Category Archives: ジェイミー・フォックス

荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜

荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~ [Blu-ray]

 

荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜』(原題: A Million Ways to Die in the West)は、2014年にアメリカ合衆国で製作された西部劇コメディ映画。セス・マクファーレンが監督・制作・脚本・主演を務めた。共演はシャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、ニール・パトリック・ハリス、ジョヴァンニ・リビシ、サラ・シルバーマン、リーアム・ニーソン。

ストーリー

西部開拓時代のアリゾナ州。そこは日夜男たちが命を奪いあう恐ろしい場所だった。だが、そこに暮らす羊飼いのアルバートは、荒んだ時代とは対照的に内気で貧弱なダメ男であった。ある日、酒場での乱闘に巻き込まれたアルバートは、美しい女ガンマンのアナと出会い、二人は恋に落ちる。しかし、実はアナにはクリンチという夫がおり、クリンチは西部に悪名をとどろかす極悪非道なガンマンだった。アナを追って町に現れたクリンチは、自分がいない間に妻とキスした男を探し出し殺害すると予告する。絶体絶命のアルバートは、アナを逃がし、自分も町を逃げ出そうとするのだった。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • アルバート – セス・マクファーレン(森川智之)
  • アナ – シャーリーズ・セロン(本田貴子)
  • ルイーズ – アマンダ・セイフライド(小島幸子)
  • クリンチ – リーアム・ニーソン(石塚運昇)
  • エドワード – ジョヴァンニ・リビシ(落合弘治)
  • フォイ – ニール・パトリック・ハリス(咲野俊介)
  • ルース – サラ・シルバーマン(雨蘭咲木子)
  • ジョージ・スターク – クリストファー・ヘイゲン
  • コーチース – ウェス・ステューディ
  • 老いた探鉱者 – マット・クラーク(英語版)
  • ルイス – エヴァン・ジョーンズ
  • ベン – アーロン・マクファーソン
  • 保安官/ナレーター – レックス・リン
  • チャーリー・ブランシェ – ブレット・リッカビー
  • ミリー – アレックス・ボースタイン
  • ダン – ラルフ・ガーマン
  • ウィルソン牧師 – ジョン・アイルウォード(英語版)
  • ハーパー医師 – ジェイ・パターソン
  • マーカス・ソーントン – アミック・バイラム(英語版)
  • スネークオイルのセールスマン – デニス・ハスキンズ(英語版)
カメオ出演
  • ドク・ブラウン – クリストファー・ロイド
  • エイブラハム・リンカーン – ギルバート・ゴットフリード
  • 市場のカウボーイ – ユアン・マクレガー
  • ダンディ#1 – ジョン・マイケル・ヒギンズ
  • ジャンゴ – ジェイミー・フォックス(クレジットなし)
  • コメディアン – ビル・マー(クレジットなし)
  • バーで殺されるカウボーイ – ライアン・レイノルズ(クレジットなし)
  • 羊の声 – パトリック・スチュワート(クレジットなし)

※wikipedia参照

ジャンゴ 繋がれざる者

ジャンゴ 繋がれざる者 ブルーレイ&DVDコンボ(初回生産限定) (2枚組) [Blu-ray]

 

ジャンゴ 繋がれざる者』(Django Unchained)は、クエンティン・タランティーノ監督による西部劇映画である。出演はジェイミー・フォックス、レオナルド・ディカプリオ、クリストフ・ヴァルツである。2012年12月25日に全米公開された[5][6]。ヴァルツは、本作で同監督の『イングロリアス・バスターズ』以来、2度目となるアカデミー助演男優賞を受賞した。

あらすじ

ディープサウス。解放奴隷のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)がドイツ系賞金稼ぎのドクター・キング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)と共に、サディスティックでフランスかぶれの農場主カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)に立ち向かい、奪われた妻のブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を救おうとする。

 

