Category Archives: デミ・ムーア

マージン・コール

マージン・コール [DVD]

 

マージン・コール』(原題:Margin Call)は、2011年のアメリカ映画。アメリカ大手投資銀行(リーマン・ブラザーズをモデルとしている[4][5])の24時間を舞台とし、2007年に発生したリーマン・ショック/世界金融危機に焦点を当て[6][7]、金融危機のあいだに従業員たちが取る行動が描かれる[8]

2011年1月にサンダンス映画祭で初上映され、10月21日にアメリカ合衆国で劇場公開された。日本では劇場公開されず、2012年2月3日にDVDが発売された。

あらすじ

ウォール街のとある投資銀行で、非公表の大量解雇が断行された。即日退去を言い渡されたリスク管理部門の責任者エリック・デール(スタンリー・トゥッチ)は、「Be careful.(用心しろ)」という意味深な言葉を残し、USBメモリーを部下のピーター・サリヴァンに手渡した。その晩、USBのデータを分析したピーターは、会社のポートフォリオにおける不動産担保証券(MBS,いわゆるサブプライム商品)の価格変動率(Volatility)が、HV(ヒストリカル・ボラティリティ;過去のデータに基づいて算出した変動率)を上回る可能性があることに気が付いた。過度のレバレッジにより会社の資産が25%減少すれば、時価総額(Market cap)を上回る損失を負いかねない。すなわち、会社は総資産を超える損害リスクのある大量のMBSを保有している、という結論に達する。既に状況は逼迫しており、明日にもリスクが顕在化する危険があった。上司のウィル・エマーソン(ポール・ベタニー)とサム・ロジャース(ケヴィン・スペイシー)は緊急役員会の招集を進言する。会社の存亡の瀬戸際で役員達が導き出した結論は、市場が気付く前に全ての不良資産(Toxic assets)を早急に売りさばくことだった。サムは「無価値のものを誰にも知られないように売りぬく」という決定は、顧客や市場の信頼を失うことが明白であり、自分の信念に反すると社長に抵抗する。エリックも脅され会社に戻される。結局、取締役会の決定として出された指示を部下に伝達し、実行する。当然の事ながら自分もリストラされると覚悟していた。しかし、成し遂げたサムが聞いたのは「お前は生き残った」という言葉だった。「MBSを売り抜くことを指示した」自分の部下の多くが解雇されている中、自分だけ生き残ったことを知り、サムはいたたまれず社長に「辞める」という。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
サム・ロジャース ケヴィン・スペイシー 石原辰己
ウィル・エマーソン ポール・ベタニー 西垣俊作
ジョン・チュルド ジェレミー・アイアンズ 龍波しゅういち
ピーター・サリヴァン ザカリー・クイント 畠山豪介
セス・ブレッグマン ペン・バッジリー 佐藤俊輔
ジャレッド・コーエン サイモン・ベイカー 瀬水暁
マリー・ロジャース メアリー・マクドネル
エリック・デール スタンリー・トゥッチ 真田雅隆
サラ・ロバートソン デミ・ムーア 白土麻子
ラメシュ・シャー アーシフ・マンドヴィ 八木隆典
ヘザー・バーク アシュリー・ウィリアムズ 吉利麻里
ルイス・カーメロ アル・サピエンザ 八木隆典

※wikipedia参照

アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち

アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち [DVD]

 

アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち』( – ふぞろいなかぞくたち、Another Happy Day)は2011年のアメリカ合衆国のドラマ映画。バリー・レヴィンソン監督の息子であるサム・レヴィンソン(英語版)の初監督作品で、サンダンス映画祭で脚本賞を受賞している[3]

日本では一般公開に先立ち、第24回東京国際映画祭で『アナザー・ハッピー・デイ』のタイトルで上映された[4]

