Category Archives: ロビン・ウィリアムズ

NOEL ノエル

ノエル [DVD]

 

NOEL ノエル』(Noel)は、2004年のアメリカ映画。俳優チャズ・パルミンテリの映画監督デビュー作であり、クリスマスを舞台としたアンサンブル劇。

ストーリー

クリスマス・イヴのニューヨーク。出版社で働くバツイチのローズは、仕事と重病の母親の看病に明け暮れ、自分の幸せを諦めかけていた。 結婚を目前に控えたニーナと警官のマイク。幸せいっぱいの2人のはずが、マイクの度を越した嫉妬がニーナを追い詰めてしまう。 カフェで働く老人アーティは、偶然店に入ってきたマイクに対して不審な振る舞いをする――。

幸せから取り残されてしまった彼らに、この夜、小さな奇跡が舞い降りる…。

キャスト

  • ローズ:スーザン・サランドン(弥永和子)
  • ニーナ:ペネロペ・クルス(朴璐美)
  • マイク:ポール・ウォーカー(咲野俊介)
  • アーティ:アラン・アーキン(西村知道)
  • ジュールズ:マーカス・トーマス
  • アリゾナ:チャズ・パルミンテリ
  • チャールズ:ロビン・ウィリアムズ(クレジットなし)(牛山茂)
  • マシュー:ジョン・ドーマン(星野充昭)
  • バートン:デヴィッド・ジュリアン・ハーシュ
  • マルコ:ダニエル・サンジャタ
  • デニス:ソニー・マリネリ
  • ランディ:ビリー・ポーター※wikipedia参照

グリフィン家のウエディングノート

グリフィン家のウェディングノート [Blu-ray]

 

グリフィン家のウエディングノート』(原題: The Big Wedding)は、2013年にアメリカ合衆国制作されたコメディ映画。

ストーリー

次男アレハンドロの結婚式のために、グリフィン家は10年ぶりに集まった。父親である奔放な性格の彫刻家ドンは、前妻のエリーと離婚した後、10年も愛人のビービーと暮らしており、実質今では彼女が一家の母親代わりになっていた。長女のライラはそんな父親を嫌っており、長男のジャレドは医師という立派な職に就きながら女性と上手く付き合えない等、家族はそれぞれ複雑な事情を抱えていた。

いよいよ結婚式間近となったある日、アレハンドロは思いもよらない問題に直面する。幼い頃グリフィン家に養子に入った彼には、超がつくほど保守的な思想を持った実の母親がおり、彼女に家族の複雑な関係を知られてしまうと、絶対結婚には賛成してくれそうになかったのだ。そこでアレハンドロはドンとエリーに、二人は今でも仲の良い夫婦だという演技を結婚式までの間してほしいと頼む。息子の幸せのため、渋々了承した二人だったが、これにより複雑だった家族関係は余計にこじれてしまうのだった。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • ドン・グリフィン – ロバート・デ・ニーロ(樋浦勉): 彫刻家。宗教嫌い。
  • ライラ・グリフィン – キャサリン・ハイグル(岡寛恵): ドンとエリーの娘。弁護士。
  • エリー・グリフィン – ダイアン・キートン(一城みゆ希): ドンの元妻。
  • アレハンドロ・ソト・グリフィン – ベン・バーンズ(川原元幸): ドンとエリーの養子。
  • メリッサ(ミッシー)・オコナー – アマンダ・セイフライド(志田有彩): アレハンドロの婚約者。
  • ジャレド・グリフィン – トファー・グレイス(内田岳志): ドンとエリーの息子。医師。29歳で童貞。
  • ビ―ビ―・マクブライド – スーザン・サランドン(佐々木優子): ドンの内縁の妻。エリーの親友。
  • モナハン神父 – ロビン・ウィリアムズ(岩崎ひろし): グリフィン家の友人。
  • マフィン・オコナー – クリスティン・エバーソール(英語版): メリッサの母。
  • バリー・オコナー – デヴィッド・ラッシュ: メリッサの父。
  • マドンナ・ソト – パトリシア・ラエ(英語版): アレハンドロの実母。敬虔なクリスチャン。
  • ヌリア・ソト – アナ・アヨラ: アレハンドロの実妹。奔放。
  • アンドリュー – カイル・ボーンハイマー: ライラの夫。別居中。
  • ジェーン – メーガン・ケッチ(英語版): ジャレドを狙っている看護師。※wikipedia参照

