生活する中で、やがて彼女は常に手首や首にリボンを着けていたり、入浴の際は必ず入り口を施錠したりと、謎の習慣を垣間見せ始め、それらと同時に徐々に恐ろしい本性を見せ始めるのだった。

登場人物[編集]

ケイト・コールマン
演 – ヴェラ・ファーミガ、日本語吹き替え – 八十川真由野
この物語の主人公。
3人目の子供を流産したことがトラウマとなり、悪夢に苦しめられている。元アルコール依存症患者。孤児院から引き取ったエスターと心を交わそうとする。が、しかしある日を境にエスターに不信感を抱き、彼女の身辺を調べ始める。
ジョン・コールマン
演 – ピーター・サースガード、日本語吹き替え – 佐久田修
ケイトの夫。
精神が不安定になったケイトを立ち直らせるため、養子を迎えることを提案する。
ダニエル・コールマン
演 – ジミー・ベネット、日本語吹き替え – 津々見沙月
コールマン夫妻の息子。家族の注目を集めるエスターを快く思っていない。
マックス・コールマン
演 – アリアーナ・エンジニア
コールマン夫妻の娘。難聴のため補聴器を使用している。エスターと仲良くなり、彼女を姉のように慕う。
エスター
演 – イザベル・ファーマン、日本語吹き替え – 矢島晶子
コールマン夫妻が孤児院から引き取った少女。ロシア出身。
頭がよく、音楽や絵を描くことが得意。首と両手首には常にリボンを巻き、それを外そうとすると大声で叫んだり、歯医者を嫌ったり、入浴時は常に浴室に施錠するなど、謎めいた部分を持つ。
シスター・アビゲイル
演 – CCH・パウンダー、日本語吹き替え – 磯辺万沙子
エスターがいた孤児院のシスター。

スタッフ[編集]

製作[編集]

ファンタジーや神話が大好きなら、映画『ユニコーン~奇跡の航海~』がオススメ!

この作品は2000年に製作された、ちょっと前の映画なんですが、神話の世界が好きな人なら絶対気に入るはず!
舞台はアメリカ。母親を失い悲しみに包まれる家族。時が経っても家の中はいつもピリピリ…。そんな父親と娘2人はある晩、不思議な事件に遭遇しファンタジーの世界に迷い込んでしまう。と、ここまではよくある設定ですが、この作品の魅力は、神話では悪役のミノタウロスやメドゥーサが、実は胸に悲しみや寂しさ抱えていて、根はとても優しい人という設定!親子との交流を通して、頼もしい味方になってくれます。
相手を見た目で判断してはいけない。信じる心を持つ大切さを教えてくれる、優しい映画です。

 

空港に閉じ込められた男の話『ターミナル』

今回ご紹介するのは事実をもとにした、トム・ハンクス主演の映画「ターミナル」です。
この映画は私が今でも見返したくなる映画№1です。
母国クラコウジア(架空の国)からアメリカへ飛行機で移動しているさなかクーデターにより、クラコウジアが事実上消滅し、国を失い空港内で閉じ込められた男の話です。
はじめは空港職員に嫌われ、言葉もわからず、その日の食事にありつくのが精一杯でしたが、とある女性と出会い、仲間ができ、そしこて奇跡が起きます…。
実際に起きていることが題材なので、妙にリアルで最後は涙腺崩壊の結末が待っています。

 

wikiより参照

ターミナル (映画)

ターミナル
The Terminal
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 サーシャ・ガヴァシ
ジェフ・ナサンソン
原案 アンドリュー・ニコル
サーシャ・ガヴァシ
製作 ウォルター・F・パークス
ローリー・マクドナルド
スティーヴン・スピルバーグ
製作総指揮 パトリシア・ウィッチャー
ジェイソン・ホッフス
アンドリュー・ニコル
出演者 トム・ハンクス
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
スタンリー・トゥッチ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ヤヌス・カミンスキー
編集 マイケル・カーン
配給 アメリカ合衆国の旗 ドリームワークス
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年6月18日
日本の旗 2004年12月18日
上映時間 129分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $219,417,255[1] 世界の旗
$77,872,883[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
41.5億円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ターミナル』(The Terminal)は、2004年公開のアメリカ映画。スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス出演。上映時間は、予告編を含み129分。

パスポートが無効になりターミナルに閉じ込められてしまった男と、ターミナル内の従業員との交流と恋模様を描いた作品で、ロマンスおよびコメディの要素を持つ[3][4][5]

ストーリー[編集]

アメリカジョン・F・ケネディ国際空港の国際線ロビー、入国手続きゲートで奇怪な缶詰を手にしたクラコウジア人のビクター・ナボルスキーは足止めされていた。彼の母国のクラコウジアで、彼が乗った飛行機が出発した直後にクーデターが起こり事実上クラコウジア政府が消滅。そのため、彼のパスポートは無効状態となり、入国ビザは取り消されていたのだった。

