Category Archives: ケイト・ウィンスレット

おとなのけんか

おとなのけんか [Blu-ray]

 

おとなのけんか』(原題: Carnage)は、2011年のフランス・ドイツ・ポーランド・スペイン合作のコメディ映画。ヤスミナ・レザ(英語版)による戯曲『大人は、かく戦えり』(原題:Le Dieu du carnage、英題:God of Carnage)に基づき、レザ自身とロマン・ポランスキーが脚本を書き、ポランスキーが監督を務めた。ちなみに原題の”Carnage”とは虐殺の意。

ストーリー

11歳のザカリー・カウワンはブルックリンの公園で同級生のイーサン・ロングストリートを棒で殴り、前歯を折る怪我を負わせる。この喧嘩の後始末をするために、「被害者」の親であるロングストリート夫妻は、「加害者」の親であるカウワン夫妻を自宅マンションに招く。

リベラルな作家であるペネロピ(ジョディ・フォスター)、金物商を営むマイケル( ジョン・C・ライリー )のロングストリート夫妻、そして投資ブローカーの仕事をするナンシー(ケイト・ウィンスレット)と、製薬会社をクライアントにするやり手の弁護士アラン(クリストフ・ヴァルツ)のカウワン夫妻は当初、友好的に「子どものけんか」を解決しようとするのだが、会話を重ねるにしたがい険悪な雰囲気になっていくばかりか、それぞれの夫婦の間でも感情的な対立が生まれていく。

口げんかの話題の中で展開される夫婦模様。口論の題材によっては夫同士が仲間意識を持ったり、妻同士の結託があったりして、初期の加害者側・被害者側という事件の争いという図式とは違う、都合が悪い話になると話題の逸らしや、男性として女性として感情揺さぶられる性別ゆえの異なる考え方、夫婦生活への不満、仕事に対する考え方、夫婦なら必ずありそうな摩擦すれ違い喧嘩の過去、そういう普段の生活などが事件より優先される現実感が強調されている。身近に多くある口喧嘩が必ず入っているだろう世界共通の認識、コメディの面白さで評価が高い。

キャスト

  • ペネロピ・ロングストリート – ジョディ・フォスター(日本語吹替:深見梨加)
  • ナンシー・カウワン – ケイト・ウィンスレット(日本語吹替:岡寛恵)
  • アラン・カウワン – クリストフ・ヴァルツ(日本語吹替:山路和弘)
  • マイケル・ロングストリート – ジョン・C・ライリー(日本語吹替:山野井仁)
  • 秘書(電話の声) – ジュリー・アダムス※wikipedia参照

ムービー43

ムービー43 Blu-ray

 

ムービー43」(ムービーフォーティスリー、Movie 43)は2013年のアメリカ合衆国のインデペンデンス系制作のコメディ・アンソロジー映画。共同監督とプロデューサーはピーター・ファレリーであり脚本はロッキー・ルッソ(英語版)ジェレミー・ソセンコ(英語版)他。この映画は16の異なる物語に特徴づけられ、それぞれ異なる監督がメガホンをとった。本作でメガホンをとった監督は、エリザベス・バンクス、スティーヴン・ブリル(英語版)、スティーヴ・カー、ラスティ・カンディーフ、ジェームズ・デュフィー、グリフィン・ダン、パトリック・フォースバーグ、ジェームズ・ガン、ボブ・オデンカーク、ブレット・ラトナー、ウィル・グラハム、ジョナサン・ヴァン・トゥルケン。また本作はスター俳優が多数出演した。ハル・ベリー、ジェラルド・バトラー、アンナ・ファリス、ヒュー・ジャックマン、ジョニー・ノックスヴィル、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ショーン・ウィリアム・スコット、エマ・ストーン, クリステン・ベル、ケイト・ウィンスレット などである。

本作は、ほとんどのスタジオが脚本をあからさまに拒絶したので(最終的にレラティビティ・メディアが600万ドルで取得した)、完成までにまる10年を要した。 本作はキャスティングもプロデューサーに対する挑戦というべきものであり、撮影には数年を要した。 ジョージ・クルーニーを含む俳優の中にはすぐに役から降りたものもおり、リチャード・ギアのようにプロジェクトから立ち去ろうとしたものもいた。

2013年1月25日に公開されると『ムービー43』は広く批評家によって酷評された。「シカゴ・サン・タイムズ」紙は本作を「『市民ケーン』のひどくしたもの」と呼んだ[2]