キャスト

  • ジェイミー・フォックス – ジャンゴ[7][8]
  • クリストフ・ヴァルツ – ドクター・キング・シュルツ
  • レオナルド・ディカプリオ – カルヴィン・J・キャンディ[8]
  • ケリー・ワシントン – ブルームヒルダ・ヴォン・シャフト[9]
  • サミュエル・L・ジャクソン – スティーヴン[10]
  • ウォルトン・ゴギンズ – ビリー・クラッシュ
  • ドン・ジョンソン – スペンサー・”ビッグ・ダディ”・ベネット[11]
  • ローラ・カユーテ – ララ・リー・キャンディ=フィッツウィリー
  • デニス・クリストファー – レオニード・モギー[12]
  • ジェームズ・ルッソ – ディック・スペック
  • ジェームズ・レマー – エース・スペック[13][14]
  • トム・ウォパット – マーシャル・ギル・テイタム[14]
  • ミスティ・アッパム – ミニー[15]
  • レックス・リン – テネシー・ハリー
  • クーパー・ハッカビー – ロジャー
  • ドク・デュハム – エリス
  • M・C・ゲイニー – ビッグ・ジョン・ブリットル
  • ブルース・ダーン – カーティス
  • ネッド・ベラミー – ウィルソン
  • フランコ・ネロ – アメリゴ・バセッピィ[16]
  • ジョナ・ヒル – ランディ[17]
  • ゾーイ・ベル – 女性トラッカー
  • ロバート・キャラダイン – トラッカー・レックス
  • ジェームズ・パークス – トラッカー
  • トム・サヴィーニ – トラッカー・チェニー[18]
  • マイケル・パークス – レクィント・ディッキー鉱業社の従業員
  • クエンティン・タランティーノ – レクィント・ディッキー鉱業社の従業員

※wikipedia参照

モンスター上司

モンスター上司 [Blu-ray]

 

モンスター上司』(原題: Horrible Bosses)は、2011年のアメリカ合衆国のブラックコメディ映画。

あらすじ

 

バーに集ったニックとデイル、カートの3人は、上司たちに悩まされていると話し合っているうちに、上司たちを始末するという結論に達した。 そこへ、元詐欺師のディーンが現れ、彼らに協力すると名乗りを上げた。 かくして、ディーンのアドバイスの元”上司排除計画”が立てられたが、その計画には穴があった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
BD・DVD
ニック・ヘンドリックス ジェイソン・ベイトマン 桐本琢也
デイル・アーバス チャーリー・デイ 高木渉
カート・バックマン ジェイソン・サダイキス 遠藤純一
Dr. ジュリア・ハリス ジェニファー・アニストン 浅野まゆみ
ボビー・ペリット コリン・ファレル 岩崎ひろし
デイヴ・ハーケン ケヴィン・スペイシー 仲野裕
ジャック・ペリット ドナルド・サザーランド 有本欽隆
ディーン・MF・ジョーンズ ジェイミー・フォックス 志村知幸
水仕事の男 ヨアン・グリフィズ
ルー・シャーマン ボブ・ニューハート

※wikipedia参照

 

ブルー 初めての空へ

ブルー 初めての空へ [Blu-ray]

 

ブルー 初めての空へ』(原題: Rio )は、2011年のアメリカの3DCGによる3Dアニメ映画。絶滅危惧種のアオコンゴウインコを主人公としたアドベンチャー・ファンタジー。原題は、物語の舞台であるブラジルのリオ・デ・ジャネイロを意味する。3D作品ではあるが、日本では2D上映のみとなった。

ストーリー

アメリカで、本屋を経営している優しい飼い主の下で悠々自適に暮らしていた青いインコ・ブルー。ある日彼は、客として来店した鳥類学者によって絶滅危惧種のインコであることを告げられる。絶滅を防ぐために、飼い主と共に学者の研究所があるブラジルのリオ・デ・ジャネイロに向かうことになる。そこで彼はお嫁さん候補のジュエルと出会うが、彼女はブルーと性格が正反対で強気なインコだったのである。そんな2羽を付け狙う密猟者が出現し…。

キャスト

※動物は鳥たちを含む。

役名 俳優 日本語吹替 動物
ブルー ジェシー・アイゼンバーグ 山口勝平 アオコンゴウインコ
ジュエル アン・ハサウェイ 恒松あゆみ アオコンゴウインコ
リンダ レスリー・マン 石津彩 ヒト
チュリオ ロドリゴ・サントロ 真殿光昭 ヒト
ニコ ジェイミー・フォックス 山路和弘 キイロカナリア
ペドロ ウィル・アイ・アム 泉拓真 コウカンチョウ
ナイジェル ジェマイン・クレメント 内田直哉 キバタン
ラファエル ジョージ・ロペス 宝亀克寿 オオハシ
ルイズ トレイシー・モーガン 伊丸岡篤 イヌ
フェルナンド ジェイク・T・オースティン 本城雄太郎 ヒト
マルセル カルロス・ポンス 斎藤志郎 ヒト

