Category Archives: ロバート・デ・ニーロ

タクシードライバー

タクシードライバー [SPE BEST] [Blu-ray]

 

タクシードライバー』(原題: Taxi Driver)は、1976年公開のアメリカ映画。制作会社はコロムビア映画。監督はマーティン・スコセッシ。脚本はポール・シュレイダー。主演はロバート・デ・ニーロ。

第26回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品。また、1994年にアメリカ議会図書館がアメリカ国立フィルム登録簿に新規登録した作品の1つ。

ストーリー

ニューヨークにある小さなタクシー会社に運転手志望の男性が現れた。ベトナム帰りの元海兵隊員と称する彼、トラヴィス・ビックルは、戦争によるのか深刻な不眠症を患っているため定職に就くこともままならず、タクシードライバーに就職。誰となく目的地まで送り届け運賃を受け取るルーティンワークの日々を送っていた。社交性にやや欠け、同僚たちから守銭奴とあだ名されるトラヴィスは、余暇はポルノ映画館に通ったり、深い闇に包まれたマンハッタンを当てもなく運転する、という孤独の中にあった。そして、そこで目にする麻薬と性欲に溺れる若者や盛り場の退廃ぶりに嫌悪を示していた。

ある日、トラヴィスは次期大統領候補パランタインの選挙事務所付近を通りかかる。彼はそこで勤務する女性に魅かれ、選挙運動に興味を示した。彼女はベッツィーと言う名で、トラヴィスは彼女をデートに誘う。徐々に懇意になっていく二人だったが、トラヴィスは日頃の習性でベッツィーとポルノ映画館に入り、激昂させてしまう。以来どうなだめても応じず、思うようにことが運ばない彼はついに選挙事務所に押し掛け「殺してやる」と罵るのであった。

民主主義の理想と現実の狭間で、トラヴィスの不眠症は深刻さを増し、心は荒んでいく一方であった。「腐敗しきったこの街を俺が浄化してやる」という思いは憤怒から実行性を帯び目的へと固まっていく。そんな中、トラヴィスのタクシーに突如幼い少女が逃げ込んできた。ヒモらしい男が彼女を連れ戻すが、トラヴィスは方向性を定めるにいたった。

トラヴィスは裏のルートから拳銃を仕入れ、射撃の訓練と肉体の強化に励んだ。「俺に用か? 俺に向かって話しているんだろう? どうなんだ?」トラヴィスは鏡の前で、半狂人と化した自身の鏡像を前に不敵な笑いを浮かべ、あるいは怒りに満ちた表情で瞬時に拳銃を突き出すのであった。

そんな中、トラヴィスは行き付けの食料品店で強盗事件に居合わせた。彼は咄嗟に拳銃を取り出し犯人を撃つ。刑事気取りの彼は偶然にもいつかの少女と会う。アイリスと名乗る少女にトラヴィスは売春で稼ぎ学校にも行かない生活を止めるように説得した。アイリスは、恋愛などではなくヒモに騙され利用されていることに気づいていない。しまいに少女にあきれられてしまうトラヴィス。

トラヴィスは浄化作戦を実行に移す。次期大統領候補であるパランタインの集会に現れたトラヴィスの出で立ちは、モヒカンにサングラス。パランタインを射殺しようとした彼はシークレット・サービスに目撃され人混みの中を逃げ去った。その夜トラヴィスは、アイリスのヒモ、スポーツのアパートを訪ねた。トラヴィスはスポーツや用心棒、さらにアイリスの眼前で買春客を立て続けに射殺。自らも銃弾を受けて重傷を負うも、マスコミは彼を一人の少女を裏社会から救った英雄として祭り上げる。

心変わりしたベッツィーからも好意を寄せられるが、彼は何事もなかったかのように夜の街をタクシーで一人彷徨い続けるのであった。

キャスト

 

役名 俳優 日本語吹替
TBS版 ソフト版
トラヴィス・ビックル ロバート・デ・ニーロ 津嘉山正種 宮内敦士
ベッツィー シビル・シェパード 田島令子 井上喜久子
アイリス ジョディ・フォスター 冨永みーな 木下紗華
スポーツ ハーヴェイ・カイテル 日高晤郎 東地宏樹
ウィザード ピーター・ボイル 西村淳二 浦山迅
トム アルバート・ブルックス 野島昭生 村治学
タクシー会社の受付 ジョー・スピネル
パランタイン上院議員 レナード・ハリス 寺島幹夫 田原アルノ
ポルノ映画館の売店の女 ダイアン・アボット
銃のセールスマン スティーブン・プリンス 銀河万丈
強盗に入る黒人 千葉繁

