Category Archives: 渡辺謙

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙 [Blu-ray]

 

硫黄島からの手紙』(いおうじまからのてがみ[3]Letters from Iwo Jima)は、2006年のアメリカ合衆国の戦争映画である。『父親たちの星条旗』(Flags of Our Fathers)に続く、第二次世界大戦における硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品である。劇中の栗林忠道陸軍大将の手紙は、彼の手紙を後にまとめた『「玉砕総指揮官」の絵手紙』(栗林忠道・著 吉田津由子・編)[4]に基づいている。監督やスタッフは『父親たちの星条旗』と同じくクリント・イーストウッドらがそのまま手掛けた。当初のタイトルは『Red Sun, Black Sand』。ワールドプレミアは2006年11月15日に日本武道館で行われた。また、日本国内でテレビスポットにHDが採用された最初の作品である。

ストーリー

2006年、東京都小笠原諸島硫黄島。地中から発見された数百通もの手紙。それは、61年前、この島で戦った男たちが、家族に宛てて書き残したものだった。届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか。

太平洋戦争の戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、小笠原方面最高指揮官・栗林忠道陸軍中将(渡辺謙)が硫黄島に降り立った。本土防衛の最後の砦とも言うべき硫黄島の命運が栗林率いる帝国陸軍小笠原兵団に託された。着任早々、従来一般的であった水際防衛作戦を一蹴し、内地持久戦による徹底抗戦に変更、また部下に対する理不尽な体罰を戒めた栗林に兵士たちは驚きの目を向ける。今までのどの指揮官とも違う男との出会いは、硫黄島での日々に絶望を感じていた応召兵・西郷陸軍一等兵(二宮和也)に、新たな希望の光を抱かせる。

栗林は水際防衛や飛行場確保に固執する海軍軍人らの反対や突き上げを抑えながらも、硫黄の臭気が立ち込める灼熱の島、食料も水も満足にない過酷な状況で、掘り進められる地下陣地。張り巡らせたこのトンネルこそ、アメリカ軍を迎え撃つ秘策だったのだ。

1945年2月19日、ついにアメリカ軍が上陸を開始する。その圧倒的な兵力を前に5日で終わるだろうと言われた硫黄島の戦いは、36日間にも及ぶ歴史的な激戦となった。まだ見ぬわが子を胸に抱くため、どんなことをしても生きて帰ると誓った西郷、そして彼らを率いた栗林もまた、軍人である前に夫であり父であった。

61年ぶりに届く彼らからの手紙。そのひとりひとりの素顔から、硫黄島の心が明かされていく。

キャスト

※は実名で登場する、実在した人物(階級は当時のもの)
  • 栗林忠道陸軍中将:渡辺謙 ※
  • 西郷昇陸軍一等兵:二宮和也(嵐)
  • 西竹一陸軍中佐:伊原剛志 ※
  • 清水洋一陸軍上等兵:加瀬亮
  • 伊藤海軍大尉[10]:中村獅童
  • 藤田正喜陸軍中尉:渡辺広 – (栗林の副官) ※
  • 谷田陸軍大尉:坂東工 – (西郷ら所属の機関銃中隊長)
  • 野崎陸軍一等兵:松崎悠希
  • 樫原陸軍一等兵:山口貴史
  • 大久保陸軍中尉:尾崎英二郎
  • 花子:裕木奈江 – (西郷の妻)
  • 大杉海軍少将:阪上伸正 – (実際の市丸少将の前任者は松永貞市海軍中将)
  • 小澤陸軍一等兵:安東生馬
  • 遠藤陸軍衛生伍長:サニー斉藤
  • 大磯陸軍中佐:安部義広
  • 岩崎陸軍憲兵大尉:県敏哉 – (清水の憲兵時代の回想に出てくる上官)
  • 足立陸軍大佐:戸田年治 – (摺鉢山地区指揮官。相当する人物は旅団司令部附の厚地兼彦陸軍大佐または守備隊長松下久彦陸軍少佐)
  • 林陸軍少将:ケン・ケンセイ – (実際の旅団長は大須賀應陸軍少将から千田貞季陸軍少将に交代)
  • 市丸利之助海軍少将:長土居政史 ※
  • 愛国婦人会の女性:志摩明子
  • 海軍兵:諸澤和之
  • 日本兵:アキラ・カネダ
  • 犬の飼い主の女性:ブラック縁
  • サム:ルーカス・エリオット – (捕虜となる海兵隊員)
  • アメリカ陸軍将校:マーク・モーゼス – (栗林の回想シーンで登場)
  • 上記の将校の妻:ロクサーヌ・ハート
  • 火炎放射で焼かれる日本兵:サイモン・リー – (声はミチ・ヤマト)※wikipedia参照

