Category Archives: ニコール・キッドマン

バットマン フォーエヴァー

バットマン フォーエヴァー(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]

 

バットマン・フォーエヴァー』(Batman Forever)は、1995年の映画作品。製作費1億ドル。日本での公開は1995年6月。

ストーリー

バットマンに恨みを抱くトゥーフェイス/ハーヴェイ・デント(トミー・リー・ジョーンズ)は、街中で暴動を起こしていた。

一方、バットマン=資産家ブルース・ウェイン(ヴァル・キルマー)の経営するウェイン・エンタープライズでは、エレクトロニクス部門の研究員エドワード・ニグマ(ジム・キャリー)が、テレビ信号を直接人間の脳に送る3Dホログラム装置「BOX」を開発する。しかし脳を人工的に操作するマインドコントロールには倫理上問題があると危惧して、ウェインは融資を拒否。失望して会社を辞めたニグマは、トゥーフェイスと組んで強盗で莫大な資金を調達し、ホログラム装置を量産する。ゴッサムシティーでは「BOX」が大ブームとなり、ニグマは大富豪となる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日版
ブルース・ウェイン/バットマン ヴァル・キルマー 竹中直人 小杉十郎太
ハーヴェイ・デント/トゥーフェイス トミー・リー・ジョーンズ 菅生隆之 小林清志
エドワード・ニグマ/リドラー ジム・キャリー 島田敏 古川登志夫
ディック・グレイソン/ロビン クリス・オドネル 宮本充 山路和弘
チェイス・メリディアン博士(精神科医) ニコール・キッドマン 田中敦子 深見梨加
アルフレッド・ペニーワース マイケル・ガフ 松岡文雄 内田稔
(御友公喜)
ジェームズ・ゴードン警視総監 パット・ヒングル 緒方賢一 藤本譲
シュガー ドリュー・バリモア 冬馬由美
スパイス デビ・メイザー
フレッド・スティックリー エド・ベグリー・ジュニア 千田光男
バートン博士 ルネ・オーベルジョノワ
銀行のガードマン ジョー・グリファシ
アシスタント ジョン・ファヴロー(カメオ出演)
幹部社員 マイケル・ポール・チャン(カメオ出演)
ニュースキャスター ドン・ウィルソン(カメオ出演)

※wikipedia参照

ペーパーボーイ 真夏の引力

ペーパーボーイ 真夏の引力 [Blu-ray]

 

ペーパーボーイ 真夏の引力』( – まなつのいんりょく、The Paperboy)は、2012年のアメリカ合衆国のスリラー映画である。出演はマシュー・マコノヒー、ザック・エフロン、ジョン・キューザック、ニコール・キッドマン、監督はリー・ダニエルズであり、ピート・デクスター(英語版)による1995年の小説『ペーパーボーイ(英語版)』を原作としている。第65回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、パルム・ドールを争った[2]

 

あらすじ

1969年フロリダ、ある問題によって大学を追われた青年ジャック(ザック・エフロン)は、父親の会社で新聞配達を手伝うだけの退屈な日々を送っていた。ある日、新聞記者の兄ウォード(マシュー・マコノヒー)が、以前起こった殺人事件で死刑の判決が出た人間が実は無罪かもしれないという可能性を取材するため、実家に帰ってきた。そしてジャックは、兄の手伝いをすることに。取材の過程で死刑囚の婚約者シャーロット(ニコール・キッドマン)に出会ったジャックは、彼女の美しさに魅了されてしまい……。

 

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • ジャック・ジェンセン – ザック・エフロン(森田成一)
  • ウォード・ジェンセン – マシュー・マコノヒー(咲野俊介)
  • シャーロット・ブレス – ニコール・キッドマン(田中敦子)
  • ヒラリー・ヴァン・ウェッター – ジョン・キューザック(家中宏)
  • ヤードリー・ エイクマン – デヴィッド・オイェロウォ(砂山哲英)
  • W・W・ジェンセン – スコット・グレン(板取政明)
  • タイリー・ヴァン・ウェッター – ネッド・ベラミー
  • エレン・ガスリー – ニーラ・ゴードン(竹内絢子)
  • アニタ・チェスター – メイシー・グレイ(英語版)(東條加那子)

 

※wikipedia参照

NINE

NINE [DVD]

 

NINE』(ナイン、原題: Nine)は、2009年のアメリカ映画。フェデリコ・フェリーニによる自伝的映画『8 1/2』をミュージカル化し、トニー賞を受賞した同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化した作品である。

