Category Archives: ハル・ベリー

ラスト・ボーイスカウト

ラスト・ボーイスカウト [DVD]

 

ラスト・ボーイスカウト』(The Last Boy Scout)は、1991年のアメリカ合衆国のアクション映画。トニー・スコット監督、ブルース・ウィリス主演。

タイトルのボーイスカウトは、“正義漢”といった意味で用いられている。

あらすじ

ジョー・ハレンベック(ブルース・ウィリス)は、過去にカーター大統領の命を救ったことのある腕利きのシークレットサービスだったが、今ではしがない私立探偵に落ちぶれ、負け犬人生を送っていた。一方、元プロフットボール選手のジミー・ディックス(デイモン・ウェイアンズ)はフットボール界を追い出され、麻薬に溺れながら無為な負け犬人生を送っていた。

ある日、ジョーは友人からダンサーのコリー(ハル・ベリー)の身辺警護を頼まれる。しかし、ジョーは何者かに襲撃されたため、待ち合わせ場所でコリーと入れ違いになり、襲撃者達の手から逃れてきたジョーが彼女の元へ駆けつけた頃には既に殺されていた。ジョーは、コリーの恋人であるジミーと共に捜査に乗り出すことに。

すると、プロフットボール界の裏に潜む巨大な組織の影が次第に明らかに…。共通の敵を得た二匹の負け犬が今、それぞれの戦いを始める。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD版 フジテレビ版 日本テレビ版 テレビ朝日版
ジョー・ハレンベック ブルース・ウィリス 樋浦勉 村野武範 磯部勉 野沢那智
ジミー・ディックス デイモン・ウェイアンズ 山寺宏一 玄田哲章 江原正士 山路和弘
サラ・ハレンベック チェルシー・フィールド 高島雅羅 一柳みる 駒塚由衣 勝生真沙子
ダリアン・ハレンベック ダニエル・ハリス 本多知恵子  ? 小林さやか 坂本真綾
シェリー・マーコン ノーブル・ウィリンガム 筈見純 坂口芳貞 銀河万丈 藤本譲
マイロ テイラー・ネグロン 麦人 江原正士 有川博 牛山茂
コリー ハル・ベリー 亀井芳子 水谷優子 沢海陽子 田中敦子
マイク・マシューズ ブルース・マッギル 辻親八 秋元羊介 長島雄一 宝亀克寿
カルヴィン・ベイナード議員 チェルシー・ロス 有本欽隆 仲野裕 小林勝彦 石塚運昇
ベッサロ刑事 ジョー・サントス 池田勝 富田耕生 宝亀克寿 池田勝
マッコスキー刑事 クラレンス・フェルダー 塚田正昭 小島敏彦 石波義人 島香裕
パブロ フランク・コリゾン 水野龍司 千田光男 水野龍司 伊藤和晃
チェット キム・コーツ 江原正士 伊藤和晃 荒川太朗 中多和宏
ヒットマン ジョン・セナティエンポ 中多和宏 伊井篤史 星野充昭
ビッグ・レイ・ウォルストン トニー・ロンゴ 中博史 田中正彦 福田信昭 登場シーンカット
引っ掻き回し屋 ジャック・ケーラー 秋元羊介  ? 沢木郁也 村田則男
ジェイク デューク・ヴァレンティ 中多和宏 藤本譲 大黒和広 石田圭祐
ビリー・コール ビリー・ブランクス 江原正士  ? 小野英昭
ベイナードのボディガード ロバート・アピーザ 幹本雄之 藤本譲 斎藤志郎
路地裏の殺し屋 バジャ・ジョラー 天田益男 水野龍司
M.C. エディ・グリフィン 桜井敏治 成田剣 大黒和広 樫井笙人
プールの所有者 リック・ダコマン 秋元羊介 星野充昭 石田圭祐
役不明又はその他 叶木翔子
喜田あゆ美
大谷育江
金野恵子
佐藤しのぶ
岡のりこ
相沢正輝
伊藤栄次
松本大
柳沢栄治
辻親八
小野未喜
小池浩司

※wikipedia参照

ザ・コール 緊急通報指令室

ザ・コール 緊急通報指令室 [DVD]

 

