Category Archives: キャメロン・ディアス

ラスベガスをやっつけろ

ラスベガスをやっつけろ [Blu-ray]

 

ラスベガスをやっつけろ』(原題: Fear and Loathing in Las Vegas)は、1998年制作のアメリカ映画である。テリー・ギリアム監督。映画監督のアレックス・コックスが脚本で参加している。および原作となったゴンゾー・ジャーナリストであるハンター・S・トンプソンの同名小説。同名の室矢憲治翻訳版と山形浩生翻訳版の『ラスベガス☆71』がある。

ベニチオ・デル・トロは役のために体重を20キロ増やし、ジョニー・デップはラウルのモデルである原作者ハンター・S・トンプソンの付き人となって彼の仕草や癖をマスターし、髪を剃って彼と同じように禿頭にした。

サウンド・トラックの一部楽曲には布袋寅泰が参加している。

ストーリー

1970年代を舞台に、ジャーナリストのラウルと、弁護士のドクター・ゴンゾーは取材のためラスベガスへ向かう。彼らは車のトランクいっぱいにドラッグを詰め込み、ラスベガスに到着してからもドラッグ漬けで様々な騒動を起こす。

 

キャスト

 

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・旧盤DVD BD・新盤DVD
ラウル・デューク ジョニー・デップ 池田秀一 平田広明
ドクター・ゴンゾー ベニチオ・デル・トロ 谷口節 山路和弘
ヒッチハイカー トビー・マグワイア 坪井智浩 猪野学
ウェイトレス エレン・バーキン 相楽恵美 深見梨加
ハイウェイ・パトロール ゲイリー・ビジー
ルーシー クリスティーナ・リッチ 佐々木花子 小林沙苗
雑誌記者 マーク・ハーモン 堀内賢雄
テレビリポーター キャメロン・ディアス 園田恵子 沢海陽子
ホテルのフロント係 キャサリン・ハモンド
L・ロン・バンクイスト マイケル・ジェッター 水野龍司
見世物小屋の口上師 ペン・ジレット
ラセルダ クレイグ・ビアーコ 津田英三
ロード・パーソン ライル・ラヴェット
ヒッピー フリー 西谷修一
スヴェン クリストファー・メローニ 石狩勇気
判事 ハリー・ディーン・スタントン 楠見尚己 中村和正
警察本部長 トロイ・エヴァンス
本人役 デビー・レイノルズ 梅田貴公美
メイドのアリス ジェニット・ゴールドスタイン 磯辺万沙子
小さなウェイター ヴァーン・トロイヤー
ホテルのフロント係 グレゴリー・イッツェン
蛙の目を持つ女 ラライン・ニューマン
ベルボーイ マイケル・ウォーウィック 河相智哉

※wikipedia参照

バニラ・スカイ

バニラ・スカイ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

 

バニラ・スカイ』(Vanilla Sky)は、2001年のアメリカ映画である。

1997年のスペイン映画『オープン・ユア・アイズ』(Abre Los Ojos)のリメイク作品。ストーリーはほぼ同じで、舞台をニューヨークに移しているが、『オープン・ユア・アイズ』でヒロインを演じたペネロペ・クルスが同じ役で出演している。

