Category Archives: ケビン・コスナー

ドラフト・デイ

ドラフト・デイ [Blu-ray]

 

ドラフト・デイ』(原題:Draft Day)は2014年にアメリカ合衆国で製作されたドラマ映画で、NFLドラフトを題材にしている。監督はアイヴァン・ライトマン、主演はケビン・コスナーが務める。

あらすじ

2014年のNFLドラフトの日、一位に選ばれるのはウィスコンシン大学のクォーターバックでハイズマン賞を受賞した、ボー・キャラハンであろうという見方が大勢を占めていた。クリーブランド・ブラウンズのゼネラルマネージャーを務めるソニー・ウィーヴァー・ジュニアは17回のドラフトに参加し、選手との交渉権を獲得してきたベテランである。その父親であるソニー・ウィーヴァー・シニアはブラウンズのコーチを務めていたが、息子に解雇されてドラフトの1週間前に亡くなった。呆然としたままドラフトに臨んだ、ウィーヴァー・ジュニアはシアトル・シーホークスから自分たちのもつドラフトの全体1位指名権をトレードしないかと持ち掛けられた。また、ウィーヴァ―は最近になって恋人のアリ・パーカーが自分の子供を妊娠したと知った。パーカーはブラウンズに賃金問題に関する弁護士として雇われていた。なお、2人は他のブラウンズのスタッフに自分たちが付き合っているとばれないようにしていた。

シーホークスのゼネラルマネージャーであるトム・マイケルズが持ちかけてきたトレードを、ウィーヴァ―は断った。しかし、ブラウンズのオーナー、アンソニー・モリーナに「ドカンとやれ」と言われ、トレードの申し出を受けることになった。こうしてブラウンズは向こう3年のドラフト1巡指名権をシーホークスに譲渡する代わりに、2014年の全体1位指名権を得た。マイケルはいい取引をしたと思ったが、この取引が思わぬ混乱を引き起こした。

キャスト

  • ケビン・コスナー – ソニー・ウィーヴァー・ジュニア
  • ジェニファー・ガーナー – アリ・パーカー
  • デニス・リアリー – ヴィンス・ペン
  • トム・ウェリング – ブライアン・ドリュー
  • フランク・ランジェラ – アンソニー・モリーナ
  • エレン・バースティン – バーブ・ウィーヴァー
  • サム・エリオット – ムーア
  • チャドウィック・ボーズマン – ヴォンテ・マック
  • ロザンナ・アークエット – アンジー
  • テリー・クルーズ – アール・ジェニングス
  • アライアン・フォスター – レイ・ジェニングス
  • グリフィン・ニューマン – リック
  • パトリック・セント・エスプリト – トム・マイケルズ
  • シャイ・マクブライド – ウォルト・ゴードン
  • ウィリアム・アール・ブラウン – ラルフ・モーリー
  • ケヴィン・ダン – マーヴィン
  • P・ディディ – クリス・クロフォード
  • ジョシュ・ペンス – ボー・キャラハン
  • ウォレス・ランガム – ピート・ベグラー
  • クリストファー・カズンズ – マックス・ストーン
  • パトリック・ブリーン – ビル・ゾッティ
  • パット・ヒーリー – ジェフ・カーソン

本人役

  • ラス・ブランドン(バッファロー・ビルズの前CEO)
  • ロジャー・グッデル(NFLのコミッショナー)
  • ジョン・グルーデン(アメリカンフットボールのアナリスト)
  • ジム・ブラウン(プロフットボール殿堂入りしている元クリーブランド・ブラウンズRB)
  • バーニー・コーザー(元クリーブランド・ブラウンズQB)
  • クリス・バーマン(スポーツキャスター)
  • デヴィッド・ラムゼイ(アメリカ人俳優)
  • リッチ・アイゼン(CBSスポーツなどに所属するジャーナリスト)※wikipedia参照