※wikipedia参照

デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜

デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~ [Blu-ray]

 

デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜』(原題: Due Date)は、2010年公開のアメリカ映画。トッド・フィリップス監督によるコメディ・ロードムービーで、ロバート・ダウニー・Jrとザック・ガリフィアナキスが出演する。

ストーリー

仕事でアトランタに来ていたピーター・ハイマン(ロバート・ダウニー・Jr)は、妻の出産に立ち会うため飛行機でロサンゼルスへ帰ろうとするが、俳優志望のイーサン・トレンブレー(ザック・ガリフィアナキス)とのトラブルに巻き込まれ飛行機の搭乗拒否リストに載ってしまう。

身分証明書の入った財布を機内に忘れたピーターは、イーサンが借りたレンタカーに乗りロサンゼルスへ帰ることになるが、全く気が合わないイーサンのおかげで行く先々でトラブルの連続。果たしてピーターは妻の出産に立ち会うことが出来るのであろうか。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ピーター・ハイマン ロバート・ダウニー・Jr 藤原啓治
イーサン・トレンブレー ザック・ガリフィアナキス 遠藤純一
サラ・ハイマン ミシェル・モナハン よのひかり
ハイジ ジュリエット・ルイス 藤貴子
ダリル・ジョンソン ジェイミー・フォックス 楠大典
ロニー(ウエスタンユニオン職員) ダニー・マクブライド
マーシャル(空港職員) RZA
バリー トッド・フィリップス 桐本琢也
アラン・ハーパー ジョン・クライヤー
チャーリー・ハーパー チャーリー・シーン

※wikipedia参照

バレンタインデー

バレンタインデー [Blu-ray]

 

バレンタインデー』(原題: Valentine’s Day)は、2010年のアメリカ映画。ゲイリー・マーシャル監督による群像劇。

ストーリー

花屋を営む男リードは、同棲中の恋人モーリーに朝一番でプロポーズをする。しかし、笑顔で婚約指輪を受け取ったモーリーだったが、彼が出かけた後に部屋の荷物をまとめ始め……。飛行機でたまたま隣り合わせたホールデンとケイト。男は洗練された物腰が魅力的な30代。女は11ヶ月ぶりに一晩だけ、ロサンゼルスでの滞在許可が出た軍人。会話を交わすうちに意気投合する二人だったが、共に目的地には意外な相手が待っていて……。理想の男性ハリソンと出会い、幸せいっぱいの小学校教師ジュリア。しかし仕事で出張に行くというハリソンは、空港ではないある別の場所へと向かっていた……。結婚五十年を過ぎても変わらぬ愛を誓い合うエドガーとエステルの老夫婦。だが、よりによってこの日、妻は夫に重大な告白を始めて……。有名アメフト選手ショーンのマネージャーを務めるカーラは、今年も主催予定の“バレンタインデーなんか大嫌いだパーティ”の参加者が、いまだゼロと知り自暴自棄になる。そんな彼女に取材目的で近づいたスポーツキャスター、ケルヴィンだったが、彼女がバレンタインデーを嫌う理由を知ると……。グレースとアレックスは高校生のカップル。二人はバレンタインデーに初体験をすませようと計画している。彼女の実家の彼女の部屋で、ひとり初体験を盛り上げる演出を準備するアレックスだったが、そのとき突然彼女の母親が帰宅して……。母親と久しく離れ離れになっている小学生の少年、エディソン。同じ小学校にいる女の子に恋をした彼は、バレンタインデーの昼休みに、学校まで花束を届けてもらおうとするが……。初めて一夜を共にしたばかりのジェイソンとリズ。バレンタインのディナーを約束する二人だったが、彼女のほうには彼に伝えていないある秘密があった……。

さまざまな男女の、それぞれのバレンタインデーを、グランド・ホテル形式で描いたラブコメディ。

キャスト

メインキャスト(アルファベット順)