ストーリー

リンは元夫ポールが引き取った長男ディランの結婚式に出席するために次男エリオットと三男ベンを連れて実家に向かう。しかし、リンを取り巻く人々はそれぞれに問題を抱えており、そのためリンは情緒不安定な状態にある。ポールとの離婚の際にリンが引き取って育てた長女アリスは、離婚時のポールの恐ろしい姿がトラウマとなり、自傷行為を繰り返していた。再婚相手のリーとの間に生まれたエリオットはひねくれ者の薬物依存症でベンは自閉症気味である。また、長男ディランはポールの再婚相手であるパティが育てていたため、これまでなかなか会えなかったこともリンを苦しめる原因となっている。更に、実家の父親ジョーは認知症で健康を害しており、母親ドリスはその介護に疲れ、リンを気遣うどころか、何かと問題ばかりを起こすリンを疎ましく思っている。しかも、リンの姉妹はリンの不幸な状況を興味本位で楽しむだけという有り様である。そんな中、離婚時に酷い別れ方をしたポールと再会したリンは、ますます精神のバランスを崩して行き、そこにパティの存在が追い討ちをかける。リンを中心に、家族それぞれが抱える問題が浮き彫りになり、激しい感情のぶつかり合いが起きる中、ディランの結婚式が行われる。ところが、式の後のパーティが何とか無事に終わりかけたその時、正気をなくしてカートを操縦したジョーが事故を起こして亡くなってしまう。

エリオットが祖母にもらしていた「結婚式より葬式の方が家族がまとまる」との言葉が皮肉にも現実のものとなり、葬儀はしめやかに行なわれる。そして、家族はそれぞれ家に戻って行く。

キャスト

  • リン – エレン・バーキン: バツイチの主婦。情緒不安定。
  • エリオット – エズラ・ミラー: リンの次男。薬物依存症。
  • ベン – ダニエル・イェルスキー: リンの三男。自閉症気味。
  • リー – ジェフリー・デマン: リンの現在の夫。エリオットとベンの父親。
  • ジョー – ジョージ・ケネディ: リンの父親。認知症。
  • ドリス – エレン・バースティン: リンの母親。夫ジョーの介護疲れで神経衰弱気味。
  • ポール – トーマス・ヘイデン・チャーチ: リンの元夫。
  • パティ – デミ・ムーア: ポールの現在の妻。派手。
  • ディラン – マイケル・ナルデリ(英語版): リンとポールの長男。ポールが引き取ってパティが育てた。
  • アリス – ケイト・ボスワース: リンとポールの長女。リンが引き取って育てた。自傷癖あり。
  • ボニー – シオバン・ファロン・ホーガン: リンの妹。
  • ドナ – ダイアナ・スカーウィッド: リンの妹。※wikipedia参照

BUNRAKU

BUNRAKU ブンラク 【DVD】

 

BUNRAKU』(ブンラク、原題: Bunraku)は、2010年のアメリカ合衆国のファンタジーアクション映画。
本作は、日本の古典芸能である“文楽”にインスパイアされて生み出されたため『BUNRAKU』のタイトルがついた。
第23回東京国際映画祭特別上映作品。撮影期間は2008年4月17日から同年6月23日[1]

ストーリー

核戦争後の荒廃した世界。ニコラという男が牛耳る街に、二人の男が姿を現す。一人はニコラに勝負を挑むためやって来た流れ者。そしてもう一人はヨシというサムライで、曾祖父の代に奪われた家宝の竜の紋章を取り戻すためにやって来たのだ。しかし、日本料理店を営むヨシの叔父がニコラの手下に殺され、叔父の娘モモコが拉致されてしまう。ニコラと因縁を持つバーテンダーによって引き合わされた二人は、ニコラに挑むため共闘する事になる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
流れ者 ジョシュ・ハートネット 森川智之
ヨシ GACKT GACKT
アレクサンドラ デミ・ムーア 水野ゆふ
バーテンダー ウディ・ハレルソン 原康義
ニコラ ロン・パールマン 廣田行生
ヨシの叔父(モモコの父) 菅田俊 山内健嗣
モモコ 海保エミリ 大関英里
殺し屋 #2 ケヴィン・マクキッド 池田秀一
語り マイク・パットン 野島昭生

※wikipedia参照

 

幸せがおカネで買えるワケ

幸せがおカネで買えるワケ [DVD]

