Category Archives: ジョシュ・ハートネット

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン [Blu-ray]

 

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』(I Come with the Rain)はトラン・アン・ユン監督による2008年のフランスの映画。キリストの受難を題材にしている。

あらすじ

2年前のある猟奇連続殺人事件をきっかけにトラウマを抱え、刑事を辞職したクラインは、ある製薬系大企業創設者の大富豪から行方不明の息子シタオを探し、連れ戻して欲しいとの依頼を受ける。早速、最後にシタオが目撃されたというフィリピンのミンダナオに行くと、彼が7ヵ月前に殺されたと知らされる。しかし、死んだはずのシタオが香港にいるらしいとの情報を得たクラインは、刑事時代の友人で香港の刑事であるジョー・メンジーに協力してもらい、共にシタオを探すことにする。

一方、香港マフィアのボス、ス・ドンポも、ある事情からシタオを追っていた。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
クライン ジョシュ・ハートネット 平田広明
シタオ 木村拓哉 木村拓哉
ス・ドンポ イ・ビョンホン 阪口周平
リリ トラン・ヌー・イエン・ケー 林真里花
メンジー ショーン・ユー 加瀬康之
ハシュフォード イライアス・コティーズ 山路和弘

※wikipedia参照

ライフ・ドア 黄昏のウォール街

ライフ・ドア 黄昏のウォール街 [DVD]

 

ライフ・ドア 黄昏のウォール街』(原題:AUGUST)は、アメリカ合衆国の映画作品。

ストーリー

弟のジョシュア(アダム・スコット)と共に革命的なIT系ベンチャー企業ランドシャーク社を立ち上げたトム・スターリング(ジョシュ・ハートネット)。強気の経営スタイルで次々と仕事を獲得し業界一の大企業にまで成長させ成功をおさめていた。全てを手に入れ自信に満ち溢れていたトムは、周囲の忠告にも耳をかさず傲慢な態度をとり続けていた。だが、突然のIT業界の株の暴落により、トムの会社も経営困難な状況に陥ってしまう。なんとか立て直そうとやっきになるトムだったが、今までの彼の向こう見ずな態度に我慢できず、経営陣はじめ両親や弟のジョシュアでさえも彼のもとを離れていってしまった。再会したかつての恋人サラ(ナオミ・ハリス)にも自分がどれだけわがままで自己中心的な人間になったかを告げられ・・・・。成功をつかんだ男が支払う代償とは…。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
トム・スターリング ジョシュ・ハートネット 森川智之
サラ ナオミ・ハリス 宮川美保
ジョシュア アダム・スコット 間島淳司
メラニー ロビン・タニー 東條加那子
ディラン アンドレ・ロヨ 松田健一郎
モレラ エマニュエル・シュリーキー 羽飼まり
オーグルビー デヴィッド・ボウイ 飛田展男
デイビッド リップ・トーン 伊井篤史
ナンシー キャロライン・ラガーフェルト 秋保佐永子
バートン アラン・コックス 藤吉浩二

※wikipedia参照

30デイズ・ナイト

30デイズ・ナイト [Blu-ray]

 

30デイズ・ナイト』(原題:30 Days of Night)は、2007年のアメリカ映画。スティーヴ・ナイルズによる同名のコミックを原作としている。

あらすじ

アラスカ州バローは極夜の季節を迎えていた。その初日、保安官夫婦のエバンとステラは住民の飼い犬数十頭が殺されるという事件に遭遇した。さらに停電と電話不通が起こり、エバンが発電所に向かうと管理人は惨殺されていた。一連の事件の犯人はヴァンパイアであり、極夜に乗じて街へ繰り出し人々を襲い、30日間の狩りを始める。

 

登場人物

  • エバン・オルソン – ジョシュ・ハートネット(日本語吹替:森川智之)
バロウの保安官。
  • ステラ・オルソン – メリッサ・ジョージ(日本語吹替:湯屋敦子)
バロウの保安官。エバンとは夫婦だった。
  • マーロー – ダニー・ヒューストン(日本語吹替:をはり万造)
ヴァンパイア軍団のリーダー。劇中で独自の言語を話す。
  • 謎の男 – ベン・フォスター(日本語吹替:桐本琢也)
バロウを陸の孤島にしようと暗躍する男。
  • ボウ・ブロワー – マーク・ブーン・ジュニア(日本語吹替:石住昭彦)
バロウに住む男。
  • ジェイク・オルソン – マーク・レンドール(日本語吹替:井上剛)
エバンの弟。