役名 俳優 日本語吹替
モーリー・クラークソン(リードの恋人) ジェシカ・アルバ 東條加那子
スーザン・モラレス(テレビ局スタッフ) キャシー・ベイツ 斉藤貴美子
カーラ・モナハン(ショーンのパブリシスト) ジェシカ・ビール 本田貴子
ホールデン・ウィルソン(飛行機の乗客) ブラッドレイ・クーパー 宮内敦士
ショーン・ジャクソン(NFL選手) エリック・デイン 藤真秀
ハリソン・コープランド(医者) パトリック・デンプシー 田中完
エドガー・パディントン(エステルの夫) ヘクター・エリゾンド 高桑満
ケルヴィン・ムーア(スポーツキャスター) ジェイミー・フォックス 世古陽丸
ジュリア・フィッツパトリック(小学校教師) ジェニファー・ガーナー 園崎未恵
ジェイソン・モリス(郵便係) トファー・グレイス
リズ・カラン(秘書) アン・ハサウェイ 小松由佳
アレックス・フランクリン(高校生) カーター・ジェンキンス
リード・ベネット(花屋の店員) アシュトン・カッチャー
ポーラ・トーマス(リズの上司) クイーン・ラティファ
ウィリー・ハリントン(高校生) テイラー・ロートナー
アルフォンソ・ロドリゲス(花屋のオーナー) ジョージ・ロペス
エステル・パディントン(エドガーの妻) シャーリー・マクレーン 沢田敏子
グレース・スマート(高校生/エディソンの子守) エマ・ロバーツ
ケイト・ヘイゼルタイン(飛行機の乗客/軍人) ジュリア・ロバーツ 田中敦子
エディソン(小学生) ブライス・ロビンソン
フェリシア・ミラー(高校生) テイラー・スウィフト

※wikipedia参照

完全なる報復

完全なる報復 Blu-ray

 

完全なる報復』(かんぜんなるほうふく、原題: Law Abiding Citizen)は、2009年のアメリカ合衆国のサスペンス映画。

ストーリー

ペンシルベニア州フィラデルフィア。そこで暮らすクライド・シェルトンは幾つかの特許を持つエンジニアであり、愛する妻と幼い娘と共に幸せな家庭を築いていた。そんなある日、一家の下に強盗が現れ、妻と娘は惨殺され、クライドも重傷を負ってしまう。やがて犯人の二人組は警察に逮捕されるも、有罪に持ち込めるほどの決定的な証拠がなく、裁判は難航する。この事件を担当している検事のニック・ライスは、この状況を打開するべく、犯人の一人と司法取引を行い、有罪へと繋がる決定的な証言を得ることに成功。犯人の一人は死刑判決が下ったが、証言したもう一人の罪は、大幅に軽減されてしまう。当然これに納得のいかないクライドだったが、彼の力ではどうする事も出来ないのだった。それから10年後、死刑判決を受けていた犯人の1人が死刑執行となったが、犯人はニックらの目の前で通常とは違う薬物を使用され、全身から出血しながら死亡する。それはクライドによる復讐劇の始まりだった。

減刑されて死刑を免れていたもう一人の犯人がクライドの家族を殺害する時に言い放った言葉が死刑に使用する装置に刻まれていたことから、ニックらはその男を確保しに行くも、男は警官に変装したクライドの罠にかかって誘導された挙句拉致され、様々な延命措置を施された上で生きままに解体されるという残虐な方法でクライドに殺害される。警察は男が殺害された倉庫の所有者がクライドであることを割り出し、刑事のダニガン捜査官らと共に容疑者としてクライドを逮捕することにする。逮捕に駆け付けた警察に対して自ら全裸になり、娘の形見である手作りのブレスレット以外なにももたずに無抵抗で逮捕されたクライドは最初はニックの尋問に対してあっさりと殺害を自白したかに見えたが、言葉のあやを巧みに利用して法廷で利用できないようにしており、本当に自白してほしければ自分の房に質のいい新しいマットレスをくれ、と取引を持ちかける。当初は馬鹿にされてると相手にしなかったニックであったが、家族の元にクライドが倉庫での殺害映像をあらかじめ送りつけており、それを娘が見てしまったことを知ると取引に応じることにする。ニックらはクライドの経歴を洗うがここ10年間の記録は全く白紙といってよく、ニックの部下であるサラの調べで分かったことはクライドはフィラデルフィアに複数の工業用地を購入しているがパナマの会社に名義をうつして所在が分からないことと、なぜか米国防総省からクライドの口座に入金が行われていたことであった。