エージェントライアン

エージェント:ライアン ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

 

エージェント:ライアン』(原題: Jack Ryan: Shadow Recruit)は、トム・クランシーが創造したキャラクターであるジャック・ライアンを主人公としたケネス・ブラナー監督による2014年のアメリカ合衆国のアクション・スリラー映画。

本作はジャック・ライアンの映画作品(英語版)としては5作目である。本作は「ジャック・ライアン」シリーズをリブート[1]した作品。これまでの映画とは違ってクランシーの特定の小説を原作としておらず、ホセイン・アミニによるコンセプトを基にしたオリジナルストーリーとなっている。ライアンを演じるのはクリス・パインであり、アレック・ボールドウィン、ハリソン・フォード、ベン・アフレックに続いて4代目となる。

日本公開版は池上彰が字幕監修を担当した[2]

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • ジャック・ライアン – クリス・パイン(阪口周平): CIAアナリスト。表向きは投資銀行のコンプライアンス担当。
  • キャシー・ミュラー – キーラ・ナイトレイ(渋谷はるか): ジャックの婚約者。医師。
  • ウィリアム・ハーパー – ケビン・コスナー(中村秀利): ジャックのCIAでの上司。
  • ヴィクトル・チェレヴィン – ケネス・ブラナー(高瀬右光): ロシアの大実業家。
  • アレクサンドル・ボロフスキー – アウレック・アットゴフ: アメリカに潜伏しているロシアの工作員。
  • ディミトリ・レムコフ – ペーター・アンデション(英語版): チェレヴィンの警備主任。
  • エムビー・デン – ノンソー・アノジー(英語版): チェレヴィンのボディガード。空港でジャックを迎える。
  • ロブ・ベリンガー – コルム・フィオール(仲野裕): ジャックの投資銀行での上司。
  • エイミー・チャン – ジェンマ・チャン(英語版)(岡寛恵): CIAの女性エージェント。
  • ディクソン・ルイス – デヴィッド・ペイマー(仲野裕): アメリカの外交官[3]
  • FBI捜査長官 – カレン・デヴィッド(英語版)
  • ソローキン内務大臣 – ミハイル・バリシニコフ(クレジットなし)※wikipedia参照

マン・オブ・スティール

マン・オブ・スティール 3D & 2D ブルーレイセット (初回数量限定生産) [Blu-ray]

 

マン・オブ・スティール』(Man of Steel)は、ザック・スナイダー監督、クリストファー・ノーラン製作・原案、デヴィッド・S・ゴイヤー原案・脚本によるスーパーヒーロー映画(英語版)である。DCコミックのキャラクタースーパーマンを描いた映画作品であり、1978年からの『スーパーマン』シリーズからリブートされている[9]。スーパーマン役はヘンリー・カヴィル、ロイス・レイン役はエイミー・アダムス、ゾッド将軍役はマイケル・シャノン、ジョナサンとマーサ・ケント夫妻役はケビン・コスナーとダイアン・レイン、ペリー・ホワイト役はローレンス・フィッシュバーン、ジョー=エル役はラッセル・クロウが務めた。本作によりDCコミックのキャラクターたちのシェアード・ワールドが構築される[10]

企画は2008年にワーナー・ブラザーズがコミックライター、映画脚本家、監督から意見を求め、リブートする方針となった。『ダークナイト ライジング』の構想中にゴイヤーがノーランにアイデアを持ちかけて企画が進み、2010年10月にスナイダーが監督に就任した。主要撮影は2011年8月にイリノイ州ウェストシカゴで開始され、他にプラノやブリティッシュコロンビア州バンクーバーでも行われた。

2013年6月10日にニューヨークでプレミア上映が行われた[11]。一般公開は6月14日より開始され、変換3D[12]及びIMAX方式でも上映された[13]