※wikipedia参照

ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ

ワグ・ザ・ドッグ~ウワサの真相 [DVD]

 

ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ』(Wag the Dog)は1997年に製作されたアメリカ映画。選挙戦を控えた大統領のセックススキャンダルをもみ消すために暗躍する揉み消し屋を描く。ベルリン国際映画祭審査員特別賞受賞作品。

ストーリー

大統領選挙中、現職大統領がセックス・スキャンダルを起こした。スキャンダルを国民の目からそらすためにスピン・ドクターと呼ばれる揉み消し屋コンラッド・ブリーン(ロバート・デ・ニーロ)を緊急招集する。コンラッドは国民の目からスキャンダルをそらすためにアルバニアとの架空の戦争、B3爆撃作戦を画策する。コンラッドは実際には存在しない架空の戦争、架空の部隊、架空の英雄を国民に信じ込ませるためにハリウッドの敏腕プロデューサー、スタンリー・モッツ(ダスティン・ホフマン)に協力を依頼する。かくして、彼らによるスキャンダル揉み消し工作が始まる。まず、手始めに架空の敵国に選ばれたアルバニアの非道さを全米中に知らしめ、戦争の正当性を捏造していく。スタンリーはハリウッド仕込みの映像合成テクニック、愛国心を盛り上げる歌で“非道なアルバニア”、“非道なアルバニアからアルバニア国民を守ったアメリカ”というイメージを作り上げていく。架空の映像でアメリカ人の愛国心が盛り上がるが、そこには何かが欠けていた。戦争につき物の英雄だ。その英雄を捏造するためにまた、策を練る。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
スタンリー・モッツ ダスティン・ホフマン 小川真司
コンラッド・ブリーン ロバート・デ・ニーロ 麦人
ウィニフレッド・エームス アン・ヘッチ 安達忍
ウィリアム・シューマン軍曹 ウディ・ハレルソン 荒川太朗
ファド・キング デニス・レアリー 内田直哉
ジョニー・グリーン ウィリー・ネルソン 宝亀克寿
リズ・バツキー アンドレア・マーティン 沢田敏子
グレース スージー・プラクソン 宮寺智子
トレイシー・ライム キルスティン・ダンスト 武田佳子
CIAエージェント ウィリアム・H・メイシー 御友公喜
本人役 ジェームズ・ベルーシ 山野井仁
本人役 ジェイ・レノ 山野井仁
大統領 マイケル・ベルソン 大木民夫
ジョン・ニール上院議員 クレイグ・T・ネルソン 塚田正昭


※wikipedia参照

スリーパーズ

スリーパーズ [Blu-ray]

 

スリーパーズ』(Sleepers)は、1996年のアメリカ合衆国のドラマ映画及び同名の原作小説。

ストーリー

あるいたずらが原因で過失傷害を問われ、少年院に送られたロレンツォ(シェイクス)、マイケル、トミー、ジョンの4人の少年を待っていたのは、看守たちからの性的虐待だった。圧倒的な暴力を前になすすべもなく、少年たちは心に深い傷を負う。

ある日の院内のフットボールの試合中、リーダー格でギャングの息子であるリゾを引き込み、日頃の虐待の恨みを暴力で晴らすが、その後リゾは「殴る場所がなくなるまで」殴られて死んだ。

やがて成人した4人のうち、トミーとジョンがレストランでかつての看守であるノークスに出会い、射殺してしまう。検事補になり、今事件を担当することになったマイケル、新聞記者となったロレンツォは2人を無罪に、そして少年院であった虐待を公にすることを誓い、奮闘する。

まず、呑んだくれの弁護士スナイダーに、マイケルが密かに用意した台本どおりに弁護をさせ、裁判に証人として出廷した元看守の1人であるファーガソンに虐待があったことを認めさせる。次に、もう1人の元看守はリゾを院内で撲殺したことをギャングの兄に密告され、射殺される。残りの1人で現在は刑事となっていた男は、ロレンツォの密告によって収賄と殺人の容疑で逮捕される。