キャッチ・コピーは「あなたが想うあなた自身は幻に過ぎない…」。

ストーリー

殺人容疑で逮捕された仮面の男・デヴィッドと精神分析医マッケイブの取り調べ室での会話を軸にストーリーは進む。 出版界の王様と言われていたデヴィッドの父・デヴィッドシニアが交通事故で死亡し、父の経営する大手出版社の株式51%を引き継いだ、富豪で若き実力者でプレイボーイのデヴィッドは、自分の誕生日パーティーで親友・ブライアンの恋人のソフィアに一目惚れしてしまう。それに気付いたデヴィッドのセックスフレンド・ジュリーは、嫉妬のあまり彼と共に自動車事故による無理心中を図ろうとするが未遂に終わった。運転していたジェリーは死亡、助手席にいたデヴィッドも重体であった。3週間の昏睡状態から目覚めると、事故のせいでハンサムな彼の顔は見るも無惨なものになってしまった…。この事故を契機にデヴィッドの部下の7人の老いた重役達は、会社を乗っ取ろうと策略するが、醜くなった顔のお陰で、デヴィッドの性格も段々と歪んでいく…。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
デヴィッド トム・クルーズ 鈴置洋孝
ソフィア ペネロペ・クルス 小林さやか
ジュリー キャメロン・ディアス 渡辺美佐
ブライアン ジェイソン・リー 森田順平
マッケイブ カート・ラッセル 堀勝之祐
ティップ ティモシー・スポール チョー
エドモンド ノア・テイラー 樫井笙人
ホスト 稲葉実
ポメランツ アーマンド・シュルツ 田原アルノ
ベアトリス キャロリン・バーン 片岡富枝
レベッカ ティルダ・スウィントン 佐藤しのぶ
ピーター ジョニー・ガレッキ 後藤哲夫
バーテンダー 辻親八
アーロン マイケル・シャノン 古田信幸
レイモンド ジェフ・ワイス 小形満
レイチェル 喜田あゆ美
リネット ウーナ・ハート 相楽恵美
エマ イバナ・ミリセビック 水落幸子
金髪の女 田村聖子
パーティーの客 スティーヴン・スピルバーグ

※wikipedia参照

エニイ・ギブン・サンデー

エニイ ギブン サンデー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

 

エニイ・ギブン・サンデー』(Any Given Sunday)は1999年のアメリカ合衆国の映画。

ストーリー

2001年のマイアミ。かつては名選手として、今はヘッドコーチとしてトニーが率いるプロアメリカン・フットボールチームのマイアミ・シャークスは、今シーズンは負けが続き、不振に陥っていた。さらにキャプテンで中心選手のベテランQBのジャックも怪我をしてしまい、代わりの選手にもこと欠くような有様。試合を離れたところでも、前オーナーの娘である現オーナーのクリスティーナは自分のビジネスプランにこだわり、トニーとは意見がぶつかってばかりだった。そんな中でジャックの代わりを務めることになったのは、補欠のまた補欠の無名選手ビーメンだった。彼は期待以上の活躍を見せ、チームも大躍進する。スター選手として躍り出たビーメンをクリスティーナは煽てあげ、自分のプランのために他のベテラン選手を使い捨てようとしていた。ビーメンは、人気に付け上がって身勝手なプレーに走るようになり、チーム内に亀裂を入れてしまう。トニーはビーメンに忠告するも聞き入れようとしない。クリスティーナも自分の野望にむかって暗躍しており、チームはギクシャクしたまま、プレーオフ進出を決める大一番の日曜日をむかえようとしていた。後がないトニーは思い切ったチーム構成で試合に臨むことを決心する。そして試合の直前、トニーは選手たちの前で己の思いのたけの全てを込めた檄を飛ばすのだった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日版 日本テレビ版
トニー・ダマト アル・パチーノ 樋浦勉 菅生隆之
クリスティーナ・パグニアーチ キャメロン・ディアス 佐々木優子 井上喜久子 深見梨加
ジャック“キャップ”ルーニー デニス・クエイド 相沢正輝 水内清光 大塚明夫
ウィリー・ビーメン ジェイミー・フォックス 檀臣幸 森川智之 東地宏樹
ハーヴェイ・マンドレイク ジェームズ・ウッズ 谷口節 井上文彦 小川真司
オリー・パワーズ マシュー・モディーン 平田広明 滝知史 宮本充
コミッショナー チャールトン・ヘストン 有本欽隆 納谷悟朗
マーガレット・パグニアーチ アン=マーグレット 藤波京子 一城みゆ希 沢田敏子
ジュリアン・ワシントン LL・クール・J 天田益男 内田直哉
モンテズマ・モンロー ジム・ブラウン 麦人 渡部猛
マンディ・マーフィー エリザベス・バークレー 柚木涼香
ニック・クロージャー アーロン・エッカート 小野健一
シンディ・ルーニー ローレン・ホリー 園田恵子
タッグ オリバー・ストーン 星野充昭 羽佐間道夫
ジャック・ローズ ジョン・C・マッギンリー 内田直哉 大塚芳忠
ルーサー“シャーク”ラヴェイ ローレンス・テイラー 銀河万丈
パトリック“マッドマン”ケリー アンドリュー・ブリニアースキー 江川央生

