Category Archives: リチャード・ギア

ジャッカル

ジャッカル デラックス版 [DVD]

 

ジャッカル』(原題: The Jackal)は、1997年製作のアメリカ映画。1973年の映画『ジャッカルの日』のリメイク作品である。

あらすじ

弟をロシア内務省(MVD)とアメリカ連邦捜査局(FBI)の合同捜査チームに射殺されたチェチェン・マフィアのボス、テレクは報復として凄腕の殺し屋ジャッカルに7000万ドルでアメリカ要人の暗殺を依頼する。神出鬼没で素性も何もかも不明なジャッカルを捕まえるため、チームの指揮を執るFBI副長官プレストンとMVDコスロヴァ少佐は刑務所に収監中のIRAのスナイパー、デクラン・マルクィーンに協力を求める。デクランは全面恩赦とジャッカルの顔を知る女性テロリスト、イザベラを保護することを条件にこれを受ける。実はデクランはジャッカルに恨みがあり、イザベラとの間にできたお腹の中の子供を殺された過去があった。

チームの捜査を巧みにかわしながら、ついにジャッカルはアメリカ入りする。標的の見当もつかない中、ジャッカルはイザベラが保護されている家を襲撃、コスロヴァらを殺害する。そしてジャッカルはデクランに「お前は女を守れない男だ」と挑発するメッセージを残す。

デクランは悲嘆にくれるが、メッセージから標的は大統領夫人であると見破り、プレストンと共に夫人の遊説会場に乗り込む。遠隔操作による狙撃から大統領夫人を間一髪で助けたデクランは、会場から逃げ出すジャッカルの後を追う。そして地下鉄構内での追跡と攻防の末、デクランはジャッカルを射殺する。

事件は無事終結したが、デクランの全面恩赦は認められず、再収監されることになる。しかし、プレストンはわざとデクランを逃がし、彼はどこかへ消える。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 日本テレビ版
ジャッカル ブルース・ウィリス 磯部勉 野沢那智
デクラン・マルクィーン リチャード・ギア 田中秀幸 津嘉山正種
カーター・プレストンFBI副長官 シドニー・ポワチエ 田中信夫
ヴァレンチーナ・コスロヴァ少佐 ダイアン・ヴェノーラ 塩田朋子 弥永和子
イザベラ・ザンコーナ マチルダ・メイ 湯屋敦子 山像かおり
T・I・ウィザースプーンFBI捜査官 J・K・シモンズ 青野武
マクマーフィーFBI捜査官 リチャード・ラインバック
ドナルド・ブラウンFBI長官 ジョン・カニンガム 糸博 小島敏彦
イアン・ラモント ジャック・ブラック 塩屋翼 江原正士
大統領夫人 テス・ハーパー
ダグラス スティーヴン・スピネラ 堀川仁
ジャマイカ人の女 ソフィー・オコネドー
テレク・ムラド デヴィッド・ヘイマン 糸博 佐々木梅治
ガッツイ・ムラド ラビル・イスヤノフ 秋元羊介
本人役 ラリー・キング

※wikipedia参照

キングの報酬

キングの報酬 [DVD]

 

キングの報酬 』(Power)は、1986年に公開された映画で、監督はシドニー ・ ルメット、出演はリチャード・ギア、ジーン・ハックマン。デヴィッド ・ ヒメルスタインによるオリジナル脚本は、政治腐敗をベースに、政治家とそれを管理する人間が振るう影響力に焦点を当てている。

この作品でデンゼル・ワシントンは、1987年のNAACP・イメージ賞で優秀助演男優賞を獲得した。反面、ベアトリス・ストレイトは、ゴールデン・ラズベリー賞最低助演女優賞にノミネートされる。

あらすじ

ピート・セントジョン(リチャード・ギア)は、業界一の評判を誇る選挙のコンサルタント。あらゆる効果的な手段を使ってクライアントを当選させてきた。その報酬は1カ月2万5000ドル+諸経費と、高収入であった。

