Category Archives: モーガン・フリーマン

ロビン・フッド

ロビン・フッド [Blu-ray]

 

ロビン・フッド』(Robin Hood: Prince of Thieves)は、1991年のアメリカ映画。中世イングランドの伝説的英雄ロビン・フッドを描いたドラマ。

第64回アカデミー賞主題歌賞ノミネート。第12回ゴールデンラズベリー賞最悪主演男優賞受賞。

ストーリー

12世紀後半、父への反発心から獅子心王リチャード率いる十字軍遠征に参加した英国貴族ロックスリー卿の息子のロビンだったが、ムスリム軍に捕らわれ、処刑を待つ身となっていた。しかし自らの機転と、親友ピーターの犠牲を得、行きがかり上、ムーア人のアジームを助けて牢を脱走した。その恩を返すといって聞かないアジームを仕方なしに伴い、故国へ戻って来たロビンを待っていたのは焼き討ちにあって廃墟となったロックスリーの城と、むごたらしく晒された父の遺体であった。ロビンは、執事ダンカンから、国王の留守を狙って政権奪取を狙うノッテンガムの代官ジョージが、非協力的なロビンの父に悪魔崇拝者の汚名を着せて惨殺し、領土を没収して、領民を苛政と暴虐をもって苦しめていることを聞かされる。父の汚名返上と復讐を誓ったロビンだったが、追われていた少年を助けるために、ジョージの配下であるガイ卿を処断してしまい、そのことでお尋ね者にされる。ロビンはピーターの妹で、王の従兄妹である幼馴染みのレディ・マリアンと再会した後、アジームと共にシャーウッドの森に逃げ込み、ジョージへの反乱軍の長リトル・ジョンと出会う。ロビンは、烏合の衆であった彼らを真の反乱軍としてまとめあげ、そのリーダーとなる。反乱軍のひとりであるウィル・スカーレットはロビンに対して常に反抗的であったものの、ロビンとその仲間は代官一味を打倒するために行動を開始した。反乱軍は、ジョージに組する貴族から金品を略奪し、貧しい人々に分け与え、ジョージを圧迫していった。民衆はロビンのことをロビン・フッドと呼び称え、ジョージの仲間たちは恐れた。修道士タックも仲間に加わり、反乱も順調かと思われたが、ジョージの逆襲が始まり、謀略により、ロビンに協力していたマリアンが誘拐される。そして反乱軍のアジトであった森はジョージに急襲され、壊滅的打撃を受けてしまう。それでも捕らわれたマリアンと仲間を救い出し、ジョージを倒すため、ロビンは、残った仲間と共に最後の決戦に向かうのだった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・旧DVD版 フジテレビ版 テレビ東京版
ロビン・フッド ケビン・コスナー 津嘉山正種 江原正士 津嘉山正種
アジーム モーガン・フリーマン 郷里大輔 屋良有作 坂口芳貞
ウィル・スカーレット クリスチャン・スレーター 大滝進矢 竹村拓 桐本琢也
マリアン メアリー・エリザベス・マストラントニオ 弘中くみ子 鈴鹿千春 塩田朋子
ジョージ代官 アラン・リックマン 銀河万丈 内海賢二 土師孝也
リトル・ジョン ニック・ブリンブル 渡部猛 玄田哲章 石田圭祐
タック修道士 マイケル・マクシェーン 広瀬正志 富田耕生 佐藤祐四
ガイ・ギズボーン マイケル・ウィンコット 若本規夫 納谷六朗 咲野俊介
魔女モーティアナ ジェラルディン・マクイーワン 京田尚子 宮寺智子
ヘレフォードの司教 ハロルド・イノセント 亀井三郎 今西正男 滝口順平
ウルフ ダニエル・ニューマン 滝沢ロコ 亀井芳子 重松朋
ダンカン ウォルター・スパロウ 田口昂 清川元夢
ピーター リアム・ハリガン 堀之紀 長島雄一
リチャード王 ショーン・コネリー 糸博 若山弦蔵