余命90分の男

余命90分の男 [DVD]

 

余命90分の男』(原題: The Angriest Man in Brooklyn)は、2014年にアメリカ合衆国で製作されたコメディドラマ映画。監督はフィル・アルデン・ロビンソン。出演はロビン・ウィリアムズ、ミラ・クニス、ピーター・ディンクレイジ、メリッサ・レオ。ロビン・ウィリアムズにとっては最後の主演作となった。

1997年にイスラエルで製作された映画『Mar Baum』のリメイク。アメリカ合衆国では2014年5月23日から一部劇場での限定公開と、ビデオ・オン・デマンドによる配信が行われた[2] 。日本では2015年1月3日から開催された「未体験ゾーンの映画たち2015」の中の一作として限定公開された[3]

ストーリー

非常に偏屈で短期な性格の中年男性ヘンリーは、いつしか周囲から嫌われ疎まれる存在になっていた。そんなある日、病院でヘンリーはいつものように怒り、女医のシャロンに対して激しく文句を言っていると、彼女は誤って彼が脳動脈瘤を患っていることを口走ってしまう。これに驚いたヘンリーは更に興奮し、シャロンを厳しい言葉で責め立てるが、それに腹を立てた彼女は、彼の余命が残り90分しかないと嘘をついてしまう。

嘘の余命宣告に絶望したヘンリーは病院を飛び出し、死ぬ前にやりたいことを全てやってやろうと意気込むが、そこで彼は自身がどうしようもない嫌われ者であることを思い知る。一方、医師としてあるまじき行為をしてしまった罪悪感に駆られたシャロンは、ヘンリーを追って病院に戻るよう説得するが、彼はそれを聞き入れず、限られた時間で今までの人生を少しでも挽回するため行動に出るのだった。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • ヘンリー・アルトマン – ロビン・ウィリアムズ(安原義人)
  • シャロン・ギル – ミラ・クニス(ちふゆ)
  • アーロン・アルトマン – ピーター・ディンクレイジ(高木渉)
  • ベティ・アルトマン – メリッサ・レオ(定岡小百合)※wikipedia参照

大統領の執事の涙

大統領の執事の涙 [Blu-ray]

大統領の執事の涙』(だいとうりょうのしつじのなみだ、Lee Daniels’ The Butler[4][5])は、リー・ダニエルズ監督、ダニー・ストロング(英語版)脚本、アンサンブルキャストによる2013年のアメリカ合衆国の歴史ドラマ映画(英語版)である[6]ユージン・アレン (執事)(英語版)の実生活に触発を受けた内容となっており、フォレスト・ウィテカー演じるアフリカ系アメリカ人のホワイトハウスバトラー(執事)のセシル・ゲインズの視点で彼の34年の任期中に起こった20世紀の事件が描かれる[7][8]。2011年に亡くなったローラ・ジスキンが最後にプロデュースした作品である[9][10]

アメリカ合衆国ではワインスタイン・カンパニー配給で2013年8月16日に封切られて、高評価を得て[11][12]、製作費3000万ドルに対し、世界興行収入は1億3000万ドルを超えた[2]

あらすじ

奴隷の子供として育ったセシルは目の前で白人の主人に父を殺された過去を持つ。農園を脱出し、放浪の末、ホテルのボーイとして働き始めたことがキッカケになり、彼の勤勉さと接客が気に入られスカウトされ、やがてホワイトハウスの執事としてアイゼンハワーやケネディら、歴代大統領の元で働き続ける。妻グロリアとの間に二人の息子にも恵まれたが、黒人への人種差別問題が根深く残る時代、白人の下で働く父に反発し、大学に行かず公民権運動に熱中する長男のルイスとの確執が深くなる。「キューバ危機」「ケネディ暗殺」「ベトナム戦争」ホワイトハウスの中で激動の時代をまじか見てきたセシルだが、彼と彼の家族もまた波乱の運命を辿る事となる。