ダレン・シャン

ダレン・シャン~若きバンパイアと奇怪なサーカス~ [DVD]

 

2000年にワーナー・ブラザーズが映画化権を取得したが、2004年に放棄された。その後、2005年1月14日にユニバーサル・スタジオが映画化権を購入し、2008年2月より撮影を開始。2009年10月23日よりアメリカなど世界数カ国で公開された。日本での公開は2010年3月19日。

ストーリーは中盤まで第1巻に沿ったものだが、ダレンとスティーブの当初の年齢が16歳(1993年~2009年)、バンパニーズの皮膚が変色していない、原作にいないキャラクターが登場するなど、原作との相違点やオリジナル要素がかなり多い。

物語の第一章目となる今映画だが、興行成績も全く奮わず原作ファンの評判も悪いため、次回作の制作は白紙状態である。

日本語吹替版では、イメージソングとして倖田來未の『Can We Go Back』が使用されている。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ダレン・シャン クリス・マッソグリア 山本裕典
スティーブ・レナード ジョシュ・ハッチャーソン 浪川大輔
ラーテン・クレプスリー ジョン・C・ライリー 内田直哉
デスモンド・タイニー マイケル・セルベリス 銀河万丈
ミスター・トール 渡辺謙
トラスカ サルマ・ハエック LiLiCo
エブラ・フォン パトリック・フュジット 高橋広樹
ウルフマン トム・ウッドラフ・ジュニア
コーマック・リムズ ジェーン・クラコフスキー
アレクサンダー・リブズ オーランド・ジョーンズ
ラムス・ツーベリーズ フランキー・フェイソン
ガーサ・ティース クリステン・スカール
ガブナー・パール ウィレム・デフォー 山路和弘
マーロック レイ・スティーヴンソン 藤真秀
アニー・シャン モーガン・セイラー
レベッカ ジェシカ・カールソン 新野美知

※wikipedia参照

シャンハイ

シャンハイ スペシャル・エディション [Blu-ray]

 

シャンハイ』(原題: Shanghai)は、2010年のアメリカ・中国合作の戦争映画。

あらすじ

1941年、上海。その街は、誰のものでもなかった。日本、ドイツ、アメリカ、中国がお互いの腹を探り合いながら、睨み合っていたのだ。米国諜報員のポールは、同僚で親友だったコナーの死の真相を突き止めるために、この街に降り立つ。捜査線上に浮かび上がったのは、いずれも謎に包まれた者たちばかりだ。執拗にポールをつけ狙う日本軍の大佐タナカ、忽然と姿を消したコナーの恋人スミコ、中国裏社会のドン・アンソニーと、彼の美しき妻アンナ。やがてポールは革命家というアンナの裏の顔を知り、理想に活きる彼女に強く惹かれ始める。ついにポールは殺人事件の真相に迫るが、そこに暴き出されたのは、全世界をも揺るがす恐るべき陰謀だった。もはや誰も止められない歴史の波は彼らに、守るべきものは何かという、究極の問いを突き付ける。国家への忠誠か、己の命か、それとも生涯の愛か・・・。果たして最後に、彼らが貫いたものとは?

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ポール・ソームズ ジョン・キューザック 家中宏
アンナ・ランティン コン・リー 日野由利加
アンソニー・ランティン チョウ・ユンファ 磯部勉
リチャード・アスター デヴィッド・モース 横島亘
タナカ大佐 渡辺謙
レニ フランカ・ポテンテ 丸山ゆう
コナー ジェフリー・ディーン・モーガン 西凛太朗
スミコ 菊地凛子 山根舞
ベン・サンガー ヒュー・ボネヴィル
キタ ベネディクト・ウォン
キャバレーのパフォーマー レース・ウォン

※wikipedia参照

許されざる者

許されざる者 [Blu-ray]

 

