Category Archives: ジョディ・フォスター

おとなのけんか

おとなのけんか [Blu-ray]

 

おとなのけんか』(原題: Carnage)は、2011年のフランス・ドイツ・ポーランド・スペイン合作のコメディ映画。ヤスミナ・レザ(英語版)による戯曲『大人は、かく戦えり』(原題:Le Dieu du carnage、英題:God of Carnage)に基づき、レザ自身とロマン・ポランスキーが脚本を書き、ポランスキーが監督を務めた。ちなみに原題の”Carnage”とは虐殺の意。

ストーリー

11歳のザカリー・カウワンはブルックリンの公園で同級生のイーサン・ロングストリートを棒で殴り、前歯を折る怪我を負わせる。この喧嘩の後始末をするために、「被害者」の親であるロングストリート夫妻は、「加害者」の親であるカウワン夫妻を自宅マンションに招く。

リベラルな作家であるペネロピ(ジョディ・フォスター)、金物商を営むマイケル( ジョン・C・ライリー )のロングストリート夫妻、そして投資ブローカーの仕事をするナンシー(ケイト・ウィンスレット)と、製薬会社をクライアントにするやり手の弁護士アラン(クリストフ・ヴァルツ)のカウワン夫妻は当初、友好的に「子どものけんか」を解決しようとするのだが、会話を重ねるにしたがい険悪な雰囲気になっていくばかりか、それぞれの夫婦の間でも感情的な対立が生まれていく。

口げんかの話題の中で展開される夫婦模様。口論の題材によっては夫同士が仲間意識を持ったり、妻同士の結託があったりして、初期の加害者側・被害者側という事件の争いという図式とは違う、都合が悪い話になると話題の逸らしや、男性として女性として感情揺さぶられる性別ゆえの異なる考え方、夫婦生活への不満、仕事に対する考え方、夫婦なら必ずありそうな摩擦すれ違い喧嘩の過去、そういう普段の生活などが事件より優先される現実感が強調されている。身近に多くある口喧嘩が必ず入っているだろう世界共通の認識、コメディの面白さで評価が高い。

キャスト

  • ペネロピ・ロングストリート – ジョディ・フォスター(日本語吹替:深見梨加)
  • ナンシー・カウワン – ケイト・ウィンスレット(日本語吹替:岡寛恵)
  • アラン・カウワン – クリストフ・ヴァルツ(日本語吹替:山路和弘)
  • マイケル・ロングストリート – ジョン・C・ライリー(日本語吹替:山野井仁)
  • 秘書(電話の声) – ジュリー・アダムス※wikipedia参照

それでも、愛してる

それでも、愛してる [DVD]

 

それでも、愛してる』(それでもあいしてる、The Beaver)は、2011年のアメリカ合衆国のドラマ映画。

ストーリー

鬱症状を抱えた玩具会社社長、ウォルターのもとから、ふたりの息子と妻メレディスは別居していった。為す術もなく自殺に走ったウォルターであったが、彼の手にしたビーバーの腹話術人形の語る言葉がその命を救った。その日よりビーバーが彼の代弁者となり、家族問題や窮地に陥った会社の経営方針に口出しを始めた。ビーバーは宿主であるウォルターに似ぬ積極的な発言で、一躍彼を会社の救い主に祭り上げる。だが、所詮はウォルターの分身に過ぎないビーバーの言葉は家庭をも救うことはできず、息子たちとのあいだの溝は深まる。そして自分と家族たちとの絆を取り戻すべく、ウォルターは人形をはめ込んだ片腕を回転ノコギリの前に置くのだった。

キャスト

  • ウォルター・ブラック – メル・ギブソン
  • メレディス・ブラック – ジョディ・フォスター
  • ポーター・ブラック – アントン・イェルチン
  • ノラ – ジェニファー・ローレンス
  • ヘンリー・ブラック – ライリー・トーマス・スチュワート
  • モルガン・ニューウェル副社長 – チェリー・ジョーンズ
    ※wikipedia参照

幸せの1ページ

幸せの1ページ [DVD]

 

幸せの1ページ』(しあわせのいちページ、原題:Nim’s Island)は、2008年制作のアメリカ映画。原作はウェンディー・オルーの『秘密の島のニム』。

あらすじ

アレクサンドラ・ローバーは、冒険小説「アレックス・ローバー」シリーズで知られるベストセラー小説家だが、実は対人恐怖症で引きこもり。家でひとり新作の執筆に励んでいたある日、インターネットで海洋生物学者・ジャック・ルソーの記事を見たアレクサンドラは、ジャックにメールを送る。