キャスト

  • セシル・ゲインズ – フォレスト・ウィテカー[6]
  • 若年期のセシル – アムル・アミーン(英語版)[13]
ゲインズの私生活
  • グロリア・ゲインズ – オプラ・ウィンフリー[6]: セシルの妻。
  • ルイス・ゲインズ – デヴィッド・オイェロウォ[6]: セシルの長男。
  • チャーリー・ゲインズ – イライジャ・ケリー[13]: セシルの次男。
  • アール・ゲインズ – デヴィッド・バナー[13]: セシルの父。
  • ハッティ・パール – マライア・キャリー[14]: セシルの母。
  • ハワード – テレンス・ハワード[6]: セシルの隣人。ギャンブラー。
  • ジーナ – アドリアーニ・レノックス(英語版)[13][15]: ハワードの妻。
  • キャロル・ハミー – ヤヤ・ダコスタ[16]: ルイスの活動仲間で後に恋人に。
  • トーマス・ウェストフォール – アレックス・ペティファー[6]: 地主の息子。ハッティを暴行し、アールを射殺。
  • アナベス・ウェストフォール – ヴァネッサ・レッドグレイヴ[6]: 地主の女主人。セシルを給仕として育てる。
  • メイナード – クラレンス・ウィリアムズ三世(英語版)[13][15]: セシルの執事としての師。
ホワイトハウスでの同僚
  • カーター・ウィルソン – キューバ・グッディング・ジュニア[6][13]
  • ジェームズ・ホロウェイ – レニー・クラヴィッツ[6][13]
  • フレディ・ファローズ – コールマン・ドミンゴ(英語版)[13][16]
ホワイトハウスの歴史上の人物
  • ドワイト・D・アイゼンハワー – ロビン・ウィリアムズ[6][17]: 第34代大統領。
  • シャーマン・アダムス(英語版)ジェームズ・デュモン(英語版)[15][18]: アイゼンハワー大統領の首席補佐官。
  • ハーバート・ブラウネル・Jr(英語版) – ロバート・アバディーン[15]: アイゼンハワー政権の司法長官。
  • ジョン・F・ケネディ – ジェームズ・マースデン[6][17]: 第35代大統領。
  • ジャクリーン・ケネディ – ミンカ・ケリー[17]: ケネディ大統領夫人。
  • リンドン・ジョンソン – リーヴ・シュレイバー[6][17]: 第36代大統領。
  • リチャード・ニクソン – ジョン・キューザック[6][17]: 第37代大統領。
  • H・R・ハルデマン – アレックス・マネット[6]: ニクソン大統領の首席補佐官。
  • ジョン・アーリックマン – コリン・ウォーカー[15][19]: ニクソン大統領の顧問。
  • ロナルド・レーガン – アラン・リックマン[6][17]: 第40代大統領。
  • ナンシー・レーガン – ジェーン・フォンダ[15]: レーガン大統領夫人。
  • スティーブン・W・ローション(英語版) – スティーヴン・ライダー[15]: セシルの上司。
公民権運動の歴史上の人物
  • マーティン・ルーサー・キング・ジュニア – ネルサン・エリス(英語版)[6][17]: 公民権運動の指導者。
  • ジェームズ・ローソン(英語版)ジェシー・ウィリアムズ(英語版)[16]: 非暴力を貫く活動家。
  • アラバマ州で攻撃されたフリーダム・ライターズ(英語版)の1人 – ダニー・ストロング(英語版)(カメオ出演)

他に、大統領のジェラルド・R・フォード、ジミー・カーター、バラク・オバマと公民権運動のリーダーのジェシー・ジャクソンはアーカイヴ映像を使って描かれる[20][21]

メリッサ・レオとオーランド・エリック・ストリートはそれぞれマミー・アイゼンハワー大統領夫人とバラク・オバマ大統領役にキャスティングされていたが、完成した映画には登場しなかった[6][22][23][24]