ストーリー

地球から遠く離れた惑星・クリプトン。人々は機械によってあらかじめ目的を刷り込まれた状態で生み出されるこの惑星にて数百年ぶりに自然出産による男の子が産まれた。クリプトンの住民は高い文明を持つ社会であったが、星は長年に渡る採掘行為のために、内部崩壊の危機にあった。科学者のジョー=エル(ラッセル・クロウ)はエネルギー採取のための掘削の中止を訴えてきたが、元老院は耳を貸さず、遂には星の爆発が目前に迫ってしまう。ジョーはもはやクリプトン星と民が助かる道はないと悟り、新しい星の開拓を提言したが、軍事担当でジョーの友でもあったゾッド将軍(マイケル・シャノン)がクーデターを起こす。ゾッドはジョーに協力を求めるが、ジョーは拒否し、その場を逃亡。途中でコデックスという謎の物体を盗み出し、妻のララ(アイェレット・ゾラー)と産まれたばかりの息子のもとへ辿り着いた。そしてコデックスを息子と一体化させ、地球へ送ることを決意する。ララは涙ながらに別れを告げ、ジョーは希望と夢を息子に託す。そこに現れたゾッドに、ジョーは息子を守るため自らを犠牲にして立ち向かい、命を落とす。息子の転送が完了し、夫の遺体にすがるララはゾッドに、あの子の名前はカル=エルだと告げる。結局、ゾッドらのクーデターは失敗。元老院は彼らを惑星追放の刑に処し、宇宙の墓場である『ファントム・ゾーン』へ送る。それから間もなくしてクリプトンはジョーの提言通り崩壊を起こし、ララや元老院の人間を含む星の住人は死に絶える。

地球に流れ着いたカル=エルはカンザスでジョナサン・ケント(ケビン・コスナー)とマーサ・ケント(ダイアン・レイン)夫妻により養子のクラーク・ケントとして育てられる。時は流れ、青年のクラーク(ヘンリー・カヴィル)は、世界中を旅をしていた。幼い頃より自身が特殊な能力を持っていて、ケント夫妻とは血が繋がっていないことも理解していた彼は何処に行っても疎まれ、居場所がなく孤独だったが、既に他界した父ジョナサンから自分は何者で何の目的で地球へやってきたのかを知るべきと話されており、手掛かりを探していたのだった。そんな時、南極でクラークが地球に訪れる遥か昔に地球に漂着したクリプトン星の探査船が発見される。彼は調査隊の一員になり済まして現場に向かい、探査船に乗り込んだ際にガードロボットによって負傷させられたジャーナリストのロイス・レイン(エイミー・アダムス)を助けると探査船へ乗り込み、そこで起動したコンピューターで実の父であるジョーの意識プログラムとの邂逅を果たす。自分の正体を知り、自分の力を地球の人々のために使うと決め、旅を終えて母マーサの元へと戻るクラークであったが直後に地球の衛星軌道に謎の宇宙船が飛来し、地球全土へ向け、発信が行われる。「地球人に紛れた我々の裏切り者を差し出せ」と。その正体はクリプトンより追放されていたゾット将軍とその一味であった。クリプトン崩壊のショックで「ファントム・ゾーン」より脱出に成功したものの、帰る星を失ったゾットらはかつてクリプトンの人間が入植のために調査していた惑星群を放浪しながら装備を整え、クリプトン人の再興を行うためにコデックスを所持しているクラークを追っていたのであった。

地球を第二のクリプトン星にするべく、人類を滅亡に追いやろうとするゾッドにより世界に危機が訪れた時、クラークは地球と地球人を守るヒーロー、スーパーマンとして立ち上がる[14]

