Category Archives: ダスティン・ホフマン

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

シェフ 三ツ星フードトラック始めました [SPE BEST] [Blu-ray]

 

シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(原題: Chef)は、2014年にアメリカ合衆国で製作されたコメディドラマ映画。ジョン・ファヴローが監督・脚本・製作・主演を務めた。

ストーリー

ロサンゼルスの一流レストランで総料理長を務めるカールは、大物料理評論家の来店に自らの創作料理で挑もうとするが、堅物なオーナーはそれを良しとせず、また評論家からは料理を酷評されてしまい、ついに怒りを爆発させてしまう。事の一部始終をSNSで拡散したカールは店を解雇されてしまい、しかもそのことが原因で他のレストランからも採用を断られてしまうのだった。

失意のカールに同情した元妻イネズの提案で、彼は息子のパーシーを連れて故郷であるマイアミを訪れる。そこでカールは熱々のキューバサンドイッチの美味しさを知り、これをフードトラックで移動販売していくことを思いつく。早速カールは旧友のマーティンを誘い、息子のパーシーを含めた三人でフードトラックの営業を開始する。

カールの作るキューバサンドイッチはたちまち評判になり、その噂はSNSで瞬く間に広まっていった。そしてカールは自らの料理を酷評したあの評論家が待つロサンゼルスに向かうことを決意するが、その道中で本当に大切なものは何か知るのだった。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • カール・キャスパー – ジョン・ファヴロー(木村雅史)
  • イネズ – ソフィア・ベルガラ(ちふゆ)
  • マーティン – ジョン・レグイザモ(高木渉)
  • モリー – スカーレット・ヨハンソン(林原めぐみ)
  • ラムジー・ミッシェル – オリヴァー・プラット(石住昭彦)
  • トニー – ボビー・カナヴェイル(野川雅史)
  • パーシー – エムジェイ・アンソニー(英語版)(高山みなみ)
  • リーバ – ダスティン・ホフマン(菅生隆之)
  • マーヴィン – ロバート・ダウニー・Jr(藤原啓治)※wikipedia参照

バーニーズ・バージョン ローマと共に

バーニーズ・バージョン ローマと共に [DVD]

 

バーニーズ・バージョン ローマと共に』(バーニーズ・バージョン ローマとともに、Barney’s Version)は、モーデカイ・リッチラー(英語版)の小説『Barney’s Version』を原作とし、リチャード・J・ルイス(英語版)が監督した2010年のカナダのコメディ・ドラマ映画(英語版)である[2]。第67回ヴェネツィア国際映画祭ではコンペティション部門で上映された[3][4]

ストーリー

30年以上も人気昼ドラを制作しているバーニーは、離婚した妻が既に再婚しているにもかかわらず、彼女を忘れることができず、彼女の現在の夫ブレアに嫌がらせをする日々を送っている。そんなある日、バーニーを殺人犯であるとして告発する内容の書籍を出版したオハーン刑事と出会ったバーニーはこれまでの年月を思い出す。

1974年のローマ。親友のブーギーらと自由気ままに暮していたバーニーは、身持ちの悪い画家クララが自分の子を妊娠したことから彼女と結婚する。ところが彼女が死産をし、その子の実の父親が友人の黒人男性セドリックだったことから、彼女に愛想を尽かし、やり直したいと願う彼女を置いて家を出る。しかし、彼女からの逢いたいとの手紙を読むのが遅れたために、その間にクララは自殺してしまう。

1975年のモントリオール。叔父のコネでテレビ番組制作会社で働いていたバーニーは、叔父の紹介で金持ちの娘と結婚するが、その結婚式で運命の女性ミリアムと出会い、一目惚れする。結婚後もミリアムに積極的にアプローチするものの、ミリアムの「まずは離婚してから」との言葉を鵜呑みにし、妻と離婚することにする。ところがその矢先、妻が親友のブーギーと関係を持っている姿を目撃、これ幸いと、ブーギーに妻との関係を証言させることで自分に有利な形で離婚しようとする。ところがブーギーはバーニーの企みを見抜いて証言を拒む。そして酔った2人が揉めているうちに、ブーギーが湖に落ち、そのまま行方不明となってしまう事件が発生する。事件を担当したオハーン刑事はバーニーが殺したと睨むが、ブーギーの遺体は遂に見つからず、事件は失踪事件として処理される。それでもオハーン刑事はバーニーを疑い続け、その後、彼を告発する内容の書籍を出版したのである。