ザ・コール 緊急通報指令室』(原題:The Call)は、2013年制作のアメリカ合衆国のサスペンス・スリラー映画。

あらすじ

ロサンゼルス市警察の911(緊急通報用電話番号)のオペレーター・ジョーダンは、不法侵入者に怯える若い女性からの緊急電話を受けた際、わずかな判断ミスにより彼女を救えず、自責の念に苛まれ、オペレーターを辞める決意を固めた。

その半年後、研修生の指導にあたっていたジョーダンは、何者かに拉致されて移動する車のトランクの中から助けを求める少女ケイシーの緊急通報を受ける。彼女はシリアル・キラーに誘拐されて彼が運転する車のトランクに閉じ込められ、その中から緊急通報してきたのだ。経験豊富なジョーダンは、すぐにケイシーが緊迫した状況であることを察知、彼女に指示を与える。

やがてジョーダンは、その誘拐犯の声があのときの殺人鬼と同じである事に気付き、自身の葛藤を抱えながらケイシーの救出に乗り出していく。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • ジョーダン・ターナー – ハル・ベリー(本田貴子)
  • ケイシー・ウェルソン – アビゲイル・ブレスリン(茅野愛衣)
  • ポール・フィリップス巡査 – モリス・チェストナット(咲野俊介)
  • マイケル・フォスター – マイケル・エクランド(中尾一貴)
  • アラン・デナード – マイケル・インペリオリ(田村真)
  • ジェイク・デヴァンス巡査 – デビッド・オタンガ
  • レイチェル – ジャスティナ・マシャド
  • マルコ – ホセ・ズニーガ
  • マディ – ローマ・マフィア(ちふゆ)
  • レイア・テンプルトン – エヴィ・トンプソン(田野アサミ)
  • フローラ – デニース・ダウス(永木貴依子)
  • オータム – エラ・レイ・ペック(ブリドカットセーラ恵美)
  • ブルック – ジェナ・ラミア(樋口あかり)※wikipedia参照

ムービー43

ムービー43 Blu-ray

 

ムービー43」(ムービーフォーティスリー、Movie 43)は2013年のアメリカ合衆国のインデペンデンス系制作のコメディ・アンソロジー映画。共同監督とプロデューサーはピーター・ファレリーであり脚本はロッキー・ルッソ(英語版)ジェレミー・ソセンコ(英語版)他。この映画は16の異なる物語に特徴づけられ、それぞれ異なる監督がメガホンをとった。本作でメガホンをとった監督は、エリザベス・バンクス、スティーヴン・ブリル(英語版)、スティーヴ・カー、ラスティ・カンディーフ、ジェームズ・デュフィー、グリフィン・ダン、パトリック・フォースバーグ、ジェームズ・ガン、ボブ・オデンカーク、ブレット・ラトナー、ウィル・グラハム、ジョナサン・ヴァン・トゥルケン。また本作はスター俳優が多数出演した。ハル・ベリー、ジェラルド・バトラー、アンナ・ファリス、ヒュー・ジャックマン、ジョニー・ノックスヴィル、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ショーン・ウィリアム・スコット、エマ・ストーン, クリステン・ベル、ケイト・ウィンスレット などである。

本作は、ほとんどのスタジオが脚本をあからさまに拒絶したので(最終的にレラティビティ・メディアが600万ドルで取得した)、完成までにまる10年を要した。 本作はキャスティングもプロデューサーに対する挑戦というべきものであり、撮影には数年を要した。 ジョージ・クルーニーを含む俳優の中にはすぐに役から降りたものもおり、リチャード・ギアのようにプロジェクトから立ち去ろうとしたものもいた。

2013年1月25日に公開されると『ムービー43』は広く批評家によって酷評された。「シカゴ・サン・タイムズ」紙は本作を「『市民ケーン』のひどくしたもの」と呼んだ[2]

2013年8月10日にR15指定で日本で公開されたときのコピーは「レッツ!ドン引き」「豪華オールスターを無駄遣い!かつてないエクストリーム3G(スリージー)【下品(ゲヒン)・下劣(ゲレツ)・下衆(ゲス)】映画上陸!」である。

あらすじ

脚本家のチャーリー(デニス・クエイド)は、ハリウッドの大物プロデューサー(グレッグ・キニア)のオフィスに乗り込み、自分の映画企画を何とか売り込もうとしていた。彼がうれしそうにまくしたてる驚きの内容に、経験豊富なプロデューサーは……。一方、ベス(ケイト・ウィンスレット)は、友人の勧めでミスターH(ヒュー・ジャックマン)とのデートに出掛ける。

