Category Archives: ブラッド・ピット

コンフェッション

コンフェッション [DVD]

 

コンフェッション』(原題: Confessions of a Dangerous Mind)は、2002年製作のアメリカ映画。

ストーリー

ABC放送の臨時職員として働いていたチャックは、今までにない新しいTV番組を作ろうと考えるが上手くいかない。そんな彼の前にジム・バードと名乗る謎の男が現れる。男はチャックにある仕事を持ちかける。その仕事とは、CIAの秘密工作員となって、合衆国にとって邪魔な存在を消していくというものだった。

その後チャックは『デート・ゲーム』や『ザ・ゴングショー』などの人気番組を生み出し、TVプロデューサーとしても秘密工作員としても成功していく。しかし、番組は次第に世論から叩かれていくようになってしまい、自分自身も工作員の命を狙う何者かに追い詰められていく。

キャスト

役名: 俳優 (ソフト版日本語吹き替え)

  • チャック・バリス: サム・ロックウェル(山寺宏一)
  • ペニー・パチーノ: ドリュー・バリモア(石塚理恵)
  • ジム・バード: ジョージ・クルーニー(小山力也)
  • パトリシア: ジュリア・ロバーツ(土井美加)
  • キーラー: ルトガー・ハウアー(大塚芳忠)
  • デビー: マギー・ギレンホール(村井かずさ)
  • 幼少期のチャック: マイケル・セラ
  • キャスティングをする幹部: リチャード・カインド
  • ブラッド・ピット ※カメオ出演
  • マット・デイモン ※カメオ出演※wikipedia参照

スリーパーズ

スリーパーズ [Blu-ray]

 

スリーパーズ』(Sleepers)は、1996年のアメリカ合衆国のドラマ映画及び同名の原作小説。

ストーリー

あるいたずらが原因で過失傷害を問われ、少年院に送られたロレンツォ(シェイクス)、マイケル、トミー、ジョンの4人の少年を待っていたのは、看守たちからの性的虐待だった。圧倒的な暴力を前になすすべもなく、少年たちは心に深い傷を負う。

ある日の院内のフットボールの試合中、リーダー格でギャングの息子であるリゾを引き込み、日頃の虐待の恨みを暴力で晴らすが、その後リゾは「殴る場所がなくなるまで」殴られて死んだ。

やがて成人した4人のうち、トミーとジョンがレストランでかつての看守であるノークスに出会い、射殺してしまう。検事補になり、今事件を担当することになったマイケル、新聞記者となったロレンツォは2人を無罪に、そして少年院であった虐待を公にすることを誓い、奮闘する。

まず、呑んだくれの弁護士スナイダーに、マイケルが密かに用意した台本どおりに弁護をさせ、裁判に証人として出廷した元看守の1人であるファーガソンに虐待があったことを認めさせる。次に、もう1人の元看守はリゾを院内で撲殺したことをギャングの兄に密告され、射殺される。残りの1人で現在は刑事となっていた男は、ロレンツォの密告によって収賄と殺人の容疑で逮捕される。

レストランにいた客が2人を見たと証言した不利な状況で、ロレンツォは4人をよく知るボビー神父に聖職者は嘘をつかないと知った上で偽の証言をしてほしいと懇願する。少年院であった出来事を幼馴染のキャロルや神父に打ち明け、数週間後、神父は出廷し、事件当夜は被告の2人とバスケットボールの観戦をしに行っていたと偽の証言をする。

看守への復讐が着々と進み、残るは無罪判決のみ。判決は無罪。その後、4人とキャロルは祝杯をあげる。これが5人が集まった最後の夜となった。

数年後、ジョンとトミーは30歳を迎える前に何者かに殺害された。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ版
ロレンツォ・カルカテラ(英語版) (シェイクス) ジェイソン・パトリック 原康義 江原正士
マイケル・サリヴァン ブラッド・ピット 平田広明 堀内賢雄
トミー・マルカノ ビリー・クラダップ 森川智之 室園丈裕
ジョン・ライリー ロン・エルダード 矢尾一樹 星野充昭
少年時代のロレンツォ ジョー・ペリーノ(英語版) 岡野浩介 佐々木望
少年時代のマイケル ブラッド・レンフロ 遠近孝一 私市淳
少年時代のトミー ジョナサン・タッカー まるたまり
少年時代のジョン ジェフリー・ウィグダー(英語版) くまいもとこ
ショーン・ノークス ケヴィン・ベーコン 江原正士 中田和宏
キャロル ミニー・ドライヴァー 勝生真沙子 水谷優子
ボビー神父 ロバート・デ・ニーロ 大塚明夫 羽佐間道夫
ダニー・スナイダー弁護士 ダスティン・ホフマン 堀勝之祐 小川真司
キング・ベニー ヴィットリオ・ガスマン 江角英明 納谷悟朗
ラルフ・ファーガソン テリー・キニー 小島敏彦
ロレンツォの父 ブルーノ・カービー 原田一夫 青野武