クライドは弁護士の権利を放棄したうえで保釈の申請を行う。ニックや判事の前で当初は真っ当で誠実な弁論を行い、まともな証拠がないニックは劣勢に立たされ、クライドは判事から信頼を得て保釈申請の許可が降りるも判事がそれを口にしたとたん豹変し、殺人犯を簡単に釈放させようとする判事を口汚く罵る。判事はかつてクライドの家族を殺した犯人の男の減刑を決した者だった。

クライドの保釈申請は却下されるがクライドは意気揚々としており、ニックにマットレスの件の対価として殺人を自白した。これで事件は終わりとニックが去ろうとした矢先、クライドは新たな取引を持ちかける。Tボーンステーキなど豪勢な昼食とを要求し、午後1時までにそれが届かない場合はクライドの家族を殺した犯人らの弁護を担当した弁護士を殺す、というものだった。ニックらが調べるとその弁護士は数日前から行方不明となっており、クライドは取引に応じるなら居場所を伝えるという。ニックらは約束通りTボーンステーキを注文するが刑務所の所長らが食事の検査を長引かせたことから約束の時間に届けられず、クライドから場所を伝えられてニックらはそこにかけつけた時には弁護士は地面に埋められた箱の中に生き埋めにされてすでに死亡していた。彼は箱の中で拘束された状態で酸素ボンベと栄養剤の点滴に繋がれ、午後1時15分に酸素が断たれて窒息死するようにされており、もし、1時までにクライドに食事を届けて場所を聞き出せていたら助けることができたということが判明する。一方、クライドは同じ房の囚人と共に届けられた食事を共に食べるなど意気投合するかに見えたが、突然Tボーンステーキの骨を使って囚人を殺害し、独房に隔離される。

ニックらはクライドが国防総省から金を受け取っていた件を調べて行くうちに、部下であるサラの協力者からクライドを知る国防総省に属するスパイを職とする男とコンタクトを上司であるジョナスと共に取ることに成功する。その男曰く、クライドも実はスパイであり、とりわけ、小型機器を利用して自分の手を汚さずに要人暗殺を行うエキスパートであるという。クライドは天性の策略家で独房に入れられていることにも意味があり、もし彼の凶行を止めたければ今すぐ殺害するしかないといって男は去った。

ニックとジョナスは判事に面会し、クライドの更なる拘束を行うための手続きを行うように申し出る。判事はそれを了承するが、直後に判事が手にしていた携帯電話が爆発し、ニックらの眼前で判事は頭を吹き飛ばされて死亡する。ニックはクライドと再度面会し、凶行を止めようと説得するが、クライドは自分の行いは単純な復讐ではなく今の司法制度への挑戦であると態度を変えないどころか、翌朝6時までに自分にかかっている告訴をすべて取り下げ、釈放しない場合は事件に関わった関係者をすべて殺害すると最後通告を行った。ニックはそれを拒否し、予定の時間をすぎてもなにも起きなかったため一同が安心した直後、一時休息を取ろうとして乗用車で帰宅しようとしたサラを含めたニックの部下ら数名があらかじめ仕掛けられた爆弾によってニック、ジョナスの眼前で爆殺される。さらに、サラら部下たちの葬儀を終え、墓地から去ろうとしたニック一向を今度は重機関銃や対戦車火器を搭載した無人の自走兵器が襲撃し、ジョナスとその護衛たちが命を落としてしまう。

なぜ、独房に隔離されているクライドにこのようなことができるのか? 共犯者がいるのか? 捜査陣は手掛かりをつかめず、ニックは自分の過去の行いで信頼できる部下や上司を失った自責の念から辞職を申し出るがフィラデルフィア市長は犯罪者に屈するべきではないとそれに応じず、ニックをジョナスの後任とし、非常事態宣言を出して厳戒態勢を敷く。