吸血鬼

獰猛な吸血鬼。 容姿は人に似ているが、爪は猛獣のようなかぎ爪、全ての歯が鮫のように鋭く、目は黒く染まっている。紫外線を浴びると肌が焼かれるが、ニンニクが効くかは不明。独自の言語を話すが、英語は理解でき、実際吸血鬼の1人である少女が英語で話した。殺害方法は紫外線以外にも、頭部の破壊、首を切り落とす等がある。一般の吸血鬼のように心臓が弱点かは不明だが、被害者の1人がマーローの胸に銃を撃った際、平然としていたことから弱点ではないと思われる。

 

※wikipedia参照

ラッキーナンバー7

ラッキーナンバー7 スペシャル・プライス [DVD]

 

ラッキーナンバー7』(ラッキーナンバーセブン、原題:Lucky Number Slevin )は、2006年公開のアメリカ映画。20年前の出来事をきっかけに、NYにやってきた不運な青年を軸に展開するサスペンス映画。

2人のマフィアのボスをモーガン・フリーマンとベン・キングズレーが演じ、暗殺者グッドキャットをブルース・ウィリスが演じる。

ストーリー

空港の待合室で、車椅子に乗った初老の男が若い男に、「カンザス・シティー・シャッフル(英語版)」を知っているか尋ね、それに関する昔話を始める。

遡ること20年前、ニューヨークの競馬場で興奮剤を使った八百長が計画され、偶然その情報を知った男・マックスはノミ屋から2万ドルを借金して、7番の馬に賭ける。しかし、その馬はゴール直前で転倒し失格に。借金が返せなくなったマックスは、ノミ屋の背後にいたギャングに拉致され、見せしめに妻子もろとも殺される。

現在。スレヴンという若い男が友人のニックを尋ねてニューヨークにやってくるが、ニックは部屋を留守にしている。スレヴンが勝手に部屋へ入ってシャワーを浴びていると、部屋にやってきたギャング二人組にニックと間違われ、裸のまま彼らの「ボス」のもとへ連れていかれる。ニックに多額の金を貸しているボスは、自分の息子が暗殺されたことに対する報復として、ライバル組織のリーダー「ラビ」の息子を暗殺するようニック(スレヴン)に強要する。スレヴンは人違いだと主張するが受け入れられず、諦めて暗殺を引き受ける。

しかし、ボスはプロの殺し屋・グッドキャットにも暗殺を依頼しており、ニック(スレヴン)を偽装工作の犠牲にする計画であることがほのめかされる。またグッドキャットはラビのもとにも顔を出す。ボスやラビの下に出入りするスレヴンを怪しいと感じたブリコウスキー刑事は彼を追い始め、ニックの隣室の女性監察医・リンジーはスレヴンが巻き込まれた事件の謎解きを始める。

そうした周囲に翻弄されつつも、ラビの息子に会って彼の部屋に招かれたスレヴンは暗殺を敢行。さらに、そこへやってきたグッドキャットと協力して、息子の護衛や事件現場を始末し、ボスとラビをも拉致・拘束する。実は、グッドキャットとスレヴンは共謀しており、両組織のノミ屋を殺して帳簿を奪ったのも、ボスの息子を暗殺したのも、二人の仕業だった。そして、20年前、当時は仲間だったボスとラビが八百長事件でマックスを殺したこと、マックスの子供を殺すよう命じられたグッドキャットはその子を連れてニューヨークを去ったこと、負けた馬の名は「ラッキー・ナンバー・スレヴン」であったことが明かされる。こうしてスレヴンと名乗る男は両親を殺した一味に復讐を遂げる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
スレヴィン ジョシュ・ハートネット 平田広明
グッドキャット ブルース・ウィリス 内田直哉
リンジー ルーシー・リュー 湯屋敦子
ボス モーガン・フリーマン 勝部演之
ラビ ベン・キングズレー 小川真司
ブリコウスキー スタンリー・トゥッチ 青山穣
ロス (ノミ屋) ダニー・アイエロ