※wikipedia参照

デビル

デビル [Blu-ray]

 

デビル』(The Devil’s Own)は、1997年のアメリカ映画。ハリソン・フォードとブラッド・ピットの共演によるサスペンス・アクションである。アラン・J・パクラの最後の監督作品。

ストーリー

8歳のとき目の前でIRAシンパの父親をイギリス人に殺され、IRAの活動家となったフランキー・マグワイヤーは、スティンガーミサイルを手に入れるために「ローリー・ディヴァニー」の偽名でニューヨークにやって来る。IRAシンパであるフィッツシモンズ判事の手引きで、フランキーは同じアイルランド系の実直な警官トム・オミーラの家に下宿することになる。彼の正体を知らないトムとその家族は彼を温かく迎え、フランキーもそんなオミーラ家の人々に家族の温かみと束の間の安らぎを感じる。

一方、フランキーは武器商人バークと接触し、本来の目的を果たす算段を整える。しかしフランキーを取り巻く状況の悪化で取引の延期を持ちかけたことからバークが反発し、フランキーが隠し持っている大金を盗み出そうと部下をトムの家に侵入させる。トムとフランキーによって侵入犯を追い払うことは出来たが、この事件でトムはフランキーの正体に気付く。

キャスト

 

役名 俳優 日本語吹替
ビデオ&DVD 日本テレビ テレビ朝日
トム・オミーラ ハリソン・フォード 磯部勉 村井国夫 磯部勉
フランキー・マグワイア
(フランシス・マグワイヤー/マクガイア)
ブラッド・ピット 宮本充 森川智之
少年フランキー シェーン・ダン
シーラ・オミーラ マーガレット・コリン 一柳みる 野沢由香里 佐々木優子
ブリジット・オミーラ ジュリア・スタイルズ
モーガン・オミーラ アシュレイ・カリン
アニー・オミーラ ケリー・シンガー
エドウィン・ディアス ルーベン・ブラデス 牛山茂 斎藤志郎
ビリー・バーク トリート・ウィリアムズ 谷口節 小島敏彦 大塚芳忠
ピーター・フィッツシモンズ ジョージ・ハーン 大木民夫 稲垣隆史
ジム・ケリー ミッチ・ライアン 銀河万丈 大塚周夫
ミーガン・ドハティ
(メーガン)
ナターシャ・マケルホーン 沢海陽子 安藤麻吹
ショーン ポール・ローナン 鳥海勝美 内田夕夜
ハリー・スローン サイモン・ジョーンズ 池田勝
マーティン・マクダフ デヴィッド・オハラ
デジー デヴィッド・ウィルモット
ジェラルド アンソニー・ブロフィ

※wikipedia参照

スリーパーズ

スリーパーズ [Blu-ray]

 

スリーパーズ』(Sleepers)は、1996年のアメリカ合衆国のドラマ映画及び同名の原作小説。

ストーリー

あるいたずらが原因で過失傷害を問われ、少年院に送られたロレンツォ(シェイクス)、マイケル、トミー、ジョンの4人の少年を待っていたのは、看守たちからの性的虐待だった。圧倒的な暴力を前になすすべもなく、少年たちは心に深い傷を負う。

ある日の院内のフットボールの試合中、リーダー格でギャングの息子であるリゾを引き込み、日頃の虐待の恨みを暴力で晴らすが、その後リゾは「殴る場所がなくなるまで」殴られて死んだ。

やがて成人した4人のうち、トミーとジョンがレストランでかつての看守であるノークスに出会い、射殺してしまう。検事補になり、今事件を担当することになったマイケル、新聞記者となったロレンツォは2人を無罪に、そして少年院であった虐待を公にすることを誓い、奮闘する。

まず、呑んだくれの弁護士スナイダーに、マイケルが密かに用意した台本どおりに弁護をさせ、裁判に証人として出廷した元看守の1人であるファーガソンに虐待があったことを認めさせる。次に、もう1人の元看守はリゾを院内で撲殺したことをギャングの兄に密告され、射殺される。残りの1人で現在は刑事となっていた男は、ロレンツォの密告によって収賄と殺人の容疑で逮捕される。