アメリカに入国するために亡命難民申請をすることもできず、かといって母国に引き返すこともできず、行き場を失ったビクターはJFK空港の国際線乗り継ぎロビーの中に留め置かれることになった。テレホンカードポケベル(職員がビクターを呼び出すのに使用する)、空港内のパス(職員のオフィスに入るときなどに使用する。ビクターは制限区域内や工事中のエリアにも入っている)、食事のクーポン券などを渡されたビクターは空港内で生活を始める。

乗り継ぎロビーはドア一枚を抜ければ空港外(アメリカ国内)へと出ることができるうえ、監視の目もそれほど厳しくないため、空港から脱走(不法入国)しようと思えば可能であった。しかし、真面目なビクターは頑なに空港内で待つことを選び、そのことで、自分の昇進のために空港からビクターを追い払いたい国境警備局のディクソンと対立するようになる。空港で生活するうちにビクターは空港で働くことを決心する。はじめは空港内に放置された旅客用のカート返却のデポジット金を稼ぐなどしていたが、やがて大工仕事の腕を買われターミナルの内装業として雇われる。空港職員とも打ち解けていき、清掃員のグプタや機内食サービスのエンリケなどと親しくなる。

空港の生活のなかで、キャビンアテンダントのアメリア・ウォーレンと出会う。恋人とうまくいっていなかったアメリアはビクターと親しくなる。ある日、ビクターは働いて得た賃金でアメリアを食事に誘う。空港の仲間たちのサポートもあって、空港内の展望デッキでディナーをともにすることができ、二人は意気投合する。その後、フライトから帰ってきたアメリアにビクターは工事中の水飲み場を改造した噴水を披露する(アメリアのお気に入りのナポレオンジョゼフィーヌに噴水を贈ったことにちなむ)。噴水は未完に終わったが、ビクターはアメリアに大切に持っていた缶詰を見せ、なぜ自分が空港でずっと待っているのかを明かす。

1958年、熱狂的なジャズファンだった、ビクターの父ディミタル・ナボルスキーは、ハンガリー新聞A Great Day in Harlem写真を見た。それはニューヨークのジャズミュージシャンたちの集合写真であった。ディミタルはその写真の57人のジャズプレイヤーにファンレターを送り、メンバー全員のサインを返信してもらい、それを缶詰に大切に保管していた。しかし、メンバーのひとりベニー・ゴルソンからは40年待ったにもかかわらず返事が来ず、やがてディミタルは他界してしまった。ディミタルが亡くなる前、ビクターは父に「必ずニューヨークへ行って、ベニー・ゴルソンのサインをこの缶に入れる」と約束した。父との約束を果たすためにビクターはJFK空港でずっと待っていたのだった。

その翌日、クラコウジアの内戦は終結する。喜ぶビクターのもとにアメリアが訪れ、コネで手に入れたアメリカに1日だけ入国できる特別ビザを渡した。ニューヨークへ行けることになったビクターの最後の障害となったのは、事あるごとに彼と対立してきたディクソンであった。ディクソンは特別ビザに必要な自身の署名を拒み、それどころか、ビクターの友人である空港職員たちの人事をたてにとり、ビクターに即刻クラコウジア行きの便に乗るように迫った。ニューヨーク行きを諦めてクラコウジアに帰ろうとしたビクターだったが、空港の仲間たちに背中を押され、不法入国ではあるが、ニューヨークへ行く決心をする。空港中の職員たちに見送られて、長らく住んだターミナルを後にし、ビクターはニューヨーク市街へと向かった。

ニューヨーク市街のラマダ・インを訪れたビクターは、ラウンジで演奏するベニー・ゴルソンと対面した。ついに、ベニー・ゴルソンのサインを手に入れたビクターは、ホテルを後にしてタクシーに乗り込んだ。ビクターは車内で最後のサインを缶詰に入れると、「どちらへ?」と尋ねた運転手に「家に帰るんだ」と応えたのであった。[6]

主な登場人物[編集]