キャスト

2013年のタオルミーナ・フィルム・フェスト(英語版)に出席したキャスト。

クラーク・ケント / カル=エル / スーパーマン
演 – ヘンリー・カヴィル、日本語吹替 – 星野貴紀
幼少の頃、両親の手によって死にゆく惑星クリプトンから地球へ送られた宇宙人。成長する前は、田舎カンザスの農家で育てられる。幼少の頃は、自らの持つ特殊な力やそれによる周囲からの扱いに戸惑っていたが、養父であるジョナサンの教えによって自らの運命を受け入れていく。
スーパーマンにキャスティングされたカヴィル[15]は、史上初めて同役を演じる非アメリカ人である[16]。カヴィルは2006年の映画『スーパーマン リターンズ』の際も候補に挙がっていたが、ブランドン・ラウスに敗れた[17]。13歳のクラーク・ケント役にはディラン・スプレイベリー、9歳にはクーパー・ティンバーラインがキャスティングされた[18][19]
ロイス・レイン
演 – エイミー・アダムス、日本語吹替 – 中村千絵
デイリー・プラネット新聞の記者[20][21]。勝気な性格で、取材のためならどんな危険な場所にも赴く勇敢さを持つ。取材の最中、クラークが宇宙人であることを知る。
アダムスはオリヴィア・ワイルドやミラ・キュニスらを含む候補の中から選ばれた[22]
ゾッド将軍
演 – マイケル・シャノン、日本語吹替 – 広瀬彰勇
クリプトン星の元軍最高司令官。滅びる直前に元老院に対しクーデターを起こすが、ファントム・ゾーンに追放される。その後、クリプトンを再興させるため、スーパーマンの前に現れる。
シャノンの他にヴィゴ・モーテンセンが候補に挙がっていた[23]
ジョナサン・ケント
演 – ケビン・コスナー、日本語吹替 – 津嘉山正種
クラークの養父。カンザスで農場を経営しながら、自動車整備工として働いている。自らの運命に戸惑うクラークに様々な言葉を遺すが、1997年に竜巻に巻き込まれて死亡する。
ザック・スナイダーはコスナーについて、「ケビンは史上最も偉大なスーパーヒーローを育てたこの田舎のアメリカ人男性の静かな強さを伝えることができる」と述べた[24]
マーサ・ケント
演 – ダイアン・レイン、日本語吹替 – 塩田朋子
クラークの養母。宇宙人である彼に対して実の息子のように愛情を注ぐ。夫亡き後は、一人で農場を切り盛りしている。
ペリー・ホワイト
演 – ローレンス・フィッシュバーン、日本語吹替 – 石塚運昇
デイリー・プラネットの編集長でロイス・レインの上司。
原作では白人だった同キャラクターはアフリカ系アメリカ人となる[25]
ファオラ=ウル
演 – アンチュ・トラウェ、日本語吹替 – 田中敦子
ゾッド将軍の副官。冷酷な女戦士で、スーパーマンを圧倒する格闘能力を持つ。
スワンウィック将軍
演 – ハリー・J・レニックス[26][27]、日本語吹替 – 石住昭彦
アメリカ軍の将軍。今回の一連の事件の最高司令官。
ネイサン・ハーディー大佐
演 – クリストファー・メローニ[26][28]、日本語吹替 – てらそままさき
アメリカ軍の大佐。当初はスーパーマンも人類の敵だと認識していたが、彼に助けられたことでその考えを改める。
エミール・ハミルトン博士
演 – リチャード・シフ[29][30][31]、日本語吹替 – 中博史
アメリカ軍に協力する科学者。
ジャクス=オー
演 – マッケンジー・グレイ、日本語吹替 – 多田野曜平
ゾッド将軍の部下の科学者。
スティーヴ・ロンバード
演 – マイケル・ケリー、日本語吹替 – 松山鷹志
デイリー・プラネット新聞の記者。ロイスに気がある。
ララ・ロー=ヴァン
演 – アイェレット・ゾラー、日本語吹替 – 泉裕子
クラークの実母でジョー=エルの妻。夫同様にクリプトンの科学者。クラークを地球へと送り出した後、滅びゆくクリプトン星と運命を共にする。
当初はジュリア・オーモンドが演じると発表されていたが、降板した[32]。さらにそれ以前にはコニー・ニールセンへ交渉がされていた[33]
ジョー=エル
演 – ラッセル・クロウ、日本語吹替 – 井上和彦
クラークの実父であり、クリプトン星の崩壊を予測した天才科学者。クラークを地球へと送り出した後、ゾッド将軍に殺害されるが、クリプトンの戦艦内にはプログラム化された意識が残っていたため、プログラムの映像としてクラークの前に現れる。
クロウのほかにショーン・ペン、クライヴ・オーウェンが候補に挙がっていた[34]。※wikipedia参照