2013年8月10日にR15指定で日本で公開されたときのコピーは「レッツ!ドン引き」「豪華オールスターを無駄遣い!かつてないエクストリーム3G(スリージー)【下品(ゲヒン)・下劣(ゲレツ)・下衆(ゲス)】映画上陸!」である。

あらすじ

脚本家のチャーリー(デニス・クエイド)は、ハリウッドの大物プロデューサー(グレッグ・キニア)のオフィスに乗り込み、自分の映画企画を何とか売り込もうとしていた。彼がうれしそうにまくしたてる驚きの内容に、経験豊富なプロデューサーは……。一方、ベス(ケイト・ウィンスレット)は、友人の勧めでミスターH(ヒュー・ジャックマン)とのデートに出掛ける。

出演者

コンテイジョン

コンテイジョン [Blu-ray]

 

コンテイジョン』(Contagion)は、2011年のアメリカのスリラー映画。高い確率で死をもたらす感染症の脅威とパニックを描く。

あらすじ

香港への出張旅行を終えたベスは、空港で電話をしながら時折咳き込んでいた。風邪の引き始めのようにも見えるが、その2日後に突然はげしい痙攣を起こして意識不明に陥る。彼女の夫であるミッチは彼女を急いで病院に連れて行くが、未知の病原菌が原因でそのまま死亡してしまう。最初の患者が現れたシカゴは戒厳状態に移行していく。次第に世界各地で同じように感染拡大が発生する。

自らの命を顧みず感染経路の特定と治療ワクチンの生成に奔走するレオノーラ、エリン、アリー、ワクチン作成に奔走しながらも家族とメディアの板ばさみに遭うエリス、感染の大流行を好機とし特効薬商法での経済的成功を目論むアラン、娘を感染から守るために奔走するミッチ。それぞれの時間が流れる中、ワクチンの完成と共に次第にパンデミックは収束していく…。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
レオノーラ・オランテス医師 マリオン・コティヤール 冬馬由美
ミッチ・エンホフ マット・デイモン 内田夕夜
エリス・チーヴァー医師 ローレンス・フィッシュバーン 玄田哲章
アラン・クラムウィード ジュード・ロウ 宮内敦士
ベス・エンホフ グウィネス・パルトロー 本田貴子
エリン・ミアーズ医師 ケイト・ウィンスレット 林真里花
ライル・ハガティ少将 ブライアン・クランストン 浦山迅
アリー・ヘックストール医師 ジェニファー・イーリー
オーブリー・チーヴァー サナ・レイサン

※wikipedia参照

いつか晴れた日に

いつか晴れた日に [Blu-ray]

 

いつか晴れた日に』(いつかはれたひに、原題: Sense and Sensibility)は、1995年製作のアメリカ・イギリス合作映画である。アン・リー監督。ジェーン・オースティン の『分別と多感』が原作であり、原題は原作と同じ。

主演のエマ・トンプソンが脚本を担当しており、第68回アカデミー賞にて脚色賞を受賞した。

あらすじ

貴族のダッシュウッド氏が亡くなった後、ダッシュウッド夫人と3人の娘、エリノア、マリアンヌ、マーガレットは、年500ポンドの遺産しか残されなかったことに愕然とする。ダッシュウッド氏は妻と娘たちの身を案じ、死ぬ間際に彼女たちを頼むと先妻との間の息子ジョンに頼んでいたにもかかわらず、ジョンの妻ファニーがそれを阻止してしまったのだった。ジョンとファニーは母娘が住んでいたノーランド・パーク邸に乗り込み、彼女たちを邪慳に扱うようになる。エリノアは、屋敷を訪れたファニーの弟エドワードと互いに好感を抱く。

ダッシュウッド母娘はミドルトン卿の厚意でバートン・コテージへ移り住む。マリアンヌは年の離れたブランドン大佐から愛情を寄せられるが、彼女は精悍な青年貴族ウィロビーと恋仲になってしまう。しかし、ウィロビーは理由も告げずにロンドンへ去り、マリアンヌは悲しみに沈む。一方、エリノアはエドワードの秘密の婚約者ルーシーの存在に大きな衝撃を受ける。ジェニングス夫人の招待で、失意のエリノアとマリアンヌ姉妹、そしてルーシーはロンドンを訪れるが、そこでは思いがけない事態が待っているのだった[2]