ビクター・ナボルスキー (Viktor Navorski)
クラコウジア人の中年男性。年齢・職業などは明かされてないが、アメリアとの会話から建設作業員として働いた経歴があり、だいたい40代以上であることがわかる。大工仕事が得意で、教養はあり、愛国心に満ち、性格はとても真面目で素直である。少々不器用で要領は悪いが、約束は必ず守る。また、空港内でニューヨーク案内の英語の本とクラコウジア語の本を購入し、見比べて、英語を習得している。初めのうちは英語も片言だったが、物語終盤には完全に習得している。長い空港生活のなかで、多くの空港職員と親しくなり、仕事もみつける。
アメリア・ウォーレン (Amelia Warren)
ユナイテッド航空ファーストクラス担当のフライトアテンダントである。実際は39歳だが、33とも27ともサバを読む。5分と1人でいられず、毒になる男を次から次へ食べてしまうという悪い癖があり、本人も自覚している。長いし、安いし、男が殺しあうからと、歴史の本をよく読む。特にナポレオンがお気に入りである。
フランク・ディクソン (Frank Dixon)
JFK空港の国境警備局主任。警備局長に昇進する予定だったが、ビクターとの揉め事で予定の時期から昇進延期となってしまった。真面目な性格で麻薬を密輸した人間を即座に見破るなど職務能力は高いが、一方で厄介者であるビクターを故意に不法入国させる事で空港から追い出そうとするなど陰湿な一面もある。ニューヨーク市街へ行きたいというビクターと最後の最後まで対立し、脅しを含めてビクターをクラコウジア行きの飛行機に乗せようとするも、空港中の職員がビクターの味方をするのを見て結局彼を見逃す。中盤では空港に許可無く薬を持ち込んだミロドラゴビッチを庇ったビクターに激高し、上司のサルチャックと他の職員の前でビクターとグラコウジアを貶める発言をする失態を犯すが、最終的には警備局長に昇進(ビクターとミロドラゴビッチの件についてはサルチャックに咎められた)した。
レイ・サーマン (Thurman)
空港の警備員。ディクソンの部下。ビクターに空港内を案内する。初めはビクターに対して高圧的だったが、最後はニューヨーク市街へ向かう彼をターミナルの玄関から送り出す。
ジョー・マルロイ (Joe Mulroy)
空港の職員(貨物輸送担当)。ビクターと友人になる。
エンリケ・クルズ (Enrique Cruz)
フード・サービス勤務。スペイン語圏出身のヒスパニック。入国審査官のドロレス・トーレスに恋をしていた。その為ビクターに対して食事(機内食)を提供するかわりにドロレスに様々な質問をするようにと取引していた。後にドロレスと結婚する。
ドロレス・トーレス (Dolores Torres)
JFK空港の入国係官。ビクターを介して、後にエンリケと結婚する。
グプタ・ ラハン (Gupta Rajan)
JFK空港の清掃員。インド・マドラス出身。「予約とってあるか?」が口癖。床をモップで濡らしておき、そこを通る人が滑って転ぶのを眺めるのが唯一の楽しみ。当初ビクターをCIAのスパイではないかと考えるほど用心していたが、最後には協力するほどの仲になった。特技はジャグリング。かつてインドで汚職警官に対し殺人未遂を犯し、家族を置いてアメリカへ逃げてきたという過去をもつ(そのため、アメリカで逮捕・強制送還となると、インドで獄中生活をすることになる)。ラストはビクターをニューヨークへ行かせるため、ターミナルに向かってくるボーイング747(ビクターが乗る予定だったクラコウジアに帰る便)にモップを手に突撃して遅延させた。銃をもった空港警察に囲まれるも「お前ら、予約とってあるか?」と言ってのける。
サルチャック (Salchak)
JFK空港の国境警備局長。ディクソンの上司。退任して、ディクソンに後を譲る。退職を機にクルーザーを購入した。マニュアル主義のディクソンを諭す一面も。
ウェイリン (Waylin)
JFK空港の警備員であり、サーマンの部下。映画においては初めてビクターと会話する人物でもある。
ビクターがアメリカに来た初日に入国審査を行なうも、パスポートが無効になっていたためにサーマンを呼んだ。
物語の終盤、ディクソンがビクターをクラコウジアに追い返すために人事を盾にしたことを見聞きし、それをグプタに伝えた。
ミロドラゴビッチ (Milodragovich)
物語中盤、無許可で薬を空港に持ち込み、没収されそうになったロシア人。ロシア語の通訳がおらず薬を放さない彼に空港職員達は手を焼いていたが、クラコウジア語はロシア語と似ている事で、ディクソンによりビクターが通訳として呼び出され、ビクターを介してディクソンと会話をする事が出来た。
ビクターは当初、彼がアメリカから持ちだそうとした薬は彼の父親のための薬であると訳したが、すぐ後で「ヤギ」と「父」を聞き間違えたとし、結果的にミロドラゴビッチはヤギのための薬ということで持ち出す事に成功した。アメリカから医薬品を持ち出すにあたり、人間のための薬は複数の複雑な書類が必要だが、動物のための薬の場合は書類などは不要である。この1件でミロドラゴビッチを救ったビクターは空港の仲間に「ヤギのビクター」と称賛される。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版 フジテレビ
ビクター・ナボルスキー トム・ハンクス 江原正士
アメリア・ウォーレン キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 深見梨加 安藤麻吹
フランク・ディクソン スタンリー・トゥッチ 佐々木勝彦 大塚芳忠
レイ・サーマン バリー・シャバカ・ヘンリー 手塚秀彰 宝亀克寿
ジョー・マルロイ シャイ・マクブライド 星野充昭 江川央生
エンリケ・クルズ ディエゴ・ルナ 川島得愛 内田夕夜
ドロレス・トーレス ゾーイ・サルダナ 石塚理恵 林真里花
グプタ・ ラハン クマール・パラーナ 塾一久 永井一郎
サルチャック エディ・ジョーンズ 佐々木梅治 稲垣隆史
ミロドラゴビッチ ヴァレラ・ニコラエフ 石住昭彦 竹田雅則
空港職員 スティーブン・メンデル 安井邦彦 秋元羊介
カール ジュード・チコレラ 津田英三
ウェイリン コリー・レイノルズ 川村拓央 鳥海勝美
ナディア リニ・ベル 多緒都 加藤悦子
モニカ カーリース・バーク 堀江真理子 藤生聖子
ベニー・ゴルソン ベニー・ゴルソン本人 佐藤祐四 秋元羊介
クリフ ダン・フィナティ 小形満 遠藤純一
吉野家マネージャー ジム・イシダ 喜多川拓郎 佐々木省三
スウォッチマネージャー ステファン・フラー 落合弘治
ルーシー サーシャ・スピルバーグ 根本圭子 木下紗華
ニュースキャスター ディルヴァ・ヘンリー 定岡小百合 こんのゆり
CBP局員 ジョン・エディンズ 船木真人 鳥海勝美
店員 リディア・ブランコ 重松朋 若原美紀
女性 スーザン・スローム すずき紀子 八木かおり

