Category Archives: キアヌ・リーブス

おもちゃの国のクリスマス

おもちゃの国のクリスマス』(原題:Babes in Toyland)は1986年のアメリカのテレビ映画。劇場未公開作品。『E.T.』の子役で注目された、ドリュー・バリモアが主役の少女を演じる。

クリスマスの夜、主人公の少女がおもちゃ屋さんで、楽しくも不思議な体験をする、ファミリー向けミュージカル・コメディ映画。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
リサ・パイパー ドリュー・バリモア 渕崎ゆり子
メアリー・パイパー/メアリー・コントラリー ジル・シュエレン 松井菜桜子
ジャック・フェントン/ジャック・ニンブル キアヌ・リーブス 堀内賢雄
パイパー夫人/未亡人ハバード アイリーン・ブレナン
ジョージ/ジョージー・ポージー グーギー・グレス 塩屋浩三
バーニー/バーナビー・バーナクル リチャード・マリガン 大木民夫
グリム判事 ウォルター・ブッシュホフ 北村弘一
トイマスター パット・モリタ 富田耕生

※wikipedia参照

から騒ぎ

から騒ぎ [Blu-ray]

 

から騒ぎ』(からさわぎ、原題: Much Ado About Nothing)は、1993年製作のアメリカ・イギリス合作映画。シェイクスピアの『空騒ぎ』の映画化作品。フランコ・ゼフィレッリの『ロミオとジュリエット』には及ばなかったが、シェイクスピア映画としてかなりの興行成績を上げた。

ストーリー

イタリア、トスカナ地方。田園の地メシーナを収めるレオナート(リチャード・ブライアース)の一家は、陽光の降り注ぐ中でなごやかにピクニックを楽しんでいた。弟のアントニオ、美しい娘ヒーロー(ケイト・ベッキンセイル)、侍女のアーシュラ(フィリダ・ロウ)とマーガレットらは、姪でヒーローの従姉妹に当たる陽気で勝気な娘、ベアトリス(エマ・トンプソン)が朗読する詩に耳を傾けていた。そこへ急ぎの従者が、戦いに勝ったアラゴンの領主ドン・ペドロ(デンゼル・ワシントン)が、メシーナへ凱旋することを知らせにやって来た。レオナートたちは歓喜し、村は一躍大騒ぎに。若くハンサムなクローディオ(ロバート・S・レナード)、独身主義者のベネディック(ケネス・ブラナー)、ペドロの異母弟ドン・ジョン(キアヌ・リーヴス)の一行は村に到着し、ペドロは早速レオナート一家と再会する。クローディオとヒーローは好意を寄せ合い、ベネディックとベアトリスはお互いに強い口調でからかい合う。一人不服そうなのが、兄ペドロを疎ましく思っているドン・ジョンだった。ヒーローに心ひかれたクローディオは、ペドロのはからいで彼女の気持ちを知ることができ、両家の間で婚礼の話がまとまる。挙式の準備が進む中、レオナートとペドロは、今度は顔を合わせれば口論ばかりしているベネディックとベアトリスのことが気になる。彼らの考えが図に当たり、彼と彼女はお互いに愛していることを知る。そんな周りの幸せなムードが気に入らないドン・ジョンは挙式の前夜、手下を使って悪巧みを巡らせ、ペドロとクローディオにヒーローが不貞を犯したと思い込ませた。挙式当日、クローディオはヒーローを不貞の女と罵り、婚礼はなかったことにすると怒る。ドン・ペドロとクローディオが出ていった後、神父は「これは何かの間違いだ。ヒーローは悲しみのあまり死んでしまったことにして、身を隠すようにしなさい」と助言する。ドン・ジョンは村から秘かに姿を消していた。やがて警保官ドグベリー(マイケル・キートン)がドン・ジョンの手下に何もかも白状させ、クローディオとドン・ペドロは、すべてが策略だったことを知る。後悔と悲しみに暮れるクローディオは、自分の非を彼女の亡骸に償い、その代償としてアントニオの娘と無条件で結婚することを誓う。そして見知らぬ女性との婚礼の当日、新婦の顔を覆ったベールを上げると、そこにはヒーローの顔が。クローディオは心から詫び、彼女もその愛を素直に受け止める。一方、ベネディックとベアトリスの心もすでに決まっていた。逃げていたドン・ジョンも捕まり、2組の男女の幸せを祈って村人たちは心から祝福するのだった。