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
エリノア・ダッシュウッド エマ・トンプソン 土井美加
マリアンヌ・ダッシュウッド ケイト・ウィンスレット 日野由利加
エドワード・フェラース ヒュー・グラント 宮本充
ブランドン大佐 アラン・リックマン 堀勝之祐
ジョン・ウィロビー グレッグ・ワイズ 大塚芳忠
ダッシュウッド夫人 ジェマ・ジョーンズ 谷育子
マーガレット・ダッシュウッド エミリー・フランソワ 藤枝成子
サー・ジョン・ミドルトン ロバート・ハーディ 石森達幸
ジョン・ダッシュウッド ジェームズ・フリート 金尾哲夫
ファニー・ダッシュウッド ハリエット・ウォルター 駒塚由衣
ルーシー・スティール イモジェン・スタッブス 井上喜久子
ダッシュウッド氏 トム・ウィルキンソン 筈見純
シャーロット・パーマー イメルダ・スタウントン 小宮和枝
パーマー氏 ヒュー・ローリー
ジェニングス夫人 エリザベス・スプリッグス 京田尚子

※wikipedia参照

ハムレット

ハムレット [Blu-ray]

ハムレット』(Hamlet)は、1996年に制作されたイギリス映画。ウィリアム・シェイクスピアの悲劇『ハムレット』を、豪華なキャストを揃え、ケネス・ブラナーの監督・主演で映画化した。時代を19世紀に変えているが、それ以外では比較的原作をなぞっており、上映時間が4時間を越える大作となった。

キャスト

  • ハムレット – ケネス・ブラナー
  • オフィーリア – ケイト・ウィンスレット
  • ポローニアス – リチャード・ブライアーズ
  • ガートルード – ジュリー・クリスティ
  • クローディアス – デレク・ジャコビ
  • ヘクバ – ジュディ・デンチ
  • 亡霊(ハムレットの父) – ブライアン・ブレスド
  • レアティーズ – マイケル・マロニー
  • ホレイショー – ニコラス・ファレル
  • フォーティンブラス(ノルウェー王子) – ルーファス・シーウェル
  • ノルウェー王 – ジョン・ミルズ
  • ローゼンクランツ – ティモシー・スポール
  • レイノルズ – ジェラール・ドパルデュー
  • 墓堀り人 – ビリー・クリスタル
  • イングランド大使 – リチャード・アッテンボロー
  • 鑑定人 – ロビン・ウィリアムズ
  • プリアモス – ジョン・ギールグッド
  • 劇中劇の王妃 – ローズマリー・ハリス
  • 劇中劇の王 – チャールトン・ヘストン
  • マーセラス – ジャック・レモン
  • ヨーリック – ケン・ドッド
    ※wikipedia参照

アイリス

アイリス』(Iris)は、2001年のイギリスの伝記映画。リチャード・エアー監督。イギリスの女性作家アイリス・マードックを主人公に、アイリスの夫ジョン・ベイリー(英語版)が書いた回想録『Elegy for Iris』を原作としている。

ジョン・ベイリーを演じたジム・ブロードベントが第74回アカデミー賞助演男優賞や第59回ゴールデングローブ賞助演男優賞などを受賞している他、アイリス・マードックを演じたジュディ・デンチが第55回英国アカデミー賞(英語版)主演女優賞を受賞している。

iris

ストーリー

オックスフォード大学で講師をしていた物静かなジョンは、奔放で才能あふれる年上のアイリスに一目ぼれしてしまう。純粋なジョンにアイリスも惹かれてゆく。二人は結婚し、アイリスはイギリスを代表する作家になるが、40年後、アルツハイマーに冒されてしまう。アイリスに振り回され続けて来たジョンは複雑な想いを抱きながらも献身的にアイリスを介護する。しかし、ジョン1人での介護は限界に達し、アイリスは施設に入ることになる。そしてアイリスはジョンに見守られながら安らかな死を迎える。

キャスト

アイリス・マードック
(現在)演 – ジュディ・デンチ、日本語吹替 – 鈴木弘子
(過去)演 – ケイト・ウィンスレット、日本語吹替 – 日野由利加
女性作家。奔放。
ジョン・ベイリー
(現在)演 – ジム・ブロードベント、日本語吹替 – 坂口芳貞
(過去)演 – ヒュー・ボネヴィル、日本語吹替 – 牛山茂
アイリスの夫。英語教師。控えめでおとなしい。
ジャネット・ストーン
(現在)演 – ペネロープ・ウィルトン(英語版)、日本語吹替 – 谷育子
(過去)演 – ジュリエット・オーブリー
アイリスの友人。
モーリス
(現在)演 – ティモシー・ウェスト(英語版)、日本語吹替 – 安井邦彦
(過去)演 – サム・ウェスト、日本語吹替 – 根本泰彦
アイリスの男友だち。
ガジョン医師
演 – クリス・マーシャル
アイリスの主治医。ジョンにアイリスを施設に入れることを勧める。
サマヴィル校の校長
演 – エレノア・ブロン(英語版)、日本語吹替 – 久保田民絵