許されざる者』(ゆるされざるもの)は、2013年9月13日に公開された日本映画。監督は李相日。PG12指定。

1992年に公開されたクリント・イーストウッド監督・主演による西部劇映画『許されざる者』のリメイクである日本の時代劇映画。アカデミー賞作品賞受賞作が日本映画としてリメイクされるのは、今回が初めてである。

今作では、オリジナルの設定と同時期の明治時代初期の蝦夷地を舞台に、江戸幕府側の残党・釜田十兵衛が再び賞金稼ぎとして戦いに身を投じるさまを描く[2]

キャスト

釜田十兵衛:渡辺謙
主人公。
オリジナル版のウィリアム・ビル・マニー(演:クリント・イーストウッド)にあたる。
馬場金吾:柄本明
十兵衛の相棒。
オリジナル版のネッド・ローガン(演:モーガン・フリーマン)にあたる。
沢田五郎:柳楽優弥
十兵衛とともに賞金首を追うアイヌと和人のハーフの青年。
オリジナル版のスコフィールド・キッド(演:ジェームズ・ウールヴェット)にあたる。
なつめ:忽那汐里
遊女。堀田佐之助に斬りつけられ、心に大きな傷を負う。
オリジナル版のディライラ・フィッツジェラルド(演:アンナ・トムソン)にあたる。
お梶:小池栄子
年長の女郎。
オリジナル版のストロベリー・アリス(演:フランシス・フィッシャー)にあたる。
秋山喜八:近藤芳正
女郎宿を兼ねた酒場の主人。なつめ・お梶の雇い主。
オリジナル版のスキニー・デュボイス(演:アンソニー・ジェームズ)にあたる。
北大路正春:國村隼
長州出身の勤皇の志士。
オリジナル版のイングリッシュ・ボブ(演:リチャード・ハリス)にあたる。
姫路弥三郎:滝藤賢一
小説家。北大路正春の腰巾着。
オリジナル版のW・W・ブーシャンプ(演:ソウル・ルビネック)にあたる。
堀田佐之助:小澤征悦
元仙台藩士の開拓民。堀田卯之助の兄。
オリジナル版のクイック・マイク(演:デビッド・ムッチ)にあたる。
堀田卯之助:三浦貴大
堀田佐之助の弟。
オリジナル版のディビー・ブンティング(演:ロブ・キャンベル)にあたる。
大石一蔵:佐藤浩市
警察署長。
オリジナル版のリトル・ビル・ダゲット(演:ジーン・ハックマン)にあたる。

※wikipedia参照

ラストサムライ

ラストサムライ』(The Last Samurai )は、2003年のアメリカ映画。明治初頭の日本を舞台に、時代から取り残された侍達の生き様を描く。

last samurai

あらすじ

冒頭では、古事記の一説(イザナミとイザナギの神が剣で、日本の国土を生成したと信じている人々の住む国)を引用する形で、日本の国柄を紹介している。その長く深い伝統の空気を打ち破る幕末の近代化が始まりだした。建国以来の剣を信じるものと、新たな洋式鉄砲と軍隊に希望をかけるものの思いに、日本という国は分断されていったのだ。

ところは変わって、南北戦争時代のアメリカ。北軍の士官として参軍したネイサン・オールグレン大尉(役:トム・クルーズ)は、南軍やインディアンと戦う。その戦争の渦中では、関係の無いインディアンの部族に攻撃を仕掛けたり、インディアンの子供たちを撃ち続けたりした。良心の呵責に悩まされたオールグレンは、トラウマとなった戦場での体験から逃れるように、ウイスキー浸りの生活に陥る。

そんな中、日本の実業家にして大臣の大村(役:原田眞人)はバグリー大佐を介し、お雇い外国人として「戦場の英雄」を軍隊の教授職として雇いに来た。その頃の日本は明治維新が成り、近代国家建設のために急速な近代的軍備の増強が必須であった。大金のオファーに魅せられたオールグレンは、僚友ガントとともに日本に行き、軍隊の訓練を指揮する。

やがて、不平士族の領袖である勝元(役:渡辺謙)が鉄道を襲ったという報が入った。まだ訓練は出来ておらず、この軍隊では闘えないと抵抗するも、やむなく出動するオールグレン。案の定、隊の練度は低く、サムライたちの勢いに呑まれた部隊はバラバラになり、ガントは落命、オールグレンは勝元らに捕えられる。しかし勝元は彼を殺さず、妹のたか(役:小雪)に手当てをさせる。回復してきて村を歩き回り、古きよき日本の人たちの生活の風景を目の当たりにする中で、オールグレンは彼ら反乱軍=サムライたちの精神世界に魅せられるようになる。そして勝元もまた、オールグレンにどこか不思議な魅力を感じ始めていた。