出演者

パーフェクト・ストレンジャー

パーフェクト・ストレンジャー [DVD]

 

パーフェクト・ストレンジャー』(原題:Perfect Stranger)は、2007年公開のアメリカ映画である。幼馴染の死の真相を暴くべく広告業界の大物の下へ潜入する女性記者を描くサスペンス映画。ジェームズ・フォーリー監督、ハル・ベリー主演作品。

2007年4月に55の国と地域で公開された[1]。日本では、ソニー・ピクチャーズではなく[2]、ウォルト・ディズニー・スタジオの配給で全世界で最も遅れた同時公開の5か月後に公開された。

ストーリー

名うての女性記者ロウィーナ・プライスは、半年がかりで得た某議員のスクープが圧力によって潰されたことに反発して新聞社を辞めてしまう。そんな彼女の下に幼馴染のグレースがやってきて、広告業界の大物ハリソン・ヒルの不倫スキャンダルで記事を書いて欲しいと頼んできた。しぶしぶ承諾するロウィーナだったが、数日後、グレースは川に沈められているところを発見される。

グレースの死はハリソンの口封じでは無いかと考えたロウィーナは、大スクープを得るべく元同僚のマイルズと組んで独自に調査を開始、偽名でハリソンの会社へ単独潜入する。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ロウィーナ・プライス ハル・ベリー 本田貴子
ハリソン・ヒル ブルース・ウィリス 内田直哉
マイルズ・ハーレイ ジョヴァンニ・リビシ 森川智之
キャメロン ゲイリー・ドゥーダン 古澤徹
ジョシー ダニエラ・ヴァン・グラース 湯屋敦子
ミア・ヒル ポーラ・ミランダ 亀井芳子
ナーロン リチャード・ポートナウ 楠見尚己
カレン・テハダ警部補 フロレンシア・ロザーノ 唐沢潤
グレース ニッキー・エイコックス 宮島依里
エリザベス・クレイトン キャスリーン・チャルファント 久保田民絵
エスメラルダ パティ・ダーバンヴィル 津田真澄
ジーナ クレア・ルイス 松久保いほ
ベタニー タマラ・フェルドマン 浅野真澄
ビル・パテル ジェイソン・アントゥーン 原田晃

※wikipedia参照

キャットウーマン

キャットウーマン(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]

 

キャットウーマン』(Catwoman)は、2004年に公開されたハル・ベリー主演の映画である。

DCコミックから出版されている『バットマン』のキャラクターのひとりキャットウーマンを主人公としているが、本作は映画『バットマン』シリーズとの接点は無い。

ストーリー

ペイシェンス・フィリップスはシャイで感じやすい芸術家タイプのグラフィックデザイナー。 ある日、ペイシェンスが働いている巨大な化粧品会社「ヘデア・ビューティー社」が革命的な老化防止商品の発表を控えていた際、彼女はその商品に関する驚くべき秘密を知ってしまい、暗殺される。

しかし彼女はエジプトの猫神「マオ・キャット」の力によって蘇り、猫の強さやスピード、俊敏さ、そして超人的な鋭い感覚を持って生まれ変わった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日版
ペイシェンス・フィリップス/キャットウーマン ハル・ベリー 本田貴子 深見梨加
トム・ローン刑事 ベンジャミン・ブラット 小杉十郎太 堀内賢雄
ジョージ・ヘデア ランベール・ウィルソン 中村秀利 大塚芳忠
オフィーリア・パワーズ フランセス・コンロイ 寺田路恵 沢田敏子
ローレル・ヘデア シャロン・ストーン 深見梨加 小山茉美

※wikipedia参照

007(シリーズ) ダイ・アナザー・デイ

ダイ・アナザー・デイ [Blu-ray]

 

007 ダイ・アナザー・デイ』(ダブルオーセブン ダイ・アナザー・デイ、Die Another Day)は、リー・タマホリ監督のスパイアクション映画。2002年公開。

『007』シリーズ第20作。シリーズ40周年通算20作を記念して作られたダブルアニバーサリー作品である。ピアース・ブロスナンがジェームズ・ボンドを演じた最後の作品である。

ストーリー

ボンドは北朝鮮側の非武装地帯にある基地で、アフリカから不正輸出されたダイヤモンドと引き換えに武器の密輸を行っていたムーン大佐抹殺の任務を遂行した直後、彼の父であるムーン将軍に捕らわれ、長きに渡る監禁・拷問を受ける。