※wikipedia参照

ブラック・ダリア

ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組 [DVD]

 

ブラック・ダリア』(The Black Dahlia)は、2006年のアメリカ合衆国の犯罪ミステリ映画。1947年にロサンゼルスで実際に起きた猟奇殺人事件「ブラック・ダリア事件」を題材としたジェイムズ・エルロイの同名小説(LA4部作の第一作目)を原作としている[2]。監督はブライアン・デ・パルマ。

全米公開に先駆けて2006年8月30日より開催の第63回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品、オープニング上映された。

ストーリー

刑事ブライカート(ジョシュ・ハートネット)は猟奇殺人事件の捜査で、大富豪の娘マデリン(ヒラリー・スワンク)と出会い、他に思う女性がいながらも、彼女に溺れていく。

 

 

キャスト

  • バッキー・ブライカート – ジョシュ・ハートネット(日本語吹替:森川智之)
  • ケイ・レイク – スカーレット・ヨハンソン(日本語吹替:高橋理恵子)
  • リー・ブランチャード – アーロン・エッカート(日本語吹替:大塚芳忠)
  • マデリン・リンスコット – ヒラリー・スワンク(日本語吹替:本田貴子)
  • エリザベス・ショート – ミア・カーシュナー(日本語吹替:岡寛恵)
  • ラス・ミラード – マイク・スター(日本語吹替:廣田行生)
  • ラモーナ・リンスコット – フィオナ・ショウ(日本語吹替:高島雅羅)
  • エメリット・リンスコット – ジョン・カヴァノー(日本語吹替:佐藤祐四)
  • マーサ・リンスコット – レイチェル・マイナー
  • エリス・ルー – パトリック・フィッシュラー
  • テッド・グリーン – トロイ・エヴァンス
  • シェリル・サッドン – ローズ・マッゴーワン(日本語吹替:朴璐美)
  • ジョージ・ティデン – ウィリアム・フィンレイ※wikipedia参照

シン・シティ

シン・シティ [Blu-ray]

 

シン・シティ』(原題:Sin City)は、2005年公開のアメリカ映画。監督は、フランク・ミラーとロバート・ロドリゲスの共同監督としてクレジットされているほか、特別ゲスト監督としてクエンティン・タランティーノが一部のシーン(後述)を担当している。

フランク・ミラーによるコミック『シン・シティ』を映画化したもので、原作での4つのエピソード (EP) を再構成し、相互に関連した3つの EP としてまとめられている。これら3つの EP は時系列が入れ替えられており、時系列順では、オープニング→EP.3→EP.1→EP.2→エンディングとなる。

全米週末興行収入成績初登場第1位(2005年4月1日-3日付)。R15+指定。

ストーリー

EP1「ハード グッバイ」

強面な大男であるマーヴは酒場でゴールディという美女と出会い、ホテルにて一夜を共にする。しかし彼が目を覚ますとゴールディは死んでおり、直後に警官隊が駆けつけてくる。

辛くもホテルから脱出したマーヴは、ゴールディを殺し自分を陥れた犯人に復讐すべく、保護観察官ルシールの助けを借りつつ犯人探しを始める。そして殺人鬼であるケビンとの戦い、ゴールディの双子の姉であるウェンディと出会ううちに彼は犯行を企てたのが国を裏から牛耳る有力者、ロアーク卿であることを突き止める。

EP2「ビッグ ファット キル」

恋人であるシェリーに手下と共にしつこく付きまとう男、ジャッキーボーイに対し、ドワイトはきつい制裁を加えて追い返すことに成功する。しかし、妙な胸騒ぎを覚えたドワイトは彼らの車を追いかける。

ジャッキーボーイはドワイトの元恋人であるゲイルが仕切る娼婦街へ赴く。彼はそこで見つけた娼婦ベッキーを無理やり連れて行こうとして拳銃を取り出すが、それは娼婦街のルールを破る行為であった。ルールを破った彼は娼婦街を警備する殺人兵器ミホによって手下もろとも殺害されてしまう。ところがそこでジャッキーボーイの正体は刑事であることが分かり、ゲイルたちはお互い干渉せずという警察とのルールを破ってしまう。