※wikipedia参照

悪の法則

悪の法則 21分拡大版本編ディスク付豪華2枚組 (初回生産限定) [Blu-ray]

 

悪の法則』(The Counselor)は、リドリー・スコット監督、小説家のコーマック・マッカーシー脚本による2013年のスリラー映画である[4]。出演はマイケル・ファスベンダー、ブラッド・ピット、キャメロン・ディアス、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデムらである。物語は、問題を抱えたシウダー・フアレスとテキサスの国境地帯を中心に展開し、テーマとして欲、死、そして人間の原始的本能とそれらの結果を扱っている。また、本作ではニーチェが唱えた、善対悪、獲物対ハンター、道徳外などを色濃く扱っている。

尚、タイトルの“Counselor”とは、英米法(コモン・ロー)における“法廷弁護士”を意味するが、アメリカの制度では法廷弁護士と事務弁護士は基本的には区分されておらず、日常語としては「法律顧問」の意味で用いられることが多い。

あらすじ

有能な弁護士である”カウンセラー”と呼ばれる男と彼の恋人のローラがベッドでいちゃついている。そのころ自動車工場では、ドラム缶に入れたコカインをバキュームカーに隠す作業が行われた後、バキュームカーはデザート・スター下水処理会社に向けて出発した。カウンセラーは、仕事と偽ってアムステルダムに行くが、実際の目的はローラのために宝石商から婚約指輪を購入するためだった。アメリカに戻ったカウンセラーは、友人の実業家ライナーと彼の愛人マルキナが所有するペントハウスのパーティに参加し、ライナーから「ボリート」という、首を締め付け切断する殺人装置について聞く。そして、以前ライナーから勧められていた麻薬ビジネスを一回限りでやることにしたカウンセラーは、ライナーの経営するレストランでローラにプロポーズし、彼女はそれを受け入れた。後日カウンセラーは、ライナーから紹介された麻薬の仲買人ウェストリーに会い、取引の利益率が4,000%であることなどを聞く。

そしてウェストリーは、取引に関わるメキシコの麻薬カルテルが、特に弁護士に対して容赦ないとカウンセラーに警告する。カウンセラーは、裁判所の任命で、公選弁護人として弁護を担当している、殺人罪により収監中のルースに面会する。そこでルースから、スピード違反で拘留されたバイカーである息子の保釈を頼まれる。保釈を約束したカウンセラーは、開店準備中のナイトクラブを訪れ、ライナーからマルキナがフェラーリとセックスした話を聞く。その後、カウンセラーによって保釈されたバイカーだったが、取引するブツを取りにいくためバイクで走行中に、ワイヤーマンが道に張ったワイヤーで首を刎ねられて殺され、ブツを隠したバキュームカーを奪われてしまう。

ウェストリーからホテルのカフェに呼び出されたカウンセラーは、保釈させたバイカーが、グリーン・ホーネットと呼ばれる組織の運び屋だったことや、彼とつながりがあったことで組織がカウンセラーがブツを盗んだと思い、カウンセラーたちを狙っていることを知らされる。ウェストリーは、スナッフフィルムの事を話し、隠れることを勧める。