※wikipedia参照

エンド・オブ・ホワイトハウス

エンド・オブ・ホワイトハウス [Blu-ray]

 

エンド・オブ・ホワイトハウス』(原題: Olympus Has Fallen)は、2013年制作のアメリカ合衆国の映画。

ホワイトハウスが北朝鮮のテロリストに占拠され、合衆国大統領が人質にとられたという設定で描くアクション・スリラー映画。アントワーン・フークア監督、ジェラルド・バトラー主演兼・製作。

あらすじ

 

シークレット・サービスとしてアメリカ大統領一家を警護する任務を帯びていたマイク・バニングは、クリスマスの吹雪の中を走行する大統領専用車の護衛の任に就いていた時に、不慮の事故によって大統領夫人が死んでしまう。

それから1年半後、夫人の命を守れなかった責任を自分一人で抱え自ら現場任務から退きデスクワークへと異動したバニングは異動後も自責に駆られる日々を送っていた。アメリカ独立記念日の翌日の7月5日、韓国の首相が渡米。会談の最中、国籍不明の輸送機がワシントンD.C.上空に侵入する。警告を行った戦闘機を突然ガトリング砲で撃墜し、さらに市街地へ攻撃を行う。それを受け、大統領ベンジャミン・アッシャーは地下にあるバンカーへ韓国首相と共に避難する。

輸送機はホワイトハウスにも攻撃を仕掛けるが、援護に現れた戦闘機に撃墜される。事態は収拾されたと思われた刹那、見物人に紛れていたゲリラの自爆攻撃により門が破壊。それに合わせて謎の武装集団がホワイトハウスへの攻撃を始める。オフィスから駆け付けたバニングを含むシークレットサービスたちは応戦するものの、計画された奇襲と相手の火力の前に一人また一人と倒れていく。成す術もなく、バニングはホワイトハウス内への一時退避を余儀なくされる。

その頃、大統領は各所に指示を出していたが、突如韓国首相の警備チームが蜂起し、バンカー内を制圧。「鉄壁の要塞」と謳われたホワイトハウスは完全に占拠されてしまった。彼らは大統領を人質に取り、さらに見せしめとして韓国首相を殺害。日本海海域の第7艦隊と在韓米軍の撤収を要求する。

未曾有の事態に全米が震撼する中、ペンタゴンはホワイトハウス内から緊急の連絡を受ける。それはバニングからであった。お互い情報交換を行い、ペンタゴンから大統領とその息子コナーの救出命令を受け、バニングは武装グループへの反撃を開始する。しかし、襲撃犯のリーダー・カンの狙いは軍の撤退だけではなかった。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • マイク・バニング特別捜査官 – ジェラルド・バトラー(宮内敦士)
  • ベンジャミン・アッシャー大統領 – アーロン・エッカート(井上和彦)
  • アラン・トランブル下院議長 – モーガン・フリーマン(坂口芳貞)
  • リン・ジェイコブス長官 – アンジェラ・バセット(斉藤貴美子)
  • カン・ユンサク KUF指導者 – リック・ユーン(山野井仁)
  • リム KUF技術者 – マラーナ・リー
  • チョ KUF幹部兵士 – ケヴィン・ムン
  • デイヴ・フォーブス – ディラン・マクダーモット(檀臣幸)
  • コナー・アッシャー – フィンリー・ジェイコブセン(白石涼子)
  • ルース・マクミラン国防長官 – メリッサ・レオ(佐藤しのぶ)
  • リア・バニング – ラダ・ミッチェル(湯屋敦子)
  • エドワード・クレッグ陸軍参謀総長 – ロバート・フォスター(西村知道)
  • ジョー・ホーニグ統合参謀本部議長 – ジェームス・インガスール
  • チャーリー・ロドリゲス副大統領 – フィル・オースティン
  • ローマ特別捜査官 – コール・ハウザー
  • マーガレット・アッシャー大統領夫人 – アシュレイ・ジャッド(佐々木優子)
  • イ・テウ大韓民国首相 – ケオン・シム
    ※wikipedia参照