トリビア

この映画の日本での劇場公開前に大分県の劇場「シネマ5」で配布された紫の色調の地方限定映画チラシがプレミアがつき現在4~5桁の高値で取引されている。

アイリスの男友だちであるモーリスの現在と過去を演じたティモシー・ウエスト(英語版)サム・ウエスト(英語版)は実の親子である。

※wikipedia参照

 

ハムレット

ハムレット』(Hamlet)は、1996年に制作されたイギリス映画。ウィリアム・シェイクスピアの悲劇『ハムレット』を、豪華なキャストを揃え、ケネス・ブラナーの監督・主演で映画化した。時代を19世紀に変えているが、それ以外では比較的原作をなぞっており、上映時間が4時間を越える大作となった。

hamlet

キャスト

  • ハムレット – ケネス・ブラナー
  • オフィーリア – ケイト・ウィンスレット
  • ポローニアス – リチャード・ブライアーズ
  • ガートルード – ジュリー・クリスティ
  • クローディアス – デレク・ジャコビ
  • ヘクバ – ジュディ・デンチ
  • 亡霊(ハムレットの父) – ブライアン・ブレスド
  • レアティーズ – マイケル・マロニー
  • ホレイショー – ニコラス・ファレル
  • フォーティンブラス(ノルウェー王子) – ルーファス・シーウェル
  • ノルウェー王 – ジョン・ミルズ
  • ローゼンクランツ – ティモシー・スポール
  • レイノルズ – ジェラール・ドパルデュー
  • 墓堀り人 – ビリー・クリスタル
  • イングランド大使 – リチャード・アッテンボロー
  • 鑑定人 – ロビン・ウィリアムズ
  • プリアモス – ジョン・ギールグッド
  • 劇中劇の王妃 – ローズマリー・ハリス
  • 劇中劇の王 – チャールトン・ヘストン
  • マーセラス – ジャック・レモン
  • ヨーリック – ケン・ドッド※wikipedia参照

ネバーランド

ネバーランド』(Finding Neverland)は、2004年公開のアメリカ・イギリスの映画製作の映画。

ジョニー・デップ主演、マーク・フォースター監督。第77回アカデミー賞では7部門にノミネートされ、作曲賞を受賞。

劇作家ジェームス・マシュー・バリーが、ピーター・パンのモデルとなった少年と出会い、その物語を完成させるまでを描いた実話を基にしたヒューマンドラマ。

neverland

ストーリー

ロンドンの劇場で劇作家のジェームス・バリは新作「リトル・メアリー」の初日を迎えていた。しかし、観客の反応は芳しくなく、翌日の新聞でも酷評されてしまう。

そんな中、ケンジントン公園に散歩に出かけたジェームスはデイヴィズ家の若き未亡人シルヴィア[2]と4人の息子(Llewelyn Davies boys)に出会う[3]。ジェームスは一家と親しくなり、足しげくケンジントンの一家の家まで行く。元女優のジェームスの妻は一家を晩餐会に呼ぶが、夫と家族の親密さに嫉妬を覚える。三男ピーターは父親を失って以来、夢を持つことをあきらめ心を閉ざしていた。心の傷と戦うピーターに、ジェームスは空想で遊ぶことと物語を書くことを教え、その中で物語の着想を得る。サセックスの別荘でインディアンごっこや海賊ごっこをした思い出が『ブラック・レイク島の少年漂流記』という私家本にまとめられ、『ピーター・パン』の原型となり、公演は大成功。しかし、ジェームスはメアリーに別れを告げられる。シルヴィアの死に落胆するピーターの慰めとなったのが「ネバーランド」というファンタジーの世界だった[4]

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ジェームス・マシュー・バリ ジョニー・デップ 平田広明
ピーター・ルウェイン・デイヴィス フレディ・ハイモア 池田恭祐
シルヴィア・ルウェイン・デイヴィス ケイト・ウィンスレット 岡寛恵
デュ・モーリエ夫人 ジュリー・クリスティ 寺田路恵
メアリー・アンセル・バリ ラダ・ミッチェル 藤貴子
チャールズ・フローマン ダスティン・ホフマン 有川博
アーサー・コナン・ドイル卿 イアン・ハート 田中正彦
ピーター・パン ケリー・マクドナルド 宮地真緒
ミスター・ジャスパー マッケンジー・クルック
ジョージ・ルウェイン・デイヴィス ニック・ラウド 内山昂輝
ジャック・ルウェイン・デイヴィス ジョー・プロスペロ 村上想太
マイケル・ルウェイン・デイヴィス ルーク・スピル 本城雄太郎
スミー トビー・ジョーンズ
ミセス・スノウ アイリーン・エッセル
フック船長/ジョージ・ダーリング ティム・ポッター

