Category Archives: アン・ハサウェイ

インターステラー

インターステラー [Blu-ray]

 

インターステラー』(原題: Interstellar)は、クリストファー・ノーラン監督による2014年のSF映画である。

ストーリー

近未来。地球規模の植物の枯死、異常気象により、人類は滅亡の危機に晒されていた。元宇宙飛行士クーパーは、義父と15歳の息子トム、10歳の娘マーフとともにトウモロコシ農場を営んでいる。マーフは自分の部屋の本棚から本がひとりでに落ちる現象を幽霊のせいだと信じていたが、ある日クーパーはそれが何者かによる重力波[要曖昧さ回避]を使った二進数のメッセージではないかと気が付く。クーパーとマーフはメッセージを解読し、それが指し示している秘密施設にたどり着くが、最高機密に触れたとして身柄を拘束される。

そこでクーパーはかつての仕事仲間のブランド教授と再会し、大昔に無くなったNASAが秘密裡に復活し活動を続けていることを知らされる。NASAは土星近傍のワームホールを通り抜けて、別の銀河に人類の新天地を求めるプロジェクト――ラザロ計画を遂行していたのだった。48年前に”彼ら”によって創造されたと考えられているワームホールを通過し、すでに三名の先駆者達が、入植が期待できる惑星から信号を送り返している。教授は、第二の地球となり得る惑星を探すミッションにパイロットとして参加するようクーパーを説得する。帰還できたとしてもそれがいつなのか不明なミッションに、マーフは激しく反対する。二人は和解の機会を得られないまま、クーパーは出発の日を迎えてしまう。クーパーはマーフに「必ず戻ってくる」とだけ言い残し、ブランド博士の娘のアメリアらとともに宇宙船エンデュランスに搭乗し地球を後にする。

キャスト

括弧内は日本語吹替(ソース – [5])。

宇宙船クルー[6]
  • クーパー – マシュー・マコノヒー(小原雅人)
  • アメリア・ブランド – アン・ハサウェイ(園崎未恵)
  • ロミリー – デヴィッド・ジャーシー(山岸治雄)
  • ドイル – ウェス・ベントリー(小松史法)
  • TARSの声 – ビル・アーウィン(英語版)(多田野曜平)
  • CASEの声 – ジョシュ・スチュワート(丸山壮史)
  • マン博士 – マット・デイモン(土田大)
地球の人物
  • マーフィー(マーフ) – ジェシカ・チャステイン(岡寛恵)
    • マーフ(幼少期) – マッケンジー・フォイ(諸星すみれ)
    • マーフ(老年期) – エレン・バースティン(沢田敏子)
  • ブランド教授 – マイケル・ケイン(有本欽隆)
  • トム – ケイシー・アフレック(加瀬康之)
    • トム(幼少期) – ティモシー・シャラメ(上村祐翔)
  • ドナルド – ジョン・リスゴー(福田信昭)
  • ロイス – リーア・ケアンズ(英語版)(鷄冠井美智子)
  • ゲティ – トファー・グレイス(松本忍)
  • 校長 – デヴィッド・オイェロウォ(水内清光)
  • ウィリアムズ – ウィリアム・ディヴェイン(小島敏彦)
  • 管理者 – エリス・ガベル(北田理道)
  • ハンリー先生 – コレット・ウォルフ(合田絵利)※wikipedia参照

ブルー 初めての空へ

ブルー 初めての空へ [Blu-ray]

 

ブルー 初めての空へ』(原題: Rio )は、2011年のアメリカの3DCGによる3Dアニメ映画。絶滅危惧種のアオコンゴウインコを主人公としたアドベンチャー・ファンタジー。原題は、物語の舞台であるブラジルのリオ・デ・ジャネイロを意味する。3D作品ではあるが、日本では2D上映のみとなった。