キャスト

  • ベネディック – ケネス・ブラナー(日本語吹替:安原義人)
  • ベアトリス – エマ・トンプソン(日本語吹替:塩田朋子)
  • ドン・ペドロ – デンゼル・ワシントン(日本語吹替:金尾哲夫)
  • クローディオ – ロバート・ショーン・レナード(日本語吹替:宮本充)
  • ドン・ジョン – キアヌ・リーヴス(日本語吹替:江原正士)
  • ヒーロー – ケイト・ベッキンセイル(日本語吹替:山像かおり)
  • ドグベリー – マイケル・キートン(日本語吹替:伊藤和晃)
  • レオナート – リチャード・ブライアーズ(日本語吹替:大木民夫)
  • アントニオ – ブライアン・ブレッスド(日本語吹替:島香裕)
  • マーガレット – イメルダ・スタウントン
    ※wikipedia参照

47RONIN

47RONIN [Blu-ray]

47RONIN』(フォーティーセブン・ローニン、原題:47 Ronin)は、2013年公開のアメリカ合衆国のファンタジー・アドベンチャー映画である。忠臣蔵をモチーフとし、四十七士にキアヌ・リーブス演じる架空の人物であるカイが参加する等の独自の要素が加えられたオリジナルストーリーとなっている。

あらすじ

 

大石内蔵助を筆頭とする侍の集団に守られた、豊かな土地を持つ赤穂の国。その領内には頭部に天狗につけられた傷を持つという異邦人「カイ」が暮らしていた。カイは少年のときに、領内で行き倒れていたところを赤穂の城主である浅野内匠頭に救い出され、また浅野の娘であるミカに世話を受けたことに恩義を感じ常々親子の力になりたいと思っていたが、その日本人離れした容姿から侍となることは叶わず、侍たちからは獣以下の粗末な扱いを受け続ける。

時の将軍である綱吉が赤穂の国を訪れることとなり、浅野と家来の侍たちは家の名誉にかけて将軍を迎えるべく準備を進める。一方、赤穂の隣国を領地に持つ吉良は、豊かな赤穂を自分の領地とする機会を伺う。吉良は妖術を使う側室のミヅキの力を使い、浅野を術で錯乱させて吉良へ切りかからせる。将軍の裁きによって浅野を切腹に追い込み、ミカを浅野の喪が明ける1年後に正室として迎え、赤穂を併呑する手筈を整える。吉良によって侍たちの筆頭格である大石は地下牢に軟禁され、侍たちは浪人に身をやつし、カイは奴隷として出島に売りとばされる。

1年後、大石は地下牢から解放され、ミカの婚姻まで残り1週間しかないこと、カイが奴隷として売り払われたこと、侍たちは赤穂から追放されたこと等を息子の主税から聞く。ミカを救い主君の仇である吉良を討つべく、主税には散り散りになった浪人を集めさせる。自身は出島で剣闘士まがいのことをさせられているカイを救い出し、仇討ちへの協力を取り付ける。

大石、45人の浪人たち、大石の息子主税は一堂に会し、仇討ちを誓い合う。そして、疎まれていたカイも47人目の仲間として認められた。

カイは浪人たちとともに天狗の里へ訪れる。カイは天狗に拾われ、剣術や妖術、この世の理などを教わったという。カイは育ての親である天狗に刀を譲るよう依頼する。天狗はカイの力を試し、決心の強さを確認すると、カイたちに刀を授ける。