ドワイトは娼婦街を救うため証拠の隠滅を図るが、娼婦街を手に入れようとするマヌート一味が彼を狙う。

本 EP 内、ドワイトが車を運転中、助手席に座らせたジャッキーボーイの死体が喋りかけてくるという幻覚を見るシーンが、タランティーノが監督したシーンである。

EP3「イエロー バスタード」

心臓に持病を持つ刑事ハーティガンは、連続幼女殺人犯であるロアーク・ジュニアを追い詰めて重傷を負わせ、少女ナンシーを助けることに成功する。ところが相棒であるボブに裏切られ、撃たれて重傷を負ってしまう。そのうえ、ロアーク・ジュニアの父親であるロアーク議員によって連続幼女殺人の犯人にされ、刑務所に入れられてしまう。

それから8年後、刑務所から出たハーティガンはナンシーが再び狙われていることを知り、大人となった彼女に会いに行く。

再会を喜ぶ二人だがその近くには治療の副作用で醜く変貌したロアーク・ジュニア(イエローバスタード)が彼らを狙っていた。

キャスト

EP1「ハード グッバイ」のメイン登場人物

マーヴ
演 – ミッキー・ローク、日本語吹き替え – 安原義人
まるで超人ハルクのような風貌を持つ残忍な怪力男。殺し屋殺しを稼業としている。ゴールディの殺害者に対し復讐の念に燃える。
ゴールディ
演 – ジェイミー・キング
マーヴと一夜を共にした美しい娼婦。その翌日、何者かに殺害された。
ウェンディ
演 – ジェイミー・キング(二役)
ゴールディの双子の姉妹。ゴールディの殺害者に対し深い憎悪を持つ。
ルシール
演 – カーラ・グギノ、日本語吹き替え – 田中敦子
マーヴの保護観察官。マーヴの身体を安定する薬を持つ。レズビアン。
ケビン
演 – イライジャ・ウッド(セリフなし)
農場に住む殺人鬼。食人趣味を持つ。見た目は大人しそうな青年だが、マーヴを簡単に倒すほどの力を持つ。
ロアーク枢機卿
演 – ルトガー・ハウアー、日本語吹き替え – 大塚芳忠
アメリカを裏から牛耳っている聖職者。ケビンを寵愛しており、彼の非道な行為にも目をつぶっていた。

EP2「ビッグ ファット キル」のメイン登場人物

ドワイト
演 – クライヴ・オーウェン、日本語吹き替え – 堀内賢雄
娼婦街に顔が利くガンマン。過去に犯した罪から逃れるために、顔を整形し身を潜めていた。元恋人ゲイルと娼婦街のために戦う。
ゲイル
演 – ロザリオ・ドーソン、日本語吹き替え – 本田貴子
娼婦街の女王。娼婦を自立し武装させ、娼婦街のルールを作る。その為、娼婦街はマフィア・警察も介入出来なくなっている。
シェリー
演 – ブリタニー・マーフィ、日本語吹き替え – 魏涼子
ジャッキー・ボーイの元彼女。暴力を振るうジャッキー・ボーイに嫌気がさし、今はドワイトと交際している。
ミホ
演 – デヴォン青木(セリフなし)
娼婦街の女用心棒。二刀流と手裏剣と弓矢の使い手。
ベッキー
演 – アレクシス・ブレデル
娼婦街で娼婦として働く少女。腹黒い性格で、自分のためなら平気で他人を裏切る。母親には絶対に仕事を知られたくないと思っている。
ジャッキー・ボーイ
演 – ベニチオ・デル・トロ、日本語吹き替え – 山路和弘
本名「ジャック・ラファティー」。仲間4人を引き連れ悪事を行う悪徳警官。
マヌート
演 – マイケル・クラーク・ダンカン、日本語吹き替え – 銀河万丈
娼婦街の女たちを抹殺するために陰謀を図るマフィアの用心棒。右目が金色の義眼の大男。