レストランにいた客が2人を見たと証言した不利な状況で、ロレンツォは4人をよく知るボビー神父に聖職者は嘘をつかないと知った上で偽の証言をしてほしいと懇願する。少年院であった出来事を幼馴染のキャロルや神父に打ち明け、数週間後、神父は出廷し、事件当夜は被告の2人とバスケットボールの観戦をしに行っていたと偽の証言をする。

看守への復讐が着々と進み、残るは無罪判決のみ。判決は無罪。その後、4人とキャロルは祝杯をあげる。これが5人が集まった最後の夜となった。

数年後、ジョンとトミーは30歳を迎える前に何者かに殺害された。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ版
ロレンツォ・カルカテラ(英語版) (シェイクス) ジェイソン・パトリック 原康義 江原正士
マイケル・サリヴァン ブラッド・ピット 平田広明 堀内賢雄
トミー・マルカノ ビリー・クラダップ 森川智之 室園丈裕
ジョン・ライリー ロン・エルダード 矢尾一樹 星野充昭
少年時代のロレンツォ ジョー・ペリーノ(英語版) 岡野浩介 佐々木望
少年時代のマイケル ブラッド・レンフロ 遠近孝一 私市淳
少年時代のトミー ジョナサン・タッカー まるたまり
少年時代のジョン ジェフリー・ウィグダー(英語版) くまいもとこ
ショーン・ノークス ケヴィン・ベーコン 江原正士 中田和宏
キャロル ミニー・ドライヴァー 勝生真沙子 水谷優子
ボビー神父 ロバート・デ・ニーロ 大塚明夫 羽佐間道夫
ダニー・スナイダー弁護士 ダスティン・ホフマン 堀勝之祐 小川真司
キング・ベニー ヴィットリオ・ガスマン 江角英明 納谷悟朗
ラルフ・ファーガソン テリー・キニー 小島敏彦
ロレンツォの父 ブルーノ・カービー 原田一夫 青野武

※wikipedia参照

ラスト・タイクーン

ラスト・タイクーン [DVD]

 

ラスト・タイクーン』(The Love of the Last Tycoon: A Western)は、アメリカの小説家F・スコット・フィッツジェラルドの未完の長編小説。同名で映画化もされた。『最後の大君』とも訳される。

キャスト

  • モンロー・スター:ロバート・デ・ニーロ
  • ブリマー:ジャック・ニコルソン
  • ディディ:ジャンヌ・モロー
  • ロドリゲス:トニー・カーティス
  • セシリア・ブレイディ:テレサ・ラッセル
  • エドナ:アンジェリカ・ヒューストン
  • パット・ブレイディ:ロバート・ミッチャム
  • ガイド:ジョン・キャラダイン
  • ボクスリー:ドナルド・プレザンス
  • フライシャッカー:レイ・ミランド
  • レッド:ダナ・アンドリュース
  • ワイリー:ピーター・ストラウス
  • トレーナー:シーモア・カッセル※wikipedia参照

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男 [Blu-ray]

 

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男』(The Bag Man)は、2014年にアメリカ合衆国で製作されたスリラー映画。デヴィッド・グロヴィックの監督デビュー作。出演はジョン・キューザック、レベッカ・ダ・コスタ(英語版)、クリスピン・グローヴァー、ドミニク・パーセル、ロバート・デ・ニーロ。

ストーリー

凄腕の殺し屋ジャックは、雇い主のドラグナからある鞄を預かる。ドラグナはその鞄を指定したモーテルへと運び、そこで自分の到着を待てとジャックに命じる。また、その際にドラグナから「鞄の中は絶対に見てはならない」と言われたジャックは、多少の違和感を感じつつも襲いかかってくる刺客を次々と葬っていくのだった。こうして指定されたモーテルへと到着したジャックだったが、そこでレブカと名乗る娼婦を成り行きから匿うことになってしまう。

キャスト

※()は日本語吹き替え

  • ジャック – ジョン・キューザック(家中宏)
  • レブカ – レベッカ・ダ・コスタ(英語版)(雨谷和砂)
  • ドラグナ – ロバート・デ・ニーロ(樋浦勉)
  • ネッド – クリスピン・グローヴァー(長瀬祐)
  • ラーソン – ドミニク・パーセル(市橋尚史)※wikipedia参照