登場人物

※日本語吹き替えの記載が無い場合は同一人物が吹き替えをしている。

カイ
演 – キアヌ・リーブス、日本語吹き替え – 森川智之
四十七士に加わるはぐれ者[4]。架空の人物で、イギリス人と日本人のハーフ[5]であり、生まれた直後に天狗のいる山に捨てられた。
その際に天狗により拾われ、下界と隔絶された状況で様々な秘術と剣術を教え込まれるが外の世界に戻るため脱走。赤穂に落ち延び浅野に拾われた。そのため、積極的に使うことは少ないものの高速で移動する天狗の秘術を使うことができたり、キツネに化けたミヅキの正体を見破ることができる
吉良の策略で浅野が切腹した際に捕らえられ出島のオランダ人に奴隷として売られてしまう。
天狗から教わった剣術は大石たちに勝るとも劣らず、出島で大石と斬り合いをした際には互角の実力を見せた。
自分を除け者として扱い続けてきた侍には懐疑的だが、世話を受けたミカを救い出すために大石に協力し、自らの故郷とも言える天狗のいる山にて天狗と交渉することで浪人たちの使う刀剣を調達し討ち入りの準備を整える。
討ち入り直前の血判状への署名には「魁」の字が当てられている。
大石内蔵助
演 – 真田広之
四十七士の指導者[4]であり赤穂の侍の筆頭。
行き倒れていたカイを最初に見つけた人物でもあるが、天狗に付けられた傷を持つカイの存在を不吉に思い冷遇し続けてきた。
吉良の陰謀で浅野が切腹、赤穂の併呑が決まった際に吉良から存在を危険視され地下牢に軟禁される。ミカの祝言直前に地下牢から出されたのち、ミカを救い吉良を討つため仇討ち後の打ち首(浅野切腹の際に吉良への仇討ちを将軍綱吉から禁じられていた)を覚悟でカイを出島から救い出し追放された赤穂の浪人を集め討ち入りの準備を整える。
吉良の首級を挙げ仇討ちを浅野の墓前に報告したのち将軍の裁きを受け、本来ならば打ち首獄門のところを忠義に免じて名誉の切腹および主君と同じ墓に埋葬されることを許可され、カイを含めた四十六士(主税を除く)と共に切腹し果てる。
ミカ
演 – 柴咲コウ
浅野家の姫でカイの恋人。架空の人物[4]
赤穂併呑を狙う吉良の策略により半ば強引に吉良との祝言を迫られるが、父である浅野の喪に服すことを理由に1年の猶予を与えられる。
吉良上野介
演 – 浅野忠信
赤穂の隣国・長門の主君であり、浪士たちの主君の仇[4]
妖術を使うミヅキを側室に置き、赤穂を併呑すべく猛獣を放つなど様々な策略を巡らせていた。
将軍綱吉が赤穂を訪れていた際に浅野を妖術にかけ吉良へ切りかからせることで浅野を切腹に追い込んだ。
ミカとの祝言により赤穂を完全に自分の領地とすべく、それを邪魔するであろう大石たち浪人やカイの抹殺をミヅキに命じる。
ミヅキ
演 – 菊地凛子
吉良家に仕える側室。架空の人物[4]
様々な妖術を使いこなす美女で、自身を狐や龍の姿に変えることもできる。
吉良に赤穂を併呑させ、ゆくゆくは日本を手中に収めさせるべく暗躍し浅野を切腹へと追い込んだ。
大石主税
演 – 赤西仁
父である大石内蔵助と違いカイに友好的なカイの親友[6]
浅野切腹後、地下牢に軟禁された内蔵助が戻ってきた際には散り散りになった浪人に集合をかけ、その後も父に従い討ち入りの準備を整えた。
若年ながら、見張りに立つ兵士を咄嗟に弓で射ることができるなど武芸は父譲り。
討ち入りに参加し一端は切腹を申し付けられるが、主君のために仇討ちを為す忠義の血が絶えることを憂えた将軍の配慮により生涯赤穂に尽くすことを命ぜられ四十七士の中で唯一生き残る。
浅野内匠頭
演 – 田中泯
播州国、赤穂藩の藩主。
大石を始めとした侍を束ねており、行き倒れていたカイを殺そうとした大石を止めた。とはいえミカや主税ほどカイに友好的だったわけではなく、領内の山中で暮らすことを許しはしたが、ある程度の距離は置いていたようである。
将軍綱吉を迎える前に猛獣を仕留め準備万端と将軍を接待するが、赤穂の併呑を伺っていた吉良の策略で切腹に追い込まれた。