キャスト

カウンセラー[5][6](弁護士さん)
演 – マイケル・ファスベンダー、日本語吹替 – 東地宏樹
若く有能な弁護士。
ローラと付き合っており、順風満帆な人生を送っていたが、ローラに内緒で婚約指輪を購入するために、軽い気持ちでライナーから勧められていた麻薬ビジネスに手を染める。取引が危険だと警告されながらも本気にせず、自分なら大丈夫だと考えるなど若干傲慢な人物。
ローラ[7]
演 – ペネロペ・クルス、日本語吹替 – 本名陽子
カウンセラーの恋人。
教会に通っている。フライトアテンダントをしており、カウンセラーを心から愛している純真で知性的な女性。
マルキナ[8]
演 – キャメロン・ディアス、日本語吹替 – 田中敦子
元ダンサーでライナーの愛人。
ミステリアスな女性で、道徳心が欠如しており、人の気持ちを理解することができない。
背中から左肩にかけて、ヒョウ柄のタトゥーを入れている。ライナーとともに、シルヴィアとラウールという名の2匹のチーターを飼い、荒野で野うさぎ狩りをさせている。
ライナー[9]
演 – ハビエル・バルデム、日本語吹替 – 江原正士
カウンセラーの友人でレストランやナイトクラブなどの経営で成功している実業家。
派手好きで、ガラス張りの豪邸にマルキナと住んでいる。カウンセラーとナイトクラブを共同経営する予定で、その前に彼と共に麻薬ビジネスを始める。「わからない」とよく口にし、物事を深く知ろうとしない。
ウェストリー[9]
演 – ブラッド・ピット、日本語吹替 – 山寺宏一
麻薬ビジネスのブローカーで、ライナーとは旧知の仲。
何事にも冷静な男で裏社会を知り尽くしており、カウンセラーに、『白いドレスの女』のセリフを引用しながら、彼がやろうとしている麻薬ビジネスの危険性を話し警告する。
宝石商
演 – ブルーノ・ガンツ、日本語吹替 – 清川元夢
アムステルダムで宝石商を営んでいる男性。ダイヤモンドに例えて、選択への警告をほのめかす。
へフェ
演 – ルーベン・ブラデス、日本語吹替 – 宝亀克寿
メキシコの有力者。カウンセラーに自分の選んだ運命を受け入れるよう諭す。
神父
演 – エドガー・ラミレス、日本語吹替 – 内田聡明
懺悔室の神父。カトリック教徒ではないマルキナに、告解はできないと話す。
ルース
演 – ロージー・ペレス、日本語吹替 – 水野ゆふ
殺人罪で収監されている女で、カウンセラーの依頼人。面会に来たカウンセラーに、息子のバイカーの釈放を頼む。
監視する女
演 – アンドレア・デック、日本語吹替 – 鍋井まき子
ワイヤーマンと共にバイカーの取引を監視している女。
ワイヤーマン(ジェイミー)
演 – サム・スプルエル(英語版)、日本語吹替 – 相沢まさき
マルキナに雇われ、運び屋であるバイカーを殺し、ブツを隠したバキュームカーを奪う。
トニー
演 – トビー・ケベル、日本語吹替 – 川中子雅人
カウンセラーの元依頼人。彼に見捨てられたことを根に持っている。
バイカー
演 – リチャード・カブラル(英語版)、日本語吹替 – 茂木たかまさ
通称グリーン・ホーネット。
ルースの息子で、ヤマハのYZF-R1に乗っている。麻薬カルテルに雇われたブツの運び屋。
トニーの彼女
演 – エマ・リグビー(英語版)、日本語吹替 – 長尾雅世
バイヤー
演 – ディーン・ノリス、日本語吹替 – 浦山迅
麻薬のバイヤー。ランディらからブツを買う。
ランディ[10]
演 – ジョン・レグイザモ、日本語吹替 – 北沢洋
つなぎの男。
バキュームカーを解体し、ブツを取り出す。ブツを運ぶついでに載せている、糞尿漬けの死体について説明する。
携帯の主
演 – ジャンニーナ・ファシオ(英語版)、日本語吹替 – 仲村かおり
カウンセラーがスマートフォンを借りる女性。
ピストルの男
演 – アレハンドロ・マルツァル、日本語吹替 – 半田裕典
ライナーを連れ去ろうとする男。
ホテルのウェイター
演 – ジェラルド・モナコ(英語版)、日本語吹替 – 鈴木佑治
カウンセラーに、伝言を確かめるよう頼まれる。
ブロンド女
演 – ナタリー・ドーマー、日本語吹替 – 鍋井まき子
マルキナに雇われ、ウェストリーにハニートラップを仕掛ける女。
マイケル
演 – ゴラン・ヴィシュニック、日本語吹替 – 相沢まさき
銀行家。マルキナの友人兼投資アドバイザーで、彼女と将来のプランについて話し合う。
クリス
演 – クリス・オービ、日本語吹替 – 西村太佑
ライナーのペントハウスの護衛。
2人目の男
演 – リチャード・ブレイク、日本語吹替 – 内田聡明
ワイヤーマンと共に行動している男。
偽警官1
演 – ヴェリボール・トピッチ、日本語吹替 – 田村真
警官になりすますが見破られ、撃たれて負傷しながらも、ワイヤーマンらを殺してバキュームカーを奪う。
ウェイトレス
演 – バーバラ・ダーキン、日本語吹替 – 葉瀬ふみの
ホテルのカフェで働いている、派手な女性。
カフェの主人
演 – マルコ・トゥーリオ・リナ・ラミレス、日本語吹替 – 荻沢俊彦
国境の町にあるカフェを経営する男性。
偽警官2
演 – Pablo Verdejo
偽警官だとばれて、2人目の男に射殺される。
運転手
演 – ドナ・エアー、日本語吹替 – 的場加恵
ロンドンに到着したウェストリーをホテルに送る。
作業員
演 – カルロス・フリオ・モリーナ、日本語吹替 – 三宅貴大
宝石商の秘書
日本語吹替 – 篠崎真実
競技場アナウンス
日本語吹替 – 前島貴志
※wikipedia参照