リベンジ・マッチ

リベンジ・マッチ ブルーレイ&DVD セット (【初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

 

リベンジ・マッチ』(原題: Grudge Match)は、ピーター・シーガル監督によるスポーツ・コメディ映画である。本作において、ロバート・デ・ニーロとシルヴェスター・スタローンは最後の勝負のためにリングに上がる老齢のボクサーを演じている。なお、2人はボクシング映画の名作[3]で主演を務めたことがある。

あらすじ

引退したボクサーであるヘンリー・シャープとビリー・マクドネンとの間には30年来の遺恨があった。それは2人が戦うタイトルマッチの前夜にヘンリーが引退してしまったことである。そして今、2人は再戦の機会を得て、遺恨を晴らそうとするが…。

 

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ビリー・“ザ・キッド”・マクドネン ロバート・デ・ニーロ 菅生隆之
ヘンリー・“レーザー”・シャープ シルヴェスター・スタローン ささきいさお[4]
ダンテ・スレート・Jr. ケヴィン・ハート 伊藤健太郎
ルイス・“稲妻”・コンロン アラン・アーキン 坂口芳貞
サリー・ローズ キム・ベイシンガー 高島雅羅
B.J. ジョン・バーンサル 土田大

※wikipedia参照

アメリカン・ハッスル

アメリカン・ハッスル コレクターズ・エディション [Blu-ray]

 

アメリカン・ハッスル』(American Hustle)は、デヴィッド・O・ラッセル監督による2013年のアメリカ合衆国のドラマ映画である。1970年代にアトランティックシティで起きた収賄スキャンダル「アブスキャム事件」を基に、ラッセルとエリック・シンガーが脚本を執筆。主人公アーヴィンのモデルはメル・ワインバーグという実在の詐欺師。出演はクリスチャン・ベール、ブラッドレイ・クーパー、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、ジェニファー・ローレンス等。 第86回アカデミー賞においては、作品賞・監督賞をふくむ10部門でノミネートされたが無冠に終わった。 2013年ハリウッド映画祭では美術賞、衣装デザイン賞を受賞[3]。 第79回ニューヨーク映画批評家協会賞では作品賞と脚本賞、ジェニファー・ローレンスが助演女優賞を受賞した[4]

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • アーヴィン・ローゼンフェルド(メルヴィン・ワインバーグ) – クリスチャン・ベール(宮内敦士)
  • リッチー・ディマーソ – ブラッドレイ・クーパー(桐本琢也)
  • シドニー・プロッサー – エイミー・アダムス(中村千絵)
  • カーマイン・ポリート(アンジェロ・エリチェッティ市長) – ジェレミー・レナー(坂詰貴之)
  • ロザリン・ローゼンフェルド – ジェニファー・ローレンス(東條加那子)
  • ヴィクター・テレジオ – ロバート・デ・ニーロ(堀勝之祐)
  • ストッダード・ソーセン – ルイスC.K.(田原正治)
  • パコ・ヘルナンデス – マイケル・ペーニャ(佐々木啓夫)
  • カール・エルウェイ – シェー・ウィガム
  • ピート・ムセイン – ジャック・ヒューストン
  • ドリー・ポリート – エリザベス・ローム(根本圭子)
  • アディー・エイブラムス – エリカ・マクダーモット(英語版)
  • サブリナ – メリッサ・マクミーキン
  • ブレンダ – コリーン・キャンプ
  • アンソニー・アマード – アレッサンドロ・ニヴォラ
  • コスモ・ガール – ドーン・オリヴィエリ(英語版)
  • フランシス・ポリート – トーマス・マシューズ
  • FBI捜査官 – ボー・クリアリー
  • 歌手 – ジャック・ジョーンズ ※“I’ve Got Your Number”で、サウンドトラックにも参加※wikipedia参照

ラストベガス

ラストベガス [Blu-ray]

 