将軍綱吉
演 – ケイリー=ヒロユキ・タガワ、日本語吹き替え – 菅生隆之
徳川の将軍にして日本の支配者。
赤穂に来訪した際に起こった刀傷事件を受け浅野に切腹を申し付け、ミカに対しては吉良との婚姻を決め赤穂領を吉良家の預かりとする。
大石リク
演 – 國元なつき[7]
内蔵助の妻で、主税の母。
安野
演 – 羽田昌義[7]
赤穂の侍で、四十七士の一人。猛獣狩りの際、カイに助けられるが、侍ではない彼に助けられたことは不名誉だと恥じ、彼に対しても辛辣な言葉を浴びせる。その後も、カイに対して見下した態度を取り続けるが、芭蕉の死を通じて彼と和解する。
芭蕉
演 – 米本学仁
赤穂の侍。気が優しく、どこか愛嬌のある大男。はぐれ者のカイに対しても優しい言葉をかけるが、実は幼い頃に彼をいじめたことがある。大石達がミヅキの罠にかかった際は、自分の命と引き換えに安野の身を守った。そしてカイに対して幼い頃の過ちを詫びると、静かに息を引き取った。その後、彼の刀は安野を通じてカイに託された。
磯貝
演 – 出合正幸
赤穂の侍。大石に吉良の動向を探る斥候を命じられるが、ミヅキの妖術にかかってしまい、大石達の危機を招いてしまう。
演 – 曽我部洋士[7]
赤穂の侍。大石から刀を託されるが、ミヅキの罠にかかった際、鎧武者の手によって殺されてしまう。
堀部
演 – 中嶋しゅう
赤穂の侍で、四十七士の一人。大石の右腕的存在。槍を使う。
演 – 山田浩[7]
赤穂の侍で、四十七士の一人。弓を使う。
カピタン
演 – ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン、日本語吹き替え – なし
出島を根城にしている南蛮人。吉良からカイを奴隷として買い、見世物として殺し合いをさせていた。
大石と会話をするシーンなどが撮影されたが、最終的にはカットされてしまい、劇中で彼が話す台詞は一言もない。なお、カットされた彼のシーンはBlu-ray discの特典映像で観ることができる[8]
旅芸人(歌舞伎役者)
演 – ゲディ・ワタナベ、日本語吹き替え – 飯島肇
歌舞伎を披露する旅芸人の一行の一人。吉良上野介とミカの結婚の宴に向かう最中に大石らと遭遇し、戦の手助けをする。
酔った役人
演 – クライド・クサツ
磯貝が吉良の動向を探りに出向いた酒場で出会う役人。
護衛人
演 – 梶岡潤一、日本語吹き替え – なし
吉良家に仕える門番[9]
鎧武者
演 – ニール・フィングルトン[8]、日本語吹き替え – なし
御前試合に吉良家代表として出場した全身を鎧に包んだ巨漢の侍。掛け声はおろか一言の言葉も発せず異様な雰囲気を放っている。その体格に似合う大太刀振るい、カイを散々に打ちのめした。
本来の仕事は吉良の護衛であるようで、吉良が外に出る際は必ず侍っており四十七士の討ち入りの際にも吉良を逃がすべく立ちはだかり、御前試合での強さを見知っていた浪人達の戦意を喪失させるが、火薬庫に仕掛けられた爆弾により起こった爆風に巻き込まれ鎧がバラバラになり炎に飲み込まれた。
演じたフィングルトンは、他にも出島でカイと戦う鬼のモーションアクターも務めている[8]
天狗の首領
演 – 伊川東吾、日本語吹き替え – 大木民夫
赤子の時に捨てられていたカイを拾い天狗の秘術や剣術を教え込んだ人物。天狗とは呼ばれるが鼻は無いどころか削がれているかのようで、どちらかと言えば烏天狗のような風体をしている。
仇討ちのために必要な大量の刀剣を求め戻ってきたカイの前に現れる。
その容姿からか天狗の一族は人間に迫害を受けていたようで、仇討ちをする人間を手助けするため戻ったというカイが理解できず、力づくで刀剣を奪えとカイを挑発したが天狗の秘術を使い高速で刀剣を奪ったカイの姿に自分の教えが生きていたと喜び大量の刀剣を提供した。
ナレーション
声 – ロン・ボッティータ、日本語吹き替え – 東地宏樹
物語の語り部。