チャーリーズ・エンジェル(シリーズ)

チャーリーズ・エンジェル』(Charlie’s Angels)は2000年制作のアメリカ映画。同名テレビシリーズの映画化。2003年に続編『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』が公開された。全米初登場1位を記録。

charlies angels

 

ストーリー

チャーリー・タウンゼント探偵社で働く女探偵・ナタリーディランアレックスは今日も任務をそつなく遂行していた。そこへ一つの依頼が舞い込む。内容は誘拐された男の救出。彼は通信ソフト会社・ノックステクノロジーの創設者、ノックス。ノックステクノロジーは過去に買収の話を受けていたがノックスはこれを拒否。その買収相手の通信衛星会社・レッドスター社のオーナー、ロジャー・コーウィンが今回の事件に絡んでいるとみたエンジェル達は変装・色仕掛けを巧みに使いコーウィンに接近、情報を収集する。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日版
ナタリー・クック キャメロン・ディアス 沢海陽子 渡辺美佐
ディラン・サンダース ドリュー・バリモア 松本梨香 石塚理恵
アレックス・マンディ ルーシー・リュー 高山みなみ 朴璐美
ボスレー ビル・マーレイ 江原正士 池田勝
ロジャー・コーウィン ティム・カリー 土師孝也 佐々木梅治
痩せ男 クリスピン・グローヴァー 岩崎ひろし 青山穣
ヴィヴィアン・ウッド ケリー・リンチ 唐沢潤 宮寺智子
エリック・ノックス サム・ロックウェル 家中宏
ピート ルーク・ウィルソン 今井朋彦 村治学
ジェイソン マット・ルブランク 檀臣幸 咲野俊介
チャド トム・グリーン 村治学 檀臣幸
Mr.ジェイソン LL・クール・J 星野充昭 山野井仁
チャーリー・タウンゼント 声・ジョン・フォーサイス 中村正