セントジョンは、南米の大統領選で劣勢だったクライアントを、メディアを利用した奇抜なアイデアで、優勢に巻き返す。そして、プライベート・ジェットで、ニューヨークにあるオフィスに戻ってきていた。そしてその夜は、秘書のシドニー・ベターマン(ケート・キャプショー)と一夜を過ごし、疲れを癒していた。

ある日、古くからの友人で太陽熱発電計画を推進している、オハイオ州上院議員のサム・ハッシングス(E・G・マーシャル)に呼ばれる。彼は、病気を理由に出馬表明を撤回し、引退すると言う。

そして、その後任の議席を狙って、激しい選挙戦が始まり、アラブの首長の実業家ジェローム・ケード(J・T・ウォルシュ)が出馬を表明する。彼の会社が雇いいている黒人広報専門家のアーノルド・バイリングス(デンゼル・ワシントン)は、コンサルタントにセントジョンの名前を挙げる。

は、ケードのアシストを引き受けることになるのだが、バイリングスは彼に不信感を抱き、電話に盗聴器を仕掛けたり、彼の事務所の調査などをし、監視をするのだった。

その頃、セントジョンの元妻で、新聞記者のエレン・フリーマン(ジュリー・クリスティ)が、サムの妻クレア(ベアトリス・ストレイト)から、サムの引退の本当の理由を聞かされる。

そして、他の立候補者として、大学教授であるフィリップ・アーロンズ(マット・サリンジャー)も動き始めていた。彼は政治は素人であるが、これまでの政治の流れを変えるために、新しい血として周囲から後押しされての出馬だった。

ピートの先輩コンサルタントだったヴィルフレッド・バックリー(ジーン・ハックマン)は、現在アルコール中毒ぎみで、雇い主からクビにされていた。アーロンズ教授は、有能なコンサルタントはほとんど、政治的な後ろ盾のある候補者に取られていたため、 ヴィルフレッドを雇うことになる。

その後、ピートはクレアから、アーノルドの陰謀を聞かされ、愕然とする。サムはバイリングスによって、借金地獄に陥れられていた。これまで自分がしていた仕事に対して、何か矛盾とむなしさを感じるのだった。

そして、彼はケードとの契約を解消し、アーロンズ教授の元に向うと、自分の自然な姿を市民に見せればいいと、アドバイスするのだった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ピート・セントジョン リチャード・ギア
スティエレン・フリーマン ジュリー・クリスティ
ウィルフレッド・バックリー ジーン・ハックマン
シドニー・ベターマン ケイト・キャプショー
アーノルド・バイリングス デンゼル・ワシントン
サム・ハッシングス E・G・マーシャル
クレア・ハッシングス ベアトリス・ストレイト
ウォレス・ファーマン フリッツ・ウィーバー
アンドレア・スタナード マイケル・ラーネッド
ジェローム・ケード J・T・ウォルシュ
フィリップ・アーロンズ マット・サリンジャー

※wikipedia参照

ジャック・サマースビー

ジャック・サマースビー [DVD]

 

ジャック・サマースビー』(原題:Sommersby)は、1993年制作のアメリカ合衆国の映画。リチャード・ギア(兼・製作総指揮)、ジョディ・フォスター、ビル・プルマンらが出演。

16世紀にフランスで起きたマルタン・ゲール事件を基にジェラール・ドパルデュー、ナタリー・バイ出演で制作された1982年のフランス映画『Le Retour de Martin Guerre』を、舞台を南北戦争終結直後のアメリカ南部に置き換えてリメイクした。

あらすじ

南北戦争終結直後の1860年代後半のアメリカ南部・テネシー州の小さな村。南北戦争に出征していた農園経営者のジャック・サマースビーが6年ぶりに戻ってきた。戦死したと思っていた妻のローレルや村人たちは困惑を隠せない。以前は冷酷な性格で周りから嫌われていたジャックだったが、帰郷後は別人のように周囲との協調を図ったりローレルに深い愛情を注ぐようになる。