レストランにいた客が2人を見たと証言した不利な状況で、ロレンツォは4人をよく知るボビー神父に聖職者は嘘をつかないと知った上で偽の証言をしてほしいと懇願する。少年院であった出来事を幼馴染のキャロルや神父に打ち明け、数週間後、神父は出廷し、事件当夜は被告の2人とバスケットボールの観戦をしに行っていたと偽の証言をする。

看守への復讐が着々と進み、残るは無罪判決のみ。判決は無罪。その後、4人とキャロルは祝杯をあげる。これが5人が集まった最後の夜となった。

数年後、ジョンとトミーは30歳を迎える前に何者かに殺害された。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ版
ロレンツォ・カルカテラ(英語版) (シェイクス) ジェイソン・パトリック 原康義 江原正士
マイケル・サリヴァン ブラッド・ピット 平田広明 堀内賢雄
トミー・マルカノ ビリー・クラダップ 森川智之 室園丈裕
ジョン・ライリー ロン・エルダード 矢尾一樹 星野充昭
少年時代のロレンツォ ジョー・ペリーノ(英語版) 岡野浩介 佐々木望
少年時代のマイケル ブラッド・レンフロ 遠近孝一 私市淳
少年時代のトミー ジョナサン・タッカー まるたまり
少年時代のジョン ジェフリー・ウィグダー(英語版) くまいもとこ
ショーン・ノークス ケヴィン・ベーコン 江原正士 中田和宏
キャロル ミニー・ドライヴァー 勝生真沙子 水谷優子
ボビー神父 ロバート・デ・ニーロ 大塚明夫 羽佐間道夫
ダニー・スナイダー弁護士 ダスティン・ホフマン 堀勝之祐 小川真司
キング・ベニー ヴィットリオ・ガスマン 江角英明 納谷悟朗
ラルフ・ファーガソン テリー・キニー 小島敏彦
ロレンツォの父 ブルーノ・カービー 原田一夫 青野武

※wikipedia参照

ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊(シリーズ)

ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊 [Blu-ray]

 

ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊』(原題: Happy Feet Two)は2011年の3DCGアニメーションのオーストラリア・アメリカ映画である。2006年に制作された『ハッピー フィート』の続編である。

ストーリー

タップダンスの達人として成長し、幼馴染のグローリアとも結婚したマンブルは、ある悩みを抱えていた。それは二人の間に生まれた息子エリックがダンス嫌いであること。ある日、エリックはマンブルの元から飛び出すが、そこで空飛ぶペンギンのマイティ・スヴェンと出会う。そんな時、ペンギンたちが暮らすエンペラー帝国が巨大な氷山の倒壊に巻き込まれ、グローリアや仲間たちが氷山に閉じ込められてしまう。エンペラー帝国の外にいて無事だったマンブルやエリックらは仲間たちを救うために奔走。エリックはそんなマンブルの勇敢な姿を見て大切なことを学んでいく。

キャスト(声の出演)

役名 英語版声優 日本語吹き替え
マンブル イライジャ・ウッド 劇団ひとり
ラモン / ラブレイス ロビン・ウィリアムズ 山寺宏一
スヴェン ハンク・アザリア 山路和弘
グローリア アレシア・ムーア(ピンク) クリスタルケイ
ウィル ブラッド・ピット 設楽統
ビル マット・デイモン 日村勇紀
カルメン ソフィア・ベルガラ 雨蘭咲木子
シーモア コモン 江川央生
エリック エイヴァ・エイカーズ 鈴木福
長老ノア ヒューゴ・ウィーヴィング 水野龍司
浜の大将ブライアン リチャード・カーター 磯部勉
バイオラ先生 マグダ・ズバンスキー さとうあい
アルファ・スクーア アンソニー・ラパリア 石井隆夫
アティカス ベンジャミン・フローレス・Jr 坂本千夏

※wikipedia参照

悪の法則

悪の法則 21分拡大版本編ディスク付豪華2枚組 (初回生産限定) [Blu-ray]

 

悪の法則』(The Counselor)は、リドリー・スコット監督、小説家のコーマック・マッカーシー脚本による2013年のスリラー映画である[4]。出演はマイケル・ファスベンダー、ブラッド・ピット、キャメロン・ディアス、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデムらである。物語は、問題を抱えたシウダー・フアレスとテキサスの国境地帯を中心に展開し、テーマとして欲、死、そして人間の原始的本能とそれらの結果を扱っている。また、本作ではニーチェが唱えた、善対悪、獲物対ハンター、道徳外などを色濃く扱っている。

尚、タイトルの“Counselor”とは、英米法(コモン・ロー)における“法廷弁護士”を意味するが、アメリカの制度では法廷弁護士と事務弁護士は基本的には区分されておらず、日常語としては「法律顧問」の意味で用いられることが多い。