※wikipedia参照

メリーに首ったけ

メリーに首ったけ』(There’s Something About Mary)は、1998年制作のファレリー兄弟監督のコメディ映画。

ロマンティック・コメディといわゆるお下劣コメディを足して二で割ったような独特の作風で、予想外のヒットを飛ばした。キャメロン・ディアスの出世作であり、またアメフト選手のブレット・ファーヴが本人役で特別出演している。

merry

ストーリー

内気で不器用な高校生テッド(ベン・スティラー)が憧れのメリー(キャメロン・ディアス)とデートする幸運をつかむが、ズボンのファスナーがひっかかるトラブルがもとでデートは中止、メリーとの仲もそれきりになってしまう。13年後、テッドはまだメリーのことを忘れられず–やや妄執的–、怪しげな探偵パット・ヒーリー(マット・ディロン)を雇って、マイアミに住むメリーを調査してもらう。ところがパットもメリーに夢中になってしまい、テッドとパットのあいだで騙しあい化かし合いのメリー争奪戦になる。やがて2人はメリーに首ったけなのが自分たちだけではないのを知り、結局、5人の男たちがメリーに自分を選ぶよう迫ることになる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
メリー・ジェンセン・マシューズ キャメロン・ディアス 伊藤美紀
テッド・ストローマン ベン・スティラー 井上倫宏
パット・ヒーリー マット・ディロン 小杉十郎太
タッカー、ノーマン・フィップス リー・エヴァンス 家中宏
ドム・ウォガノウスキー クリス・エリオット 青山穣
シーラ・ジェンセン マーキー・ポスト 滝沢久美子
ウォーレン・ジェンセン W・アール・ブラウン 星野充昭
マグダ リン・シェイ 久保田民絵
サリー ジェフリー・タンバー 田原アルノ
リサ マーニー・アレクセンバーグ 幸田夏穂
クレボイ刑事 リチャード・タイソン 伊藤栄次
ブレット・ファーグ ブレット・ファーヴ(本人役、特別出演)
ブレンダ サラ・シルバーマン(特別出演) 棚田恵美子
チャーリー・ジェンセン キース・デヴィッド(特別出演) 稲葉実
ジョナサン・リッチマン ジョナサン・リッチマン(本人役、特別出演) モト冬樹
ヒッチハイカー ハーランド・ウィリアムズ(特別出演) 後藤敦

※wikipedia参照

 

マスク

マスク』(原題: The Mask)は、1994年7月29日にアメリカ合衆国より公開されたコメディ映画作品。

mask

ストーリー

エッジ・シティーのとある海底で怪しげな宝箱を見つけたダイバー。ところが、宝箱に巻きついている鎖を切断している最中、配管工事のため海に沈められたパイプがダイバーに落下。同時に宝箱のフタが開き、封印された不気味な仮面が開放される。

お人好しの冴えない銀行員スタンリー・イプキスはある日のこと、水難者救助のつもりで河に入り、変わった木製の仮面を拾う。それを顔にした途端、猛烈な緑の竜巻となって超型破りな魔人マスクに変身してしまう。仮面の魔力で引出されたスタンリーの過剰な本性と不死身のパワー、歌姫ティナとの恋の成就は如何に…。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 日本テレビ版
スタンリー・イプキス
スタンリー・ザ・マスク
ジム・キャリー 山寺宏一
ティナ・カーライル キャメロン・ディアス 伊藤美紀 井上喜久子
ドリアン・タイレル ピーター・グリーン 戸谷公次 大塚明夫
ミッチ・ケラウェイ警部 ピーター・リーガート 稲葉実 若本規夫
ドイル刑事 ジム・ドゥーハン 茶風林 安西正弘
チャーリー・シューマーカー リチャード・ジェニ 速水奨 大塚芳忠
ペギー・ベラント エイミー・ヤスベック 中澤やよい 高島雅羅
ニコ オレステス・マタセナ 鈴木泰明 麦人
ピーンマン夫人 ナンシー・フィッシュ 山田礼子 青木和代
アーブ ティモシー・バーグレイ 柳沢栄治
フリーズ レグ・E・キャシー 郷里大輔
エディ デニス・フォレスト 藤原啓治
アーサー・ニューマン博士 ベン・スタイン 鈴木泰明 上田敏也