 

幸せがおカネで買えるワケ』(しあわせがおカネでかえるワケ、The Joneses)は2009年のアメリカ合衆国の映画。

日本では劇場未公開だが、DVDが2011年4月22日に発売された他、同年12月23日にWOWOWで放送された。

ストーリー

ある高級住宅街にジョーンズ家が越して来る。家族4人は揃って容姿端麗。家族仲も良く、大邸宅に住み、車や家具をはじめ、身の周りのもの全てが最新の高級品という「完璧な家族」。瞬く間に街中の憧れの的となったジョーンズ家に一歩でも近づこうと誰もがジョーンズ家の人々と同じものを購入するようになる。 実は彼らはそれらの商品などの販売促進目的で雇われたニセ家族。「新人の夫」スティーヴは当初苦戦するが、一家は次々と売り上げを伸ばして行く。ところがスティーヴが「妻」ケイトを本気で愛するようになってしまう。とまどうケイトも徐々にスティーヴに惹かれて行き、二人は愛し合うようになる。

そんなある日、スティーヴに感化されて消費生活を楽しんでいた隣人のラリーが経済的に行き詰まった末に自宅のプールで自殺。罪悪感に苛まれたスティーヴはその場で自分たちがニセ家族で周りを騙していたことを暴露してしまう。スティーヴを残し、ケイトをはじめとするジョーンズ家の3人はそそくさと街を後にし、次の街に向う。

新しい「夫」を迎え、別の街で仕事を始めたジョーンズ家にスティーヴがやって来る。一度は拒んだケイトだったが、出て行ったスティーヴを追いかけ、彼の実家に一緒に向う。

登場人物

ケイト・ジョーンズ
演 – デミ・ムーア、吹替 – 高島雅羅
ジョーンズ家の妻。ユニットのリーダー。
スティーヴ・ジョーンズ
演 – デイヴィッド・ドゥカヴニー、吹替 – 小杉十郎太
ジョーンズ家の夫。新人。本名はスティーヴ・セリラ。
プロゴルファーになり損ねた元自動車販売員。
ジェニファー(ジェン)・ジョーンズ
演 – アンバー・ハード、吹替 – 佐古真弓
ジョーンズ家の娘。高校生。年上の男が好きでスティーヴにも迫って来た。
既婚男性と不倫の末、捨てられる。
ミック・ジョーンズ
演 – ベン・ホーリングスワース、吹替 – 鈴木正和
ジョーンズ家の息子。高校生。ゲイであることを隠している。
商品のアルコール飲料を飲ませたガールフレンドが交通事故を起こしたことで窮地に立たされる。
ラリー・サイモンズ
演 – ゲイリー・コール、吹替 – 津田英三
ジョーンズ家の隣人。経済的に行き詰まっていることを妻に隠している。
サマー・サイモンズ
演 – グレン・ヘドリー、吹替 – 雨蘭咲木子
ラリーの妻。化粧品の勧誘販売に夢中。
KC
演 – ローレン・ハットン、吹替 – 沢田敏子
「ジョーンズ家」の上司。
  • その他の声の吹き替え:小形満/小平有希/加藤亮夫/四宮豪/さがらえみ/青木強/吉開清人/勝沼紀義/林りんこ/内山夕実/塩谷綾子※wikipedia参照

ボビー

BOBBY ボビー [Blu-ray]

 

ボビー』(Bobby)は、2006年のアメリカ映画。ボビーの愛称で親しまれたロバート・F・ケネディが暗殺された日に、事件が起こったアンバサダーホテルに居合わせた人々を描いた群像劇。出演俳優は豪華な顔ぶれとなっている。監督は俳優としても活躍しているエミリオ・エステベス。

第63回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、トロント国際映画祭でも上映された。第64回ゴールデングローブ賞では作品賞とオリジナル歌曲賞で候補になった。主題歌となる「Never Gonna Break My Faith」はブライアン・アダムス他が作詞・作曲を手掛け、アレサ・フランクリンとメアリー・J・ブライジが歌う豪華な顔合わせとなっている(因みに予告編で使われているのはブライアン・アダムスが歌うバージョンである[3])。