離婚が成立したバーニーはミリアムに熱い想いを告白、はじめは戸惑っていたミリアムだったが、バーニーの想いを受け入れ、2人は結婚する。その後、ケイトとマイケルという2人の子をもうけ、バーニーとミリアムは幸せな日々を過ごしていたが、子供たちが巣立ち、ミリアムがラジオの仕事に復職してから、2人の関係は徐々に悪化していく。そして2人の関係が危機的な状態に陥る中、ミリアムが仕事で家を空けている間にバーニーは出来心で若い女優と浮気してしまう。これをきっかけに2人は離婚し、それからしばらくしてミリアムは同僚のブレアと再婚する。

ミリアムをブレアに奪われたと思い込んでいるバーニーはしつこくブレアに嫌がらせを続けるが、そんな中、バーニーは痴呆症になってしまう。ミリアムはバーニーに友人として寄り添おうとするがバーニーは拒む。しかし、バーニーはミリアムと離婚したことすらも忘れてしまう。

バーニーの状態が悪化する中、ブーギーの遺体が見つかる。しかし、オハーン刑事が推理していたような、バーニーに射殺された痕跡は全くなく、スカイダイビングの事故で死んだような後しか残っていなかった。その報道をぼんやりと耳にしながら、バーニーはブーギーが行方不明になった湖を眺める。ここで事件の真相として、湖に落ちたブーギーが、そこにたまたたま山火事を消火するために水をすくいにやって来た消火飛行機に巻き込まれて上空まで持ち上げられ、その後、落下して死亡した可能性が示唆される。

しばらくして、ミリアムはバーニーの墓参りにやって来る。遺言通りに墓石にはミリアムの名も刻まれていた。

キャスト

  • バーニー・パノフスキー – ポール・ジアマッティ: テレビドラマの製作者。ユダヤ系。
  • イズラエル(イジー)・パノフスキー – ダスティン・ホフマン: バーニーの父親。元警官のやもめ。
  • ミリアム・グラント – ロザムンド・パイク: バーニーの3番目の妻。ラジオ司会者。
  • パノフスキー夫人 – ミニー・ドライヴァー: バーニーの2番目の妻。金持ちの娘。
  • クララ・チェンバース(チャーノフスキー) – レイチェル・レフィブレ: バーニーの最初の妻。
  • ブレア – ブルース・グリーンウッド: ミリアムの同僚で現在の夫。
  • オハーン刑事 – マーク・アディ: バーニーを殺人犯と睨んで追い続けている刑事。
  • バーナード(ブーギー)・モスコヴィッチ – スコット・スピードマン: バーニーの親友の作家。薬物中毒。
  • チャーノフスキー氏 – ソウル・ルビネック: クララの実父。

他に、アトム・エゴヤン(昼ドラの監督その1)、デヴィッド・クローネンバーグ(昼ドラの監督その2)、ポール・グロス(英語版)(昼ドラ出演俳優)、ドゥニ・アルカン(バーニーとミリアムがランチをとるレストランの給仕長)、テッド・コッチェフ(車掌)らがカメオ出演している。

※wikipedia参照

新しい人生のはじめかた

新しい人生のはじめかた [DVD]

 

新しい人生のはじめかた』(英: Last Chance Harvey)は、2008年のアメリカ映画。

ストーリー

 

離婚して一人暮らしをしているハーヴェイ・シャインは、一人娘の結婚式のためにロンドンを訪れた。 だが、ハーヴェイは仕事の関係で携帯電話をさわってばかりで、親族の集まりで浮いた存在になってしまう。しかも、娘からバージンロードは義父と歩きたいと言われ、ハーヴェイは落ち込んだ。 そんな中、ハーヴェイは同じく孤独を抱える女性ケイトと出会い、彼女に声をかけた。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ハーヴェイ・シャイン ダスティン・ホフマン 小川真司
ケイト・ウォーカー エマ・トンプソン 高島雅羅
スーザン リアーヌ・バラバン 榊原奈緒子
ジーン キャシー・ベイカー 沢田敏子
ブライアン ジェームズ・ブローリン 松本大
マギー アイリーン・アトキンス 久保田民絵

※wikipedia参照

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 [DVD]

 

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』は、2007年のアメリカ映画。

概要

  • 『主人公は僕だった』の脚本家ザック・ヘルムの監督デビュー作品。
  • 撮影は2006年3月から6月までカナダ・トロントで行われた。
キャッチコピー

ようこそ、誰も見たことのない 世界初の映像ワンダーランドへ!