日本語吹き替え

役名 俳優 日本語吹き替え
セシル・ゲインズ フォレスト・ウィテカー 石住昭彦
グロリア・ゲインズ オプラ・ウィンフリー 喜田あゆ美
カーター・ウィルソン キューバ・グッディング・ジュニア 志村知幸
ジェームズ・ホロウェイ レニー・クラヴィッツ 各務立基
ドワイト・D・アイゼンハワー ロビン・ウィリアムズ 小島敏彦
ジョン・F・ケネディ ジェームズ・マースデン 佐々木啓夫
リンドン・ジョンソン リーヴ・シュレイバー 宇垣秀成
リチャード・ニクソン ジョン・キューザック 桐本琢也
ロナルド・レーガン アラン・リックマン 中村浩太郎
ナンシー・レーガン ジェーン・フォンダ 宮沢きよこ

※wikipedia参照

グリフィン家のウエディングノート

グリフィン家のウェディングノート [Blu-ray]

 

グリフィン家のウエディングノート』(原題: The Big Wedding)は、2013年にアメリカ合衆国制作されたコメディ映画。

ストーリー

次男アレハンドロの結婚式のために、グリフィン家は10年ぶりに集まった。父親である奔放な性格の彫刻家ドンは、前妻のエリーと離婚した後、10年も愛人のビービーと暮らしており、実質今では彼女が一家の母親代わりになっていた。長女のライラはそんな父親を嫌っており、長男のジャレドは医師という立派な職に就きながら女性と上手く付き合えない等、家族はそれぞれ複雑な事情を抱えていた。

いよいよ結婚式間近となったある日、アレハンドロは思いもよらない問題に直面する。幼い頃グリフィン家に養子に入った彼には、超がつくほど保守的な思想を持った実の母親がおり、彼女に家族の複雑な関係を知られてしまうと、絶対結婚には賛成してくれそうになかったのだ。そこでアレハンドロはドンとエリーに、二人は今でも仲の良い夫婦だという演技を結婚式までの間してほしいと頼む。息子の幸せのため、渋々了承した二人だったが、これにより複雑だった家族関係は余計にこじれてしまうのだった。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • ドン・グリフィン – ロバート・デ・ニーロ(樋浦勉): 彫刻家。宗教嫌い。
  • ライラ・グリフィン – キャサリン・ハイグル(岡寛恵): ドンとエリーの娘。弁護士。
  • エリー・グリフィン – ダイアン・キートン(一城みゆ希): ドンの元妻。
  • アレハンドロ・ソト・グリフィン – ベン・バーンズ(川原元幸): ドンとエリーの養子。
  • メリッサ(ミッシー)・オコナー – アマンダ・セイフライド(志田有彩): アレハンドロの婚約者。
  • ジャレド・グリフィン – トファー・グレイス(内田岳志): ドンとエリーの息子。医師。29歳で童貞。
  • ビ―ビ―・マクブライド – スーザン・サランドン(佐々木優子): ドンの内縁の妻。エリーの親友。
  • モナハン神父 – ロビン・ウィリアムズ(岩崎ひろし): グリフィン家の友人。
  • マフィン・オコナー – クリスティン・エバーソール(英語版): メリッサの母。
  • バリー・オコナー – デヴィッド・ラッシュ: メリッサの父。
  • マドンナ・ソト – パトリシア・ラエ(英語版): アレハンドロの実母。敬虔なクリスチャン。
  • ヌリア・ソト – アナ・アヨラ: アレハンドロの実妹。奔放。
  • アンドリュー – カイル・ボーンハイマー: ライラの夫。別居中。
  • ジェーン – メーガン・ケッチ(英語版): ジャレドを狙っている看護師。※wikipedia参照

ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊(シリーズ)

ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊 [Blu-ray]

 

ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊』(原題: Happy Feet Two)は2011年の3DCGアニメーションのオーストラリア・アメリカ映画である。2006年に制作された『ハッピー フィート』の続編である。

ストーリー

タップダンスの達人として成長し、幼馴染のグローリアとも結婚したマンブルは、ある悩みを抱えていた。それは二人の間に生まれた息子エリックがダンス嫌いであること。ある日、エリックはマンブルの元から飛び出すが、そこで空飛ぶペンギンのマイティ・スヴェンと出会う。そんな時、ペンギンたちが暮らすエンペラー帝国が巨大な氷山の倒壊に巻き込まれ、グローリアや仲間たちが氷山に閉じ込められてしまう。エンペラー帝国の外にいて無事だったマンブルやエリックらは仲間たちを救うために奔走。エリックはそんなマンブルの勇敢な姿を見て大切なことを学んでいく。