テレビ版その他の日本語吹替え声優: 向井修荻野晴朗瀬尾恵子一馬芳和清水美智子

「クラコウジア」について[編集]

正式名称クラコウジア共和国クラコウジアきょうわこく)とは、本作品に登場する、架空の国である。英語表記はThe Republic of Krakozhia。キリル文字表記は Кракожия である。

映画の中で、ビクターの祖国であるクラコウジアは2004年1月16日、国内で軍事クーデターが起こるという設定になっている。

小さな国で、おおよその位置は、東ヨーロッパ、旧ソ連ロシア付近である。過去にクーデターが勃発していた中央アジア諸国、コーカサス地方の諸国のロシア語圏の国がモチーフ。また、主人公のパスポートベラルーシのものと酷似している。

トム・ハンクスが喋っていたクラコウジア語は全てアドリブで、ロシア語などのいくつかの言語の発音からヒントを得ている。しかし、英語の字幕でのトム・ハンクスのクラコウジア語がブルガリア語となっていたため、ブルガリア語にも近い発音だということが分かる。

作中のロシア人ミロドラゴビッチとの会話シーンではクラコウジア語で行われたが、意思疎通が可能であったためクラコウジア語はロシア語に近い言語であることが推測される。

関連[編集]

  • 撮影に使われた空港は本物ではなくセットである。これはテロへの警戒で本物の空港での撮影許可が下りなかったため。舞台となったのはJFK国際空港だが、建設に20週間を費やしたカリフォルニアの巨大格納庫に作られたセットは、数箇所の国際空港を融合させたものとなっている。セット内にある店舗は全て実在するものであり、バーガーキングや日本の吉野家等を始め35店舗が参加。エキストラには実際にその店舗で行われる研修を行わせた。本物の店員が出演した店舗もある。
  • 本編が進むに連れ、ジャズが重要な要素となっていく。終盤、ジャズ・バーのシーンでベニー・ゴルソン本人が出演をしている。
  • 予告編や公式サイトで印象的に使われている曲は、ジョン・デンバー作の「悲しみのジェット・プレーン」(Leaving on a Jet Plane) をシャンタール・クレヴィアジックがカバーした物。映画本編では使われていない。
  • 東京国際映画祭にスピルバーグの来日と舞台挨拶も予定されていたが、『宇宙戦争』の撮影の為にキャンセルとなっている。
  • 映画予告に使われている曲は3曲使われておりImmediate Musicの「Rhapsody」「Dare to Dream」「The New Land」である。
  • 劇中ではユナイテッド航空提供のボーイング747が使用されている。ビクターの搭乗予定の航空会社はユナイテッド航空であり、アメリアはユナイテッド航空のフライトアテンダントという設定である。また、スターアライアンスは主要なスポンサーであり、制服、備品、エキストラを提供していた。
  • 実在のモデルは、1988年からパリのシャルル・ド・ゴール空港で18年も生活したイラン人、マーハン・カリミ・ナセリと言われている。この映画の製作者は、このマーハンが書き続けた日記「ターミナルマン」の映画化権を30万ドルで買っている。[7]

ドラゴンブレイドを観た感想

先日、私は映画館で、お笑いタレントである内村光良氏がそっくりさんであるジャッキー・チェンが主演の『ドラゴンブレイド』を観ました。この映画ですが、ローマ帝国軍のルシウス(ジョン・キューザック)がチェン演じるフォ・アン(保安の役割を果たす主人公です)と最初は戦うものの、次第に互いを理解し合うことになり、「敵は友となる」を訴えかける作品となっています。
ローマ帝国軍の黒幕とされる人物(エイドリアン・ブロディ)と最後は「話し合いは通じず、戦う事に」なるものの、敵は傲り高ぶりが甚だしく負ける事になります。ですが、フォ・アンの仲間たちは的に次々と倒されて行くようで、あり泣ける話にもなっています。

 