ストーリー

「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」は、創業113年を誇り、商品のおもちゃ達は命を吹き込まれたように動き回っている夢のようなお店。従業員はオーナーのマゴリアムおじさん、23歳の雇われ支配人モリー、9歳のお手伝い少年エリックの3人。

ある日243歳を迎えたマゴリアムおじさんは突然引退を宣言し、モリーに跡を継がせると発言。この発言により、おもちゃ達が荒れてしまう…。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
エドワード・マゴリアム ダスティン・ホフマン 青野武
モリー・マホーニー ナタリー・ポートマン 坂本真綾
ヘンリー・ウェストン ジェイソン・ベイトマン 内田直哉
エリック・アップルバウム ザック・ミルズ 矢島晶子
ベリーニ テッド・ルジック 花輪英司

※wikipedia参照

主人公は僕だった

主人公は僕だった コレクターズ・エディション [DVD]

 

主人公は僕だった』(しゅじんこうはぼくだった、原題: Stranger Than Fiction)は、2006年のアメリカ映画。マーク・フォースター監督、ウィル・フェレル主演作品。

あらすじ

内国歳入庁に勤め、規則正しく単調な生活を送るさえない会計検査官ハロルド・クリックはある日、自分の行動を描写する女性の声を聞く。

 

 

 

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ハロルド・クリック ウィル・フェレル 山寺宏一
アナ・パスカル マギー・ギレンホール 水町レイコ
ジュールズ・ヒルバート教授 ダスティン・ホフマン 谷口節
ペニー・エッシャー クイーン・ラティファ 目黒未奈
カレン・アイフル エマ・トンプソン 塩田朋子
デイヴ トニー・ヘイル
ケイリー医師 トム・ハルス
ミッタグ=レフラー医師 リンダ・ハント

※wikipedia参照

パフューム ある人殺しの物語

パフューム ある人殺しの物語 [Blu-ray]

 

パフューム ある人殺しの物語』(原題: Perfume: The Story of a Murderer )は、2006年製作のドイツ・フランス・スペイン合作映画。18世紀のパリを舞台にしたパトリック・ジュースキントの『香水 ある人殺しの物語』の映画化。

日本では2007年3月3日から公開された。映倫規定ではPG-12指定になった。

ストーリー

18世紀のフランス・パリ。悪臭漂う魚市場で、一人の赤子が産み落とされた。やがて孤児院で育てられたその男児の名はジャン=バティスト・グルヌイユといい、生まれながらにして数キロ先の匂いをも感じ取れるほどの超人的な嗅覚を持っていた。 成長したグルヌイユはある日、街ですばらしい香りに出合う。その香りを辿っていくとそこには1人の赤毛の少女がいた。少女の体臭にこの上ない心地よさを覚えるグルヌイユであったが、誤ってその少女を殺害してしまう。少女の香りは永遠に失われてしまった。 しかしその香りを忘れられないグルヌイユは、少女の香りを再現しようと考え、橋の上に店を構えるイタリア人のかつて売れっ子だった調香師バルディーニに弟子入りし、香水の製法を学ぶ。同時にその天才的な嗅覚を生かして新たな香水を考え、バルディーニの店に客を呼び戻す。 さらなる調香技術を学ぶため、香水の街・グラースへ旅に出るグルヌイユはその道中、なぜか自分だけ体臭が一切ないことに気づく。 グラースで彼は、裕福な商人・リシの娘・ローラを見つける。以前街角で殺してしまった赤毛の少女にそっくりなローラから漂う体臭は、まさにあの運命的な香りそのものだった。これを香水にしたい、という究極の欲望に駆られたグルヌイユは、脂に匂いを移す高度な調香法である「冷浸法」を習得する。 そして時同じくして、若い美少女が次々と殺される事件が起こり、グラースの街を恐怖に陥れる。髪を短く刈り上げられ、全裸で見つかる美少女たち。グルヌイユは既に禁断の香水作りに着手していたのだった…。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ジャン=バティスト・グルヌイユ ベン・ウィショー 佐藤淳
ジュゼッペ・バルディーニ ダスティン・ホフマン 谷口節
リシ アラン・リックマン 五王四郎
ローラ レイチェル・ハード=ウッド 世戸さおり
ナレーション ジョン・ハート 納谷六朗