監督はロブ・マーシャル。マーシャルにとっては3作目の映画作品で、映画監督デビュー作でアカデミー作品賞を受賞した『シカゴ』に続くミュージカル映画となり、主要なスタッフも再結集している。主人公の映画監督グイドを演じるのはアカデミー賞を2度受賞した名優ダニエル・デイ=ルイス。その他、主人公を取り巻く女性たちをマリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ニコール・キッドマン、ケイト・ハドソン、ジュディ・デンチ、ソフィア・ローレンらアカデミー賞受賞経験(クルスは撮影後に受賞、ハドソンは候補のみ)のある豪華女優陣が出演する。また、グラミー賞受賞歌手のファーギーことステイシー・ファーガソンも女優として本格的に出演する[2]

ストーリー

映画監督グイドは、新作「イタリア」の制作進行に行き詰まっていた。脚本もできないまま記者会見に臨まされた彼は追い詰められ、会見場から逃げ出してしまう。逃亡先は海沿いのホテル。そこに愛人カルラを呼び寄せ、苦しみを癒して貰おうとしたが、プロデューサーに見つかり、セットごとついてこられてしまい、逃亡先で撮影することになる。そこへ妻ルイザまでやってきてカルラと鉢合わせしてしまう。

記者のステファニー、女優のクラウディア等、彼を取り巻き、愛を歌う女性に翻弄されるグイド。

そんな夫の猟色趣味と仕事一徹ぶりに愛想を尽し、ルイザはグイドに別れを告げる。ルイザ無しに新しい映画製作など不可能だと思い知ったグイドは仲間に「イタリア」撮影の中止を告げ、映画界を去る。だが2年後、抜け殻のようになったグイドを、リリーは新作撮影へと誘う。

出演者

役名 俳優 日本語吹替
グイド・コンティニ(スランプに陥った映画監督) ダニエル・デイ=ルイス 山路和弘
ルイザ(グイドの妻) マリオン・コティヤール 川庄美雪
カルラ(グイドの愛人) ペネロペ・クルス 花村さやか
クラウディア(女優、グイドのミューズ) ニコール・キッドマン 甲斐田裕子
ステファニー(ファッション記者、映画のオリジナルキャラクター) ケイト・ハドソン 野浜たまこ
サラギーナ(砂浜の娼婦) ステイシー・ファーガソン
リリー(衣装デザイナー) ジュディ・デンチ 此島愛子
マンマ(グイドの母親) ソフィア・ローレン

※wikipedia参照

ビリー・バスゲイト

ビリー・バスゲイト』(Billy Bathgate)は、E・L・ドクトロウの1989年の小説、およびそれを原作とする1991年のアメリカ合衆国の映画。本稿では主に映画化作品について扱う。

ストーリー

大恐慌のただ中にあった1935年のニューヨーク・ブロンクス。貧しい15歳の少年ビリー・ビーハンは、自分と同じように貧しい生まれながら、自らの力で街一番の金持ちに成り上がった暗黒街のボス、ダッチ・シュルツに憧れ、彼の子分になる。

やがてダッチの側近となり、華やかな世界で成功を信じていたビリーだったが、ギャングの世界が虚飾と裏切りにまみれた恐ろしい世界であることを思い知らされる。

登場人物

ダッチ・シュルツ
演 – ダスティン・ホフマン、日本語吹替 – 谷口節
ニューヨークのギャングのボス。全盛期を過ぎているが、昔ながらのやり方をやめない。
ドリュー・プレストン
演 – ニコール・キッドマン、日本語吹替 – 勝生真沙子
人妻。ゲイの夫とは偽装結婚。
ビリー・バスゲイト
演 – ローレン・ディーン、日本語吹替 – 梁田清之
成功を夢見てダッチの側近になった青年。本名はビリー・ビーハン。ブロンクスのバスゲイト街出身であることからビリー・バスゲイトと名乗る。
ボー・ワインバーグ(英語版)
演 – ブルース・ウィリス、日本語吹替 – 大塚芳忠
ダッチの片腕の殺し屋。ドリューの恋人。裏切りがバレてダッチに殺される。
オットー・バーマン(英語版)
演 – スティーヴン・ヒル、日本語吹替 – 大塚周夫
ダッチの参謀。何かとビリーを気にかける。
アーヴィング
演 – スティーヴ・ブシェミ、日本語吹替 – 荒川太朗
ダッチの部下。
ディクシー・デイヴィス
演 – ティモシー・ジェローム、日本語吹替 – 家弓家正
ダッチの弁護士。
ラッキー・ルチアーノ
演 – スタンリー・トゥッチ、日本語吹替 – 納谷六朗
マフィアのボス。ダッチと手を組むように見せかけ、ダッチを裏切る。
メアリー・ビーハン
演 – フランセス・コンロイ、日本語吹替 – 達依久子
ビリーの母親。
ハーヴィ・プレストン
演 – ザンダー・バークレー、日本語吹替 – 江原正士
ドリューの夫。ゲイ。