14カ月後、中華人民共和国の諜報員3名を殺害したのち、逮捕されたムーン大佐の側近のザオとの捕虜交換が行われ、ようやくMのもとに戻れたボンドは思いがけない言葉を耳にする。それは00(ダブルオー)ナンバーの剥奪だった。1週間前に北朝鮮内部に潜り込んでいたアメリカの工作員が処刑され、ボンドがいた収容所から情報が発信されたことから、北朝鮮での拷問でボンドが機密事項を洩らしたのが原因だと疑うアメリカはこれ以上の情報漏れを恐れザオとの交換でボンドを連れ戻したのだという。ボンドを疑うMは、ボンドの00ナンバー剥奪という決断に至ったのだ。

この結果に納得のいかないボンドは、自らのプライドと00ナンバーを取り戻すべく単身でMたちのもとから脱出。香港を拠点に活動する中国の諜報員ミスター・チャンの協力のもと、ザオがキューバに潜伏中との情報をつかみ、キューバに飛ぶ。そこでアメリカ国家安全保障局(NSA)の諜報員ジンクスと遭遇する。

地元の情報屋ラウルの情報で、ザオがロス・オルガノス島の人種を変えるDNA変換療法を行っている病院にいることを知り、再び遭遇したジンクスと共に追い詰めるがザオはダイヤモンドを残し逃亡。

ボンドは、ザオの残したダイヤモンドを調べるとダイヤモンド王のグスタフ・グレーブスのものだと判明する。グスタフ・グレーブスが黒幕だと感じたボンドは、イギリス、アイスランド、とグレーブスを追っていくうちに、グレーブスの隠された驚くべき正体とグレーブスの計画する恐るべき征服計画を知ることとなる。

キャスト

  • ジェームズ・ボンド – ピアース・ブロスナン
  • ジンクス – ハル・ベリー [3]
  • グスタフ・グレーブス – トビー・スティーブンス
  • タン・サン・ムーン大佐 – ウィル・ユン・リー
  • ザオ – リック・ユーン
  • ミランダ・フロスト – ロザムンド・パイク [4]
  • ムーン将軍 – ケネス・ツァン
  • ダミアン・ファルコ – マイケル・マドセン
  • チャールズ・ロビンソン – コリン・サルモン
  • ラウル – エミリオ・エチェヴェリア
  • ヴラッド – マイケル・ゴアボイ
  • アルバレス博士 – サイモン・アンドルー
  • ピースフル – レイチェル・グラント
  • ベリティ – マドンナ
  • M – ジュディ・デンチ
  • Q – ジョン・クリーズ
  • マネーペニー – サマンサ・ボンド
  • キル – ローレンス・マコール※wikipedia参照

チョコレート

チョコレート [DVD]

 

チョコレート』(Monster’s Ball)は、マーク・フォースター監督、ハリー・ベリー主演の2001年のアメリカ映画である。黒人女性と白人男性の交流と人種への偏見問題も孕んだ恋愛をシビアに描いたドラマである。上映時間は113分。

原題の「Monster’s Ball」(怪物の舞踏会)は、死刑の執行前に看守達が行う宴会を指す。

あらすじ

息子を自殺に追い込んでしまったショックから、孤独な思いを知ってしまった白人男性と、刑務所に服役中だった夫を死刑で亡くしてしまって同じく心に喪失感を持ってしまった黒人女性が出会って、お互いに人生を取り戻そうとするラヴ・ストーリーで、出会いは、レティシア(H・ベリー)が勤めるレストランで、ハンク(B・B・ソーントン)がチョコレート・アイスクリームを注文 したところから始まって・・・