あらすじ

有能な弁護士である”カウンセラー”と呼ばれる男と彼の恋人のローラがベッドでいちゃついている。そのころ自動車工場では、ドラム缶に入れたコカインをバキュームカーに隠す作業が行われた後、バキュームカーはデザート・スター下水処理会社に向けて出発した。カウンセラーは、仕事と偽ってアムステルダムに行くが、実際の目的はローラのために宝石商から婚約指輪を購入するためだった。アメリカに戻ったカウンセラーは、友人の実業家ライナーと彼の愛人マルキナが所有するペントハウスのパーティに参加し、ライナーから「ボリート」という、首を締め付け切断する殺人装置について聞く。そして、以前ライナーから勧められていた麻薬ビジネスを一回限りでやることにしたカウンセラーは、ライナーの経営するレストランでローラにプロポーズし、彼女はそれを受け入れた。後日カウンセラーは、ライナーから紹介された麻薬の仲買人ウェストリーに会い、取引の利益率が4,000%であることなどを聞く。

そしてウェストリーは、取引に関わるメキシコの麻薬カルテルが、特に弁護士に対して容赦ないとカウンセラーに警告する。カウンセラーは、裁判所の任命で、公選弁護人として弁護を担当している、殺人罪により収監中のルースに面会する。そこでルースから、スピード違反で拘留されたバイカーである息子の保釈を頼まれる。保釈を約束したカウンセラーは、開店準備中のナイトクラブを訪れ、ライナーからマルキナがフェラーリとセックスした話を聞く。その後、カウンセラーによって保釈されたバイカーだったが、取引するブツを取りにいくためバイクで走行中に、ワイヤーマンが道に張ったワイヤーで首を刎ねられて殺され、ブツを隠したバキュームカーを奪われてしまう。

ウェストリーからホテルのカフェに呼び出されたカウンセラーは、保釈させたバイカーが、グリーン・ホーネットと呼ばれる組織の運び屋だったことや、彼とつながりがあったことで組織がカウンセラーがブツを盗んだと思い、カウンセラーたちを狙っていることを知らされる。ウェストリーは、スナッフフィルムの事を話し、隠れることを勧める。