 

wikiより参照

ドラゴン・ブレイド

ドラゴン・ブレイド
タイトル表記
繁体字 天將雄師
簡体字 天将雄师
ピン音 Tiān Jiàng Xióng Shī
粤語ピン音 Tin¹ Zeong³ Hung⁴ Si¹
英題 Dragon Blade
各種情報
監督 ダニエル・リー
脚本 ダニエル・リー
製作 ジャッキー・チェン、スザンナ・ツァン
製作総指揮 ジャッキー・チェン、ワン・チヨンジュン、レン・チュンルン、チョウ・マオフェイ
出演者 ジャッキー・チェン
ジョン・キューザック
エイドリアン・ブロディ
音楽 ヘンリー・ライ
主題歌 ジャッキー・チェン
撮影 トニー・チャン
編集 ヤウ・チーワイ
アクション指導 ジャッキー・チェン
衣装 トーマス・チョン
美術 トーマス・チョン、ダニエル・リー
製作会社 Sparkle Roll Media, Huayi Brothers Media, Shanghai Film Group
配給 日本の旗 ツイン
公開 中華人民共和国の旗 2015年2月19日
香港の旗 2015年3月12日
日本の旗 2016年2月12日
上映時間 103分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
香港の旗 香港
言語 普通話、英語
テンプレートを表示

ドラゴン・ブレイド』(原題:天將雄師、英題:Dragon Blade)は、2015年に公開されたジャッキー・チェン主演の中国・香港合作映画。紀元前50年前漢時代のシルクロードにおけるローマ帝国軍の落武者伝説をヒントにした史劇アクション映画。

キャスト[ソースを編集]

カッコ内は日本語吹き替え。

スタッフ[ソースを編集]

ぽっちゃり女子のシンデレラストーリー!『ヘアスプレー』

「楽しいミュージカル映画が見たい」
「幸せな気持ちになれる作品はどれ?」
それなら、ブロードウェイでも舞台化された『ヘアスプレー』がオススメ♪
歌が大好きで、ダンスもおしゃれも申し分ない女子高生のトレーシーが抱える、たったひとつの問題…。それは体のサイズがビッグすぎること!
でも容姿なんて関係ない。いつも明るく前向きな彼女の姿に、誰もが勇気をもらえるはず。
恋に友情に歌にダンス…テンションMAXで繰り広げられるストーリーに目が釘付けになること間違いなし。
笑って踊ってキュンキュンできる、ハッピー・エンタテイメントです♪
「太ってる女はみっともない?そんな言葉、丸投げで返すわ!」

 

wikiより参照

 

ヘアスプレー (2007年の映画)

ヘアスプレー
Hairspray
監督 アダム・シャンクマン
脚本 レスリー・ディクソン
製作 ニール・メロン
クレイグ・ザダン
製作総指揮 トビー・エメリッヒ
ジョン・ウォーターズ
出演者 ジョン・トラヴォルタ
ミシェル・ファイファー
クリストファー・ウォーケン
ニッキー・ブロンスキー
クイーン・ラティファ
音楽 マーク・シェイマン
撮影 ボジャン・バゼリ
編集 マイケル・トロニック
配給 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年7月20日
日本の旗 2007年10月20日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000,000
興行収入 $202,548,575
テンプレートを表示

ヘアスプレー』(原題:Hairspray)は、2007年制作のアメリカ映画1988年ジョン・ウォーターズ監督のオリジナル同名映画を元にした2002年ミュージカル劇の映画化。ジョン・トラボルタが特殊メイクで巨体の女性を演じている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
トレイシー・ターンブラッド ニッキー・ブロンスキー 渕崎ゆり子
エドナ・ターンブラッド ジョン・トラボルタ 山寺宏一
ベルマ・フォン・タッスル ミシェル・ファイファー 塩田朋子
ウィルバー・ターンブラッド クリストファー・ウォーケン 堀勝之祐
アンバー・フォン・タッスル ブリタニー・スノウ 小林沙苗
ペニー・ピングルトン アマンダ・バインズ 嶋村侑
プルーディー・ピングルトン アリソン・ジャネイ 宮寺智子
コーニー・コリンズ ジェームズ・マースデン 横堀悦夫
“モーターマウス” メイベル・スタッブス クイーン・ラティファ 上村典子
リンク・ラーキン ザック・エフロン 三木眞一郎
シーウィード・スタッブス イライジャ・ケリー 伊藤健太郎
ミスター・ピンキー ジェリー・スティラー 糸博
ミスター・スプリッツァー ポール・ドゥーリイ 辻親八

ストーリー[編集]

1962年、黒人差別の風潮がいまだ色濃く残るアメリカ合衆国ボルチモアに住むトレイシーは、ダンスとおしゃれが大好きなビッグサイズの女の子。夢はティーンに人気なダンステレビ番組『コーニー・コリンズ・ショー』に出演して憧れの人気ダンサー、リンクと踊るという、体形など気にしない天真爛漫ぶりであった。《Good Morning Baltimore》《The Nicest Kids in Town》