登場人物

レティシア・マスグローヴ (ハル・ベリー)
死刑囚の夫がジョージア州立刑務所に収監されていたので、息子と2人で生活してきた。子供の愛し方が判らず、過食症の子供にしばしば暴力を振るう。黒人。
タイレル・マスグローヴ (コロンジ・カルフーン)
レティシアの一人息子。父親のいない寂しさから過食症になり、菓子、特にチョコレートを食べる事が止められず、肥満体である。
ハンク・グロトウスキ (ビリー・ボブ・ソーントン)
ジョージア州立刑務所の看守。仕事に大変な誇りを持っている。白人であり、父親の影響から黒人差別者。父と息子と、3人で生活。チョコレート味のアイスが大好き。
ソニー・グロトウスキ (ヒース・レジャー)
ハンクの一人息子。ジョージア州立刑務所の看守。祖父・父から黒人差別主義は受け継がず、近所に住む黒人家族と深い親交があり、幼い黒人の子供達ともよく遊んでいた。
バック・グロトウスキ (ピーター・ボイル)
ハンクの父、ソニーの祖父。息子・孫と同じく元刑務所看守で、庭先を黒人の子供が横切っただけでも怒鳴りつける黒人差別主義者。彼の思想は息子のハンクへと受け継がれた。
ローレンス・マスグローヴ (ショーン・コムズ)
レティシアの夫。死刑囚。
ライラス・クーパー (モス・デフ)

ソードフィッシュ

ソードフィッシュ [Blu-ray]

 

ソードフィッシュ』(Swordfish)は、2001年に製作されたアメリカ映画。

内容

かつてハッカーの帝王と呼ばれたスタンリーの所に、ミステリアスな女・ジンジャーが持ってきた巨額金強奪計画の話。かつてDEA(麻薬取締局)の極秘作戦「ソードフィッシュ計画」で残った裏金95億ドルをハッキングで奪おうとする謎に満ちた冷徹な男・ガブリエル。ロサンゼルスの空港で殺された大物ハッカー、トーバルズの事件を追ううち、かつてその手で逮捕したスタンリーにたどり着いたFBIのロバーツ捜査官。その事件が元で性悪な元妻に愛娘ホリーの親権を奪われ接見禁止にまでされてしまったスタンリーは、ホリーを取り戻す為、予測不能の「思い込み=ミスディレクション」の罠にはまっていく・・・。ガブリエルは95億ドルを何の目的で奪おうとするのか。600台のカメラを駆使して撮影された30秒のバレットタイム(マシンガン撮影)による大爆発シーンから始まるストーリーは観客の望むハッピーエンドを迎えられるのだろうか。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 日本テレビ版
ガブリエル・シアー ジョン・トラボルタ 村山明 安原義人
スタンリー・ジョブソン ヒュー・ジャックマン 山路和弘 小山力也
ジンジャー・ノウルズ ハル・ベリー 児玉孝子 日野由利加
J・T・ロバーツ ドン・チードル 目黒光祐 内田直哉
ジム・リーズマン上院議員 サム・シェパード 納谷六朗 小川真司
マルコ ヴィニー・ジョーンズ 伊藤栄次 相沢正輝
メリッサ ドレア・ド・マッテオ 岡本章子 亀井芳子
アクセル・トーバルズ ルドルフ・マーチン 山野井仁 三木眞一郎
ビリー・ジョイ副長官 ザック・グルニエ 小島敏彦 宝亀克寿
ホリー・ジョブソン キャムリン・グライムス 引田有美
トーレス アンジェロ・ペーガン 小室正幸 星野充昭
アクセルの弁護士 カーク・B・R・ウォラー 伊藤栄次 松山鷹志

※wikipedia参照

ブルワース

ブルワース [DVD]

 

ブルワース』(Bulworth)は、1998年にアメリカで公開されたコメディ映画。

ストーリー

1996年アメリカ合衆国大統領選挙。ほとんどの人がビル・クリントンとロバート・ドールの一騎打ちに注目する一方、形ばかりの対立候補として出馬した現職の上院議員ジェイ・ブルワース。選挙戦が佳境を迎える中、ノイローゼになってしまった彼は、保険屋と裏取引をして自分に多額の生命保険をかけさせ、殺し屋に自分を暗殺するよう依頼する。これにより怖いものがなくなった彼は、今まで言えなかった政界のタブーをラップに乗せて公の場で次々と発言していく。すると皮肉なことに、彼の支持率は急激に上昇し、彼は一躍時の人へとなってしまう。

キャスト

 