EP3「イエロー バスタード」のメイン登場人物

ハーティガン
演 – ブルース・ウィリス、日本語吹き替え – 樋浦勉
額に「X」の傷跡を持つ老刑事。幼女連続殺人魔からナンシーを救おうと奮闘する。心臓病を患っている。
ナンシー
演 – ジェシカ・アルバ、日本語吹き替え – 小林沙苗
幼女連続殺人魔に命を狙われた少女。現在は魅力的に成長し、バーのダンサーをしている。
ボブ
演 – マイケル・マドセン、日本語吹き替え – 大塚明夫
ハーティガンの相棒。
ロアーク・ジュニア / イエロー・バスタード
演 – ニック・スタール、日本語吹き替え – 浪川大輔
幼女連続殺人魔でシン・シティの有力議員の息子。過去の治療の副作用で全身が不気味な黄色に変色し、身体からは悪臭を臭わせている。
ロアーク上院議員
演 – パワーズ・ブース、日本語吹き替え – 若本規夫
枢機卿の弟で街の有力議員。息子のジュニアをひどい目にあわせたハーティガンを憎み、彼に息子の罪を全て着せる。

その他

ザ・マン
演 – ジョシュ・ハートネット、日本語吹き替え – 森川智之
紳士に見せかけ女性をその気にさせてから殺す暗殺者。
神父
演 – フランク・ミラー(カメオ出演)
マーヴに尋問されたが、彼を怒らせたために殺害される。
※wikipedia参照

モーツァルトとクジラ

モーツァルトとクジラ [DVD]

 

モーツァルトとクジラ』は2005年に製作された恋愛映画である。

あらすじ

自閉症の一種であるアスペルガー症候群の症状を持つ主人公のドナルド(ジョシュ・ハートネット)。彼は、同じく障害を持つグレゴリー(ジョン・キャロル・リンチ)やグレイシー(ラスティ・シュウィマー)らと共に定期的に集会を開き互いをサポートする、自助グループのリーダーを務めている。ある日、その集会にイザベル(ラダ・ミッチェル)という名の美容師がやって来る。彼女は自分の障害を認めつつも、過去に持つ悲しい思い出を引きずっていた。イザベルは集会へ参加するうちに、不器用ながらも今まで知り合ったどの男とも違う優しさを持つドナルドに興味を抱き始める。一方のドナルドも、自由奔放だが魅力的で活発なイザベルに恋をし始め、二人は互いに距離を縮めていく。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ドナルド・モートン ジョシュ・ハートネット 内田夕夜
イザベル・ソレンソン ラダ・ミッチェル 岡寛恵
ウォレス ゲイリー・コール 加藤亮夫
ジャニス シーラ・ケリー
グレゴリー ジョン・キャロル・リンチ 石井隆夫
グレイシー ラスティ・シュウィマー 宮寺智子
スキーツ アレン・エヴァンジェリスタ
ブロンウィン エリカ・リーセン

※wikipedia参照

ホワイト・ライズ

ホワイト・ライズ [DVD]

 

ホワイト・ライズ』(原題: Wicker Park)は2004年に製作されたポール・マクギガン監督のアメリカ合衆国の映画である。1996年のフランス映画『アパートメント』(L’Appartement)のリメイク。

ホワイト・ライズは「方便」という意味。

ストーリー

結婚式を控えてニューヨークからシカゴに戻っていたエリートビジネスマンのマシューは、通りでかつての恋人、リサの姿を見つけた。リサを深く愛していたマシューだったが、2年前、リサは何も言わず突然姿を消してしまったのだった。マシューはリサのことが忘れられず、彼女の後を追ってシカゴの街を彷徨う。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
マシュー・サイモン ジョシュ・ハートネット 平田広明
アレックス ローズ・バーン 阿部桐子
リサ ダイアン・クルーガー 甲斐田裕子
ルーク マシュー・リラード 成田剣
レベッカ ジェシカ・パレ 弓場沙織
ダニエル クリストファー・カンズ 藤原啓治

※wikipedia参照

ハリウッド的殺人事件

ハリウッド的殺人事件 コレクターズ・エディション [DVD]

 