グランド・イリュージョン

グランド・イリュージョン Blu-ray

 

グランド・イリュージョン』(原題: Now You See Me)は、2013年のアメリカ合衆国のクライム映画である。監督は『トランスポーター』『タイタンの戦い』のルイ・レテリエ。原案はボアズ・イェーキン、エドワード・リコート。

続編の製作が決まっている[2]

あらすじ

ダニエル・アトラスら4人の男女で構成されたマジシャンチーム“フォー・ホースメン”がラスベガスでショーを行うのと同時にパリの銀行から金を盗み出すという大技を行う。 FBI特別捜査官のディラン・ローズとインターポールが彼らの犯罪を阻止しようとするが、失敗して途方に暮れ、マジックの種明かしの名手サディアスに助けを求める。

 

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • J・ダニエル・アトラス – ジェシー・アイゼンバーグ(武藤正史)
  • ディラン・ローズ – マーク・ラファロ(宮内敦士)
  • メリット・マッキニー – ウディ・ハレルソン(内田直哉)
  • ヘンリー・リーブス – アイラ・フィッシャー(木下紗華)
  • ジャック・ワイルダー – デイヴ・フランコ(細谷佳正)
  • アルマ・ドレイ – メラニー・ロラン(加藤優子)
  • エバンス – コモン(遠藤大智)
  • サディアス・ブラッドリー – モーガン・フリーマン(坂口芳貞)
  • アーサー・トレスラー – マイケル・ケイン(小川真司)

※wikipedia参照

ベティ・サイズモア

ベティ・サイズモア [DVD]

 

ベティ・サイズモア』(Nurse Betty)は、2000年制作のアメリカ映画。

ストーリー

小さなダイナーでウェイトレスとして働くベティ(レネー・ゼルウィガー)は、親切で誰からも慕われる一方、粗野な夫デル(アーロン・エッカート)は秘書と浮気をし、隠れてドラッグを捌くとんでもない男だった。ベティの楽しみは、病院を舞台にしたソープオペラ『愛のすべて』(A Reason to Love)を見ることで、仕事中にも夢中でテレビを見るほど熱中していた。

そんなある日、ドラッグ絡みで夫が二人組の殺し屋(チャーリー:モーガン・フリーマン、ウェズリー:クリス・ロック)に惨殺されるところを見てしまう。精神の均衡を保てなくなったベティは、自分は看護婦で、ソープオペラの主人公デヴィッド(グレッグ・キニア)が自分を待っていると思い込み、一路ハリウッドへと向かう。しかし、殺人の現場を見られたことに気がついた殺し屋のチャーリーとウェズリーは、ベティの後を追っていくのであった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ベティ・サイズモア レネー・ゼルウィガー 佐藤しのぶ
チャーリー モーガン・フリーマン 菅生隆之
ウェズリー クリス・ロック 檀臣幸
デヴィッド・ラベル医師 / ジョージ・マッコード グレッグ・キニア 家中宏
デル(ベティの夫) アーロン・エッカート
バラード保安官 プルイット・テイラー・ヴィンス
ロイ(新聞記者) クリスピン・グローヴァー
ローサ(ロサンゼルスでの同居人) ティア・テクサーダ
ライラ(番組プロデューサー) アリソン・ジャニー
エレン(「キャニオン・ランチ・バー」の女主人) ハリエット・サンソム・ハリス

※wikipedia参照

RED/レッド

RED/レッド』(原題:RED)は、2010年のアメリカ映画。本作はDCコミックのインプリントであるオマージュ・コミックから出版された同名のグラフィックノベルが原作である。

タイトルは「Retired Extremely Dangerous」(引退した超危険人物)の略である。

red

ストーリー

主人公フランクは、元CIAの腕利きのエージェント。現在は引退し、田舎で一人のんびりと刺激のない年金暮らしをしていた。刺激と言えば、親しくなった年金の電話担当サラとの会話ぐらいだった。