これによりジャックは村人から尊敬を集めるようになるが、ジャックのいない間にローレルと恋仲になっていたオーリンだけは彼に疑いの目を向ける。ある日、ジャックが村にやって来た見知らぬ男たちと争うのを目撃したオーリンは、彼が偽物だとの疑いをますます深める。

そんな中、ジャックは喧嘩で人を殺した容疑で逮捕され裁判にかけられるが、ローレルが彼が本物の夫ではないと証言したことで大きな波紋が起こり、裁判の焦点はジャックが本物であるかどうかに移っていく。

スタッフ

  • 監督:ジョン・アミエル
  • 製作:アーノン・ミルチャン、スティーヴン・ルーサー
  • 脚本:ニコラス・メイヤー、サラ・カーノチャン
  • 原案:ニコラス・メイヤー、アンソニー・シェーファー
  • オリジナル脚本:ダニエル・ヴィヌ、ジャン=クロード・カリエール
  • 製作総指揮:リチャード・ギア、マギー・ワイルド
  • 撮影:フィリップ・ルースロ
  • 音楽:ダニー・エルフマン

キャスト

 

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ版
ジャック・サマースビー リチャード・ギア 菅生隆之
ローレル・サマースビー ジョディ・フォスター 土井美加 勝生真沙子
オーリン・ミーチャム ビル・プルマン 納谷六朗
バリー・コンラッド・アイザックス判事 ジェームズ・アール・ジョーンズ 藤本譲
ディック・ミード R・リー・アーメイ 丸山詠二
パウエル牧師 ウィリアム・ウィンダム 増岡弘
バック ラニー・フラハーティ 沢木郁也
エスター クラリス・テイラー 巴菁子
ジョセフ フランキー・フェイソン 稲葉実
ウェッブ弁護士 レイ・マッキノン 小室正幸
ドーソン弁護士 モーリー・チェイキン 島香裕
フォルソム ポール・オースティン 田原アルノ

※wikipedia参照

ムービー43

ムービー43 Blu-ray

 

ムービー43」(ムービーフォーティスリー、Movie 43)は2013年のアメリカ合衆国のインデペンデンス系制作のコメディ・アンソロジー映画。共同監督とプロデューサーはピーター・ファレリーであり脚本はロッキー・ルッソ(英語版)ジェレミー・ソセンコ(英語版)他。この映画は16の異なる物語に特徴づけられ、それぞれ異なる監督がメガホンをとった。本作でメガホンをとった監督は、エリザベス・バンクス、スティーヴン・ブリル(英語版)、スティーヴ・カー、ラスティ・カンディーフ、ジェームズ・デュフィー、グリフィン・ダン、パトリック・フォースバーグ、ジェームズ・ガン、ボブ・オデンカーク、ブレット・ラトナー、ウィル・グラハム、ジョナサン・ヴァン・トゥルケン。また本作はスター俳優が多数出演した。ハル・ベリー、ジェラルド・バトラー、アンナ・ファリス、ヒュー・ジャックマン、ジョニー・ノックスヴィル、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ショーン・ウィリアム・スコット、エマ・ストーン, クリステン・ベル、ケイト・ウィンスレット などである。

本作は、ほとんどのスタジオが脚本をあからさまに拒絶したので(最終的にレラティビティ・メディアが600万ドルで取得した)、完成までにまる10年を要した。 本作はキャスティングもプロデューサーに対する挑戦というべきものであり、撮影には数年を要した。 ジョージ・クルーニーを含む俳優の中にはすぐに役から降りたものもおり、リチャード・ギアのようにプロジェクトから立ち去ろうとしたものもいた。