※wikipedia参照

 

ファイティング・タイガー

キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー [Blu-ray]

ファイティング・タイガー』(原題: Man of Tai Chi)は、2013年に中国とアメリカ合衆国が共同制作した武術映画。俳優キアヌ・リーブスの初監督作品。アクション・ディレクターはユエン・ウーピン。

日本では、当初劇場公開はされずに『キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー』という邦題でソフト発売のみが予定されていたが、その後期間限定で劇場公開されることが決定した[2]

ストーリー

太極拳を学ぶ真面目な青年タイガー。彼は師匠の寺を再開発の手から守るため、数々の格闘技大会に出場し、賞金の獲得と太極拳の普及に努めていた。ある日、タイガーは謎の男ドナカに招待され、ルール無用の闇の格闘技大会に参加することになる。これはドナカ自身が主催している大会で、ペイ・パー・ビューで全世界に中継されており、勝てば大金が手に入るが、負ければ最悪死が待っているといった危険なものだった。タイガーは、次々と強敵を打ち負かしていくが、次第にドナカと彼の組織に対して強い疑念を抱いていく。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
タイガー タイガー・チェン 浪川大輔
ドナカ キアヌ・リーブス 小山力也
チン・シー カレン・モク 浅野まゆみ
ワン警視 サイモン・ヤム 魚建
ヤン老師 ユエ・ハイ 土師孝也
ギラン イコ・ウワイス

※wikipedia参照

フェイク・クライム

フェイク・クライム [Blu-ray]

 

フェイク・クライム』(原題: Henry’s Crime)は、2011年にアメリカ合衆国で公開された犯罪映画である。

ストーリー

ニューヨーク州バッファロー。そこで暮らすヘンリーは、ただ漫然と日々を過ごすごく平凡な男。そんな彼がある日、高校時代の悪友から野球の試合に誘われる。悪友に言われるがまま、集合場所の銀行の前で車を停めて待っていたヘンリーだったが、突然銀行のベルが鳴り響き、中から悪友が飛び出してくる。なんと悪友は銀行強盗であり、ヘンリーは運転手役に仕立て上げられてしまったのだ。しかも、不運なことにヘンリーだけが逮捕されてしまい、彼は刑務所に収監されてしまう。それから1年後、仮出所をしたヘンリーは、茫然と強盗があったあの銀行の前に立っていた。すると、彼は突然車にはねられてしまう。幸い大した怪我もなく、車を運転していた舞台女優のジュリーとも親しくなったヘンリーは、彼女が銀行の隣にある劇場で『桜の園』の稽古をしていることを知る。その劇場には銀行の地下へと続く古いトンネルがあることを知ったヘンリーは、刑務所内で親しくなった詐欺師のマックスを誘い、本当に銀行強盗を行う計画を立てるのであった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ヘンリー・トーン キアヌ・リーブス 森川智之
ジュリー・イワノワ ヴェラ・ファーミガ 本田貴子
マックス・サルズマン ジェームズ・カーン 稲葉実
デビー・トーン ジュディ・グリア 衣鳩志野
ダレク・ミロドラゴヴィック ピーター・ストーメア 水野龍司
エディ・ヴィベズ フィッシャー・スティーヴンス
ジョー ダニー・ホック
フランク ビル・デューク

※wikipedia参照

地球が静止する日

地球が静止する日 [Blu-ray]

 

地球が静止する日』(ちきゅうがせいしするひ、原題: The Day the Earth Stood Still)は、2008年のSF映画。1951年公開の『地球の静止する日』のリメイク作品。

旧作との差異

1951年版には冷戦や核戦争といった時代的背景が示されていた。今回のリメイクにおいては自然との対立という視点も加えられている[2][3]

クラトゥの性格も変わっている。1951年度版でマイケル・レニーが演じたクラトゥは温かみのあるエイリアンだったが、キアヌ・リーブスの演じるクラトゥは冷たい性格になっている。

ストーリー

ある夜、プリンストン大学で教諭をする地球外生物学者、ヘレン・ベンソン博士の自宅にアメリカ政府のエージェントが突然やってきた。

強制的にある非常事態への協力を求められたヘレンは1年前に他界した夫の連れ子であるジェイコブを隣人に預け、あわただしく公用車に乗り込む。

すでに政府は軍を総動員出動させ警戒態勢を敷き、町は異様なまでに静まり返っていた。政府がヘレンのほかに核物理学・天文学・地質学などの権威を招集したのは、木星の外側で観測された謎の物体への対策を講じるためだった

小惑星と思われるその物体は想定外の進路を信じがたい速度で移動し、マンハッタンへと迫っているのだった。 しかし物体が地上に達するはずの瞬間には何も起きずまばゆい光を放つ巨大な球体がセントラルパークへと舞い降りてきたのだった。

防護服をきたヘレンらが近づくと、球体の中から一体の生命体と大きなロボットゴートが姿を現す。すると動揺した兵士の一人が発砲し、銃弾を浴びた生命体はヘレンの目の前で昏倒した。