※wikipedia参照

イン・ハー・シューズ

イン・ハー・シューズ』(In Her Shoes)は、2005年公開のアメリカ映画。

対照的な2人の姉妹が恋に仕事に、それぞれが人生の転機を迎える姿を描くハートフル・ヒューマン・ストーリー。ジェニファー・ウェイナー(Jennifer Weiner)の同名ベストセラーをキャメロン・ディアス、トニ・コレット主演で映画化。監督はカーティス・ハンソン。タイトルは「彼女の立場になって」という意味である。

キャッチコピーは、「私たちは何度もすりむいて、自分だけの“靴”をみつける。」

恋愛だったり人生だったり、思わずメモしたくなるような、名言がたくさん出てくる映画だと思います。

inherSHOES

ストーリー

周りが羨むスタイルと美貌を持ちながら問題ばかり起す妹マギー。姉ローズはフィラデルフィアで弁護士として成功しているものの、自分の容姿に自信が持てず、高価な靴を買いながらも履くことはない。定職にも就かず、ローズの家に居候していたマギーはある時、ローズの留守中に訪ねてきた彼女のボーイフレンドと寝てしまい、ローズに家を追い出される。行く当てのないマギーは仕方なく、祖母エラがフロリダにいることを知り、訪ねる。家族と絶縁していたことに罪悪感を抱くエラは埋め合わせができると思い、マギーを歓迎するが、マギーはエラの金を盗もうとする。エラはマギーに施設内の介護の仕事をするように言い渡す。そこでマギーは盲目の元大学教授と出会い、詩の素晴らしさを教わり、自分のコンプレックスであった難読症を克服しようと努力し、大きく変わっていく。一方、ローズも自分を見つめ直す生活を送る中で、元同僚のサイモンと愛を育む。やがてフロリダでローズとマギーは再会して和解。フィラデルフィアに戻ったローズはエラの靴を履いてサイモンと結婚式を挙げる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
マギー・フェラー キャメロン・ディアス 朴璐美
ローズ・フェラー トニ・コレット 坪井木の実
エラ・ハーシュ シャーリー・マクレーン 翠準子
サイモン・スタイン マーク・フォイアスタイン 落合弘治
エイミー ブルック・スミス 山像かおり
トッド アンソン・マウント
ジム・ダンヴァーズ リチャード・バージ 中田譲治
サイデル・フェラー キャンディス・アザラ 定岡小百合
マイケル・フェラー ケン・ハワード 楠見尚己
グラント エリック・バルフォー 白熊寛嗣

※wikipedia参照

ホリデイ

ホリデイ』(The Holiday)は、2006年のアメリカ映画。『恋愛適齢期』のナンシー・マイヤーズ監督による、休暇中にお互いの家を交換する「ホーム・エクスチェンジ」を題材にしたロマンティック・コメディ。

アメリカでは2006年12月8日に公開され、週末興行成績で初登場3位になった。日本では2007年3月24日に日劇3系列ほかで公開され、全国週末興行成績で初登場4位となった。

theHoliday

ストーリー

会社のクリスマスパーティーで、ロンドンの新聞社に勤めるコラムニストのアイリス(ケイト・ウィンスレット)は、恋人で同僚のジャスパー(ルーファス・シーウェル)が他の女性と婚約したことを知る。一方、ロサンゼルスに住み、ハリウッド映画の予告編の製作会社を経営するアマンダ(キャメロン・ディアス)も、恋人のイーサン(エドワード・バーンズ)の浮気に気づき、別れることにした。