2013年1月25日に公開されると『ムービー43』は広く批評家によって酷評された。「シカゴ・サン・タイムズ」紙は本作を「『市民ケーン』のひどくしたもの」と呼んだ[2]

2013年8月10日にR15指定で日本で公開されたときのコピーは「レッツ!ドン引き」「豪華オールスターを無駄遣い!かつてないエクストリーム3G(スリージー)【下品(ゲヒン)・下劣(ゲレツ)・下衆(ゲス)】映画上陸!」である。

あらすじ

脚本家のチャーリー(デニス・クエイド)は、ハリウッドの大物プロデューサー(グレッグ・キニア)のオフィスに乗り込み、自分の映画企画を何とか売り込もうとしていた。彼がうれしそうにまくしたてる驚きの内容に、経験豊富なプロデューサーは……。一方、ベス(ケイト・ウィンスレット)は、友人の勧めでミスターH(ヒュー・ジャックマン)とのデートに出掛ける。

出演者

キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け

キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け- [Blu-ray]

 

キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』( – きけんなかけ、Arbitrage)は、2012年にアメリカ合衆国で公開されたサスペンス映画。ニコラス・ジャレッキー監督の長編劇初監督作品。

原題の「Arbitrage」とは、「裁定取引」を指す英語。

ストーリー

ニューヨークの大物ヘッジファンドであるロバート・ミラーは、一代で莫大な富と名声を築き、家族にも恵まれ幸せな毎日を過ごしているかのように思われた。しかし、その裏ではロシアの銅山への投資に失敗し大損失を出してしまい、多額の負債を返済するためにスタンダード銀行に自社を売却する準備を進めていた。だが、その会合で銀行の代表メイフィールドは姿を見せず、友人への借金返済に困っているロバートは焦りを募らすのだった。

ロバートにはもう一つ秘密があった。それは愛人であるジュリーの存在だった。日々のストレスから眠れない夜を過ごすロバートは、深夜に彼女を誘って別荘に車を走らせる。だがその道中、彼の居眠り運転が原因で車はガードレールに接触。車は大きく横転し、助手席にいたジュリーは死亡。ロバートも大怪我を負ってしまう。しかも彼が離れた隙に車は爆発、炎上してしまうのだった。ロバートは車がジュリーのものだったことを良いことに、彼女が一人で事故を起こしたように見せかけようと、ロバートに恩がある黒人青年ジミーを呼び出しその場から立ち去る。

この事故を捜査することになった刑事ブライヤーは、現場に残されていた不可解な証拠や、付近の公衆電話近くで車に乗る男の姿を目撃したという情報から、ジュリーの隣には車を運転していた別の男性がおり、それがジュリーと不倫関係にあったロバートであるとの結論を導き出す。そして彼は捜査線上に浮かんだジミーの身柄を拘束し、事故が起こった夜についての尋問を始め、ジミーの線からロバートを追いつめようとする。一方ロバートは、会社の幹部であり実の娘であるブルックに負債の隠蔽工作が発覚してしまう。こうしてロバートは徐々に破滅へと向かって進んでいく。

ロバートはメイフィールドと直接対決し、好条件での売却を何とか決める。一方、大物であるロバートを何としてでも逮捕したいブライヤー刑事は、事件当夜にジミーが車を運転していたことを示す証拠写真を捏造していたのだが、ロバートによってその事実が暴かれたことから、判事はジミーに対する取り調べ自体を禁じ、結果としてロバートに警察の手が及ぶことはなくなる。