ある夜更け、家に武装した集団が侵入したが、フランクはこれを片付け、更には外で銃弾を放つ敵もかたなく葬り去る。サラにも危害が及ぶと考え彼女の家へと向かい、事情を話すが全く信じてもらえず、言い争いの中で新たな敵が襲い掛かる。

襲撃した者がCIAに関わりがあることを知ったフランクは、かつての仲間であるジョーマーヴィン、元MI6の名狙撃手であるヴィクトリア、現ロシア大使館長のイヴァンと共に、陰謀に立ち向かう。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
フランク・モーゼズ ブルース・ウィリス 磯部勉
ジョー・マシスン モーガン・フリーマン 坂口芳貞
マーヴィン・ボッグス ジョン・マルコヴィッチ 樋浦勉
ヴィクトリア ヘレン・ミレン 沢田敏子
サラ・ロス メアリー=ルイーズ・パーカー 山像かおり
ウィリアム・クーパー カール・アーバン 川島得愛
イヴァン・シモノフ ブライアン・コックス 石田太郎
ロバート・スタントン ジュリアン・マクマホン 大滝寛
シンシア・ウィルクス レベッカ・ピジョン 勝生真沙子
アレクサンダー・ダニング リチャード・ドレイファス 小島敏彦
ヘンリー アーネスト・ボーグナイン 藤本譲
ガブリエル・シンガー ジェームズ・レマー 秋元羊介

※wikipedia参照

ウォンテッド

ウォンテッド』(原題: Wanted)は、2008年のアメリカ合衆国のアクション映画。原作はマーク・ミラーとJ・G・ジョーンズ(英語版)の同名グラフィック・ノベル。主演はジェームズ・マカヴォイとアンジェリーナ・ジョリー、監督は『ナイト・ウォッチ』のティムール・ベクマンベトフ。

2008年6月25日にイギリスで、同年6月27日にアメリカ合衆国で公開された。日本では同年9月13、14、15日に先行上映され、20日に一斉公開された。

本作の後日談としてゲーム『Wanted: Weapons of Fate』が製作されている。

wanted

ストーリー

ウェスリーは経理事務のルーティン・ワークにウンザリしている一人の若者。しかし彼の運命は、セクシーで謎めいた女フォックスとの出会いによって一変する。スーパーで突如襲いかかる正体不明の暗殺者から彼を守ったフォックスは、千年前から、神に代わって“運命の意志”を実践してきた秘密の暗殺組織“フラタニティ”のメンバーだった。ウェスリーは、組織のボスであるスローンから、父が組織一の殺し屋Mr. Xで昨日メトロポリタンビルで殺されたばかりだったことを知らされ、殺害された父の後を継ぐ選択を迫られる。

父を殺し、自分を襲った暗殺者クロスへの復讐を胸に、ウェスリーは過酷な訓練に耐え抜き、父から受け継いだ特殊能力を開花させる。組織の切り札として次々にターゲットを暗殺していく彼は、ついに父を殺した暗殺者に戦いを挑む。しかし父の死の背後には、忌まわしい陰謀が隠されていた。特急列車での激しい死闘の末、ウェスリーはクロスを倒すものの、クロスはウェスリーが自分の息子であるとの言葉を遺して息絶える。

実は、スローンがウェスリーに語った話は嘘であり、組織の掟を破って自らの保身と組織の強化を図ったスローンが、邪魔になったクロスを暗殺するために、クロスが唯一殺すことができないウェスリーをクロスの暗殺者に仕立て上げたのである。クロスの仲間であるペクワースキーから全てを知らされたウェスリーは復讐のために組織を全滅させることにする。クロスが遺した資料を基に立てた計画で、組織のメンバーは次々とウェスリーに殺されて行く。しかし、スローンを追いつめたウェスリーは逆にフォックスらに取り囲まれてしまう。ウェスリーはそこでスローンの正体を明かすが、ウェスリーに銃を向けるメンバーらはスローンの裏切り行為がむしろ自分たちのためであることを知り、ウェスリーを殺そうとする。ところが、そこでフォックスがウェスリーに味方し、メンバーらを射殺、自らもその銃弾に倒れる。その間にスローンは逃亡する。