キャスト

カウンセラー[5][6](弁護士さん)
演 – マイケル・ファスベンダー、日本語吹替 – 東地宏樹
若く有能な弁護士。
ローラと付き合っており、順風満帆な人生を送っていたが、ローラに内緒で婚約指輪を購入するために、軽い気持ちでライナーから勧められていた麻薬ビジネスに手を染める。取引が危険だと警告されながらも本気にせず、自分なら大丈夫だと考えるなど若干傲慢な人物。
ローラ[7]
演 – ペネロペ・クルス、日本語吹替 – 本名陽子
カウンセラーの恋人。
教会に通っている。フライトアテンダントをしており、カウンセラーを心から愛している純真で知性的な女性。
マルキナ[8]
演 – キャメロン・ディアス、日本語吹替 – 田中敦子
元ダンサーでライナーの愛人。
ミステリアスな女性で、道徳心が欠如しており、人の気持ちを理解することができない。
背中から左肩にかけて、ヒョウ柄のタトゥーを入れている。ライナーとともに、シルヴィアとラウールという名の2匹のチーターを飼い、荒野で野うさぎ狩りをさせている。
ライナー[9]
演 – ハビエル・バルデム、日本語吹替 – 江原正士
カウンセラーの友人でレストランやナイトクラブなどの経営で成功している実業家。
派手好きで、ガラス張りの豪邸にマルキナと住んでいる。カウンセラーとナイトクラブを共同経営する予定で、その前に彼と共に麻薬ビジネスを始める。「わからない」とよく口にし、物事を深く知ろうとしない。
ウェストリー[9]
演 – ブラッド・ピット、日本語吹替 – 山寺宏一
麻薬ビジネスのブローカーで、ライナーとは旧知の仲。
何事にも冷静な男で裏社会を知り尽くしており、カウンセラーに、『白いドレスの女』のセリフを引用しながら、彼がやろうとしている麻薬ビジネスの危険性を話し警告する。
宝石商
演 – ブルーノ・ガンツ、日本語吹替 – 清川元夢
アムステルダムで宝石商を営んでいる男性。ダイヤモンドに例えて、選択への警告をほのめかす。
へフェ
演 – ルーベン・ブラデス、日本語吹替 – 宝亀克寿
メキシコの有力者。カウンセラーに自分の選んだ運命を受け入れるよう諭す。
神父
演 – エドガー・ラミレス、日本語吹替 – 内田聡明
懺悔室の神父。カトリック教徒ではないマルキナに、告解はできないと話す。
ルース
演 – ロージー・ペレス、日本語吹替 – 水野ゆふ
殺人罪で収監されている女で、カウンセラーの依頼人。面会に来たカウンセラーに、息子のバイカーの釈放を頼む。
監視する女
演 – アンドレア・デック、日本語吹替 – 鍋井まき子
ワイヤーマンと共にバイカーの取引を監視している女。
ワイヤーマン(ジェイミー)
演 – サム・スプルエル(英語版)、日本語吹替 – 相沢まさき
マルキナに雇われ、運び屋であるバイカーを殺し、ブツを隠したバキュームカーを奪う。
トニー
演 – トビー・ケベル、日本語吹替 – 川中子雅人
カウンセラーの元依頼人。彼に見捨てられたことを根に持っている。
バイカー
演 – リチャード・カブラル(英語版)、日本語吹替 – 茂木たかまさ
通称グリーン・ホーネット。
ルースの息子で、ヤマハのYZF-R1に乗っている。麻薬カルテルに雇われたブツの運び屋。
トニーの彼女
演 – エマ・リグビー(英語版)、日本語吹替 – 長尾雅世
バイヤー
演 – ディーン・ノリス、日本語吹替 – 浦山迅
麻薬のバイヤー。ランディらからブツを買う。
ランディ[10]
演 – ジョン・レグイザモ、日本語吹替 – 北沢洋
つなぎの男。
バキュームカーを解体し、ブツを取り出す。ブツを運ぶついでに載せている、糞尿漬けの死体について説明する。
携帯の主
演 – ジャンニーナ・ファシオ(英語版)、日本語吹替 – 仲村かおり
カウンセラーがスマートフォンを借りる女性。
ピストルの男
演 – アレハンドロ・マルツァル、日本語吹替 – 半田裕典
ライナーを連れ去ろうとする男。
ホテルのウェイター
演 – ジェラルド・モナコ(英語版)、日本語吹替 – 鈴木佑治
カウンセラーに、伝言を確かめるよう頼まれる。
ブロンド女
演 – ナタリー・ドーマー、日本語吹替 – 鍋井まき子
マルキナに雇われ、ウェストリーにハニートラップを仕掛ける女。
マイケル
演 – ゴラン・ヴィシュニック、日本語吹替 – 相沢まさき
銀行家。マルキナの友人兼投資アドバイザーで、彼女と将来のプランについて話し合う。
クリス
演 – クリス・オービ、日本語吹替 – 西村太佑
ライナーのペントハウスの護衛。
2人目の男
演 – リチャード・ブレイク、日本語吹替 – 内田聡明
ワイヤーマンと共に行動している男。
偽警官1
演 – ヴェリボール・トピッチ、日本語吹替 – 田村真
警官になりすますが見破られ、撃たれて負傷しながらも、ワイヤーマンらを殺してバキュームカーを奪う。
ウェイトレス
演 – バーバラ・ダーキン、日本語吹替 – 葉瀬ふみの
ホテルのカフェで働いている、派手な女性。
カフェの主人
演 – マルコ・トゥーリオ・リナ・ラミレス、日本語吹替 – 荻沢俊彦
国境の町にあるカフェを経営する男性。
偽警官2
演 – Pablo Verdejo
偽警官だとばれて、2人目の男に射殺される。
運転手
演 – ドナ・エアー、日本語吹替 – 的場加恵
ロンドンに到着したウェストリーをホテルに送る。
作業員
演 – カルロス・フリオ・モリーナ、日本語吹替 – 三宅貴大
宝石商の秘書
日本語吹替 – 篠崎真実
競技場アナウンス
日本語吹替 – 前島貴志
※wikipedia参照

フューリー

フューリー』(Fury)は、デヴィッド・エアー監督・脚本による第二次世界大戦時代を描いた2014年のアメリカ合衆国の戦争ドラマ映画(英語版)である。出演は、ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、ジョン・バーンサル、マイケル・ペーニャ、ジェイソン・アイザックス、スコット・イーストウッドらである。