※wikipedia参照

ブレイクアウト

ブレイクアウト [Blu-ray]

 

ブレイクアウト』(原題: Trespass)は、ジョエル・シュマッカー監督による2011年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画である[3]。主演はニコラス・ケイジとニコール・キッドマンで、強盗に襲われる夫婦を演じる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
カイル・ミラー ニコラス・ケイジ 大塚明夫
サラ・ミラー ニコール・キッドマン 田中敦子
エイヴリー・ミラー リアナ・リベラト 下山田綾華
エライアス ベン・メンデルソーン 楠大典
ジョーナ キャム・ギガンデット 小松史法
ペタル ジョーダナ・スパイロ
タイ ダッシュ・ミホク

※wikipedia参照

レイルウェイ 運命の旅路

レイルウェイ 運命の旅路 [Blu-ray]

 

レイルウェイ 運命の旅路』(原題:The Railway Man)は、2013年制作のオーストラリア・イギリスの映画。

エリック・ローマクス(英語版)の自叙伝『泰緬鉄道 癒される時を求めて』(The Railway Man)の映画化。第二次世界大戦中、タイとビルマ間を往来する泰緬鉄道の建設に捕虜として従事させられたイギリス人将校と当時施設にいた日本人通訳・永瀬隆の姿を描く。

あらすじ

エリック・ローマクスは第二次世界大戦中に日本軍の捕虜となり、タイとビルマを結ぶ泰緬鉄道の建設に従事させられ、残忍な扱いを受ける。

戦後、その記憶に苦しめられながらも、献身的な愛を捧げる妻パトリシアと共に平穏な日々を過ごそうとしていたエリックだったが、ある日当時の現場にいた日本人通訳・永瀬が、今も生きていることを知る。永瀬は戦争体験を伝えるため、戦後もタイに留まっていたのだ。

エリックは辛い記憶を呼び覚まされ思い悩むが、永瀬と直接向き合うことを決意する。エリックは約50年の時を経て永瀬と対面するため、単身タイへと向かう。

キャスト

  • エリック・ローマクス:コリン・ファース
  • エリック・ローマクス(青年時代):ジェレミー・アーヴァイン
  • パトリシア・ローマクス:ニコール・キッドマン
  • 永瀬隆:真田広之
  • 永瀬隆(青年時代):石田淡朗
  • フィンレイ:ステラン・スカルスガルド
  • フィンレイ(青年時代):サム・リード
  • ジャパ二ーズ NCO:泉原豊※wikipedia参照

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』(グレース・オブ・モナコ こうひのきりふだ、Grace of Monaco)は2014年のフランス・アメリカ・ベルギー・イタリア合作の伝記映画。ハリウッド・スターからモナコ公妃となったグレース・ケリーが、存亡の危機に立たされた公国を救うために見せた「一世一代の大芝居」を描いている。

2014年5月に行なわれた第67回カンヌ国際映画祭でオープニング作品として上映された。

grace

ストーリー

人気の絶頂でハリウッド・スターの座を捨て、モナコ公妃となったグレース・ケリーはモナコ宮殿のしきたりに馴染めず、公務に勤しむ夫レーニエ3世とのすれ違いも重なり孤独を感じていた。結婚から5年が過ぎた1961年12月、グレースのもとに、ハリウッド時代の知己だったヒッチコックが、新作映画『マーニー』の脚本を携え会いに来る。ヒッチコックは、宮殿で孤立するグレースに「『マーニー』の主演を引き受けて欲しい」と依頼する。5年振りの女優復帰に喜ぶグレースだったが、モナコ公妃としての立場を考え回答を保留する。