行き場をなくしたウェスリーは以前の職場で働いていた。彼が1人で残業していると、背後にスローンが現れ、ウェスリーを殺そうとする。しかし、それは罠だった。そのウェスリーは偽者で、本物のウェスリーは遥か遠方からスローンを射殺する。ようやく、自分を取り戻したウェスリーがいう。「君は最近どんなことをした?」。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • ウェスリー・ギブソン – ジェームズ・マカヴォイ(DAIGO): 平凡なサラリーマン。
  • スローン – モーガン・フリーマン(坂口芳貞): 暗殺組織のボス。
  • フォックス – アンジェリーナ・ジョリー(湯屋敦子): 組織の女殺し屋。
  • ペクワースキー – テレンス・スタンプ(大木民夫): 銃弾職人。
  • クロス – トーマス・クレッチマン(原康義): 組織を裏切った殺し屋。
  • ガンスミス – コモン(西凜太朗): 銃器のプロ。ウェスリーの訓練士。
  • キャシー – クリステン・ヘイガー(英語版): ウェスリーの恋人。
  • リペアマン – マーク・ウォーレン(咲野俊介): 拷問師。ウェスリーの訓練士。
  • Mr. X – デヴィッド・オハラ(英語版): 組織一の殺し屋。クロスに殺される。
  • Xターミネーター – コンスタンチン・ハベンスキー(英語版): 回復室のロシア人。ネズミ使い。
  • ブッチャー – ダト・バフタゼ(石住昭彦): ナイフ使い。ウェスリーの訓練士。
  • バリー – クリス・プラット: ウェスリーの軽薄な同僚。
  • ジャニス – ローナ・スコット: ウェスリーの嫌味な女上司。
  • プジャ – ソフィヤ・ハキュエ(英語版): 銃弾の鑑定士。

    ※wikipedia参照

LUCY/ルーシー

LUCY/ルーシー』(Lucy)は、2014年にフランスで制作されたSFアクション映画。

lucy

ストーリー

ごく普通の平凡な女性ルーシーは、訪れた台北のホテルでマフィアの闇取引に巻き込まれ、下腹部にCPH4という新種の麻薬が入った袋を埋め込まれてしまう。この麻薬は通常10%までしか活用できない人間の脳の潜在能力を極限まで高めることができる恐ろしいものだった。運び屋として体内の麻薬と共に移動するよう命じられたルーシーだったが、麻薬を狙うマフィアに捕まってしまう。ルーシーは激しい拷問を受けるが、その拍子に体内の袋が破れ、彼女の脳は麻薬の力で覚醒し、超人的な力を発揮してその場から脱出する。

ルーシーの脳はますます覚醒し脅威的な力を発揮し始め、マフィアの事務所を襲撃し、ボスのMr.チャンを負傷させ、残りのCPH4を手に入れるため、運び屋の行く先の情報を手にする。ルーシーはフランスのピエール刑事に協力を要請し、運び屋を逮捕させ、Mr.チャンの仲間も倒して残りも手に入れる。そして脳科学の権威であるノーマン博士に会いにいく。その間もルーシーの脳の覚醒は治まらず、いつしか彼女は人間性を失い、その力を制御することができなくなってしまうようにみえた。