カンパニー・メン

カンパニー・メン [DVD]

カンパニー・メン』(The Company Men)は、ジョン・ウェルズ監督・脚本・製作によるアメリカ合衆国の映画である。2010年1月22日に第26回サンダンス映画祭でプレミア上映され、その約1年後の2011年1月21日に北米で一般公開された。

あらすじ

リーマンショックを機にリストラされたエリートサラリーマンが仕事や家族について見つめ直すヒューマンドラマ。

 

 

 

キャスト

  • ベン・アフレック – ボビー・ウォーカー
  • ケビン・コスナー – ジャック・ドラン
  • クリス・クーパー – フィル・ウッドワード
  • トミー・リー・ジョーンズ – ジーン・マクラリー
  • ローズマリー・デウィット – マギー・ウォーカー
  • マリア・ベロ – サリー・ウィルコックス
  • クレイグ・T・ネルソン – ジェームズ・サリンジャー※wikipedia参照

ネスト

ネスト [DVD]

 

ネスト』(The New Daughter)は、2009年のアメリカ合衆国の映画。アイルランドの作家ジョン・コナリーの短編小説を映画化した[2]サスペンス・ホラー映画である。

ストーリー

サウスカロライナ州の田舎町を舞台に、離婚を機に心機一転を図ろうと古い一軒家に越して来た小説家の男とその娘と息子が見舞われる恐怖体験を描く。

 

 

 

キャスト

ジョン・ジェームズ
演 – ケビン・コスナー、声 – 津嘉山正種
離婚したばかりの小説家。
子供たちに親としてどのように接すべきか悩む。
ルイーサ・ジェームズ
演 – イバナ・バケロ、声 – 嶋村侑
ジョンの娘。思春期でジョンに反抗的な態度を取る。
謎めいた塚の上で1人で過ごすことが多くなる。
エヴァン・ホワイト
演 – ノア・テイラー、声 – 居谷四郎
先住民の墓と見られる塚を研究している学者。
カサンドラ・パーカー
演 – サマンサ・マシス、声 – 岡寛恵
ルイーサたちの通う学校の教師。
ジョンの小説のファンで何かとジョンを気にかける。
サム・ジェームズ
演 – ガトリン・グリフィス、声 – 田村睦心
ジョンの息子。7歳。
ロジャー・ウェイン
演 – ジェームズ・ギャモン、声 – 藤本譲
ジョンの家の前の住人サラの父親。
サラが娘を残して失踪したため、残された孫を引き取った。
エド・ロウリー巡査
演 – エリク・パラディーノ、声 – 板取政明
町の警官。

※wikipedia参照

Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼

Mr.ブルックス ~完璧なる殺人鬼~ (特別編) [DVD]

 

Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼』(ミスターブルックス かんぺきなるさつじんき、原題: Mr. Brooks)は、2007年のアメリカ映画。ブルース・A・エヴァンス監督・脚本、ケビン・コスナー製作・主演作品。

あらすじ

オレゴン州ポートランドで、2年間沈黙していた連続殺人が再び発生した。世間を震撼させたこの事件の犯人は、実業家として名高いアール・ブルックス。彼はもう1人の人格であるマーシャルの誘惑に負け、殺人を続けるのだった。しかし、犯行時にカーテンが開いていたことから、彼のオフィスに犯行の瞬間を捉えた写真が送られてくる。