ハリウッド的殺人事件』(ハリウッドてきさつじんじけん、原題: Hollywood Homicide)は、2003年に公開されたハリウッド映画。

あらすじ

ロサンゼルス市内のクラブで銃撃事件が発生し、出番を終えたばかりのヒップホップグループ「H2Oクリック」のメンバーが殺害された。捜査担当となったジョー・ギャビランとK・C・コールデンは現場の状況から、銃撃事件がこのメンバーらを暗殺するためのものと断定し捜査をすすめていく。

ところが捜査はそう順調ではなかった。二人はそれぞれ悩みを抱えていたからだ。ギャビランは副業で不動産業を営んでいるが、抱えた物件が捌けずに苦しんでいた。コールデンはヨガ教室を営んでいてなかなかの副収入を得ており、また生徒の美女たちとそれなりに楽しい生活をすごしていたが、役者になると言う夢にこだわりを持っており、また銃の扱いが下手であるなど刑事としての才能のなさでも苦労していた。ギャビランはなんとか大きい取引を纏めたいと腐心し、コールデンは目前に迫った自主制作の舞台に向けて気が気でない。そんな二人にチャンスが訪れる。コールデンの教室に通う女性のツテで、自宅の豪邸を売りたいと言う大物プロデューサーと知り合うことができたのだ。ギャビランにしてみればこの取引を纏めれば、相当の手数料を手に入れることが出来る。一方で役者を目指すコールデンにしてみると、大物に自分の演技を見てもらうまたとない機会。捜査の傍ら訪れたプロデューサー宅で、ギャビランは72時間の独占交渉権を得る。またコールデンはとりあえず舞台のチケットとパンフレットをおいてくることに成功した。

本業(か副業か分からない)の捜査はというと、コールデンがH2Oクリックの解剖結果を知る為に訪れた検死所で進展が見られた。たまたまその日に収容されていた別の焼死体が、クラブで見つかった遺留品と同じピアスをつけており、また靴のサイズがクラブ銃撃事件の犯人のものと思われる足跡と一致したのだ。つまりH2Oクリック殺害犯が焼死したということになる。こうしてコールデンとギャビランは、副業と本業とを掛け持ちしつつ事件の真相に迫っていく。そこにはメジャーレーベルを巡る闇が存在していた。それと同時に、ギャビランを半分私怨で追いかける内務調査部のマッコに二人は振り回され、事件は文字通りドタバタの様相を呈するのだった。

キャスト

ロサンゼルス市警察

ジョー・ギャビラン
演 -ハリソン・フォード、声 -磯部勉
主役の一人。ハリウッド警察署強盗殺人課の刑事。副業で不動産仲介業を営んでいるが、全財産をつぎ込んで購入した物件が捌けなくて困っている。
K・C・コールデン
演 -ジョシュ・ハートネット、声 -宮本充
主役の一人でギャビランの相棒。副業でヨガ教室を営んでおり、これが好評で生徒は絶えない。しかも生徒は女優やモデルのように美しい女性ばかりで、彼女らと個人的に色々と楽しんでいる。さらに授業料は寄付扱いになるので非課税。ギャビランと比べれば恵まれた環境にいるが、本人は俳優になる夢を抱えており、これを何とか達成したいと願っている。金曜日にミニシアターで『欲望という名の電車』の座長公演を予定している。射撃能力は極めて低く、人型の訓練用標的を撃ってもまともに当たらない。
父親もロス市警の刑事だったが、潜入捜査中に殉職した。
レオン
演 -キース・デヴィッド
ギャビランとコールデンの直属の上司。ハリウッド警察署刑事課長。
プレストン
演 -アラン・デイル
ハリウッド警察署の署長。
ワンダ
演 -ルー・ダイアモンド・フィリップス
見た目は娼婦だが、実は女装した男性の刑事。娼婦を狙った連続暴行犯を検挙するために囮になっている。ギャビランとは旧知で、彼に捜査上のヒントを与える。
バーナード・”ベニー”・マッコ警部補
演 -ブルース・グリーンウッド、声 -森田順平
内務捜査課の刑事。以前、ギャビランに不当逮捕を立証されたことから、彼を私怨で追っている。またかつての恋人が今はギャビランと付き合っていることを知り、私怨はさらに燃え上がる。あだ名は「ザ・処刑人」。
ジャクソン刑事
演 -メレディス・スコット・リン
マッコの部下。