撮影は2013年9月から11月までにイングランドで本物のティーガーI戦車を使って行われた。

fury

ストーリー

1945年4月、連合国がナチス・ドイツに最後の攻勢をかけようとしていた。第2機甲師団第66機甲連隊に所属する、ドン「ウォーダディー」コリアーが車長を務めるM4A3E8シャーマン(使用されたのはM4A2E8)「フューリー」号には以下のクルーが乗り組んでいた:砲手のボイド「バイブル」スワン、装填手のグレイディ「クーンアス」トラヴィス、操縦手のトリニ「ゴルド」ガルシア。副操縦手は戦闘で死亡し、補充として新兵でタイピストを務めていたノーマン・エリソンが配属される。ノーマンは戦車の中を見たことも無く、ましてや戦闘に参加したことも無かった。デポでウォーダディーは武装SSに対して憎しみを抱いていることを顕わにする。

ノーマン以外のクルーは北アフリカ戦役からの歴戦の猛者であった。そのため、ウォーダディーと共に生き残ってきたクルーは、戦闘経験が無くドイツ兵を殺すのに怖じ気づくノーマンを過小評価する。戦車小隊が縦列で行軍中、ノーマンはヒトラーユーゲントの少年兵を見つけるが発砲をためらったため、少年兵の攻撃によって先頭を走るパーカー中尉の戦車が破壊される。ウォーダディーは怒り狂い、戦争の現実を「教育」するためにノーマンに捕虜のドイツ兵を射殺するよう強要する。ノーマンはこれを拒否するが、ウォーダディーは力ずくで銃を持たせ、彼に捕虜を射殺させる。

小さな町の制圧を通じて、ノーマンとウォーダディーの絆は深まってゆく。ウォーダディーとノーマンは民家に入り、ドイツ人女性のイルマとそのいとこエマに出会う。ノーマンとエマはベッドを共にし、続いて4人で朝食を楽しもうとしたが、他のクルーが押し入って緊張を引き起こす。伝令がやってきてウォーダディー達は任務に戻るが、そこにドイツ軍の砲撃が行われる。砲弾がイルマの家を直撃、エマは死亡する。後退するドイツ軍が防衛戦に参加しない市民を殺害してその遺体を見せしめにする様子や、自らの町を燃やす様子を見てノーマンはドイツ兵に対する憎悪を燃やしてゆく。

ドイツ軍は交差点を通過して攻撃してくる可能性が高いことから、ウォーダディーの率いる戦車小隊はその交差点の保持を命じられる。部隊は途中、ティーガーIと遭遇。戦闘の末、ティーガーIの撃破に成功するものの、その過程で4両の内3両が撃破され、「フューリー」のみとなる。それでも「フューリー」は先に進み、交差点に到着。交差点を監視できるポイントへ移動しようとした時、対戦車地雷を踏んで走行不能となり、交差点上で立ち往生する。ウォーダディーらは戦車を降りて、周囲を警戒するが、偵察をしていたノーマンは約300名からなる武装SS大隊を発見。彼らは歌を歌いながら行進し、戦意は十分であった。その声は他のクルーも確認する。クルーは戦車を放棄して森へ逃げることを主張するが、ウォーダディーはこれを拒否、1人で戦おうとする。初めは気が進まなかったクルーであるが、最終的には待ち伏せ攻撃を行うこと決意する。

圧倒的な数の差にも関わらず、ウォーダディーとクルーは戦車砲及び小火器の全てを駆使してドイツ軍に多数の損害を与える。だが徐々に反撃を受け、クーンアスはパンツァーファウストの噴流を受け、ゴルドは信管の外れた手榴弾を体で押さえ込み、バイブルは頭部に銃弾を受けて戦死。ウォーダディーも狙撃兵の銃撃を受け負傷する。車内に残されたウォーダディーとノーマンであるが、ウォーダディーはノーマンに戦車の脱出ハッチから逃げろと話す。ノーマンは地雷の爆発によってできた穴に隠れ、ウォーダディーは戦車の中に放り込まれた手榴弾の爆発によって戦死する。その後ノーマンは戦車の下をのぞき込んだ若いSS兵士によって発見されるが、SS兵はノーマンをそのままにして先に進んでいった。

翌朝に到着したアメリカ軍部隊がノーマンを発見する。ノーマンは「お前はヒーローだ」と話しかけられ、彼らの奮戦によってドイツ軍の攻勢が失敗に終わったことが暗示される。ノーマンは救急車によって後方に輸送されていくが、戦場にはドイツ兵の多くの死体と破壊された「フューリー」が残されているのだった。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • ドン・“ウォーダディー”・コリアー – ブラッド・ピット(堀内賢雄)
  • ボイド・“バイブル”・スワン – シャイア・ラブーフ(小松史法)
  • ノーマン・“マシン”・エリソン – ローガン・ラーマン(梶裕貴)
  • トリニ・“ゴルド”・ガルシア – マイケル・ペーニャ(間宮康弘)
  • グレイディ・“クーンアス”・トラビス – ジョン・バーンサル(坂詰貴之)
  • “オールドマン”・ワゴナー大尉 – ジェイソン・アイザックス(田中正彦)
  • マイルス – スコット・イーストウッド
  • パーカー – ゼイヴィア・サミュエル
  • デイヴィス – ブラッド・ウィリアム・ヘンケ
  • イルマ – アナマリア・マリンカ(岡田恵)
  • エマ – アリシア・フォン・リットベルク(英語版)(渕上舞)
  • ピーターソン – ケヴィン・ヴァンス
  • ドイツの伍長 – ブランコ・トモヴィッチ(英語版)
  • フォスター – イアン・ギャレット
  • ヒルダ・マイヤー – ユージニア・カズミナ(英語版)
  • エディス – ステラ・ストッカー