ストーリー

1968年6月5日、ロサンゼルスのアンバサダーホテルでは民主党の大統領候補指名選キャンペーン中の上院議員ロバート・ケネディを迎える準備が進められていた。

ロビーでは長年ドアマンを務めた後に引退したジョンが友人のネルソンとチェスに興じている。 厨房ではアフリカ系のシェフ・エドワードを中心に、メキシコ人のホセとミゲルらが人種差別に不満を抱きながらも真面目に働いている。 厨房のマネージャであるティモンズは人種差別的な態度で支配人エヴァースからクビを言い渡される。 そのエヴァースは電話交換係のアンジェラと不倫関係にあったが別れる。しかし、不倫の事実をティモンズに知られてしまう。 エヴァースの妻ミリアムが美容師として働くホテル内の美容院にダイアンという若い女性が客としてやって来る。 彼女は今夜ホテルで結婚式を挙げるが、相手のウィリアムは恋人ではなく、彼が徴兵でベトナムに送られることを避けるための偽装結婚だった。 ホテルのショーに出演している歌手ヴァージニアは夫でマネージャーのティムとホテルに滞在している。人気にかげりが見え、酒に溺れている彼女にティムは手を焼いている。 そこに彼女のエージェントのフィルが次の仕事を持って来る。 ホテルのコーヒーショップでは女優志望のスーザンがウェイトレスとして働いている。 彼女と親しい大学生のジミーとクーパーは、選挙キャンペーンにボランティアで参加しつつも、それを怠けてヤクの売人フィッシャーからLSDをもらって、フィッシャーの部屋で羽目を外す。 選挙キャンペーンに多大な寄付をしている裕福なソーシャライトである熟年夫婦ジャックとサマンサは一見幸せそうに見えるが、夫ジャックには鬱病を患った過去があり、妻サマンサも情緒不安定な状態にある。 選挙キャンペーンを取り仕切るウェイドとアフリカ系のスタッフであるドウェインは予備選の祝勝会の準備を進めていた。そんなウェイドにチェコスロバキアからやって来た女性記者レンカ・ヤナチェックはケネディにインタビューさせてくれと強く迫る。何度断っても諦めない彼女にウェイドはわずかの時間ならとインタビューを許可する。

祝勝会が始まる。将来の大臣候補として紹介され、壇上に立ったドウェインに、同じくアフリカ系の電話交換係であるパトリシアは惹かれ、2人の間には恋の予感が芽生える。ケネディの演説が始まり、その場にいた者たちは彼の言葉に耳を傾ける。演説が終わり、会場を出る近道として厨房を通る途中にケネディは暗殺者によって撃たれてしまう。そして、その場に居合わせたウィリアム、ジミー、クーパー、サマンサ、ティモンズが流れ弾に当たって大怪我を負う。彼らは一命を取り留めたものの、ケネディは翌朝病院で亡くなる。

映画の中でケネディを演じる役者の顔は一切映らず、代わりに当時のケネディの実写映像が使われている。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・ケイシー アンソニー・ホプキンス 石田太郎
ヴァージニア・ファロン デミ・ムーア 勝生真沙子
ミリアム・エバース シャロン・ストーン 高島雅羅
ウィリアム・エイバリー イライジャ・ウッド 浪川大輔
ダイアン リンジー・ローハン 木下紗華
サマンサ ヘレン・ハント 深見梨加
ティモンズ クリスチャン・スレーター 檀臣幸
ポール・エバース ウィリアム・H・メイシー 納谷六朗
アンジェラ ヘザー・グラハム 宇乃音亜季
エドワード・ロビンソン ローレンス・フィッシュバーン 乃村健次
フィッシャー アシュトン・カッチャー
ジャック・スティーブンス マーティン・シーン 谷口節
ホセ フレディ・ロドリゲス
ティム・ファロン エミリオ・エステベス
ネルソン ハリー・ベラフォンテ 藤本譲
パトリシア ジョイ・ブライアント 加納千秋
ドウェイン ニック・キャノン
ジミー ブライアン・ジェラティ 河野裕
ウェイド・バックリー ジョシュア・ジャクソン 竹若拓磨
フィル デヴィッド・クラムホルツ
クーパー シャイア・ラブーフ 林勇
レンカ・ヤナチェック スヴェトラーナ・メトキナ 武田華
ミゲル ジェイコブ・バルガス
スーザン メアリー・エリザベス・ウィンステッド 林真里花