ジャックは娘のニムと共にサンフランシスコから遠く離れた南の島で暮らしている。ジャックが船旅に出たある日、ニムはアレクサンドラからのメールを受取り、メール交換をすることになる。しかし数日後、ジャックは激しい嵐に襲われ行方不明になってしまう・・・。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ニム・ルソー アビゲイル・ブレスリン 大前茜
アレクサンドラ・ローバー ジョディ・フォスター 田中敦子
ジャック・ルソー ジェラルド・バトラー 室園丈裕
アレックス・ローバー てらそままさき
エドモンド マディソン・ジョイス 水間真紀
船長 マイケル・カーマン 中村浩太郎
エミリー・ルソー シャノン・ヴァン・デ・ドリフト

※wikipedia参照

ブレイブ ワン

ブレイブ ワン [Blu-ray]

 

ブレイブ ワン』(原題: The Brave One)は、2007年公開のサスペンス映画。R-15指定。

あらすじ

ニューヨークでラジオパーソナリティをしているエリカ・ベインはデイビッドとの婚約を目前に控えていた。ある夜2人で犬の散歩をしているところを3人の暴漢に襲われ、デイビッドは殺され自身も瀕死の重傷を負ってしまう。回復後、エリカは自らの精神の安定と身を守るため、不法に銃を入手する。しかし、この銃と偶然の事件が重なり、彼女は犯罪者を自らの手で殺す”謎の執行人”となっていく。

エリカは取材を通して刑事のショーン・マーサーと親交を深めるが、彼は事件から短期間で立ち直ったエリカに違和感を覚え、次第に彼女が”謎の執行人”ではないかと疑い始める。そしてまた、警察の捜査に不満を覚えたエリカは、自分たちを襲った犯人を捜し出し、自らの手で裁きを下そうとする。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
エリカ・ベイン ジョディ・フォスター 高乃麗
ショーン・マーサー刑事 テレンス・ハワード 古澤徹
デイビッド・キルマーニ ナヴィーン・アンドリュース 木下浩之
ビタール刑事 ニッキー・カット 横堀悦夫
キャロル メアリー・スティーンバージェン 一城みゆ希
ニコール ジェーン・アダムス

※wikipedia参照

インサイド・マン

インサイド・マン [Blu-ray]

 

インサイド・マン』(原題: Inside Man)は、2006年のアメリカ映画。

ストーリー

ダルトン・ラッセル率いる4人の銀行強盗グループが、白昼のマンハッタン信託銀行を急襲、従業員と客を人質に取り立てこもる。事件発生の連絡を受け、ニューヨーク市警のキース・フレイジャーとビル・ミッチェルが現場へ急行。 しかし、周到な計画のもと俊敏に行動する犯人グループを前に、フレイジャーたちも容易には動きが取れず膠着した状態が続く。 一方、事件の発生を知り激しく狼狽するマンハッタン信託銀行会長のアーサー・ケイスは、やり手の女性弁護士マデリーン・ホワイトを呼び出すと、ある密命を託し、現場へと送り出すのだった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
キース・フレイジャー(NY市警) デンゼル・ワシントン 山路和弘
ダルトン・ラッセル(銀行強盗のリーダー) クライヴ・オーウェン 大塚明夫
マデリーン・ホワイト(弁護士) ジョディ・フォスター 勝生真沙子
アーサー・ケイス(銀行の取締役会長) クリストファー・プラマー 阪脩
ジョン・ダリウス(警部) ウィレム・デフォー 中村秀利
ビル・ミッチェル キウェテル・イジョフォー 東地宏樹

※wikipedia参照

フライトプラン

フライトプラン [Blu-ray]

 

フライトプラン』(Flightplan)は、2005年に製作されたアメリカのサスペンス映画である。監督はドイツ出身で『タトゥー』を制作したロベルト・シュヴェンケ。主演はジョディ・フォスター。製作はタッチストーン・ピクチャーズ。

あらすじ

仕事先のベルリンに滞在中に突然の事故で夫を亡くした航空機設計士のカイルは、6歳の娘・ジュリア、そして棺に入った亡き夫と共にベルリン空港から飛行機に乗り、自宅のあるニューヨークへの帰路に就いていた。