ラストベガス』(Last Vegas)は、2013年にアメリカ合衆国で制作されたコメディ映画。

ストーリー

ビリー、パディ、アーチー、サムの4人組は、幼い頃からの大親友。ある日、唯一独身を貫いてきたビリーが若い娘と結婚することになり、ラスベガスで派手なバチェラー・パーティーを行うため、3人と久しぶりの再会を果たす。久しぶりに羽目を外すことに年甲斐もなく興奮する面々だったが、パディだけは浮かない顔をしていた。先立ったパディの妻の葬儀に、ビリーが出席しなかったのを根に持っていたのだ。しかし、アーチーがカジノで大勝し、最高級ホテルやクラブで派手に騒ぐうち、次第にパディにも笑顔が戻っていく。ところが、4人の前に美人歌手が現れたことで、彼女を巡って再びビリーとパディは対立してしまう。対立の原因はそれだけではなく、実は二人には幼い頃から続く大きな確執が隠されていたのだ。

キャスト

 

役名 俳優 日本語吹替
ビリー マイケル・ダグラス 小川真司
パディ ロバート・デ・ニーロ 羽佐間道夫
アーチー モーガン・フリーマン 坂口芳貞
サム ケヴィン・クライン 野島昭生
ダイアナ メアリー・スティーンバージェン 高島雅羅
ディーン ジェリー・フェレーラ(英語版) 古川裕隆
ロニー ロマニー・マルコ(英語版) 玉木雅士
モーリス ロジャー・バート
ミリアム ジョアンナ・グリーソン(英語版)
エズラ マイケル・イーリー
リサ ブレ・ブレア
ホット・ウェイトレス ヴェロニカ・ロサティ
本人役 カーティス・ジャクソン
本人役 レッドフー(英語版)

※wikipedia参照

マラヴィータ

マラヴィータ スペシャル・プライス [Blu-ray]

 

マラヴィータ』(英語題: The Family, 仏語題: Malavita)は、2013年制作のアメリカ合衆国・フランス合作のクライム・コメディ映画。

リュック・ベッソン監督、マーティン・スコセッシ製作総指揮。出演はロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、トミー・リー・ジョーンズら。

あらすじ

フランス・ノルマンディーのとある田舎町に、アメリカ人のブレイク一家が引っ越してきた。彼らは一見ごく普通のアメリカ人の一家のようだが、実は主のフレッドは本名をジョヴァンニ・マンゾーニという元マフィアで、家族ともどもFBIの証人保護プログラムを適用され、偽名を名乗って世界各地の隠れ家を転々としていた。

そんなワケありのブレイク一家は地元のコミュニティーに溶け込もうとするが、かんしゃく持ちのフレッドは事あるごとに昔の血が騒いでトラブルを引き起こし、妻マギーと2人の子供も方々でトラブルを起こしてしまう。

そんな中、フレッドに積年の恨みを抱くマフィアのドン・ルッケーゼが一家の居場所を突き止め、殺し屋軍団を送り込んできた。かくして平和な田舎町を舞台に、“ファミリー”VS.“ファミリー”の仁義なき壮絶バトルの火蓋が切られる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
フレッド・ブレイク/ジョヴァンニ・マンゾーニ ロバート・デ・ニーロ 小川真司
マギー・ブレイク ミシェル・ファイファー 高島雅羅
ベル・ブレイク ディアナ・アグロン 水樹奈々
ウォレン・ブレイク ジョン・デレオ 河本啓佑
ロバート・スタンスフィールドFBI捜査官 トミー・リー・ジョーンズ 小林清志
ディ・チッコ ジミー・パルンボ 桂一雅
カプート(ミモ) ドメニク・ランバルドッツィ マンモス西尾
ドン・ルッケーゼ スタン・カープ
ロッコ ジョン・フレダ 藤原貴弘

※wikipedia参照

キリングゲーム

キリングゲーム [Blu-ray]

 

キリングゲーム』(Killing Season)は、マーク・スティーヴン・ジョンソン監督、エヴァン・ドーハティ(英語版)脚本、ミレニアム・フィルムズ製作による2013年のアメリカ合衆国のアクション映画である。ジョン・トラボルタとロバート・デ・ニーロの初の共演作である。デ・ニーロ演じる退役アメリカ軍人とトラボルタ演じる元セルビア兵士の戦いが描かれる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ベンジャミン・フォード ロバート・デ・ニーロ 樋浦勉
エミール・コヴァチ ジョン・トラボルタ 東地宏樹
クリス・フォード マイロ・ヴィンティミリア 星野健一
サラ・フォード エリザベス・オリン(英語版) 中司ゆう花

※wikipedia参照

1 2 3 5