ノーマン博士と面会を果たし、Mr.チャンと仲間が復讐のためにルーシーを殺しにやってきたときに、ついにルーシーの脳が100%覚醒する。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • ルーシー – スカーレット・ヨハンソン(佐古真弓): 新種の麻薬により脳が極限まで活性化した女性。
  • ノーマン博士 – モーガン・フリーマン(坂口芳貞): 脳科学の権威である科学者。
  • Mr. チャン – チェ・ミンシク(原語流用[脚注 1]): 韓国人マフィアのボス。ルーシーを使って新種の麻薬を国外に運び出そうと企てる。
  • ピエール・デル・リオ – アムール・ワケド(清水明彦): フランス警察の刑事。ルーシーから協力を要請される。
  • イギリス人 – ジュリアン・リンド=タット(英語版): チャンの依頼でルーシーの下腹部に麻薬の入った袋を埋め込む。
  • リチャード – ピルー・アスベック(英語版)(飛田展男): ルーシーの彼氏。実は裏社会の運び屋。
  • キャロライン – アナリー・ティプトン(英語版): ルーシーのルームメイト。女優志望。※wikipedia参照

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に』(原題:The Shawshank Redemption)は、1994年に公開されたアメリカ映画。刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。

原作はスティーブン・キングの中編小説『刑務所のリタ・ヘイワース(Rita Hayworth and Shawshank Redemption)』。監督・脚本はフランク・ダラボンが務め、彼の初監督作品でもある。原題の「The Shawshank Redemption」は直訳すると「ショーシャンクの贖い」になる(作品解説も参照のこと)。

本作は興行的には成功したとはいえないが、批評家達からの評価は高く、AFIのアメリカ映画ベスト100(10周年エディション)において72位にランクインしており、日本では1995年のキネマ旬報ベストワン(洋画)に選ばれている。また受賞には至らなかったが、第67回アカデミー賞で7部門にノミネートされた。

気の遠くなる程の歳月を、目的に達するまで諦めずにやり通す、不屈の精神には頭が下がります。

SHAWSHANK

ストーリー

1947年、若くして銀行副頭取を務めるアンディ・デュフレーンは、妻とその愛人を射殺した罪に問われる。無実を訴えるも終身刑の判決が下り、劣悪なショーシャンク刑務所への服役が決まる。それから数日後、ショーシャンクに長年服役する「調達屋」のレッドことエリス・ボイド・レディングはもう何度目かとなる仮出所の審査を受け、更生したことを訴えるがやはり拒否されてしまう。レッドが落胆し部屋を出ると、アンディを含む新しい受刑者達が来たのを知る。アンディら新しい囚人達はノートン所長とハドリー刑務主任から脅しを含めたショーシャンク刑務所の紹介をされ、その晩、取り乱した新人受刑者はハドリーの暴力で死んでしまう。

孤立していたアンディはやがてレッドに声をかけ、鉱物採集の趣味のため小さなロックハンマーを注文する。それをきっかけにアンディはレッドと交友を重ね始める。他方、アンディは荒くれ者のボグズ一派に性的行為を強要され、抵抗のため常に生傷が絶えない生活が続いた。

1949年、アンディは屋根の修理作業中、ハドリーの遺産相続問題を知り、作業仲間達へのビールと引き換えに解決策を提案する。ビールを手に入れ仲間達から尊敬される一方で、ハドリーら刑務官からも一目置かれるようになる。その後ボグズらがアンディを襲って全治1ヶ月の重傷を負わせるも、ボグズがハドリーに半殺しにされて以後、アンディを襲う者はいなくなった。アンディが治療を終え自分の房に戻ってくると、レッドに注文してたリタ・ヘイワースの大判ポスターが退院祝いとして置かれていた。

やがて、アンディは図書係に配置換えとなり、もう50年刑務所にいる老囚人ブルックスの助手となる。だが、その本当の目的はノートン所長や刑務官達が自身の税務処理や資産運用を行わせるためだった。アンディは有能な銀行家としての手腕を発揮する一方で、名ばかりだった図書係としても精力的に活動を始め、州議会に図書館予算の請求を毎週送るようになる。