離陸して約3時間後、仮眠から覚めたカイルは隣の席にいたはずのジュリアの姿がないことに気づく。誰も目撃者がおらず(ただ1人、ジュリアを見た旨を証言した目撃者がいたが、子供のため、証言能力なしと判断された)、乗務員総動員でジュリアの捜索にあたるが見つからない。仕舞いには搭乗記録にジュリアの名前が存在しないと告げられてしまう。

キャスト

俳優 日本語吹替
カイル・プラット ジョディ・フォスター 戸田恵子
ジーン・カーソン ピーター・サースガード 森川智之
マーカス・リッチ機長 ショーン・ビーン 磯部勉
フィオナ エリカ・クリステンセン 小林沙苗
ステファニー ケイト・ビーハン 藤本喜久子
オバイド マイケル・アービー 石住昭彦
アハメド アサフ・コーエン 船木真人
ジュリア・プラット マーリーン・ローストン 宮本侑芽

※wikipedia参照

ロング・エンゲージメント

ロング・エンゲージメント 特別版 [DVD]

 

ロング・エンゲージメント』(原題・仏語: Un long dimanche de fiançailles, 「婚約中の長い日曜日」の意、英語題: A Very Long Engagement, 「とても長い婚約」の意)は、ジャン=ピエール・ジュネ監督によるフランスの映画。公開は2004年で、配給はワーナー・ブラザーズ。セバスチアン・ジャプリゾの小説『長い日曜日』(ISBN 4-488-14205-2)が原作である。第一次世界大戦の戦場(ソンム)で戦死したと見なされた婚約者を、主人公の若い女性が必死に捜索する物語。

概要

この映画の「国籍」については議論が起こった。フランス映画はフランス国立映画センターの助成を受けるため、製作者は430万ドルを申し込んだ。しかし、ライバルの映画会社は、この映画は本当のフランス映画ではないので、助成を受けるべきではないと主張した。この映画の資金5500万ドルのほとんどはワーナー・ブラザーズが出資していた。

映画の中で兵士の一人が「私はフランス人ではない、コルシカ人だ」と叫ぶシーンがコルシカ島で批判を招き、コルシカ島で一部上映中止などの事態を生じさせた。

セバスチアン・ジャプリゾの原作では舞台はアキテーヌだが、映画ではブルターニュに移されている。時代的にブルターニュでは大人の庶民はブルトン語中心でまだフランス語は話せず、映画の中で南フランスの人物が南フランス訛りのフランス語を話していることと比較して不自然だという指摘がある[誰によって?]

冒頭のあらすじ

第一次世界大戦中、フランス軍の五人の兵士が軍務を逃れるために故意に自傷したとして、有罪を宣告される。五人はフランスとドイツの塹壕戦の中間地帯に追い出され、死に直面する。五人は全員戦闘に巻き込まれて死んだと見なされたが、兵士の一人マネクの婚約者マチルドは希望を捨てず、その戦場で実際に何が起きたのかを調査し始める。物語は、1920年代のパリやフランスの田舎(ブルターニュ)にいるマチルドの視点と、大戦中の戦場のフラッシュバックを交えて進行する。

マチルドの婚約者マネクが何度も彫る「MMM」は、「Manech aime Mathilde」(マネクはマチルドを愛している)の略。フランス語で「aime」(愛する)は、Mの字と同じく「エム」と発音する。英語の字幕では「Manech’s Marrying Mathilde」(マネクはマチルドと結婚する)と置き換えられた。

キャスト

  • マチルド:オドレイ・トトゥ(日本語吹き替え:高橋理恵子)
  • マネク:ギャスパー・ウリエル(日本語吹き替え:内田夕夜)
  • シルヴァン:ドミニク・ピノン
  • ヴェネディクト:シャンタル・ヌーヴィル
  • クレベール・ブーケ(別名バストーシュ):ジェローム・キルシャー
  • フランシス・ゲニャール(別名シー・スー):ドニ・ラヴァン
  • ブノワ・ノートルダム:クロヴィス・コルニヤック
  • アンジュ・バシニャーノ:ドミニク・ベテンフェルド
  • ティナ・ロンバルディ:マリオン・コティヤール(日本語吹き替え:湯屋敦子)
  • ゴルド上等兵(別名ビスコット):ジャン=ピエール・ダルッサン
  • エロディ・ゴルド:ジョディ・フォスター
  • ピエール=マリー・ルーヴィエール(弁護士):アンドレ・デュソリエ
  • ジェルマン・ピール(探偵):ティッキー・オルガド
  • エスペランザ伍長:ジャン=ピエール・ベッケル
  • セレスタン・プー:アルベール・デュポンテル
  • ファブリエール大尉:チェッキー・カリョ
    ※wikipedia参照