勝元の息子である信忠(役:小山田真)の村での生活を深めるにつれ、オールグレンは村の人々に急速に心を開いていくが、世話をしてくれる女性、たかはオールグレンに不信感を抱き続ける。彼女の夫は、戦場でオールグレンにより殺されたからであった。だが村の生活に敬意を表すようになったオールグレンに対し、次第にたかは心を開き始め、やがてたかはオールグレンを許すようになる。

訓練と談笑と生活の中でオールグレンは心の中に静けさを取り戻し、サムライの村での生活に神聖なものを感じ始める。またオールグレンは、氏尾(役:真田広之)との剣合わせで、はじめて引き分けることができた。これを機に、オールグレンは氏尾や村の男たちからの信頼を急速に勝ち取る。

そんな中、村の祭りが行われ、ふだんは怖く厳しい村の首領・勝元が道化を演じる舞台を見て皆が笑いあっているスキを狙って、大村が差し向けたとおぼしき間諜が密かに村に近づき、襲撃を試みる。オールグレンと勝元・村人は心を一にして間諜と戦い、ついにオールグレンは村人と味方になった。

やがて春を迎えて雪が溶け道が開いた頃、政府に呼び出されて勝元一行は東京へ出向く。疑いと警戒の目で一団の行進を見つめる大村。一行の中にオールグレンが居ることを見つけて、ほっと笑顔をもらす通訳・写真家・著述家のグレアム。東京でオールグレンが見たものは、すでに立派に訓練され、軍備も充実した政府軍の姿であった。

街に出たオールグレンは、銃を掲げ不遜な態度で振る舞う軍人が、信忠の剣を奪い、髷を切り落とす場面に出くわす。そんなオールグレンに、大村は刺客を差し向ける。一方の勝元は、廃刀令にしたがって刀を捨てるよう大村に迫られる。勝元は判断を明治天皇(役:中村七之助)に仰ぐが、天皇は気弱さから目をそむけてしまう。刀を捨てない勝元は、東京にて謹慎となる。

オールグレンは、大村の不平士族討伐軍の指揮官就任の申し出を断り、日本での職・役割を終わらせアメリカへ帰ろうとする。が、大村の差し向けた刺客に襲われる。その後、信忠ら村の一軍やグレアムと共に謹慎先の勝元を脱出させる。勝元一行は村へ帰還できたものの、殿を務めた信忠は警備兵に撃たれ、帰らぬ人となる。もはや、政府軍と勝元達反乱軍との対決は免れぬものとなった。

意を決したオールグレンは反乱軍の一員として、政府軍に一矢報いる事を決めた。反乱軍は榴弾砲まで装備した政府軍を相手に勇敢に闘う。

最後の騎馬による突撃が回転式機関銃ガトリング砲により阻止され、全員戦闘力を失う。傷ついた勝元は、信頼するオールグレンにとどめを刺すよう頼み、「すべてパーフェクトだ」という言葉を遺して、こと切れ、オールグレン一人を残し全滅した。しかし、この闘いは決して無駄ではなかった。政府軍の兵士たちは勝元の死に様に涙し、敬意を表し跪いて頭を垂れたのである。維新以降、失われて久しかった「武士道精神」を、軍人たちが取り戻した瞬間であった。

生き残ったオールグレンは明治天皇に拝謁。そこで勝元の遺刀を渡す。それは日本が真に近代国家に生まれ変わるための、勝元からのメッセージであった。

配役

  • ネイサン・オールグレン大尉:トム・クルーズ
  • 勝元盛次:渡辺謙
  • 信忠:小山田真
  • たか:小雪
  • 氏尾:真田広之
  • サイモン・グレアム:ティモシー・スポール
  • ゼブロン・ガント軍曹:ビリー・コノリー
  • 大村松江:原田眞人
  • 飛源:池松壮亮
  • 孫次郎:湊葵
  • 明治天皇:中村七之助
  • ベンジャミン・バグリー大佐:トニー・ゴールドウィン
  • 寡黙なサムライ(ボブ):福本清三
  • サムライ:高良隆志
  • サムライ:充吉修介
  • 中尾:菅田俊
  • 長谷川大将:伊川東吾
  • 政府軍指揮官:二階堂智
  • ウィンチェスター宣伝員:ウィリアム・アザートン
  • スワンベック大使:スコット・ウィルソン