全てが丸く収まったかのように見えたが、一連の出来事で、ロバートは妻エレンだけでなく、ブルックからも完全に信用を失う。それでもミラー家は、公の場では「慈善家の名士」として振る舞う。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ロバート・ミラー リチャード・ギア 森田順平
エレン・ミラー スーザン・サランドン 唐沢潤
マイケル・ブライヤー刑事 ティム・ロス 木下浩之
ブルック・ミラー ブリット・マーリング 坂井恭子
ジュリー・コテ レティシア・カスタ 若林直美
ジミー・グラント ネイト・パーカー 岡本未来
シド・フェルダー スチュアート・マーゴリン(英語版) 寺田明正
ギャヴィン・ブライアー クリス・アイグマン(英語版) マンモス西尾
ジェフリー・グリーンバーグ ラリー・パイン 板取政明
ジェームズ・メイフィールド グレイドン・カーター(英語版)
クリス・フォーグラー ブルース・アルトマン(英語版)

※wikipedia参照

顔のないスパイ

顔のないスパイ Blu-ray

 

顔のないスパイ』(かおのないスパイ、原題:The Double)は2011年公開のアメリカ合衆国のスパイ映画。

あらすじ

ある日、ロシアと繋がりのあるダーデン上院議員が何者かによって暗殺される。その手口から、現在は行方をくらましているソ連の暗殺者カシウスによる犯行とにらんだCIA長官ハイランドは、かつてカシウスを追い続けていた元エージェント、ポール・シェファーソンを現役復帰させるとともに、カシウスについて研究しているFBIの若手捜査官ベン・ギアリーと組ませて事件の捜査にあたらせる。

キャスト

ポール・シェファーソン
演 – リチャード・ギア、日本語吹替 – 安原義人
CIAの元エージェント。かつて旧ソ連の暗殺者カシウスを追っていた。
ベン・ギアリー
演 – トファー・グレイス、日本語吹替 – 阪口周平
FBI捜査官。カシウスを研究し、追い続けている。
トム・ハイランド
演 – マーティン・シーン、日本語吹替 – 稲葉実
CIA長官。
ヨハン・ボズロスキー
演 – タマー・ハッサン、日本語吹替 – 丹沢晃之
元特殊部隊(スペツナズ)でKGB。
ブルータス(イゴール・イヴァノヴィッチ・コザック)
演 – スティーヴン・モイヤー、日本語吹替 – 新田英人
カシウスの仲間「カシウス7」のメンバー。
1989年にポールに射殺されたと見られていたが生き延び、現在は服役中。
オリバー
演 – クリス・マークエット、日本語吹替 – 長谷川俊介
ベンの同僚で友人。
ナタリー・ギアリー
演 – オデット・アナブル、日本語吹替 – 阿川りょう
ベンの妻。ベンとの間に幼い娘と乳飲み子の息子がいる。
アンバー
演 – スタナ・カティック、日本語吹替 – 志田有彩
ボズロスキーの居場所を知ると見られる商売女。
ウィーバー
演 – ジェフリー・ピアーズ、日本語吹替 – 貴志昌文
FBI捜査官。ロシアと繋がりのあるダーデン上院議員を監視していた。
ロジャー・ベル
演 – マイク・クラフト、日本語吹替 – 森源次郎
FBI長官。
モリー
演 – ニコール・フォレスター、日本語吹替 – 安藤瞳
ポールが少年野球の試合を見物中に出会った子持ちの女性。
デニス・ダーデン
演 – エド・ケリー
上院議員。ロシアでビジネスをしている。
バートン
演 – ローレンス・ギリアード・ジュニア
FBI捜査官。ウィーバーの相棒。
ニュースキャスター
演 – デヴィン・シリアン、日本語吹替 – 烏丸祐一
ダーデン議員が出演するニュース番組のキャスター。
マーティン・ミラー
演 – ランディ・フラグラー
ロシア国内に関する一等分析官。

※wikipedia参照

アメリア 永遠の翼

アメリア 永遠の翼 [Blu-ray]

 

アメリア 永遠の翼』(アメリア えいえんのつばさ、原題: Amelia)は、2009年公開のアメリカ合衆国の伝記映画。大西洋横断を果たした女性初の飛行士・アメリア・イアハートの生涯を描く。