ある日、番組のメンバーの無期休暇による新メンバーのオーディションを聞いたトレイシーは一生のチャンスと思い、受けさせてほしいと両親にお願いする。母親のエドナは、体型のことを言われてトレイシーが傷つくのではないかと心配して反対する。しかし父親のウィルバーから「ビッグなのだからビッグになれ」と激励され、オーディションに挑戦する。結果は、番組のプロデューサーのヴェルマから、太っているとの理由で一方的に落とされてしまう《If Takes Two》《Miss Baltimore Crab》

その日、オーディションのために遅刻したトレイシーは居残りをさせられることになる。居残り教室に向かうと、そこではシーウィードを始めとする黒人の生徒達が踊っていた。すぐに皆と打ち解け、教わったR&Bのステップを踏むトレイシーを、同じ高校の特別クラスに通うリンクが目撃。「君なら番組に出られる」と番組の司会者コーニー・コリンズ主催のダンスパーティーに招待し、トレイシーは有頂天。リンクに招待されたダンスパーティーに親友のペニーを連れ立って姿を現したトレイシーは、シーウィードから教わったダンスを披露。ボーカルのリンクを始め、パーティー会場は一気にヒートアップ。主催者のコーニーに気に入られ、コーニーからのスカウトにより遂に番組出演の夢が叶う。《I Can Hear the Bells》《The Ladies’ Choice》

トレイシーのおかげでヘアスプレーの売り上げが伸び、スポンサーは大喜び。また番組メンバーがトレイシーの髪型を真似しはじめたり、ウィルバーが販売したトレイシーグッズが大ヒットしたり、学校ではトレイシーに会うべくわざと居残りする生徒が大量発生するなど、トレイシーは一躍人気者になる。またトレイシーを通じて知り合ったペニーとシーウィードは恋に落ちる。初めは反対していたエドナもテレビで活躍する娘の姿にウィルバーと共に娘を応援するようになる。《The New Girl in Town》

ある日、ミスター・ピンキーが経営するオーダーメイドの用品店のイメージキャラクターにトレイシーが起用されることになった。トレイシーはエドナにエージェント役を依頼するが、エドナは肥満を気にして外に出たがらない。しかし「今は1960代、昔とは違う」というトレイシーの必死の説得を受けようやく外出したエドナは、トレイシーの言う通り以前と大きく異なる街並に瞳を輝かせていく。そしてミスター・ピンキーと対面したところ、なんとエドナもイメージモデルに起用されることになった。これをきっかけに、今まで家事とクリーニングの仕事だけで家に引きこもりがちだった生活から、外の世界へと足を踏み出す変化を遂げるのだった。《Welcome to the 60’s》

一方で、今まで散々母親であるヴェルマを後ろ盾にしてメンバーに横柄な態度を取ってきたアンバーは番組から孤立していった。自分の番組の座と、3年連続で選ばれてきたミス・ヘアスプレーの座をトレイシーに追われるのを恐れるアンバーは、トレイシーの成功が面白くないヴェルマと2人で父親のウィルバーを誘惑しようとしたり、リンクを自分のものにしようとしたりとあの手この手でトレイシーを番組から追い出そうとしはじめるのだった。《Timeless to Me》

ところで、『コーニー・コリンズ・ショー』には月に1回”ブラック・デー”という黒人のみが出演する日がある(逆に、この日以外は黒人は一切出演できない)。ブラック・デーの司会者はシーウィードの母親でもあるモーター。モーターはヴェルマからの嫌がらせに耐えつつ、起死回生のチャンスを待ち望んでいた。そんな中、トレイシーが番組初出演時に「すべての放送回を”ブラック・デー”にしたい!」と叫んだことに刺激され、コーニーは差別の廃止をヴェルマに提案。しかしヴェルマは聞く耳を持たず、それどころか”ブラック・デー”自体を廃止してしまう。気落ちしたモーターや、番組出演を目指していたシーウィードの妹のアイネスたちは、トレイシーの提案でテレビ局までデモ行進をすることにする。トレイシーはリンクにも参加を勧めるが、リンクは番組出演を降ろされるの恐れ拒否。気落ちしたトレイシーは一人でデモ参加を決意する。《Run and Tell That》《Big, Blonde and Beautiful》

当日、モーター率いるデモはつつがなく進行し多くの黒人たちを連れ立ち、娘の危険を案じたエドナまでも巻き込み、大きなデモ隊へと成長する。デモ隊がテレビ局の前までたどり着いた時、待ち構えていた警官ともみ合いになり、逃げたトレイシーは警察から追われる身となってしまい、前もって頼んであったペニーにかくまってもらう。しかしペニーは、敬虔なキリスト教徒である母親に逃走犯をかくまった悪い娘として軟禁される。それに気付いたシーウィードが自分の身を挺して助け出してくれたことで、ペニーはますますシーウィードの虜になっていく。その頃リンクは、トレイシーが警官に暴力をふるったなどという有らぬ疑いから追われる身となった事をテレビのニュースで知る。これを機にトレイシーの勇気ある行動に刺激され自分の無力さを恥じ、トレイシーへの愛情を確信する。《I know Where I’ve been》《Without Love》