日本語吹き替え

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日版
ネイサン・オールグレン大尉 トム・クルーズ 森川智之
サイモン・グレアム ティモシー・スポール 中村育二 富田耕生
ゼブロン・ガント軍曹 ビリー・コノリー 吉田鋼太郎 佐々木敏
ベンジャミン・バグリー大佐 トニー・ゴールドウィン 山路和弘 金尾哲夫
勝元盛次 渡辺謙
信忠 小山田真 浅野信博 坂詰貴之
大村松江 原田眞人
明治天皇 中村七之助
ウィンチェスター宣伝員 ウィリアム・アザートン 山崎清介 内田直哉
スワンベック大使 スコット・ウィルソン 螢雪次朗 稲垣隆史

※wikipedia参照

インセプション

インセプション』(原題: Inception)は、クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作による2010年のアメリカのSFアクション映画。

inception

ストーリー

主人公のドム・コブは、人の夢(潜在意識)に入り込むことでアイディアを“盗み取る”特殊な企業スパイ。そんな彼に、強大な権力を持つ大企業のトップのサイトーが仕事を依頼してきた。依頼内容はライバル会社の解体と、それを社長の息子ロバートにさせるようアイディアを“植え付ける”こと(インセプション)だった。極めて困難かつ危険な内容に一度は断るものの、妻モル殺害の容疑をかけられ子供に会えずにいるコブは、犯罪歴の抹消を条件に仕事を引き受けた。

古くからコブと共に仕事をしてきた相棒のアーサー、夢の世界を構築する「設計士」のアリアドネ、他人になりすましターゲットの思考を誘導する「偽装師」のイームス、夢の世界を安定させる鎮静剤を作る「調合師」のユスフ、そしてサイトーを加えた6人で作戦を決行。首尾よくロバートの夢の中に潜入したコブ達だったが、直後に手練の兵士たちによって襲撃を受けてしまう。これはロバートが企業スパイに備えて潜在意識の防護訓練を受けており、護衛部隊を夢の中に投影させていた為であった。インセプション成功の為に更に深い階層の夢へと侵入していくコブたち。次々と襲い来るロバートの護衛部隊に加え、コブの罪悪感から生み出されたモルまでもが妨害を始めた。さらに曖昧になる夢と現実の狭間、迫り来るタイムリミット、果たしてインセプションは成功するのか。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替1 日本語吹替2
ドム・コブ レオナルド・ディカプリオ 内田夕夜 浪川大輔
サイトー(斉藤) 渡辺謙
アーサー ジョゼフ・ゴードン=レヴィット 土田大 松田洋治
モル・コブ マリオン・コティヤール 五十嵐麗 冬馬由美
アリアドネ エレン・ペイジ 冠野智美 白石涼子
イームス トム・ハーディ 咲野俊介 平田広明
ユスフ ディリープ・ラオ 木村雅史 江川央生
ロバート・フィッシャー キリアン・マーフィー 三木眞一郎 小山力也
ピーター・ブラウニング トム・ベレンジャー 石塚運昇 谷口節
モーリス・フィッシャー ピート・ポスルスウェイト 丸山詠二 納谷悟朗
ナッシュ ルーカス・ハース 川中子雅人 勝杏里
マイルス教授 マイケル・ケイン 小川真司 糸博
フィリッパ・コブ(3歳) クレア・ギア
フィリッパ・コブ(5歳) テイラー・ギア 諸星すみれ 釘宮理恵
ジェームズ・コブ(20ヶ月) マグナス・ノーラン
ジェームズ・コブ(3歳) ジョナサン・ギア 関根航 金田朋子
マリー 蓬莱照子
タダシ タイ=リー・リー 杉山大
ブロンドの女 タルラ・ライリー にしおかすみこ 恒松あゆみ
老人 アール・キャメロン 真田五郎
やせた男 ティム・ケルハー 内田聡明
斉藤の部下 ユウジ・オクモト

※wikipedia参照