※wikipedia参照

ハッカビーズ

ハッカビーズ スペシャル・エディション [DVD]

 

ハッカビーズ』(I ♥ Huckabees)は2004年製作のアメリカ合衆国の映画である。デヴィッド・O・ラッセル監督。

スーパーマーケット・チェーン「ハッカビーズ」のやり手ビジネスマン、環境保護団体で働くオタク青年、彼と意気投合する”石油の使用は悪”だと信じている消防士の3人を軸に、自分は何者なのか、人生における真実は何かを捜し求める人々がユーモアたっぷりに描かれる。

ストーリー

アルバートは地元の環境保護団体に属する青年。彼の人生における偶然の一致の謎を解くため、アルバートはベルナルドとヴィヴィアンという実存主義探偵に調査を依頼する。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
アルバート・マルコヴスキー ジェイソン・シュワルツマン 小野塚貴志
トミー・コーン マーク・ウォルバーグ 桐本琢也
ブラッド・スタンド ジュード・ロウ 堀内賢雄
ドーン・キャンベル ナオミ・ワッツ 落合るみ
ベルナルド ダスティン・ホフマン 土師孝也
ヴィヴィアン リリー・トムリン 磯辺万沙子
カテリン イザベル・ユペール 横尾まり
メアリー ティッピ・ヘドレン
本人 シャナイア・トゥエイン
ヘザー アイラ・フィッシャー
マーティ ケヴィン・ダン
ミスター・シルヴァー ボブ・ガントン
ミセス・シルヴァー タリア・シャイア

※wikipedia参照

ニューオーリンズ・トライアル

ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決 プレミアム・エディション [DVD]

 

ニューオーリンズ・トライアル』(原題:Runaway Jury)は、2003年公開のアメリカ映画。銃規制に関係する裁判を軸に陪審員となった男と、裏世界で陪審コンサルタントとして名高い男との駆け引きを描く法廷サスペンス映画。

本作はジョン・グリシャムの『陪審評決』(新潮文庫)を映画化したものである。原作ではタバコ会社が訴訟の相手であったが、本作では訴訟の相手が銃会社に変更されている。これは『インサイダー』がタバコ会社を題材にしていたためである。

あらすじ

ニューオーリンズで銃乱射事件が起き、犯人は11人を殺害したのち自殺する。この事件で夫を亡くしたセレステはベテラン弁護士・ローアを雇い、犯行に使われた銃器の製造と販売責任を求めて、銃を製造したヴィックスバーグ社を訴える。ここに全米が注目する銃規制裁判が始まる。

絶対に勝たねばならない被告側のヴィックスバーグ社及び加入する銃協会は、伝説の陪審コンサルタント・フィッチを雇う。フィッチは最新技術や心理学などありとあらゆる手段を用いて、陪審員の選別から裏工作まで進めていく。一方で、巧みな演技で陪審員に選ばれた男ニックは、謎の女マーリーと組んで内から陪審員の操作を行い、原告と被告に「陪審員、売ります」のメモを送り付ける。

ローアはその正義感の強さから取り合わず、フィッチも取り合わなかった。しかし、どう転ぶかわからない一進一退の裁判、そして工作をことごとく潰されたフィッチは焦り出し、結審の日、マーリーに代金を送り、陪審の買収を願い出る。勝利を確信したフィッチに、前もってニックを調べさせていた部下から、彼らの素性が知らされる。ニックとマーリーの正体は、かつてフィッチが陪審員操作で無理に勝訴させた事件の被害者の知り合いであった。