キャスト(声の出演)

役名 英語版声優 日本語吹き替え
マンブル イライジャ・ウッド 劇団ひとり
ラモン / ラブレイス ロビン・ウィリアムズ 山寺宏一
スヴェン ハンク・アザリア 山路和弘
グローリア アレシア・ムーア(ピンク) クリスタルケイ
ウィル ブラッド・ピット 設楽統
ビル マット・デイモン 日村勇紀
カルメン ソフィア・ベルガラ 雨蘭咲木子
シーモア コモン 江川央生
エリック エイヴァ・エイカーズ 鈴木福
長老ノア ヒューゴ・ウィーヴィング 水野龍司
浜の大将ブライアン リチャード・カーター 磯部勉
バイオラ先生 マグダ・ズバンスキー さとうあい
アルファ・スクーア アンソニー・ラパリア 石井隆夫
アティカス ベンジャミン・フローレス・Jr 坂本千夏

※wikipedia参照

オールド・ドッグ

オールド・ドッグ [DVD]

 

オールド・ドッグ』(原題:Old Dogs)は、2009年にアメリカで製作・公開されたコメディ映画。
日本では劇場公開されずビデオスルーになった。

WOWOWでは『オールド・ドッグ オレたちイクメン?!』のタイトルで放送された。

ストーリー

子供が苦手で離婚歴があるダンと、独身貴族で大の女好きのチャーリー。二人は親友で、仕事でもパートナーという関係にあった。そんな二人に大きな契約を結ぶチャンスが訪れる。ここぞとばかりに張り切る二人だったが、時同じくしてダンの目の前に7年前に一晩だけ関係を持ったヴィッキーという女性が現れる。そしてヴィッキーは「実はダンとの間には双子の子供を授かっていた」という驚くべき告白をする。この双子の出現でダンとチャーリーの生活は一変してしまう。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
チャーリー・リード ジョン・トラボルタ 森田順平
ダン・レイバーン ロビン・ウィリアムズ 安原義人
エミリー・グリア エラ・ブルー・トラボルタ 諸星すみれ
ザック・グリア コナー・レイバーン 鏑木海智
ヴィッキー・グリア ケリー・プレストン 岡寛恵
クレイグ・ホワイト セス・グリーン 落合弘治
アマンダ ロリ・ロックリン 五十嵐麗
ジミー・ランチボックス バーニー・マック 天田益男
バリー(スカウトリーダー) マット・ディロン 檀臣幸
ジェナ リタ・ウィルソン
マーシャ アン=マーグレット
ヨシロウ・ニシムラ サブ・シモノ 小島敏彦
アダム(スカウトリーダー) ジャスティン・ロング※ノンクレジット
ニック ルイス・ガスマン※ノンクレジット

※wikipedia参照

ディア・ダディ 嘘つき父さんの秘密

ロビン・ウィリアムズ ビッグショットダディ [DVD]

 

ディア・ダディ 嘘つき父さんの秘密』(ディアダディ うそつきとうさんのひみつ、World’s Greatest Dad)は2009年のアメリカ合衆国のコメディ映画。

日本では劇場未公開だが、WOWOWで2012年12月16日に放送され[2][3]、2013年2月にDVDレンタルが開始された。

WOWOW放送時のタイトルは『ディア・ダディ 嘘つき父さんの秘密』だったが、DVDレンタル時に邦題が『ビッグショット・ダディ』に変更されている。ちなみにDVDでの販売は無くiTunes等でのネット配信でのみ映画本編を購入する事が出来る。

ストーリー

作家志望の冴えない高校教師ランスは年頃の息子カイルと2人暮らし。同僚の美人教師クレアとの恋人関係はそこそこ良好だが、カイルとの親子関係はぎくしゃくしている。

ある夜ランスは、カイルが自慰行為(いわゆる窒息プレイ)中の事故で死んでいるところを発見する。激しいショックを受けつつも、ランスはカイルの死を自殺に見せかけるために遺書を偽装する。ところが、ふとしたことからその遺書が世間の注目を集め、カイルが10代のカリスマとして祭り上げられるとともに、ランスは息子を自殺で失った悲劇の父親としてメディアに大きく取り上げられるようになってしまう。