翌日、ミス・ヘアスプレーコンテスト当日。ヴェルマはテレビ局に大勢の警備員を配備し、トレイシーのテレビ局への侵入阻止を図る。そんな中トレイシーは、両親や黒人仲間の協力を得て、警備員の目をくぐりミス・ヘアスプレーの会場へと姿を現す。そしてトレイシーのダンスを皮切りに、生放送のスタジオにさまざまな奇跡が繰り広げられる。そして見事ミス・ヘアスプレーの栄冠に輝いたのは・・・。《It’s Hairspray》《You can’t Stop the Beat》

その他[編集]

 

だれもがクジラを愛してる。

だれもがクジラを愛してる。 [Blu-ray]

 

だれもがクジラを愛してる。』(原題: Big Miracle)は、2012年のアメリカ映画。1988年に実際に起きたクジラ救出作戦を取材した、トム・ローズの同名ノンフィクションを原作としている。

ストーリー

1988年10月、アラスカ州バロー。テレビリポーターのアダムは、取材中に偶然3頭のコククジラが厚さ15センチの氷の下に閉じ込められていることを知る。そこは海まで8キロも離れており、氷に穴を開けなければクジラは息をすることもできなかった。動物ネタは世間の関心を惹けると考えたアダムは、自らのキャリアアップのためにこれを報道する。すると、そんな彼に一本の電話が入る。相手は彼の元恋人で、環境保護団体「グリーンピース」で活動しているレイチェルだった。

クジラの救出に名乗りを挙げたレイチェルは、地元の先住民族「イヌピアック」がクジラを食用として捕獲する恐れがあるとし、州知事に協力を要請するも冷たく断られてしまう。そんな彼女に意外な人物が協力を申し出る。なんとその相手とは、石油採掘会社の社長の妻だった。しかし、実は石油採掘会社としては、今回の救出活動で環境保護団体に貸しを作ることで、今後の採掘事業への批判を軽くしたいという思惑と、自社が環境に優しい企業であるというイメージアップこそが真の目的であった。こうしてクジラ救出のための機材を手に入れたレイチェルは、その後巧みにメディアを利用し、この救出作戦に世界中の人々の関心を集めるのだった。世間の関心が救出作戦に向けられていると知った州知事は、態度を一変させて協力を申し出る。早速州知事は州兵部隊の司令官に連絡し、採掘会社が所有するホバーバージをヘリ2機で移動させる命令を下すのだった。

こうして始まった救出作戦を、世界中の人々が固唾を飲んで見守る中、ついにはアメリカ合衆国大統領であるロナルド・レーガンまでもが、この作戦に協力を申し出る。大統領選挙を直前に控えたレーガン陣営としては、この作戦を大統領のイメージアップに繋げようと躍起になっていたのだ。一方、クジラを食用として捕獲しようとしていたイヌピアックたちは、捕鯨を強行すべきかどうか思い悩んでいた。そんな彼らの気持ちを察したアダムは、救出作戦が世界中に報道された今、捕鯨に乗り出すことは今後の狩猟活動に支障をきたすと族長に進言する。彼の進言を聞き入れた族長は、民族のために救出作戦に協力することを決定するのだった。

様々な人物の思惑が交差する救出作戦は順調に思われたが、ここで最悪のアクシデントが彼らを襲う。なんと肝心のホバーバージが移動途中に氷の穴に落下してしまったのだ。この知らせを受け、途方に暮れる救出チーム。だが、そんな彼らを救おうと多くの地元住民が立ち上がり、さらには意外な人物が救出活動に協力を申し出るのだった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
レイチェル・クレイマー ドリュー・バリモア 石塚理恵
アダム・カールソン ジョン・クラシンスキー 坂詰貴之
ジル・ジェラード クリスティン・ベル 榊原奈緒子
スコット・ボイヤー大佐 ダーモット・マローニー 斉藤次郎
ケリー・マイヤーズ ヴィネッサ・ショウ 石田嘉代
マリク ジョン・ピンガヤック
ネイサン アマウォーク・スウィーニー
J・W・マグロウ テッド・ダンソン
ルース・マグロウ キャシー・ベイカー
ハスケル州知事 スティーヴン・ルート

※wikipedia参照

遠距離恋愛 彼女の決断

遠距離恋愛 彼女の決断 [DVD]

 

遠距離恋愛 彼女の決断』(原題: Going the Distance)は、2010年公開のアメリカ映画。

ストーリー

ニューヨークで働くギャレットと新聞社のインターンに来ていたエリンが意気投合して一夜を共にし、付き合うようになる。当初は軽い関係だったが、やがてお互い真剣な気持ちとなってゆく。しかし6週間後、エリンがサンフランシスコに戻ることになり、遠距離恋愛がスタートする。

 

キャスト

役名: 俳優(ソフト版日本語吹き替え)