    ※wikipedia参照

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(Interview with the Vampire)は、1994年製作のアメリカ映画である。

interview vampire

ストーリー

カリフォルニア州サンフランシスコ。とある建物の一室で、野心的なライターの青年ダニエル・マロイ(クリスチャン・スレーター)は用意したテープを回し、黒髪の青年紳士ルイ(ブラッド・ピット)へインタビューを始める。

「私はヴァンパイアだ」

ルイは、200年というその驚くべき半生を語り始める。

18世紀末のアメリカ合衆国ニューオリンズ。フランス移民で農場主のルイ。最愛の妻と娘を同時に失い、絶望の底で自暴自棄になった彼に一人の男が興味を持つ。レスタト(トム・クルーズ)と名乗るその男の正体は、生き血を糧に永遠の時を生きるヴァンパイアであった。彼は、人間的で弱く繊細な魂を持つルイに魅力を感じ、永遠を共に生きる伴侶に彼を選んだのである。首筋に牙を立てられ「このまま死ぬか。共に生きるか」という選択を与えられたルイは、ヴァンパイアとして生きる道を選んだ。

欲求に忠実で、ためらいも無く人を襲い続けるレスタト。それとは対照的に人の良心を捨てきれないルイは、他人の命を奪うことが出来ず農場の小動物の血をすすって喉の渇きを凌いでいた。[5]ルイはある日、美しい少女クローディア(キルスティン・ダンスト)に出会う。ペストの蔓延によって両親を失い、力無く泣き縋る幼い少女をルイは抱きしめるが、喉の渇きに耐え切れず彼女の首に噛み付いてしまう。その一部始終を影で見ていたレスタトは大喜びし、クローディアをヴァンパイアとして蘇生させる。そして、人と吸血鬼の狭間で悩み続けるルイにその幼い吸血鬼の世話役を与えた。

子供特有の貪欲さを持ち、ほしいままに血を求めるその素質を気に入ったレスタトはクローディアの教師役となった。より良い血を得る術から忌むべきタブーに至る、レスタトの美学の全てを教え込まれたクローディアは次第に歯止めが効かなくなり、やがてレスタトと共に人々を恐怖に陥れる存在となった。そんな彼女を心配しつつも本能的に湧き上がる欲求との戦い…ルイはいまだ良心の呵責に苛まれ続けていた。

数十年後。クローディアは大人の女性に憧れを抱き、その容姿に執着し始める。肉体は少女のままでありながら、その心は知性を持った大人の女に成長していたのである。「何故私は大人になれないの?」「私をこんな姿にしたのは誰?」真実を知ったクローディアは、やり場の無い怒りと悲しみを爆発させる。必死に許しを請うルイとは対照的に、レスタトは「永遠の命を与えられて何が不満なのか」と言い返す。

少女の憎しみの矛先はレスタトに向けられ、一線を越えた感情はルイをも巻き込んだ反逆計画へと変わっていく。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
ビデオ・DVD テレビ東京 フジテレビ
レスタト・デ・リオンコート トム・クルーズ 鈴置洋孝 森田順平 江原正士
ルイ・ド・ポワント・デュ・ラック ブラッド・ピット 平田広明 堀内賢雄 宮本充
クローディア キルスティン・ダンスト 本多瑛未里 大谷育江 矢島晶子
ダニエル・マロイ(インタビュアー) クリスチャン・スレーター 家中宏 成田剣 堀内賢雄
アーマンド アントニオ・バンデラス 玄田哲章 小山力也 小川真司
サンティアゴ スティーヴン・レイ 千田光男 佐々木梅治 西村知道
イヴェット タンディ・ニュートン

※wikipedia参照

12モンキーズ

12モンキーズ』(Twelve Monkeys)は1995年のアメリカ映画であり、時間旅行と陰謀論をモチーフにしたSF映画。監督は元モンティ・パイソンのメンバーテリー・ギリアム。