※wikipedia参照

薔薇の眠り

薔薇の眠り [DVD]

 

薔薇の眠り』(ばらのねむり、原題:Passion of Mind)は、2000年5月26日にアメリカ合衆国より公開されたファンタジック・ドラマ映画作品。アラン・ベルリネールが監督、デミ・ムーアが主演を担当することで、第21回ゴールデンラズベリー賞を受賞した作品。

松竹配給により日本では2000年10月28日に劇場公開される。また、2001年4月27日に大映よりVHS(MVH-0351)とDVD(DABY-0009)が同時発売されている。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
マリー & マーティ デミ・ムーア 日野由利加
ウィリアム ステラン・スカルスガルド 小川真司
アーロン・ライリー ウィリアム・フィクナー 牛山茂
ジェシー シニード・キューザック 此島愛子
ランガー ジョス・アクランド 中庸助
ピータース ピーター・リーガート 楠見尚己
ジェニファー ルイズ・イオネット 南杏子
サラ チャヤ・キューノット 川田妙子
エド ゲリー・バマン 津田英三
キム ジュリアン・ニコルソン 斎藤恵理

※wikipedia参照

地球は女で回ってる

地球は女で回ってる ―デジタル・レストア・バージョン― [DVD]

 

地球は女で回ってる』(ちきゅうはおんなでまわっている、Deconstructing Harry)はウディ・アレン監督・脚本・主演のアメリカ合衆国のコメディ映画。1997年制作。

ストーリー

ニューヨークに住む作家のハリーは、これまで自分や周りの人々の私生活を元にした作品を書き、ベストセラーとなっていたが、最近ではネタもなくスランプ気味。更に、プライベートを書きまくったため、当然ながら3人の元妻や不倫相手から怒りをかっていた。

 

キャスト

  • ハリー・ブロック – ウディ・アレン: 小説家。
  • フェイ – エリザベス・シュー: ハリーの元恋人。
  • ジョーン – カースティ・アレイ: ハリーの2番目の妻。精神分析医。
  • ジェーン – エイミー・アーヴィング: ハリーの3番目の妻。
  • ルーシー – ジュディ・デイヴィス: ジェーンの妹。姉の夫ハリーと不倫。
  • ヒリー – エリック・ロイド: ハリーとジョーンの息子。
  • リチャード – ボブ・バラバン: ハリーの友人。
  • ベス – マリエル・ヘミングウェイ: ヒリーの同級生の母親。
  • ラリー – ビリー・クリスタル: ハリーの友人。フェイと結婚。

ハリーの作品のキャラクター

  • メル – ロビン・ウィリアムズ: ピンボケになってしまった男。
  • ヘレン – デミ・ムーア: ハリーの姉ドリスと2番目の妻ジョーンをモデルにした女性。
  • ハーヴィー – トビー・マグワイア: 最初の結婚時のハリーをモデルにした青年。
  • ケン – リチャード・ベンジャミン: ルーシーと不倫中のハリーをモデルにした男。
  • ポール – スタンリー・トゥッチ: ジョーンとの結婚時のハリーをモデルにした男。
  • 悪魔 – ビリー・クリスタル: 主人公から恋人を奪った男。※wikipedia参照

G.I.ジェーン

G.I.ジェーン [DVD]

 