  • エリン: ドリュー・バリモア(石塚理恵)
  • ギャレット: ジャスティン・ロング(川中子雅人)
  • ダン: チャーリー・デイ(桜井敏治)
  • ボックス: ジェイソン・サダイキス(山野井仁)
  • コリーン: クリスティナ・アップルゲイト(沢海陽子)
  • フィル: ジム・ガフィガン
  • ウィル: ロン・リヴィングストン
  • デイモン: オリヴァー・ジャクソン=コーエン
  • ブランディ: ナタリー・モラレス
  • ブライアンナ: ケリ・ガーナー
  • カレン: ジューン・ダイアン・ラファエル
  • ロン: ロブ・リグル
  • ハーパー: サラ・バーンズ
  • 教授: テリー・ビーヴァー
  • ヒュー: マット・セルヴィット
  • エイミー: レイトン・ミースター※wikipedia参照

ローラーガールズ・ダイアリー

ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]

 

ローラーガールズ・ダイアリー』(原題: Whip It)は、2009年のアメリカ映画(日本公開は2010年)。女優ドリュー・バリモアの長編映画監督デビュー作品で、本人も出演している。原作はショーナ・クロスの『Derby Girl』。米国で1960年代から流行したローラーゲームを題材とした映画である。

ストーリー

テキサスの田舎町で暮らす17歳のブリスは、母親に言われるまま、美人コンテストに出場している。そんな彼女は、ある日友人のパシュとローラーゲームの観戦に行き、すっかり魅了される。彼女は、年齢を偽わり、家族にも内緒でハール・スカウツの新人テストに参加し、合格する。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ブリス・キャヴェンダー エレン・ペイジ 小松由佳
ブルック・キャヴェンダー マーシャ・ゲイ・ハーデン 定岡小百合
マギー・メイヘム クリステン・ウィグ 日野由利加
スマッシュリー・シンプソン ドリュー・バリモア よのひかり
アイアン・メイビン ジュリエット・ルイス 山像かおり
“ホット・タブ”・ジョニー・ロケット ジミー・ファロン 小森創介
アール・キャヴェンダー ダニエル・スターン 石住昭彦
レイザー アンドリュー・ウィルソン
ローザ・スパークス イヴ
パシュ アリア・ショウカット
ブラディ・ホリー ゾーイ・ベル
オリヴァー ランドン・ピッグ
エヴァ・デストラクション アリ・グレイノール
シャニア・キャヴェンダー ユーレイラ・シール
バードマン カルロ・アルバン

※wikipedia参照

グレイ・ガーデンズ 追憶の館

グレイ・ガーデンズ 追憶の館』(Grey Gardens)は、2009年にHBOで製作されたテレビ映画である。日本では2009年11月3日にWOWOWで放送。

あらすじ

1973年、ケネディ一族の取材の為にドキュメンタリー映画のスタッフはジャクリーン・ケネディ・オナシスの叔母であるビッグ・イディ・ビールとその娘リトル・イディ・ビールが住むハンプトンのグレイ・ガーデンズ邸を訪れる。

1930〜40年代は社交界の華と謳われた母娘だったが、今はゴミが散乱し荒れ果てたグレイ・ガーデンズ邸で多数の猫やアライグマに囲まれひっそりと暮らしていた。

キャスト

  • ドリュー・バリモア:リトル・イディ・ビール
  • ジェシカ・ラング:ビッグ・イディ・ビール
  • ケン・ハワード:フィラン・ビール
  • ダニエル・ボールドウィン:ジュリアス・アルバート・クルーグ
  • ジーン・トリプルホーン:ジャクリーン・ケネディ・オナシス
  • ケネス・ウェルシュ:マックス・ゴードン

    ※wikipedia参照

ラッキー・ユー

ラッキー・ユー 特別版 [DVD]

 

ラッキー・ユー』(原題:Lucky You)は、2007年のアメリカ映画。

ストーリー

プロのポーカー・プレイヤーであるハックは、ラスベガスで行われるポーカーの世界選手権での優勝を目指していた。だがそれには、皆から尊敬される偉大なポーカー・プレイヤーである父を越えなければならなかった。そんな彼の前にビリーという女性が現れる。自分とは違い人生を正直に生きる彼女に、彼は惹かれていく。

役名 俳優 日本語吹替
ハック・チーバー エリック・バナ 藤原啓治
ビリー・オファー ドリュー・バリモア 浅野まゆみ
LC・チーバー ロバート・デュヴァル 有川博
スーザン・オファー デブラ・メッシング 葛城七穂
レディ・エディ ホレイショ・サンズ 石住昭彦
ロイ・ドゥルチャー チャールズ・マーティン・スミス
レスター サヴェリオ・ゲーラ
ミシェル・カーソン ジーン・スマート
テレフォン・ジャック ロバート・ダウニー・Jr
レイ・ズンブロ マイケル・シャノン
ジェイソン・ケイズ エヴァン・ジョーンズ

※wikipedia参照

1 2 3 83