政府は生命体を医療施設へ運び、懸命の治療をした、生命体の体にメスを入れると、灰色の有機物質の皮が剥がれ落ち、その下から人間そっくりの男性の体が姿を現した

宇宙からの球体は、地球上のさまざまなところに出現し、世界中を大混乱へ陥れていた

意識を取り戻した生命体は自分の名をクラトゥと名乗り地球を人間たちから助けに来たと、ヘレンに告げる。衝撃を受けたヘレンはノーベル学者バーンハート教授と面会させるが、必死の説得もむなしく、ついに巨大なゴートが大量の虫のようなものに変わり、地球上のあらゆる物を溶かしてゆく。

もはや風前の灯火となった今、人類の命運は、クラトゥの心に触れることができるヘレンとジェイコブに託されたのだった

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
クラトゥ キアヌ・リーヴス 森川智之
ヘレン・ベンソン ジェニファー・コネリー 八十川真由野
ジェイコブ・ベンソン ジェイデン・スミス 小林翼
レジーナ・ジャクソン国防長官 キャシー・ベイツ 磯辺万沙子
マイケル・グレイニア博士 ジョン・ハム 井上倫宏
カール・バーンハート教授 ジョン・クリーズ 大木民夫
ジョン・ドリスコル カイル・チャンドラー 内田直哉
米軍大佐 ロバート・ネッパー 水内清光
Mr.ウー ジェームズ・ホン 伊藤和晃
マイロン博士 ジョン・ロスマン
クイン大将 ロジャー・クロス
チン・フェ博士 リョウタ・ハセガワ
イケガワ博士 ヒロ・カナガワ

※wikipedia参照

フェイク シティ ある男のルール

フェイク シティ ある男のルール [Blu-ray]

 

フェイク シティ ある男のルール』(原題:Street Kings)は、2008年のアメリカ映画。

ストーリー

LAPD(ロス市警)のバイススクワッド(風紀取締り)の警官であるトム・ラドロー(キアヌ・リーブス)は囮捜査や違法ギリギリの捜査で事件を解決していた。そんな中、LAPDの内務調査班のビックス(ヒュー・ローリー)がトムに接触してトムらバイスの面々の調査を開始する。その頃、トムの元パートナーであるワシントン(テリー・クルーズ)とビックスが密会しているという情報を知りトムはワシントンを逆に尾行するが2人が接触したコンビニで強盗が起こり二人は銃撃戦に巻き込まれてしまいワシントンが射殺されてしまう・・・。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
トム・ラドロー キアヌ・リーヴス 森川智之
ジャック・ワンダー フォレスト・ウィテカー 立木文彦
ジェームズ・ビッグス ヒュー・ローリー 牛山茂
ポール・ディカント クリス・エヴァンス 土田大
スクリブル セドリック・ジ・エンターテイナー 石住昭彦
マイク・クレイディ ジェイ・モーア 横堀悦夫
テレンス・ワシントン テリー・クルーズ 乃村健次
リンダ・ワシントン ナオミ・ハリス 若原美紀
コーツ コモン 高瀬右光
グリル ザ・ゲーム
グレイス・ガルシア マルタ・イガレータ 小林沙苗
ダンテ・デミル ジョン・コーベット 相沢正輝
コズモ・サントス アマウリー・ノラスコ 飯島肇
その他 白熊寛嗣
丸山壮史
宇垣秀成
浦山迅
斉藤次郎
新田万紀子
石川綾乃

※wikipedia参照

スキャナー・ダークリー

スキャナー・ダークリー [Blu-ray]

 

スキャナー・ダークリー』(英: A Scanner Darkly)は、2006年のアメリカSFアニメーション映画。原作はフィリップ・K・ディックによる『暗闇のスキャナー』(A Scanner Darkly、原題は同じ)。リチャード・リンクレイター監督、キアヌ・リーブス主演。

現実と幻覚とを曖昧にする表現手段として、俳優を撮影した実写映像をトレースしてアニメーション化するロトスコープという技法によって制作された。ソフトウェアにより効率化されているものの基本的に手作業であり、アニメ化には30人のアニメーターが15ヶ月を要した。

近未来のアメリカを舞台に麻薬常習者たちと彼らを取り巻く監視社会を描いている。常習者の言動や共同体の様子、プライバシー監視への猜疑はかつて麻薬を常用していた原作者ディックの体験に基づく。