罪悪感に苛まれつつも、後戻りできない状況に、ランスは悲劇の父親を演じるとともに、カリスマとしてのカイルをでっち上げ続ける。しかし、ランスの勤め先であり、カイルが通っていた学校で、図書館にカイルの名前が付けられることになると、その式典の場でランスは全てを明らかにする。

激しい罵倒を受けつつも、ランスは晴れやかな気持ちでその場を後にする。そして、カイルの唯一の友人だった少年と打ち解け合う。

キャスト

  • ランス・クレイトン – ロビン・ウィリアムズ: 作家志望の高校教師。シングルファーザー。
  • カイル・クレイトン – ダリル・サバラ: ランスの息子。15歳。
  • クレア – アレクシー・ギルモア: ランスの同僚教師で恋人。
  • アンダーソン校長 – ジェフ・ピアソン
  • マイク – ヘンリー・シモンズ: ランスの同僚教師。
  • ブルース・ホーンズビー – 本人。ランスが大ファンのミュージシャン。※wikipedia参照

奇跡のシンフォニー

奇跡のシンフォニー [DVD]

 

奇跡のシンフォニー』(きせきの – 、原題: August Rush)は、2007年公開のアメリカ映画。主演は『チャーリーとチョコレート工場』で知られるフレディ・ハイモア。

第80回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされた。

ストーリー

ニューヨーク近郊の孤児院で暮らすエヴァンは、両親が必ず迎えに来ると信じているものの、11歳になるまでその願いがかなう事は無かった。ある日不思議な音に導かれるように彼は孤児院を抜け出してしまう。たどり着いたマンハッタンで様々な出会いを経てエヴァンは音楽の才能を開花させる。

一方エヴァンは死んだと思っていた彼の母ライラ、そしてライラと結ばれること無く一時は悲嘆にくれていた父ルイスも音楽に導かれるかのようにマンハッタンへ向かう。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
エヴァン・テイラー “オーガスト・ラッシュ” フレディ・ハイモア 白石涼子
ライラ・ノバチェック ケリー・ラッセル 高橋理恵子
ルイス・コネリー ジョナサン・リース=マイヤーズ 平田広明
リチャード・ジェフリーズ テレンス・ハワード 古澤徹
マックスウェル・“ウィザード”・ウォラス ロビン・ウィリアムズ 安原義人
トマス・ノヴァチェク ウィリアム・サドラー
学長 マリアン・セルデス
ジェームズ師 ミケルティ・ウィリアムソン
アーサー レオン・トーマス3世
ニック アーロン・ステイトン
マーシャル アレックス・オローリン
ホープ ジャマイア・シモーヌ・ナッシュ
教授 ロナルド・ガットマン
リジー ボニー・マッキー

※wikipedia参照

ライセンス・トゥ・ウェディング

ライセンス・トゥ・ウェディング 特別版 [DVD]

 

ライセンス・トゥ・ウェディング』(原題: License to Wed)は、2007年にアメリカで公開されたコメディ映画。

ストーリー

恋人のベンからプロポーズされたサディにはある夢があった。それは一家が通っている由緒ある教会で、伝統的な結婚式を挙げるというものだった。しかし、式の予約は2年後までいっぱいで、唯一3週間後の1日だけしか空いていなかった。機会を逃すわけにはいかないサディとベンは、すぐに式の予約を入れるのだったが、式を行うには教会のフランク牧師が考案した「結婚準備講座」をパスしないとならず、しかもその講座はとても風変わりなものだった。

キャスト

  • フランク牧師 – ロビン・ウィリアムズ(日本語吹替:岩崎ひろし)
  • サディ・ジョーンズ – マンディ・ムーア(日本語吹替:甲斐田裕子)
  • ベン・マーフィ – ジョン・クラシンスキー(日本語吹替:花輪英司)
  • リンゼイ・ジョーンズ – クリスティン・テイラー
  • サディの父 – ピーター・ストラウス
  • サディの母 – ロクサーヌ・ハート
  • サディの祖母 – グレイス・ザブリスキー
    ※wikipedia参照
1 2 3 4