ニックは亡くなったサラの協力者より入手した資料でクライドが購入した工業用地の詳細を調べていくとその購入した土地がクライドが入っている刑務所を取り囲む用に買われていたことを突き止める。ダニガンらと共にその中の一つである工場を調べると工場の地下には弾薬や爆薬、変装用の様々な着衣の他、トンネルが張り巡らされており、それらはすべての独房に通じていた。クライドは10年の歳月をかけ、刑務所の抜け道を作り上げていた。刑務所から出るためにわざと囚人を殺害して自らを隔離させ、自由に出入りしていたのである。

ニックらは更に地下にてフィラデルフィア市庁舎の会議室などを映した監視ビデオ映像を見つける。クライドは今までも清掃員になり済まして市庁舎に幾度となく侵入を続けて建物の内部に精通しており、自作のナパーム爆薬を用いて市庁舎を市長ら重役と共に吹き飛ばそうとしていた。爆発物処理に長けるダニガンの部下によって爆弾を発見するとニックらはある計画を考える。それは本来、法の番人である彼が行ってはいけないことであったがダニガンらも承諾する。

ニックらに秘密がばれたことを知らないクライドが独房へ戻るとそこにはニックがいた。クライドは驚きながらもニックを称賛。ニックはクライドに自分はもう二度と殺人犯と司法取引をしないと誓うと爆破をやめる様に言う。その選択がお前の将来を決める、と。クライドは自分の行いは無駄ではなかったと苦笑しながらも爆破の遠隔操作のスイッチを入れる。するとニックは素早く独房から出て檻を閉めるとクライドに爆弾を独房のベッドの下に移動させたことを伝え、踵を返した。ダニガンらにより抜け道への扉をふさがれ、爆弾はニックらによって固定され、起動した時限装置の解除ができなくなったクライドはどうすることもできなくなり、諦めてその場に腰掛け、娘の遺品であるブレスレットを取りだす。それを見つめながらクライドは自分で作成した爆弾の炎に包まれ、自ら命を落とすのであった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ニック・ライス ジェイミー・フォックス 藤原啓治
クライド・シェルトン ジェラルド・バトラー 森田順平
ジョナス・キャントレル ブルース・マッギル 楠見尚己
サラ・ローウェル レスリー・ビブ 恒松あゆみ
ダニガン捜査官 コルム・ミーニイ 中村浩太郎
市長 ヴィオラ・デイヴィス 林りんこ
ケリー・ライス レジーナ・ホール さがらえみ

※wikipedia参照

路上のソリスト

路上のソリスト [DVD]

路上のソリスト』(原題: The Soloist)は、2009年のアメリカ映画。『ロサンゼルス・タイムズ』紙の記者スティーヴ・ロペスがホームレスの音楽家ナサニエル・エアーズとの交流を綴った連載コラムを映画化。

ストーリー

ロサンゼルス・タイムズ紙にて、コラム「西の視点(ポインツ・ウエスト)」を連載している記者スティーヴ・ロペス(ロバート・ダウニー・Jr)。ある日彼は、路上で弦が2本しかないヴァイオリンを弾くナサニエル・エアーズ(ジェイミー・フォックス)と出会う。ナサニエルはジュリアード音楽院に在籍したことがあるチェロ演奏者だが、現在はホームレスになっていた。そんな彼に興味を覚えたロペスは、彼の生い立ちを記事に連載する。しばらくして、ナサニエルに同情した読者から、彼宛てにチェロが届く。ロペスはそれを餌にナサニエルを「更生」させようとする。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ナサニエル・エアーズ ジェイミー・フォックス 大塚明夫
スティーヴ・ロペス ロバート・ダウニー・Jr 藤原啓治
メアリー・ウェストン キャサリン・キーナー 藤生聖子
グラハム・クレイドン トム・ホランダー 高宮俊介
ジェニファー・エアーズ・ムーア リサ・ゲイ・ハミルトン 松岡洋子
デヴィッド・カーター ネルサン・エリス
レスリー・ブルーム レイチェル・ハリス
カート・レイノルズ スティーヴン・ルート
フロ・エアーズ ロレーヌトゥーサン
若い頃のナサニエル ジャスティン・マーティン
通勤している女性 アンジェラ・フェザーストーン

※wikipedia参照

キングダム/見えざる敵

キングダム/見えざる敵 [Blu-ray]

 