イノセント・ボーイズ

イノセント・ボーイズ [DVD]

 

イノセント・ボーイズ』(原題:The Dangerous Lives of Altar Boys)は、2002年のアメリカ映画。

概要

31歳で夭逝したクリス・ファーマンの半自伝的小説『放課後のギャング団』を読んで感動したジョディ・フォスターが自らプロデューサーを務めて映画化した作品である。

監督は、R.E.M.などのミュージック・ビデオの映像監督として活動し、本作が映画監督デビュー作となったピーター・ケア。劇中に登場するアニメーションは『スポーン』の原作者として知られるトッド・マクファーレンが制作している。

映画の宣伝キャッチコピーは、アメリカでは”Forgive me father, for I am 14.”、日本では「僕たちが死んでも世界は何も変わらない。」

あらすじ

物語の舞台は1974年のジョージア州。カトリック系の厳格な学校に通う14歳の少年ティム(キーラン・カルキン)、フランシス(エミール・ハーシュ)、ウェイド(ジェイク・リチャードソン)、ジョーイ(タイラー・ロング)の4人は、保守的な校風に抑圧され退屈な生活を送っていた。厳格な女性校長のシスター・アサンプタ(ジョディ・フォスター)を悪役に仕立てた自作コミックが見つかり、停学処分を言い渡された4人は学校に仕返しをしようと画策するのだった……。

スタッフ

  • 監督:ピーター・ケア
  • 製作:ジョディ・フォスター、ジェイ・シャピーロ、メグ・レフォーブ
  • 原作:クリス・ファーマン『放課後のギャング団』(ハヤカワ文庫刊)
  • 脚本:マイケル・ペトローニ、ジェフ・ストックウェル
  • 撮影:ランス・アコード
  • アニメーション制作:トッド・マクファーレン、ハンホ興業

キャスト

役名 俳優 日本語吹替(VHS)
ティム・サリバン キーラン・カルキン 上田祐司
フランシス・ドイル エミール・ハーシュ 阪口大助
ウェイド・スカリシ ジェイク・リチャードソン 小尾元政
ジョーイ・アンダーソン タイラー・ロング 下和田裕貴
シスター・アサンプタ ジョディ・フォスター 深見梨加
マージー・フリン ジェナ・マローン 本名陽子
ケイシー神父 ヴィンセント・ドノフリオ 山野井仁
ドニー アーサー・ブリッジャーズ 阪口周平
ドイルの母 メリッサ・スザンヌ・マクブライド よのひかり
父親 マイク・ハーディング 奥田啓人
コリン ニッキー・オルソン 佐藤勇
レンジャー 雨蘭咲木子
店員 村治学
ウッドペッカー 京井幸

※wikipedia参照

パニック・ルーム

パニック・ルーム [DVD]

 

パニック・ルーム』(原題: Panic Room)は、2002年公開のアメリカ映画。屋敷に侵入してきた強盗たちと緊急避難用の密室「パニック・ルーム」に立てこもった母娘を描くサスペンス映画。

ストーリー

夫と離婚して間もないメグは、11歳の娘・サラと共に、少し前に死去した老富豪が住んでいたニューヨークの豪邸に引っ越してくる。その豪邸は法律上あと数日は入居してはならないと決められていた物件だったが、販売業者のミスでメグ達は予定より早く入居してしまう。

その夜、メグ達が入居していることを知らずに、富豪の遺族の一人であるジュニアが仲間であるラウールとバーナムを連れて邸内に侵入する。ジュニアは屋敷に設けられた緊急避難用の密室「パニック・ルーム」に隠し財産があることを知り、屋敷が人手に渡る前に仲間を連れてこれを秘密裏に奪取しようと考えていたのだった。

強盗達の存在をカメラと物音で確認したメグはすぐに事態を察知し、娘と共にパニック・ルームへと逃げ込む。それに対し強盗達は、数々のパニック・ルームの建設に携わってきたバーナムの知識を頼りに、中から出てこさせようと様々な行動に出る。