1954年、ブルックスに仮釈放の許可が下りるが、50年服役した老人は塀の外の生活への恐れから取り乱す。アンディらに説得され、仮釈放を受け入れるが、結局、外の生活に馴染むことはできず、最期は首を吊って死んでしまう。死の間際に送られた感謝の手紙を読んで、アンディとレッドは苛まれる。一方、手紙に根負けした州議会はわずかばかりの寄付金と古書をショーシャンク刑務所に送ってくる。アンディは送られてきた荷物の中に『フィガロの結婚』のレコードを見つけ、それを所内放送で流し懲罰房送りとなる。その後、仲間達からレコードを流した理由を尋ねられ、アンディは「音楽と希望は刑務所が奪えないものだ」と説明するが、レッドは「そんなものは塀の中じゃ不必要だ」と反論する。

1963年、アンディが州議会にさらに手紙を送り続けた結果、年度毎の予算まで獲得し、倉庫同然だった図書館は囚人達の娯楽と教養を得る場となっていた。その頃所長は、囚人達の社会更生を図るという名目で、彼らを労働力として野外作業をさせ始め、そのピンハネや土建業者達からの賄賂を受け取り始める。そしてアンディは「ランドール・スティーブンス」という架空の人物を作り出し、その多額の不正蓄財を見事に隠蔽していた。

1965年、新たに入所したコソ泥のトミーは、すぐにレッドの仲間達と打ち解け、アンディも彼を気に入る。更生を望むトミーにアンディは文字の読み書きから勉強を教え始め、やがて高校資格を申請するにまで至る。トミーはアンディの過去を知ると、その真犯人に心当たりがあることを話す。すぐにアンディは所長に再審請求するように頼み込むが、優秀な経理担当者と同時に不正蓄財を知っている彼を自由にさせる気のない所長は、アンディを懲罰房に入れ考えを改めるよう迫る。3ヶ月経っても折れないアンディに業を煮やした所長とハドリーは、無実の鍵を握るトミーを脱走したように見せかけ殺害する。

トミーの死から2ヵ月後、アンディは再び不正経理を行うことを条件に懲罰房から出される。しかし、アンディの様子はどこかおかしく、レッドに要領を得ない伝言を残す。レッドら仲間達はアンディが自殺を考えていると疑い、嵐の晩に心配が募る。

翌朝、点呼の際、アンディが房から消えていることが発覚する。所長やハドリーもアンディの房に向かい、マリリン・モンローからラクエル・ウェルチへ代替わりしていたポスターの裏に穴が開いていることを見つけ出した。アンディは約20年間ロックハンマーで壁を掘り続け、ついに1966年、脱獄したのだった。アンディはスティーブンスに成りすまして所長の不正蓄財を引き出すと同時に告発状を新聞社へ送り、難なくメキシコへ逃亡する。そしてアンディの告発状によってハドリーは逮捕され、所長は拳銃自殺する。

間もなくレッドは服役40年目にしてようやく仮釈放されるが、ブルックスと同様に外の生活に順応できない。ブルックスと同じ道を辿る中、レッドはアンディの伝言を信じ、メキシコへ向かう。そして、青海の海岸線で悠々自適の生活を送るアンディと再会し、喜びの抱擁を交わす。

キャスト

 

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD・BD TV
アンディ・デュフレーン ティム・ロビンス 大塚芳忠 安原義人
エリス・ボイド・”レッド”・レディング モーガン・フリーマン 池田勝 坂口芳貞
サミュエル・ノートン刑務所長 ボブ・ガントン 仁内建之 佐々木勝彦
ヘイウッド ウィリアム・サドラー 江原正士
バイロン・ハドリー主任刑務官 クランシー・ブラウン 田中正彦
トミー・ウィリアムズ ギル・ベローズ 真地勇志
ボッグス・ダイアモンド マーク・ロルストン 金尾哲夫
ブルックス・ヘイトレン ジェームズ・ホイットモア 宮田光
検察官 ジェフリー・デマン
トラウト ポール・マクレーン
マート ジュード・チコレッラ

※wikipwdia参照

 

1 2