キングダム/見えざる敵』(キングダム みえざるてき 原題: The Kingdom)は、2007年公開のサスペンス映画。サウジアラビアの外国人居住区爆破事件をきっかけにしたFBI捜査官の戦いを描く。劇中の事件は架空のものだが、1996年6月26日に起きたホバル・タワー爆破事件(英語版)、及び2003年5月12日のリヤド居住区爆破事件(英語版)を基に製作された。

2007年8月22日にエディンバラ国際映画祭でサプライズ上映された[2]

ストーリー

サウジアラビアの首都リヤドの外国人居住区で、警察官に扮装したテロリスト達が銃器と爆発物で襲撃する事件が発生し、100人以上の死者が出た。死者の中にはFBI捜査官のフランもいた。

FBIはロナルドら4人の捜査官を5日間という期限付きで現地へ送る。彼らは歓迎される存在ではなかったが、サウジアラビアのアル・ガージー大佐と部下のハイサム軍曹の協力を得る。彼らはアルカイダの一員であるアブ・ハムザが率いるグループに目星を付け、捜査をしてゆく。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ロナルド・フルーリー ジェイミー・フォックス 高木渉
ジャネット・メイズ ジェニファー・ガーナー 安藤麻吹
グラント・サイクス クリス・クーパー 菅生隆之
アダム・レビット ジェイソン・ベイトマン 大川透
ファーリス・アル・ガージー警察大佐 アシュラフ・バルフム 村治学
ハイサム警察軍曹 アリ・スリマン
デーモン・シュミット ジェレミー・ピヴェン
ロバート・グレイス リチャード・ジェンキンス
エレイン・フラワー記者 フランシス・フィッシャー
ギデオン・ヤング司法長官 ダニー・ヒューストン
フラン カイル・チャンドラー
アブドゥルマーリク准将 マフムード・サイード
アフマド・ビン・ハーリド王子 オマル・ベルドゥーニ
アブ・ハムザ ヘズィ・シッディーク

※wikipedia参照

マイアミ・バイス

マイアミ・バイス [Blu-ray]

 

マイアミ・バイス』(Miami Vice)は、2006年のアメリカ映画。1984年から1989年にかけてアメリカ合衆国で放映していた『特捜刑事マイアミ・バイス』の映画版。

監督はマイケル・マン。テレビシリーズ時に、自ら脚本や製作総指揮などを担当していたことが監督起用となった理由とされている。

ストーリー

マイアミデイド警察特捜課(バイス)に所属しているソニー・クロケットとリカルド・タブスの2人が使っている情報屋の家族が殺され、情報屋自身も自殺するという事件が発生。それと同時に、FBIの潜入捜査官3名が潜入捜査中に殺害される。

合衆国司法機関の合同捜査の情報が漏洩している可能性があると判断したFBIのフジマは、ソニーとタブスに面が割れていない事から組織に運び屋として接触し、情報漏洩ルートの割り出しを要請。2人はすぐにコロンビアへ行き、組織の幹部ホセ・イエロと接触し、麻薬密輸ビジネスの話を始めるが、信用してもらえない。

しかし、同席していたイザベラがイエロを説得し、無事に組織の運び屋として潜入する。ソニーとイザベラは接近していくうちに愛が芽生えるが・・・。

出演

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD・BD TV
ジェームズ・ソニー・クロケット コリン・ファレル 松本保典 堀内賢雄
リカルド・タブス ジェイミー・フォックス 天田益男 小山力也
イザベラ コン・リー 安藤麻吹 深見梨加
トゥルーディー・ジョプリン ナオミ・ハリス 高乃麗 岡本麻弥
ジーナ・ナバーロ・カラブリーゼ エリザベス・ロドリゲス 浅野まゆみ 芝原チヤコ
ホセ・イエロ ジョン・オーティス 村治学 家中宏
モントーヤ ルイス・トサル 磯部勉
マーティン・カステロ バリー・シャバカ・ヘンリー 石田圭祐
アロンゾ ジョン・ホークス
ニコラス エディ・マーサン
ラリー・ジート ジャスティン・セロー
スタン・スワイテク ドメニク・ランバルドッツィ
ジョン・フジマ キアラン・ハインズ 水野龍司 菅生隆之

※wikipedia参照

1 2 3