いくら悲しくても涙を流せないでいたアマンダは、休暇を取って旅に出ることを決め、インターネットでイギリスのサリーの小さな村シェア (Shere) にある素敵なコテージを見つける。そのウェブサイトは休暇中にお互いの家や車などを交換する「ホーム・エクスチェンジ」のサイトで、見ていたのは同じく恋に破れたばかりのアイリスの家だった。

意気投合した二人は、早速お互いの家を交換することにして旅立つ。そこで、アマンダはアイリスの兄グレアム(ジュード・ロウ)と、アイリスはイーサンの友人で映画音楽の作曲をしているマイルズ(ジャック・ブラック)や、近所に住む引退した脚本家のアーサー(イーライ・ウォラック)たちと出会う。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
アマンダ キャメロン・ディアス 朴璐美
アイリス ケイト・ウィンスレット 林真里花
グレアム ジュード・ロウ 鉄野正豊
マイルズ ジャック・ブラック 小森創介
アーサー イーライ・ウォラック 永井一郎
イーサン エドワード・バーンズ 吉見一豊
ジャスパー ルーファス・シーウェル 森田順平
マギー シャニン・ソサモン

キャッチコピー

  • 人生に一度だけ、誰にでも運命の休暇がある※wikipedia参照

ANNIE(アニー)

先日、名作ブロードウェイミュージカルを現代のニューヨークに舞台を置き変えて
映画化した映画版ANNIE(アニー)を観に行きました!

元々誰でも一度は聞き口ずさんだ事があるであろう主題歌の「Tomorrow」が大好きで、
映画の内容自体は結末が想像できる感じでしたが、
少女アニー役のクワベンジャネ・ウォレスがとてもチャーミングで、観終わった後は、
「大丈夫!明日はきっといい事がある!」と元気が出ました!
また、劇中で歌うジェイミー・フォックスの歌声にはとても痺れます!!
そしていつか本場ブロードウェイでミュージカル版ANNIEを見たいです!!

Annie

【ストーリー】

ブロードウェイ・ミュージカル『ANNIE/アニー』が映画になりました。プロデューサーにはジェームズ・ラセター、ジェイダ・ピンケット=スミス&ウィル・スミス、カリーブ・ピンケット、ショーン”ジェイ・Z” カーター、ローレンス”ジェイ”ブラウン、タイラン”ティティ”スミスといった豪華な顔ぶれが集結し、ウィル・グ ラックが監督、製作、脚本を担当します。エグゼクティブ・プロデューサーはセリア・コスタスとアリシア・エンリッ チ。チャールズ・ストラウス作曲、マーティン・チャーニン作詞、トーマス・ミーハン脚本で© and ® Tribune Media Services, Inc.の「小さな孤児アニー」を舞台化したミュージカル「アニー」を、ウィル・グラックとアリーン・ブロッシュ・マッケナが脚色し映画化。トニー賞7部門を受賞した”本格”ブロードウェイ・ミュージカルが現代に蘇ります。
アカデミー賞最年少ノミネート女優クワベンジャネ・ウォレス(『ハッシュパピー バスタブ島の少女』)が、アニーを演じます。ニュー ヨーク、マンハッタン。携帯電話会社のCEOでNY市長候補のスタックス(ジェイミー・フォックス)は選挙キャンペーン中、車にはねられそうになった少女 を偶然助ける。その少女の名前はアニー。4歳の頃、レストランに置き去りにされ、今は、横暴なハニガン(キャメロン・ディアス)が営む 施設で暮らしている。10歳になるアニーは、毎週金曜日の夜、そのレストランの前で迎えにくるはずのない両親を待ち続けていた。スタックスはそんなアニー の境遇を選挙戦に利用しよう考え、彼女を引き取り、超高層ビルのペントハウスで一緒に暮らし始める。アニーも自分が有名になれば両親が名乗り出てくるかも知れないと考え、スタックスの選挙戦を利用し、協力するが、次第にふたりの心に絆がめばえていき・・・。

※公式サイト一部参照