ストーリー

「今から7年後」の、「物質D」とよばれる強力な麻薬の蔓延が社会問題化したアメリカ、アナハイム。当局が有効な対策を講じられない中、ニューパス社による中毒者の矯正だけが成果を上げていたが、陰では同社と麻薬産業との関係が囁かれていた。潜入捜査官のフレッド(キアヌ・リーブス)は情報を掴むべくボブと名乗り密売人と目される麻薬常習者たちと共同生活を営んでいたが、同居人の一人バリス(ロバート・ダウニー・Jr)の密告により、互いの正体を知らない上司から「ボブ」の監視を命じられる。潜入先で自らも麻薬に溺れていくフレッド/ボブは、やがて副作用に侵され自己を見失う。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
フレッド/ボブ・アークター キアヌ・リーブス 小山力也
ジム・バリス ロバート・ダウニー・Jr 高木渉
アーニー・ラックマン ウディ・ハレルソン 山野井仁
ドナ・ホーソーン ウィノナ・ライダー 石塚理恵
チャールズ・フレック ロリー・コクレーン 竹田雅則
スクランブル・スーツ着用時のフレッドの声 ショーン・アレン 木村雅史
マイク ダメオン・クラーク 藤原啓治
ドナルド マルコ・ペレラ 牛山茂

※wikipedia参照

イルマーレ

イルマーレ [Blu-ray]

 

イルマーレ』(The Lake House)は、2006年のアメリカ映画。2000年の韓国映画『イルマーレ(時越愛:シウォレ)』をリメイクした恋愛映画。主演は大ヒット作『スピード』以来の再共演であるキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック。オリジナルの基本的な設定は同じであるが、舞台は海辺の家から湖畔の家へと変更されている。

ストーリー

2006年、シカゴの病院で働くことになった女性医師ケイト(サンドラ・ブロック)は、湖岸に立つ一軒家からシカゴ市内に引っ越すことに。郵便受けに次の住人へのメッセージを残した彼女は、後日返事を受け取るものの、それは2004年を生きる建築家の青年アレックス(キアヌ・リーヴス)からの手紙だった。

 

キャスト

アレックス・ワイラー
演 – キアヌ・リーブス、日本語吹替 – 森川智之
2004年に生きる建築家。
ケイト・フォースター
演 – サンドラ・ブロック、日本語吹替 – 本田貴子
2006年に生きる医師。
サイモン・ワイラー
演 – クリストファー・プラマー、日本語吹替 – 有川博
アレックスの父親。有名建築家。アレックスとの間にわだかまりがある。
ヘンリー・ワイラー
演 – エボン・モス=バクラック、日本語吹替 – 内田夕夜
アレックスの弟。建築家。
ケイトの母親
演 – ヴィレケ・ファン・アロメーイ、日本語吹替 – 小宮和枝
モーガン・プライス
演 – ディラン・ウォルシュ、日本語吹替 – 咲野俊介
ケイトの元恋人。弁護士。
アンナ・クリゼンスキー
演 – ショーレ・アグダシュルー、日本語吹替 – 塩田朋子
ケイトの同僚医師。サイモンの主治医。
モナ
演 – リン・コリンズ
アレックスに想いを寄せる女性。

※wikipedia参照

コンスタンティン

コンスタンティン [Blu-ray]

 

コンスタンティン』(原題: Constantine)は2005年制作のアメリカ合衆国のファンタジー・アクション映画。フランシス・ローレンス監督、主演はキアヌ・リーブス。上映時間は121分。原案はDCコミック刊行のアメリカンコミック『ヘルブレイザー』(Hellblazer)。

まず2005年2月8日に香港で公開。おって2月18日にアメリカとカナダで公開された。日本公開は4月16日。配給はワーナーブラザーズ。

宗教色が強い作品であり、キリスト教にまつわる単語や人物名、宗教観などが取り入れられている。また、エンドロールの後にも続きのシーンがあるという、アメリカ映画には珍しい構成になっている。

『コンスタンティン2』の制作が決定されたがスタッフ・主演・公開時期は未定[2]

あらすじ

この世は、天国・人間界・地獄の3つの世界に別けられている。それぞれの住人は別の世界へと自由に行き来することはできない。しかし現実は、天使と人間・悪魔と人間の中性的な存在「ハーフブリード」が外観上人間と違わぬ姿を以って人間界に住み着いていた。