 

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ミスター・ブルックス “サムプリント・キラー” ケビン・コスナー 仲野裕
トレイシー・アトウッド デミ・ムーア 深見梨加
バファート “ミスター・スミス” デイン・クック 乃村健次
マーシャル ウィリアム・ハート 菅生隆之
エマ・ブルックス マーグ・ヘルゲンバーガー 福田如子
ジェーン・ブルックス ダニエル・パナベイカー 川庄美雪
ホーキンス ルーベン・サンティアゴ=ハドソン 佐々木省三
ナンシー・ハート アイシャ・ヒンズ 野沢由香里
キャプテン・リスター リンゼイ・クローズ 一城みゆ希
ジェシー・ヴィアーロ ジェイソン・ルイス
シェイラ レイコ・エイルスワース 瀬尾恵子
ソートン・ミークス “ハングマン” マット・シュルツ 山口りゅう

※wikipedia参照

守護神

守護神 [Blu-ray]

 

守護神』(英: The Guardian)は、2006年製作のアメリカ映画。アメリカ沿岸警備隊を主人公にしたアクション。日本での公開は、2007年2月10日。

あらすじ

ベン・ランドールはアメリカ沿岸警備隊に就いて様々な事件に携わってきた。だが、ある突然の事件をきっかけに訓練所の教官へ就く。生徒等はランドールの厳しい訓練により半数が脱落。そこにスイマーとして優秀な成績を残し続けてきた、ジェイク・フィッシャーという青年に出会う。彼もまたランドールと同じく過去に辛い記憶を持っていた。

 

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ベン・ランドール ケビン・コスナー 森田順平
ジェイク・フィッシャー アシュトン・カッチャー 鉄野正豊
ジェイク・スキナー ニール・マクドノー 横島亘
エミリー・トーマス メリッサ・サージミラー 岡寛恵
ウィリアム・ハドレー クランシー・ブラウン 銀河万丈
ヘレン・ランドール セーラ・ウォード 野沢由香里
マギー・マクグレン ボニー・ブラムレット 磯辺万沙子
ビリー・ホッジ ブライアン・ジェラティ 石井揮之
カール・ビリングス オマリ・ハードウィック 乃村健次
フランク・ラーソン ジョン・ハード 田原アルノ

 

 

※wikipedia参照

迷い婚 -全ての迷える女性たちへ-

迷い婚-すべての迷える女性たちへ [Blu-ray]

 

あること、そして母も結婚に迷っていたことを知ったのをきっかけに、自分探しの旅に出るラブコメ映画。主演はジェニファー・アニストン。

キャスト

役名:俳優(ソフト版日本語吹き替え)

  • サラ・ハッティンガー:ジェニファー・アニストン(石塚理恵)
  • ボー・バローズ:ケビン・コスナー(仲野裕)
  • キャサリン・リシュリュー:シャーリー・マクレーン(谷育子)
  • ジェフ・ディリー:マーク・ラファロ(森田順平)
  • アール・ハッティンガー:リチャード・ジェンキンス(伊藤和晃)
  • アニー・ハッティンガー:ミーナ・スヴァーリ(小林さやか)
  • ブラック・バローズ:マイク・ヴォーゲル
  • キャシー・ベイツ ※ノンクレジット※wikipedia参照

ママが泣いた日

ママが泣いた日 [DVD]

 

ママが泣いた日』(The Upside of Anger)は2005年のアメリカ映画である。

夫の突然の失踪を期に情緒不安定となった母親・その4人の娘たち・隣人の元野球選手の男の姿をユーモラスに描く。

主演はジョアン・アレンとケビン・コスナー、監督と脚本のマイク・バインダーは俳優としても活躍しており今作にも出演している。

日本では2006年6月3日よりアミューズCQN他全国順次公開。

ストーリー

ウルフマイヤー家の家長グレイが財布を持って理由もさよならも告げずに失踪する。妻のテリー・アンは、スウェーデン人の秘書と不倫し駆け落ちしたのだと思いこむ。テリーはアル中となり、娘たちに当たるようになる。そんな折、夫の友人である元野球選手のデニーが土地の開発のことで訪れる。