ジノ刑事

演 -トム・トドロフ
マッコの部下。
チャン検視官
演 -クライド・クサツ
コールデンが訪れた検視局の検視官。

事件関係者

K・ロー
演 -コラプト
H2Oクリック殺害事件の時に、現場で銃撃犯を目撃した人物。H2Oクリックの為に歌詞を書いていた。ビビると失禁する癖がある。
オリビア・ロビドー
演 -グラディス・ナイト、声 -田村聖子
元モータウンの歌手で、K・ローの母親。ギャビランとコールデンに、ハリウッドビジネスの闇を教える。
アントワン・サーティン
演 -イザイア・ワシントン
H2Oクリックが所属していたサーティンレコードの経営者。不正経理の前科がある。
リロイ・ワズリー
演 -ドワイト・ヨアカム
サーティンのアドバイザーで、元ロス市警の刑事。コールデンの父親が殉職した際、彼とコンビを組んで潜入捜査を行っていた。
ダニー・ブルーム
演 -ジェームズ・マクドナルド
サーティンの部下で警備担当。ロス市警の警官だったが、辞職してサーティンの専属になる。
銃撃犯「Z」
演 -ショーン・ウッズ
クラブでH2Oクリックを銃撃した犯人の一人。
銃撃犯「ジョーカー」
演 -アンソニー・マッキー
クラブでH2Oクリックを銃撃した犯人の一人。

主役二人の関係者

ルビー
演 -レナ・オリン、声 -弘中くみ子
ギャビランの恋人。霊能者で、ラジオのDJをやっているセレブ。彼に捜査のヒントを与える。以前マッコと付き合っていた。
クレオ・リカルド
演 -ロリータ・ダヴィドヴィッチ、声 -原奈津季
ホテトルの経営者でギャビランの情報屋。
ジュリアス・アーマス
演 -マスターP、声 -東地宏樹
銃撃事件のあったクラブの経営者。田舎から出てきて一儲けした。予定していた新居がダメになり、ホテル暮らしをしながら600万ドル程度の豪邸を探している。その事を知ったギャビランは、彼に豪邸を仲介しようとする。
ジェリー・デュラン
演 -マーティン・ランドー、声 -村松康雄
ハリウッドの大物プロデューサー。住まいの豪邸を売ろうと考えている。ギャビランはコールデンのセックスフレンドの紹介を経て、72時間の独占交渉権を獲得することに成功。それをジュリアスに売ろうと画策する。またコールデンは自分の演技を見てもらうため、公演のチケットを家に置いた。
シルク・ブラウン
演 -アンドレ・ベンジャミン
コールデンの高校時代の友人で、サーティンレコードに出入りしていた。

その他

マーティー・ホイーラー
演 -フランク・シナトラJr.
タクシー運転手
演 -スモーキー・ロビンソン

カメオ出演

ロバート・ワグナー
演 -ロバート・ワグナー
ジョニー・グラント
演 -ジョニー・グラント
有名人
演 -エリック・アイドル
買春で逮捕された有名人。連行されたハリウッド警察署で、パトロール警官相手に悪足掻きの言い訳をする。

※wikpedia参照

ブラックホーク・ダウン

ブラックホーク・ダウン [Blu-ray]

 

ブラックホーク・ダウン』(Black Hawk Down)は、2001年のアメリカの戦争映画。監督はリドリー・スコット、プロデューサーはジェリー・ブラッカイマー、主演はジョシュ・ハートネット。1993年に実際にソマリアでおこった壮烈な「モガディシュの戦闘」(米軍を中心とする多国籍軍とゲリラとの市街戦)を描いている。

「ブラックホーク」とは、米軍の多用途ヘリコプターUH-60 ブラックホークの強襲型、「MH-60L ブラックホーク」の事である。キャッチコピーは「あなたはこの戦争に言葉を失う。しかし、知るべき時が来た。」

あらすじ

 