脚本はイアハートに関する書籍『East To The Dawn: The Life of Amelia Earhart』(スーザン・バトラー著)と『The Sound of Wings: The Life of Amelia Earhart』(メアリー・S・ラヴェル著)に基づいている。


キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • アメリア・イアハート – ヒラリー・スワンク(朴璐美): 女性飛行士。
  • ジョージ・パットナム(英語版) – リチャード・ギア(安原義人): 出版者。アメリアの夫。
  • ジーン・ヴィダル(英語版) – ユアン・マクレガー(森川智之): 飛行士。
  • フレッド・ヌーナン(英語版) – クリストファー・エクルストン(清水明彦): ナビゲーター。
  • エリノア・スミス(英語版) – ミア・ワシコウスカ(白石涼子): 女性飛行士。
  • ゴア・ヴィダル – ウィリアム・カディ(羽飼まり): ジーンの息子。後に有名作家に。※wikipedia参照

HACHI 約束の犬

HACHI 約束の犬 (Blu-ray)

 

HACHI 約束の犬』(原題: Hachi: A Dog’s Tale)は、2009年に公開されたアメリカ映画である。1987年(昭和62年)に公開された日本映画、『ハチ公物語』のリメイク作品。

日本では2009年(平成21年)8月8日に全国劇場公開された。フジテレビジョン開局50周年記念作品でもあり、地上波では2010年(平成22年)8月6日に同局の番組金曜プレステージにて初放映された。

あらすじ

アメリカ東海岸の郊外にあるベッドリッジ駅。大学教授のパーカーは、その駅舎で迷子になっていた秋田犬の仔犬を保護して家に連れ帰る。以前に飼っていた犬を亡くした悲しみがまだ癒えない妻の反対を押し切って、仔犬を飼うことを決めたパーカー。着けていた首輪に漢字の「八」が刻印されていたことから、仔犬は「ハチ」と命名される。

パーカーの愛情を受けてすくすくと育ったハチは、毎朝彼を駅まで見送り、午後5時になると迎えに行くのが習慣になり、周囲の人々もそれを微笑ましく見守っていた。しかし、幸せな日々は突然の悲劇によって終わりを迎える。

キャスト

(カッコ内は日本語吹替の出演者)

パーカー・ウィルソン:リチャード・ギア(北大路欣也)
大学教授。ふとしたことから仔犬のハチを家に引き取り、愛情たっぷりに育ててきた。講義中に突然倒れ、帰らぬ人となる。ハチの飼い主である上野英三郎と『ハチ公物語』でのハチの飼い主である上野秀次郎に相当。
ケイト・ウィルソン:ジョアン・アレン(真矢みき)
パーカーの妻で建築デザイナー。当初は夫が犬を飼うことに反対していたが、パーカーとハチの絆に根負けする。夫の死後、夫婦で過ごした家に居るのが辛くなり自宅を手放し娘宅にハチを預ける。
ケン:ケイリー=ヒロユキ・タガワ(紺野相龍)
パーカーの同僚。日系人で、ハチの首輪についていた「八」の字の読み方や、秋田犬の性質をパーカーに教える。
アンディ:サラ・ローマー(高島彩)
パーカーとケイトの娘。作中でマイケルの元に嫁ぎウィルソン家を離れる。後にハチを預かるが、駅に向かおうとするハチを放ってしまう。
カール:ジェイソン・アレクサンダー(多田野曜平)
ベッドリッジ駅の駅長。ハチと共に地元新聞の取材を受ける。
ジェス・シャビール:エリック・アヴァリ(永田博丈)
駅前のホットドッグ屋台の店主。ハチに毎日餌やりをしていた。
メアリー・アン:ダヴェニア・マクファデン(柴田理恵)
駅前の本屋の店主。
マイケル:ロビー・コリアー・サブレット(山口史人)
アンディの夫。
ロニー:ケビン・デ・コステ(新井海人)
アンディの息子。冒頭とクライマックスで、彼の通う学校のクラスでハチのことを語っている。
その他:戒怜菜、安心院信之助、岬凛、佐藤健輔、若松紫織、上田麻奈美、上城龍也(ミルトン 役)、安永亜季(マイラ 役)、中尾一貴、広田みのる