キャスト

  • ジョアン・アレン - テリー・アン・ウルフマイヤー
  • ケビン・コスナー - デニー・デーヴィス
  • エリカ・クリステンセン - アンディ・ウルフマイヤー
  • エヴァン・レイチェル・ウッド - ポパイ・ウルフマイヤー
  • ケリ・ラッセル - エミリー・ウルフマイヤー
  • アリシア・ウィット - ハドリー・ウルフマイヤー
  • マイク・バインダー - シェプ※wikipedia参照

ワイルド・レンジ 最後の銃撃

ワイルド・レンジ 最後の銃撃 [DVD]

 

ワイルド・レンジ 最後の銃撃』(原題:Open Range)は、2003年制作のアメリカ合衆国の西部劇映画。ケビン・コスナー監督・製作・主演。

西部開拓時代末期のアメリカ西部を舞台に、遊牧生活を送るカウボーイたちの正義と名誉をかけた闘いを雄大な自然を背景に描いた本格西部劇。

キャッチコピー

逃げる場所もない。

隠れる理由もない。

 

 

あらすじ

1882年のアメリカ西部・モンタナ。“ボス”ことスピアマン、チャーリー、モーズ、メキシコ人の少年バトンの4人と犬のティグは定まった牧場を持たずに各地の草原を移動しながら牛を育てる“フリー・グレイザー”の集団である。

ある日、町へ買い物に行ったモーズが戻って来ないため、バトンをキャンプの見張りに残し、スピアマンとチャーリーが町に向かうと、モーズは喧嘩をしたとして留置場に入れられていた。連れて帰るべく町の顔役であるバクスターと交渉し、もう“フリー・グレイザー”の時代は終わったとして町から出て行くよう警告を受けながらも、その場はそれだけで終わる。彼は暴行を受け負傷していたため、ボスたちは町外れの医院を訪れ、医者と美女スーにモーズを手当てしてもらった後、キャンプ地に戻り、モーズの回復を待つことにした。そんなある日、遠くから4人の白覆面をつけた男たちが、ボス一行を威嚇する。その夜、ボスとチャーリーは森の中でその男たちを痛めつけるが、キャンプ地に戻るとモーズとティグが撃ち殺され、バトンは重傷を負っていた。バトンを幌馬車に乗せて例の医院に連れてゆき、スーの治療を受けた後、ボスとチャーリーはバクスターとの対決を決意する。

雨の中、子犬を救い、入った飲み屋で保安官に出会う。町の人々は彼らに同情的だったが、バクスターの言いなりの保安官や手下のガンマンたちの恐怖支配に慣れてしまっていた。雨上がりの朝、襲ってきた保安官たちを逆に縛り上げたボスとチャーリーは、気持を告白したチャーリーに想いを寄せるスーを残し、バクスターに挑戦状を叩きつける。ボスはチョコレートと葉巻を買い、チャーリーはプリンセス模様のティーカップも何かあったらスーに届けてくれという。町の人々が丘の上に避難する中、ボスとチャーリーは初めて互いに本名を名乗り合い、たった二人で決斗の場へおもむく…。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
チャーリー ケビン・コスナー 津嘉山正種
“ボス”スピアマン ロバート・デュヴァル 大塚周夫
スー アネット・ベニング 佐々木優子
バクスター マイケル・ガンボン 佐々木梅治
バトン ディエゴ・ルナ
モーズ エイブラハム・ベンルービ
パーシー マイケル・ジェッター
プール ジェームズ・ルッソ
ドク ディーン・マクダーモット

※wikipedia参照

1 2 3