1993年、国際世論におされた米軍は、民族紛争の続くソマリアへ派兵。内戦を終結させようと、最大勢力ババルギディル族を率いて和平に反対するアイディード将軍の副官2名を捕らえるため、約100名の特殊部隊を首都モガディシュへ強襲させた。

当初、作戦は1時間足らずで終了するはずだったが、作戦の開始直後にアイディード将軍派の民兵の攻撃により、2機のヘリコプター、UH-60 ブラックホークがRPG-7によって撃墜されてしまう。

敵地の中心へ仲間たちの救出に向かう兵士らは、泥沼の市街戦に突入していく。

出演

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版 TV版
レンジャー第4チョーク班長マット・エヴァーズマン二等軍曹 ジョシュ・ハートネット 竹若拓磨 平田広明
同ジョン・グライムズ特技下士官 ユアン・マクレガー 森川智之
車輌部隊指揮官ダニー・マクナイト中佐 トム・サイズモア 岩崎ひろし 立木文彦
デルタフォースの古参兵ノーマン”フート”ギブソン一等軍曹 エリック・バナ 山野井仁 山路和弘
同上ジェフ・サンダーソン一等軍曹 ウィリアム・フィクトナー 牛山茂 大塚芳忠
作戦の指揮官ウィリアム・F・ガリソン(英語版)少将 サム・シェパード 有本欽隆 津嘉山正種
レンジャー隊員トッド・ブラックバーン上等兵 オーランド・ブルーム 川村拓央 平川大輔
ショーン・ネルソン特技下士官 ユエン・ブレムナー 青山穣 檀臣幸
ランス・トゥオンブリー特技下士官 トム・ハーディ 坪井智浩
スーパー64 パイロット、マイク・デュラント(英語版)准尉 ロン・エルダード 木村雅史 成田剣
スーパー61 パイロット、クリフ・”エルヴィス”・ウォルコット准尉 ジェレミー・ピヴェン 中博史
スーパー61 パイロット、マイク・ゴフィーナ准尉 ボイド・ケストナー 吉田孝
カート・シュミッド衛生兵 ヒュー・ダンシー 斉藤次郎 加瀬康之
ジョン・ビールズ中尉 ヨアン・グリフィズ 飯島肇
ジェフ・ストルッカー二等軍曹 ブライアン・ヴァン・ホルト 根本泰彦
ジョン・ワッデル二等兵 イアン・ヴァーゴ 原沢勝広 高瀬右光
スコット・ギャレンタイン三等軍曹 グレゴリー・スポーレダー 咲野俊介
ロレンゾ・ルイス三等軍曹 エンリケ・ムルシアーノ 土田大
レンジャー地上部隊指揮官マイク・スティール(英語版)大尉 ジェイソン・アイザックス 石住昭彦 菅生隆之
デルタフォースの狙撃兵ランディ・シュガート(英語版)一等軍曹 ジョニー・ストロング 川中子雅人
同上ゲイリー・ゴードン曹長 ニコライ・コスター=ワルドー 清水敏孝 宇垣秀成
トム・マシューズ中佐 グレン・モーシャワー 辻親八 水野龍司
オスマン・アット(英語版) ジョージ・ハリス 大友龍三郎
フィリンビ トレヴァ・エチエンヌ 斎藤志郎
ゲイリー・ハレル中佐 ジェリコ・イヴァネク 谷昌樹 後藤敦
ジョー・クリッブス中佐 スティーブン・フォード 仲野裕
マイク・カース特技兵 ガブリエル・カソーズ 三宅健太
ダニエル・ブッシュ一等軍曹 リチャード・タイソン 遠藤純一 羽多野渉
ドノヴァン・ブライリー准尉 パベル・ボーカン 滝知史
ジェイミー・スミス伍長 チャーリー・ホフハイマー 平川大輔 河本邦弘
エド・ユーレク二等軍曹 トム・グアリー 江川大輔 小野大輔
ドミニク・ピラ三等軍曹 ダニー・ホック 佐藤晴男
救難員ティモシー・A・ウィルキンソン タイ・バレル 小形満
クース 乃村健次
シュガートの妻 杉本ゆう 登場シーンカット

※wikipedia参照

1 2