G.I.ジェーン』(G.I. Jane)は、1997年に製作されたアメリカの映画。リドリー・スコット監督作品。

ストーリー

アメリカ海軍情報局に所属するジョーダン・オニール大尉は、男女差別雇用撤廃法案を唱えるデヘイヴン上院議員の要請で、志願者の60%は脱落すると言われる最難関の海軍特殊部隊 (実在のSEALsをモデルにした架空の偵察部隊) の訓練プログラムに挑むことになる。彼女を待っていたのはウルゲイルたち訓練教官による想像を絶するしごきであった。ウルゲイル曹長は訓練開始にあたって「野生なるものが 自らをあわれむのを/私は見たことがない。/小鳥は 凍え死んで枝から落ちようとも/自分を惨めだとは 決して思わないもの」[2]という。更に女性であるがゆえの訓練生たちからの軽蔑の視線もすごかった。頭をスキンヘッドに男たちと寝起きをともにすることで「女」を捨てたオニールを、マスコミは(G・I・ジョウなどから)「GIジェーン」と皮肉る。ウルゲイルの執拗な拷問に耐え、訓練生たちは彼女を「仲間」として受け入れ始めた矢先、オニールが同性愛者であることが発覚。

デヘイヴン議員の取引でデスク勤務を命じられたが、オニールが激怒し、議員は訓練に復帰させる。最後の訓練に向かう潜水艦にリビアの部隊を救出せよとの指令が下る。突然の実戦だったが、作戦は成功する。訓練が終り、ウルゲイルはオニールにSEALsの隊員の証であるバッジを手渡す。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ版
ジョーダン・オニール大尉 デミ・ムーア 深見梨加 一城みゆ希
ジョン・ジェームズ・ウルゲイル曹長 ヴィゴ・モーテンセン 大塚明夫 江原正士
リリアン・デヘイヴン上院議員 アン・バンクロフト 藤波京子 京田尚子
セーラム大佐 スコット・ウィルソン 佐々木梅治 中村正
ロイス ジェイソン・ベギー 清水明彦 池田秀一
セオドア・ヘイズ ダニエル・フォン・バーゲン 小山武宏
軍参謀総長 ジョン・マイケル・ヒギンズ
マックス・パイロ教官 ケヴィン・ゲイジ 中多和宏 谷口節
ジョンズ教官 デヴィッド・ウォーショフスキー 星野充昭 大塚芳忠
コルテス デヴィッド・ヴァディム 古澤徹 平田広明
マクール モリス・チェストナット 相沢まさき
フリー ジョシュ・ホプキンス 吉田孝
スロヴニック ジェームズ・カヴィーゼル 檀臣幸
ウィックワイヤー ボイド・ケスナー 田中正彦
ニューベリー エンジェル・デヴィッド 青山穣
スタム ステファン・ラムゼー

※wikipedia参照

素顔のままで

素顔のままで [Blu-ray]

 