翌1962年。フランス大統領ド・ゴールは、長引くアルジェリア戦争の戦費を得るため、モナコ政府に対し、モナコ国内にあるフランス企業から税金を徴収しフランスに支払うように要求する。レーニエは「モナコの国家基盤を揺るがす」として徴税を拒否するが、ド・ゴールは「要求を断るなら、モナコをフランス領として併合する」と声明を発表し圧力をかける。両国関係が緊迫した状態となる中、レーニエはグレースの女優復帰を認め、彼女は両国問題が解決した後に女優に復帰することを公表しようと考える。しかし、女優復帰の情報が宮殿内からマスコミにリークされ、グレースは「モナコから逃げ出そうとしている」と批判されてしまう。グレースの相談を受けたタッカー神父は「宮殿内にフランスに内通するスパイがいる」と指摘し、彼女にスパイの捜索を提案する。

1962年7月、フランスの圧力に屈したレーニエは課税を了承するが、ド・ゴールはモナコ企業にも課税しフランスに支払うように要求し、モナコとの国境を封鎖する。交渉に失敗したレーニエはグレースに八つ当たりし、女優復帰の話を断るように告げる。ショックを受けたグレースは離婚を考えるが、タッカー神父に諭され思い留まる。グレースはモナコを守るため、タッカー神父の紹介でデリエール伯爵のもとを訪れ、モナコの伝統・外交儀礼についてのレッスンを受ける。一方のレーニエは各国の外交使節をモナコに招き、モナコへの支援を呼びかけようとした。そんな中、グレースのもとに、フランスに情報を流しているのが秘書のマッジだという報告が届く。グレースはルパートにマッジを問い詰め、雇い主が誰かを突き止めようとする。

2カ月後、グレースとレーニエは和解し、各国使節を招いたサミットに臨み支援を訴えるが、サミット終了直後に発生したド・ゴール暗殺未遂事件の影響で、各国使節はモナコを離れてしまう。悲嘆に暮れるグレースとレーニエのもとに、マッジの雇い主がレーニエの姉アントワネットだという報告が届く。マッジは、アントワネットが自分の息子を大公位に就けるため、レーニエの追い落としを企んでいると白状する。グレースとレーニエは、アントワネットと夫のジャン=シャルルの国外追放を決定し、グレースはヒッチコックに出演辞退を伝えると同時に、国際赤十字のバチョッキ伯爵夫人の協力を取り付け、ド・ゴールを初めとする世界中の著名人・政治家たちを集めて舞踏会を開催すると発表する。

10月9日、要人たちを招いた舞踏会の場で、グレースは人々の愛と平和への気持ちを伝えるスピーチを行い、出席者からの喝采を受ける。アメリカのマクナマラ国防長官ら出席者の反応を見たド・ゴールは、世界中がグレースを支持していることを痛感しモナコへの強硬策を撤回、翌1963年にモナコの国境封鎖を解除する。

キャスト

  • グレース・ケリー – ニコール・キッドマン: モナコ公妃。元ハリウッド・スター。
  • レーニエ3世 – ティム・ロス: モナコ公国大公。
  • フランシス・タッカー神父 – フランク・ランジェラ: グレースの後見人。
  • マッジ・ティヴィ=フォコン – パーカー・ポージー: グレースの秘書。
  • ルパート・アレン – マイロ・ヴィンティミリア: ハリウッドの映画会社の広報担当。
  • フェルナンド・デリエール伯爵 – デレク・ジャコビ: モナコの外交儀礼担当。
  • マリア・カラス – パス・ベガ: ソプラノ歌手。オナシスの愛人。
  • アントワネット公女(英語版)ジェラルディン・ソマーヴィル(英語版): レーニエの姉。
  • アリストテレス・オナシス – ロバート・リンゼイ(英語版): ギリシャの大富豪。モナコ公室の支援者。
  • ジャン=シャルル・レイ – ニコラス・ファレル(英語版): アントワネットの夫。
  • アルフレッド・ヒッチコック – ロジャー・アシュトン=グリフィス(英語版): ハリウッドの映画監督。
  • バチョッキ伯爵夫人 – ジャンヌ・バリバール: モナコの国際赤十字代表。モナコ公室の支援者。
  • ドラヴェンヌ氏 – イヴ・ジャック(英語版)
  • エミール・ペレティエ(フランス語版) – オリヴィエ・ラブルダン: モナコ国務大臣。
  • シャルル・ド・ゴール – アンドレ・ペンヴルン(フランス語版): フランス大統領。
  • ロバート・マクナマラ – フィリップ・ダレンシー: アメリカ合衆国国防長官。