登場人物とキャスト

役名:俳優(VHS&DVD版/『日曜洋画劇場』版日本語吹替え声優)

メグ・アルトマン:ジョディ・フォスター(深見梨加/深見梨加)
主人公。夫の浮気によって娘を連れて離婚し、夫に買わせた近くの大邸宅に引っ越す。しかし、引っ越した日の夜に強盗達に襲われ、パニックルームに娘と共に避難する。
サラ・アルトマン:クリステン・スチュワート(竹田まどか/矢島晶子)
メグの娘。1型糖尿病を患っているため、血糖コントロールが欠かせない。
バーナム:フォレスト・ウィテカー(立木文彦/塩屋浩三)
強盗の一人。警備会社に勤めており、その知識のため計画に誘われる。
もともと温厚な性格で無人の家だからという理由で参加したが、既に住人がいると知って帰ろうとする。しかし、家族を養うための金がいるんだろと脅され参加を決める。
ジュニア:ジャレッド・レト(檀臣幸/高木渉)
強盗のリーダーで計画の立案者。先頃亡くなった大富豪の甥。
死んだおじの隠し財産があると知って、遺産分与が行われる前にこれを奪おうと考える。そして、バーナム、ラウールを誘って無人であるはずの邸宅に忍び込んだ。
ラウール:ドワイト・ヨアカム(江原正士/青山穣)
強盗の一人。バスの運転手が本職。常に黒いマスクを被っている。
極めて凶暴な性格で、金のためなら人を殺すことも厭わない。
スティーブン・アルトマン:パトリック・ボーショー(坂口芳貞/稲垣隆史)
有名な資産家で、メグと婚姻関係にあったがB級アイドルとできたのがバレて離婚。
不動産屋のリンチ:アン・マグナソン(小宮和枝/宮寺智子)
不動産屋のカーランダー:イアン・ブキャナン(有本欽隆/有本欽隆)
キーニー:ポール・シュルツ(家中宏/咲野俊介)
警官。
スティーブンの恋人:ニコール・キッドマン※ノンクレジット※wikipedia参照

アンナと王様

アンナと王様(特別編) [DVD]

 

アンナと王様』(アンナとおうさま、Anna and the King)は、1999年のアメリカ映画。

この映画は1956年の『王様と私』の単なるリメイクではなく、マーガレット・ランドンが発表した『アンナとシャム王』(Anna and the King of Siam)の元になったアンナ・レオノーウェンズの手記『英国婦人家庭教師とシャム宮廷』(The English Governess at the Siamese Court)を原作に映画化された作品である。この映画にはミュージカルの部分は一切ない。王様を演じるのは香港映画界のスターであったチョウ・ユンファで、家庭教師のアンナを演じるのはジョディ・フォスターである。

あらすじ

シャムの近代化を目指すモンクット王に家庭教師として招かれ、一人息子を連れてバンコクにやってきたイギリス人女性(ただし、インドで生まれ育ち、イギリス本土を知らない)アンナは、多くの側室とその子供達からなる大家族と文化の違いに戸惑いながらも、国王の信頼を得るとともに、国王の人柄にも惹かれていく。

しかし、王の側室の一人タプティムが駆け落ち事件を起こし、姦通罪で死刑を宣告された。国王は恩赦を考えていたが、アンナから激しく抗議されたため、これで恩赦を与えれば、外国人の意見で判決を曲げたと受け取られかねず、やむなくタプティムとその恋人を処刑する。

この件で国王と対立したアンナは帰国を考えるようになる。その頃、モンクット王の目指す近代化をイギリスに祖国を売り渡す行為とみたアラク将軍は、王家打倒の陰謀をめぐらせており、アンナも陰謀に巻き込まれる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ東京版
アンナ・レオノーウェンズ ジョディ・フォスター 高島雅羅 戸田恵子
モンクット王 チョウ・ユンファ 小川真司 田中秀幸
クララホム シード・アルウィ 藤本譲 佐々木梅治
アラク将軍 ランダル・ダグ・ギム 佐々木梅治 土師孝也
タプティム バイ・リン 松谷彼哉 魏涼子
ルイ トム・フェルトン 矢島晶子 戸田亜紀子
チャファ殿下 リム・ケイ・シュー 田原アルノ
ファー・イン王女 メリッサ・キャンベル 増田ゆき

※wikipedia参照

1 2 3