狼狽するフィッチの不安は的中し、判決では原告が勝訴、ヴィックスバーグ社は敗訴する。絶望しながら裁判所を退場したフィッチの前にニックとマーリーが現れる。2人はフィッチに2度と陪審員操作に関わらないことを要求し、従わない場合には送金の証明書(陪審員操作の証拠)を当局に送ると脅迫する。フィッチはキャリアと名声を全て失い、ニックとマーリーは復讐を果たす。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ニコラス・イースター ジョン・キューザック 家中宏
ランキン・フィッチ ジーン・ハックマン 石田太郎
ウェンデル・ローア ダスティン・ホフマン 小川真司
マーリー レイチェル・ワイズ 田中敦子
ハーキン ブルース・マッギル 内海賢二
ダーウッド・ケーブル ブルース・デイヴィソン 佐々木勝彦
ローレンス ジェレミー・ピヴェン 小山力也
ドイル ニック・サーシー 楠見尚己
ヘンリー・ジャンクル スタンリー・アンダーソン 島香裕
フランク クリフ・カーティス 相沢正輝
ハーマン・グライムス ジェリー・バマン 岩崎ひろし
ヴァネッサ ジェニファー・ビールス 大坂史子
モンロー マルガリータ・モロー 冬馬由美
ロリーン・デューク ジャニタ・ジェニングス さとうあい
ジェリー・ヘルナンデス ルイス・ガスマン 宝亀克寿
ドッブス ゲイリー・グラッブス
ロニー ビル・ナン

※wikipedia参照

コンフィデンス

コンフィデンス [DVD]

 

コンフィデンス』(原題:Confidence)は、2003年公開のアメリカ合衆国の映画。配給会社はライオンズゲートで、監督はジェームズ・フォーリー。

ストーリー

ジェイクは仲間のゴドー、マイルズ、アルと共に会計士のライオネルから、お金を巧みに騙し取る事に成功するが、盗んだお金が暗黒街の大物キングの物であったことから、仲間のアルが殺されてしまう。ジェイクはキングの元に出向き、盗んだお金の数倍を返す事を和解の条件として申し出るが、逆に条件をつけられてしまう、それはキングの敵のモーガン・プライスを罠にかけることだった。

登場人物

役名 俳優 日本語吹替
ジェイク エドワード・バーンズ 平田広明
リリー レイチェル・ワイズ 井上喜久子
ゴドー ポール・ジアマッティ 辻親八
マイルス ブライアン・ヴァン・ホルト 楠大典
ルーパス フランキー・G 星野貴紀
ビュターン アンディ・ガルシア 石田圭祐
ウィンストン・キング ダスティン・ホフマン 野沢那智
トラヴィス モリス・チェスナット 相沢正輝
ウィットワース ドナル・ローグ 横島亘
マンザノ ルイス・ガスマン 石住昭彦
アル ルイス・ランバルディ
モーガン・プライス ロバート・フォスター
ライオネル リーランド・オーサー

※wikipedia参照

ムーンライト・マイル

ムーンライトマイル デラックス版 [DVD]

 

ムーンライト・マイル』(原題: Moonlight Mile)は、2002年公開のアメリカ映画である。ブラッド・シルバーリング監督で、アカデミー賞俳優3人と、ハリウッド若手実力派俳優ジェイク・ギレンホールによる優しく心にしみる物語。

この物語は、監督・脚本のブラッド・シルバーリングの実体験を基にしている。1989年、女優のレベッカ・シェイファーがストーカーによって殺害されるという事件があったが、シルバーリング監督は彼女のボーイフレンドであった。

ストーリー

1973年、マサチューセッツ州ケープ・アン。結婚式を3日後に控えたダイアナは、発砲事件に巻き込まれて死ぬ。婚約者のジョーは、ダイアナの両親の元に一人残される。ダイアナの両親ベンとジョージョーは、娘を失った悲しみからジョーとの交流によって抜け出そうとしていた。そしてジョーもまた、2人の力になることで悲しみを紛らわそうとしていた。理想の娘婿を演じ自分の役目を果たそうとするジョーだが、2人には言い出せない秘密を抱えていた・・・。

登場人物

  • ジョー:ジェイク・ギレンホール(吹替:野島健児)
発砲事件によって死んだダイアナの婚約者。ベンとジョーの元に残り2人と暮らす。
  • ベン:ダスティン・ホフマン(吹替:仲野裕)
ダイアナの父。死んだ娘の婚約者との新しい親子関係に希望を見出そうとする。
  • ジョージョー:スーザン・サランドン(吹替:定岡小百合)
ダイアナの母。周囲の同情を拒否することで悲しみを忘れようとする。
  • モナ:ホリー・ハンター(吹替:水落幸子)
発砲事件を担当する検事。
  • バーティー:エレン・ポンペオ(吹替:引田有美)
昼間は郵便局、夜はバーでウエイトレスとして働く女性。

※wikipedia参照

1 2 3