    ※wikipedia参照

ラビット・ホール

ラビット・ホール』(Rabbit Hole)は、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督、ニコール・キッドマン製作・主演による2010年のドラマ映画である。デヴィッド・リンゼイ=アベアーによる2005年の同名の戯曲を原作としており、リンゼイ=アベアー自身が映画脚本を執筆した。2010年のトロント国際映画祭でプレミア上映が行われ、北米ではライオンズゲート配給により同年12月17日に限定公開、翌2011年1月14日に拡大公開された

rabbit hole

あらすじ

ニューヨーク郊外の閑静な住宅街に暮らす、妻ベッカと夫ハウイーのコーベット夫妻。彼らの幸せな生活が一変したのは8か月前。一人息子ダニーが道路に飛び出し交通事故に遭い、わずか4歳でこの世を去ってしまったのだ。それ以来、2人の心には埋めようのない喪失感が生まれていた。前に進もうとするハウイーとは対照的に、心乱れるベッカは周囲にも辛く当たり散らす。そんなある日、彼女は息子を轢いた高校生ジェイソンを偶然見かけ思わず尾行してしまう…

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ベッカ・コーベット ニコール・キッドマン 田中敦子
ハウイー・コーベット アーロン・エッカート 清水明彦
ナット ダイアン・ウィースト 沢田敏子
イジー タミー・ブランチャード 恒松あゆみ
ジェイソン マイルズ・テラー 野島健児
ギャビー サンドラ・オー 野沢由香里
ペグ パトリシア・カレンバー 高梨愛
リック ジョン・テニー 後藤敦
オーギー ジャンカルロ・エスポジート 中西としはる

※wikipedia参照

奥さまは魔女

奥さまは魔女』(おくさまはまじょ、Bewitched)は2005年製作のアメリカ映画である。ノーラ・エフロン監督のロマンティック・コメディ。同名のテレビシリーズの映画化。ただし、テレビシリーズのリメイクではなく、そのリメイクを演じる俳優を主役にした作品である。

ニコール・キッドマンとウィル・フェレルはゴールデンラズベリー賞で最悪カップル賞を受賞した。

bewitched

あらすじ

元ビッグスターで現在は落ちぶれ気味の俳優ジャック(ウィル・フェレル)に、テレビドラマ『奥さまは魔女』リメイク版のダーリン役としての出演依頼がくる。ジャックは主役である魔女「サマンサ」より自分が目立つことで復活を図ろうと、偶然本屋で出逢った素人のイザベル(ニコール・キッドマン)をサマンサ役として抜擢する。しかし、イザベルは普通の恋に憧れ人間界にやってきた本物の魔女であった。

初めはジャックの傍若無人振りに反発し怒りすら覚えたイザベルだが、やがてジャックと恋に落ちる。好きになればなるほど、自分が魔女であることを隠したままでいるのに耐えられなくなったイザベルは、ジャックに秘密を打ち明ける。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
イザベル・ビグロー(劇中劇サマンサ役) ニコール・キッドマン 岡本麻弥
ジャック・ワイアット(劇中劇ダーリン役) ウィル・フェレル 山寺宏一
アイリス(劇中劇エンドラ役) シャーリー・マクレーン 北浜晴子
ナイジェル・ビグロー マイケル・ケイン 中村正
リッチー ジェイソン・シュワルツマン 水島裕
マリア・ケリー クリスティン・チェノウェス 濱田マリ
ニーナ ヘザー・バーンズ 渡辺美佐
ラリー ジム・ターナー 内田直哉
スチュ・ロビソン スティーヴン・コルベア 大塚芳忠
ジム・フィールズ デヴィッド・アラン・グリア 塩屋浩三
クララ伯母さん キャロル・シェリー 野沢雅子
アーサー伯父さん スティーヴ・カレル 長島雄一

※wikipedia参照

記憶の棘

記憶の棘』(きおくのとげ、Birth)は、2004年のアメリカ映画。

kiokunohari

ストーリー

未亡人であるアナは、10年前に夫ショーンを突然の心臓発作で亡くし、その悲しみが癒えるのを何年も待ってくれていた恋人ジョゼフと再婚する決意をした。しかしそんなある日、アナの前に、自分はショーンだと称する10歳の少年が現れる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
アナ ニコール・キッドマン 日野由利加
ショーン キャメロン・ブライト 時田光
エレノア ローレン・バコール 鳳芳野
ジョゼフ ダニー・ヒューストン 横島亘
クララ アン・ヘッシュ 日下由美
クリフォード ピーター・ストーメア 斎藤志郎
ローラ アリソン・エリオット 相沢恵子
ボブ アーリス・ハワード 世古陽丸

※wikipedia参照

1 2