役名 俳優 日本語吹替
ジェイ・ブリントン・ブルワース上院議員 ウォーレン・ベイティ 山寺宏一
ニーナ ハル・ベリー 湯屋敦子
デニス・マーフィ オリヴァー・プラット 星野充昭
L.D. ドン・チードル 檀臣幸
グラハム・クロケット ポール・ソルヴィノ 田原アルノ
エディ・ダーバーズ ジャック・ウォーデン 糸博
ダーネル イザイア・ワシントン 水野龍司
ビル・フェルドマン ジョシュア・マリーナ
ヴィニー リチャード・C・サラフィアン 渡部猛
ゲイリー ショーン・アスティン
コンスタンス・ブルワース クリスティーン・バランスキー 野沢由香里
コンスタンスの愛人 ウィリアム・ボールドウィン(カメオ出演)
用心棒 マイケル・クラーク・ダンカン(カメオ出演)
本人役 ラリー・キング(カメオ出演) 宝亀克寿
本人役 ジョージ・ハミルトン(カメオ出演)

※wikipedia参照

エグゼクティブ・デシジョン

エグゼクティブ・デシジョン [Blu-ray]

 

エグゼクティブ・デシジョン』(Executive Decision)は、1996年のアメリカ映画。
本作のタイトルの意味は“最終決断”。

制作はアクションやSF作品のヒットメーカーとして知られるジョエル・シルバー。

あらすじ

アテネ発ワシントンD.C.行きのジャンボジェット機、「オーシャニック航空343便」がテロリストたちにハイジャックされる事件が発生。テロリストは、指導者の釈放を要求。しかし、リーダーの真の狙いはワシントン壊滅にあった。

軍当局は、持ち込まれた化学兵器がワシントン上空で使われる事を恐れ、ハイジャック機撃墜の検討に入った。そんな中、軍事技術研究員からの提案で、テロリストの制圧と乗客の救助を目的とした軍の特殊部隊が空中からジャンボ機に乗り込む作戦を決行する。

エピソード

本作は、日本ではカート・ラッセルとスティーブン・セガールがメインキャストとしてクレジットされているが、一連のセガール出演映画とは一線を画す内容となっている。その為、国内版を除く全ての海外VHS・LD・DVD版のパッケージにはセガールの顔はプリントされていない。(しかし、『その男ヴァン・ダム』の劇中では映画ファンがこの作品を「セガール映画」とみなしているシーンもある。)

元々セガールは映画デビューから、特に90年代は主役以外で映画に出演することは無く、本作が初の脇役出演となっている。主役ではない以上、セガール映画ではないとも見て取れる。

人並み外れた能力を秘めているであろうセガール演じる特殊部隊隊長が、作戦早々に不慮の事故で死んでしまい(どう見ても生存している可能性が極めて低いシチュエーションではあったが、明確に死んだ場面が描かれているわけではない)、残された隊員たちの困惑と決死の作戦遂行を描くという、セガールがいつも通り大した困難もなく敵をぶちのめし大暴れするであろうと思っていた観客のミスリードを狙った演出となっている

映画の最後でカート・ラッセル扮するグラントが、ハル・ベリー扮するジェーン役にアイスホッケーの観戦を誘うものの「私は野球が好きなの」と断られてしまうシーンがある。撮影当時ハル・ベリーは野球選手のデービッド・ジャスティスと結婚しており、カート・ラッセルは元マイナーリーガーである。

この映画は、テロリストが航空機を乗っ取り、アメリカに攻撃を仕掛けるという設定であり、この映画の5年後にアメリカ同時多発テロ事件が起こり、この映画の設定が現実となってしまった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD・BD版 テレビ朝日版
フィル・デイヴィッド・グラント カート・ラッセル 佐古正人 原康義
ジーン ハル・ベリー 山像かおり 深見梨加
オースティン・トラヴィス中佐 スティーブン・セガール 玄田哲章 大塚明夫
ラット ジョン・レグイザモ 家中宏 森川智之
デニス・ケイヒル オリヴァー・プラット 伊藤栄次 塩屋翼
キャピー ジョー・モートン 稲葉実 星野充昭
ベイカー ウィップ・ヒューブリー 荒川太郎 檀臣幸
ルイ B・D・ウォン 相沢正輝 高木渉
ナジ・ハッサン デヴィッド・スーシェ 壤晴彦 有川博
ホワイト国防長官 レン・キャリオー 石森達幸 稲垣隆史
マヴロス上院議員 J・T・ウォルシュ 佐々木敏 土師孝也
エル・サイド・ヤファ アンドレアス・カツーラス 幹本雄之
機長 レイ・ベイカー 水野龍司 廣田行生
副機長 マイケル・ミルホーン 後藤哲夫 西村知道
サーロウ将軍 チャールズ・ハラハン 水野龍司

※wikipedia参照

1 2