12MONKEYS

あらすじ

ジェームズ・コールは、ウィルスによって全人類の99%が死滅し、生き残った人類も暗闇の地下に住むことを余儀なくされている2035年の未来からやってきた。犯罪者として服役中の彼が特赦を条件に与えられた任務は、ウィルスを散布したとされる「12モンキーズ」と名乗る団体を探り、ワクチンを作るために必要となる純粋なウィルスのありかを突き止め、それを入手することだった。

元々1996年に行く予定だったがタイムマシンの故障により1990年に到着した彼は逮捕され、精神病院送りとなる。そこで出会ったのが、患者仲間のジェフリー・ゴインズと医師キャサリン・ライリー。キャサリンはコールを妄想癖だと診断した。

その後、一度未来に戻り、1996年にやってきたコールは、再びキャサリンの前に現れる。強引にキャサリンの助けを借りて正気を保とうとしながら、コールは12モンキーズの正体をあばこうと懸命の調査を続ける。そしてゴインズが12モンキーズのリーダーであることを突き止め、接触する。細菌学者の息子であるゴインズは、かつてコールが話したことを元にウィルス散布の計画を思いついたと打ち明け、コールはますます混乱する。事態が進展するにつれ次第にキャサリンがコールの言うことを信じるようになると、コールは今度は自らの未来での記憶を疑い始めた。そして1996年12月、いよいよウィルスが撒かれるその日がやってきた。

コールとキャサリンはその日、実は12モンキーズはウィルス散布とは無関係だったことを知り、喜ぶ。しかしそれもつかの間、2人は空港で真の犯人を発見する。コールはウィルス原株入手の任務を無視しウィルス散布の歴史を変えようと警備員の制止を振り切って犯人に銃を向けるが、警官に射殺されてしまう。倒れたコールに駆け寄るキャサリン。コールは薄れ行く意識の中、おぼろげな記憶にずっと残っていた自分の眼前で射殺される男が、この日現場に居合わせた幼い頃の自分が目撃していた自分自身だったと知る。 息を引き取るコールを涙ながらに看取ったキャサリンは、生前のコールの話から近くで事態を見つめる少年時代のコールを発見し悲しみの中で微笑む。

真犯人は飛行機に乗り込み、人類の終わりは近いと語る。しかしその隣には、コールを送り出した未来の科学者が、「救済保険業」として座っていた。

キャスト

 

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ版
ジェームズ・コール ブルース・ウィリス 樋浦勉 村野武範
キャサリン・ライリー博士 マデリーン・ストウ 戸田恵子 小山茉美
ジェフリー・ゴインズ ブラッド・ピット 宮本充 堀内賢雄
ドクター・ゴインズ クリストファー・プラマー 大木民夫
ドクター・ピータース デヴィッド・モース 仲野裕
ホセ ジョン・セダ 田中正彦
植物学者 H・マイケル・ウォールズ
地質学者 ボブ・エイドリアン
動物学者 サイモン・ジョーンズ
天体物理学者 キャロル・フローレンス
ドクター・フレッチャー フランク・ゴーシン 石森達幸

※wikipedia参照

トロイ

トロイ』(英語: Troy)は2004年のアメリカ映画。古代ギリシアのトロイア戦争を元にした歴史戦争映画である。

TROY

ストーリー

トロイの王子パリスとスパルタの王妃ヘレンの禁じられた恋を口実に、ヘレネの夫であるスパルタ王メネラオスと、ギリシアの諸王国の盟主、メネラオスの兄であるミュケナイ王アガメムノンはトロイを征服しようとする。

より強く、より壮大に、そしてより過激に!
長く激しかったトロイ戦争がついに終わる。
トロイとスパルタの確執の歴史に幕が下ろされようとしていた時、トロイの王子パリス(オーランド・ブルーム)は
スパルタの王妃ヘレン(ダイアン・クルーガー)と恋に落ちた。それが後に史上最大の戦いを引き起こすとも知らずに。
トロイ軍の総大将ヘクトル(エリック・バナ)は祖国のため、アキレスを中心としたギリシャの大軍と戦うことになるのだが…。

より強く、より壮大に、そしてより過激に。
最高のフィルムメーカーと超豪華キャスト(ブラッド・ピット[アキレス]、エリック・バナ[ヘクトル]、オーランド・ブルーム[パリス]、ダイアン・クルーガー[ヘレン]、ピーター・オトゥール[プリアモス])で現代に蘇った歴史上最も偉大な戦いの真実がついにベールを脱ぐ!

※wikipedia一部参照

1 2 3