※wikipedia参照

ホリデイ

ホリデイ』(The Holiday)は、2006年のアメリカ映画。『恋愛適齢期』のナンシー・マイヤーズ監督による、休暇中にお互いの家を交換する「ホーム・エクスチェンジ」を題材にしたロマンティック・コメディ。

アメリカでは2006年12月8日に公開され、週末興行成績で初登場3位になった。日本では2007年3月24日に日劇3系列ほかで公開され、全国週末興行成績で初登場4位となった。

theHoliday

ストーリー

会社のクリスマスパーティーで、ロンドンの新聞社に勤めるコラムニストのアイリス(ケイト・ウィンスレット)は、恋人で同僚のジャスパー(ルーファス・シーウェル)が他の女性と婚約したことを知る。一方、ロサンゼルスに住み、ハリウッド映画の予告編の製作会社を経営するアマンダ(キャメロン・ディアス)も、恋人のイーサン(エドワード・バーンズ)の浮気に気づき、別れることにした。

いくら悲しくても涙を流せないでいたアマンダは、休暇を取って旅に出ることを決め、インターネットでイギリスのサリーの小さな村シェア (Shere) にある素敵なコテージを見つける。そのウェブサイトは休暇中にお互いの家や車などを交換する「ホーム・エクスチェンジ」のサイトで、見ていたのは同じく恋に破れたばかりのアイリスの家だった。

意気投合した二人は、早速お互いの家を交換することにして旅立つ。そこで、アマンダはアイリスの兄グレアム(ジュード・ロウ)と、アイリスはイーサンの友人で映画音楽の作曲をしているマイルズ(ジャック・ブラック)や、近所に住む引退した脚本家のアーサー(イーライ・ウォラック)たちと出会う。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
アマンダ キャメロン・ディアス 朴璐美
アイリス ケイト・ウィンスレット 林真里花
グレアム ジュード・ロウ 鉄野正豊
マイルズ ジャック・ブラック 小森創介
アーサー イーライ・ウォラック 永井一郎
イーサン エドワード・バーンズ 吉見一豊
ジャスパー ルーファス・シーウェル 森田順平
マギー シャニン・ソサモン

キャッチコピー

  • 人生に一度だけ、誰にでも運命の休暇がある※wikipedia参照

タイタニック

タイタニック』(原題:Titanic)は、ジェームズ・キャメロン監督・脚本による1997年のアメリカ映画。
1912年に実際に起きた英国客船タイタニック号沈没事故を基に、貧しい青年と上流階級の娘の悲恋を描いている。主にSFアクション映画を手掛けてきたキャメロン監督が、一転して挑んだラブロマンス大作である。ストーリーはタイタニック号沈没の史実を交えて展開する。前半のラブストーリーから一転して、後半ではパニック映画さながらの緊迫感のある展開で、ラストは悲劇的な別れとなる恋人たちを描いた、優れたストーリーが話題となった。

主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。配給は北米がパラマウント映画、日本を含む他国は20世紀フォックスが配給。全米で6億ドル、日本で興収記録262億円(配給収入160億円)[3]、全世界で18億3500万ドルと、同監督の『アバター』に抜かれるまで映画史上最高の世界興行収入を記録し、ギネスブックに登録されていた。

1998年のアカデミー賞において、作品賞、監督賞、撮影賞、主題歌賞、音楽賞、衣裳デザイン賞、視覚効果賞、音響効果賞、音響賞、編集賞の11部門で受賞した。また、セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」も大ヒットした[4]

世界中を感動の渦に巻き込んだ映画史に残る永遠の名作ですね!

TITNIC

<ストーリー>

1912年、イギリスのサウザンプトン港から豪華客船タイタニックが処女航海に出発した。新天地アメリカに夢を抱く画家志望の青年ジャックは上流階級の娘 ローズと運命的な出会いを果たし、二人は互いに惹かれ合う。そこにはローズの婚約者である資産家キャルや、保守的なローズの母親などの障害が横たわるが、 若い二人はそれを超えて強い絆で結ばれていく。しかし、航海半ばの4月14日、タイタニック号は氷山と接触。船は刻一刻とその巨体を冷たい海の中へと沈め 始めていた……。

wikipedia一部参照