素顔のままで』(すがおのままで、原題: Striptease)は、1996年のアメリカ映画。原作はカール・ハイアセンの小説『ストリップティーズ』。

ストーリー

FBIの秘書科に勤めていたエリン・グラント(デミ・ムーア)は、若気の至りで結婚した夫のダレル(ロバート・パトリック)が病院から身体障害者用の車椅子を盗む常習犯だったおかげでクビになり、その上、最愛の一人娘アンジェラ(ルーマー・ウィリス)の保護権までダレルに奪われてしまった。マイアミ・ビーチでアンジェラと合う束の間もダレルの監視付きで、娘を引き取るために一流弁護士を雇うには、多額のお金がいる。そのために彼女は、フロリダのストリップ・クラブ“ぬれぬれガールズ”のストリッパーに転職。エリンはこの仕事が気に入り、たちまち店でも売れっ子になる。店の用心棒シャド(ヴィング・レイムス)はヨーグルトの中にゴキブリを混入させ、食品会社から慰謝料をせしめるという困った副業を持っていたが、いつも彼女の身を案じてくれているし、ユニークな同僚たちともうまくいっていた。それに何よりも、男たちはいとも簡単にエリンの虜となり、チップを弾むのがありがたかった。ある日、いつものようにエリンがステージで踊っていると、酔客が彼女にしがみつこうと舞台に上がってきた。その客を後ろからシャンパンの瓶で殴りつけた男こそ、お忍びで店にやってきた下院議員のディルベック(バート・レイノルズ)だった。彼はエリンにメロメロとなるが、酔客を殴った瞬間を写真に撮られたことは気づかなかった。写真を撮った客はエリンの熱狂的なファンで、彼女がお金を必要としていることを知って、その写真をネタにディルベックをユスリにかかる。しかし、ディルベックの後ろ楯にはサトウキビ栽培で富を成したローホーというギャングまがいの男がいた。スキャンダルを恐れるディルベックとローホーの手にかかり、哀れエリンのファンは、死体となって湖に浮かぶ。折悪しく一家で湖に休暇に来ていたため、息子が死体の第一発見者となってしまったガルシア警部(アーマンド・アサンテ)は管轄外の事件の担当となり、エリンを訪ねる。この堅物に好感を抱いた彼女は、彼の口からディルベックとローホーの悪事を聞くと怒りを覚え、ついに行動を開始。こっそりダレルの家からアンジェラを保護すると、変態趣味のディルベックが自分に首ったけなのを利用して、二人きりで会おうとデートに誘い、彼のクルーザーにおびき出した。だが、ローホーに捕まった彼女は、サトウキビの加工工場に連れ去られ、証拠湮滅のために殺されそうになる。そこへガルシアとシャド、そしてアンジェラと仲間のストリッパーたちが駆けつけ、エリンたちの活躍でローホーとディルベックは砂糖の山に生き埋めとなる。一味は逮捕されて晴れて事件も解決し、エリンはアンジェラを抱きしめた。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日版
エリン・グラント デミ・ムーア 高島雅羅 唐沢潤
デヴィッド・ディルベック下院議員 バート・レイノルズ 田中信夫 小林清志
アル・ガルシア警部補 アーマンド・アサンテ 石塚運昇 大塚芳忠
シャド ヴィング・レイムス 屋良有作 立木文彦
ダレル・グラント ロバート・パトリック 田中正彦 江原正士
アンジェラ・グラント ルーマー・ウィリス 林玉緒 半場友恵
マルコム・モルドウスキー ポール・ギルフォイル

※wikipedia一部参照

陪審員

陪審員 [DVD]

 

陪審員』(ばいしんいん 原題:The Juror)は、1996年制作のアメリカ合衆国のサスペンス映画。デミ・ムーア、アレック・ボールドウィン出演。

あらすじ

ある日、彫刻家でシングルマザーのアニーのもとに裁判所から、アメリカ合衆国市民としての義務である陪審員選出のための出頭要請が届いた。それは殺人容疑で起訴されたマフィアのボス・ボファーノの裁判であり、彼女はその陪審員長に選ばれた。

数日後、アニーのもとをマーク・コーデルと名乗る男性が訪れ、彼女の作品を買いたいと言った。アニーはそのハンサムで紳士的な態度に惹かれていく。

しかし後日、アニーのもとを再び訪れたマークは突如豹変し、「ボファーノを無罪に持ち込まなければ、息子のオリヴァーの命はない」と脅迫してきた。実は彼は、ボファーノの手先の“ティーチャー”という残忍な殺し屋だったのだ。

アニーは何とか“ティーチャー”の脅迫から逃れようとするが、彼の一枚上手な策略にはまり、無罪に持ち込まざるを得ない状況に追い詰められていく。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
VHS・DVD版 日本テレビ版
アニー・レアード デミ・ムーア 塩田朋子 渡辺美佐
マーク・コーデル/ティーチャー アレック・ボールドウィン 池田秀一 諸角憲一
オリヴァー ジョゼフ・ゴードン=レヴィット 種田文子 小出達也
ジュリエット アン・ヘッシュ 横尾まり 日下由美
ルイ・ボファーノ トニー・ロビアンコ 麦人 宮田光
エディ ジェームズ・ガンドルフィーニ 仲野裕 辻親八
タロー検事 リンゼイ・クローズ 唐沢潤
ジョー・ボファーノ マイケル・リスポリ 石住昭彦
ブーン マット・クレイヴン

 

※wikipedia参照

1 2