主人公は、末期の肺ガンで余命幾許も無い男ジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーヴス)。彼は人間以外のものを見ることができる特殊な力を持っており、強力なこの力を以って人間界で悪事を働くハーフブリードを始末する悪魔祓いを行っている。しかしこの「人間以外のなにかが見える力」のせいで幼少期に苦しみ、自殺未遂を起こした過去がある。キリスト教(カトリック)での自殺は地獄に落ちるとされているため、悪魔祓いによる善行を積むことによって神の恩赦を獲得し、死後地獄行きが確定している自身の運命を変えようと画策していた。

しかし天界のハーフブリードであるガブリエルは、コンスタンティンは悪魔祓いと称して神から与えられた力を私欲的に使っているうえ、肺ガンで死ぬのはそもそも長年の重度な喫煙癖の結果であり、総じてジョンの思惑は無駄なことであると言い続けていた。

ある日、悪魔祓いを行っていたコンスタンティンは少女にとりついた悪魔が人間界へ潜入しようとしたのを目撃する。互いの領域を侵さないことで成り立ってきた世界の均衛が崩れ始めようとしていた。

登場人物

※日本語吹替え声優はDVD版/テレビ版の順。

ジョン・コンスタンティン
演 – キアヌ・リーブス、日本語吹替え – 小山力也/森川智之
悪魔祓いを生業とする探偵。子供のときから強い霊力を持ち、人間とハーフブリードを見分けられる力を持つ。15歳からタバコを30本毎日吸い続け、肺癌となり余命1年と宣告される。悪魔祓いは少しでも神に自分の良い所を見せようとするためにしているだけで、決して人のためにではない。イニシャルは、「イエス・キリスト」を暗示している。タバコは「CHANG JIANG(映画用に作られた架空の銘柄)」。愛飲酒はアードベッグ。
アンジェラ・ドッドソン
演 – レイチェル・ワイズ、日本語吹替え – 甲斐田裕子/岡寛恵
有能な女刑事。霊力・悪魔など超常現象の類は信じていない現実的な性格であるが、犯罪者を銃で撃つ際に何時、何処を撃てば良いのか分かってしまうという自身の不思議な力に気付き、悩んでいる。
イザベル・ドッドソン
演 – レイチェル・ワイズ、日本語吹替え – 甲斐田裕子/岡寛恵
アンジェラとは双子の妹。姉と共に敬虔なクリスチャンである。自身の霊力のために心を病み、現在は精神病棟に入っている。
チャズ・クレイマー
演 – シャイア・ラブーフ、日本語吹替え – 川田紳司/浅沼晋太郎
ジョンの助手。行く行くはジョンと同じくエクソシストになりたいと思っている。
へネシー神父
演 – プルイット・テイラー・ヴィンス、日本語吹替え – 塩屋浩三/石住昭彦
ジョンの協力者。自身も霊力を持つが、この世ならざる声を聞くことに耐えられず飲酒しているためアル中になっている。
ビーマン
演 – マックス・ベイカー、日本語吹替え – 飛田展男/多田野曜平
ジョンの協力者。ジョンのために対ハーフブリード用の武器の調達や、情報収集をしている。
パパ・ミッドナイト
演 – ジャイモン・ハンスゥ、日本語吹替え – 落合弘治/相沢正輝
かつてはエクソシストであったが現在は引退。人間界でのハーフブリードに関わる争い事を好んでおらず、自らを「中立的立場」とし「中立な場所」として酒場を経営している。
ガブリエル
演 – ティルダ・スウィントン、日本語吹替え – 田中敦子/勝生真沙子
天界のハーフブリード。大天使ガブリエルと同名であるが、そもそもハーフブリードとは人間界に干渉するために両界から送られてくる天使と悪魔の中間的存在であり、大天使ではない。ジョンにとっては自身と天界との橋渡し役だが、ガブリエルはジョンの思惑を見抜いており「無駄な事」と諭している。
バルサザール
演 – ギャヴィン・ロスデイル、日本語吹替え – 山野井仁/江原正士
悪魔側のハーフブリード。ジョンと対立する。
ルシファー(サタン)
演 – ピーター・ストーメア、日本語吹替え – 安原義人/野沢那智
完全な悪魔。神に反逆し、天界にいる天使のうち三分の一を率いて襲撃した。が、神には勝てなかった。そして天界の遥か下方の地獄に堕とされ堕天使となる。ハーフブリードを見分ける特殊な能力をもつコンスタンティンを地獄に導こうとしている。スーツを着た紳士の姿をしており、フランクな口調で喋る。

※wikipedia参照

1 2