主題歌

日本語版主題歌
「忘れないよ」
作詞:MOMO“mocha”N.、作曲:MOMO“mocha”N./ U-Key zone / 歌 – 青山テルマ

※wikipedia参照

クロッシング

クロッシング [Blu-ray]

 

クロッシング』(原題:Brooklyn’s Finest)は、2009年に公開されたアメリカ映画。

3人の警察官が交差する群像劇を描いたクライムサスペンス。リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードルの3人を主軸に描かれている。

あらすじ

退職間近で事なかれ主義のリチャード・ギア演じるエディ。イーサン・ホーク演じる麻薬捜査課のサルは家族の為に引越しを考えるも頭金の用意もままならない。ドン・チードルが演じるギャングの中で潜入捜査官をしているタンゴは自らの人生を犠牲にしてまで任務に着いて来た。そんな3人それぞれに転機となる事件が発生する。抱える問題と正義感に揺れ動く中、3人が交わるようにして物語は進んでいく。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
エディ リチャード・ギア 佐々木勝彦
サル イーサン・ホーク 平田広明
タンゴ ドン・チードル 落合弘治
キャズ ウェズリー・スナイプス 山野井仁
ホバーツ副署長 ウィル・パットン 間宮康弘
スミス捜査官 エレン・バーキン

※wikipedia参照

ハンティング・パーティ

ハンティング・パーティ-CIAの陰謀- [DVD]

 

ハンティング・パーティ』(原題:The Hunting Party)は、2007年のアメリカ映画。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の戦争犯罪人を追うアメリカ人ジャーナリストをコミカルに描いたサスペンス・アクション。

ソフト化した際に『ハンティング・パーティ -CIAの陰謀-』というサブタイトルが追加された。

ストーリー

テレビの戦場レポーターとして受賞歴もあるサイモン・ハント(リチャード・ギア)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の現場からの生中継中に暴言を吐き、解雇されてしまう。サイモンと組んでいたカメラマンのダック(テレンス・ハワード)は、ニューヨークに呼び戻され、第一線を離れてしまう。

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争終結から五年後、記念式典の模様を伝えるためアンカーマンのフランクリン・ハリス(ジェームズ・ブローリン)は、ダックと新米局員のベンジャミン(ジェシー・アイゼンバーグ)を伴ってボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォへと降り立った。

落ちぶれて消息不明だったサイモンがダックの前に現れ、戦争犯罪人として指名手配中のフォックス(リュボミール・ケレケシュ)のインタビューを取るからカメラマンになるよう持ちかけるのだが……

キャスト

役名 – 俳優(ソフト版吹き替え)

  • サイモン・ハント(戦場レポーター) – リチャード・ギア(吹替:小川真司)
  • ダック(テレビカメラマン) – テレンス・ハワード(吹替:古澤徹)
  • ベンジャミン・ストラウス(テレビ局社員) – ジェシー・アイゼンバーグ(吹替:坪井智浩)
  • マルヤナ(セルビア人女性) – ダイアン・クルーガー(吹替:湯屋敦子)
  • フランクリン・ハリス(アンカーマン) – ジェームズ・ブローリン(吹替:秋元羊介)
  • ラドスラフ・ボグダノビッチ(通称フォックス) – リュボミール・ケレケシュ
  • ボリス(国連軍司令官) – マーク・イヴァニール
  • ダックの恋人 – ジョイ・ブライアント
  • マルダ(サイモンの恋人) – クリスティナ・クレペラ
  • サージャン(フォックスの警備兵) – ゴラン・コスティッチ
  • チェット(CIA職員) – ディラン・ベイカー※wikipedia参照
1 2