ストーリー

アメリカで、本屋を経営している優しい飼い主の下で悠々自適に暮らしていた青いインコ・ブルー。ある日彼は、客として来店した鳥類学者によって絶滅危惧種のインコであることを告げられる。絶滅を防ぐために、飼い主と共に学者の研究所があるブラジルのリオ・デ・ジャネイロに向かうことになる。そこで彼はお嫁さん候補のジュエルと出会うが、彼女はブルーと性格が正反対で強気なインコだったのである。そんな2羽を付け狙う密猟者が出現し…。

キャスト

※動物は鳥たちを含む。

役名 俳優 日本語吹替 動物
ブルー ジェシー・アイゼンバーグ 山口勝平 アオコンゴウインコ
ジュエル アン・ハサウェイ 恒松あゆみ アオコンゴウインコ
リンダ レスリー・マン 石津彩 ヒト
チュリオ ロドリゴ・サントロ 真殿光昭 ヒト
ニコ ジェイミー・フォックス 山路和弘 キイロカナリア
ペドロ ウィル・アイ・アム 泉拓真 コウカンチョウ
ナイジェル ジェマイン・クレメント 内田直哉 キバタン
ラファエル ジョージ・ロペス 宝亀克寿 オオハシ
ルイズ トレイシー・モーガン 伊丸岡篤 イヌ
フェルナンド ジェイク・T・オースティン 本城雄太郎 ヒト
マルセル カルロス・ポンス 斎藤志郎 ヒト

※wikipedia参照

バレンタインデー

バレンタインデー [Blu-ray]

 

バレンタインデー』(原題: Valentine’s Day)は、2010年のアメリカ映画。ゲイリー・マーシャル監督による群像劇。

ストーリー

花屋を営む男リードは、同棲中の恋人モーリーに朝一番でプロポーズをする。しかし、笑顔で婚約指輪を受け取ったモーリーだったが、彼が出かけた後に部屋の荷物をまとめ始め……。飛行機でたまたま隣り合わせたホールデンとケイト。男は洗練された物腰が魅力的な30代。女は11ヶ月ぶりに一晩だけ、ロサンゼルスでの滞在許可が出た軍人。会話を交わすうちに意気投合する二人だったが、共に目的地には意外な相手が待っていて……。理想の男性ハリソンと出会い、幸せいっぱいの小学校教師ジュリア。しかし仕事で出張に行くというハリソンは、空港ではないある別の場所へと向かっていた……。結婚五十年を過ぎても変わらぬ愛を誓い合うエドガーとエステルの老夫婦。だが、よりによってこの日、妻は夫に重大な告白を始めて……。有名アメフト選手ショーンのマネージャーを務めるカーラは、今年も主催予定の“バレンタインデーなんか大嫌いだパーティ”の参加者が、いまだゼロと知り自暴自棄になる。そんな彼女に取材目的で近づいたスポーツキャスター、ケルヴィンだったが、彼女がバレンタインデーを嫌う理由を知ると……。グレースとアレックスは高校生のカップル。二人はバレンタインデーに初体験をすませようと計画している。彼女の実家の彼女の部屋で、ひとり初体験を盛り上げる演出を準備するアレックスだったが、そのとき突然彼女の母親が帰宅して……。母親と久しく離れ離れになっている小学生の少年、エディソン。同じ小学校にいる女の子に恋をした彼は、バレンタインデーの昼休みに、学校まで花束を届けてもらおうとするが……。初めて一夜を共にしたばかりのジェイソンとリズ。バレンタインのディナーを約束する二人だったが、彼女のほうには彼に伝えていないある秘密があった……。

さまざまな男女の、それぞれのバレンタインデーを、グランド・ホテル形式で描いたラブコメディ。

キャスト

メインキャスト(アルファベット順)

役名 俳優 日本語吹替
モーリー・クラークソン(リードの恋人) ジェシカ・アルバ 東條加那子
スーザン・モラレス(テレビ局スタッフ) キャシー・ベイツ 斉藤貴美子
カーラ・モナハン(ショーンのパブリシスト) ジェシカ・ビール 本田貴子
ホールデン・ウィルソン(飛行機の乗客) ブラッドレイ・クーパー 宮内敦士
ショーン・ジャクソン(NFL選手) エリック・デイン 藤真秀
ハリソン・コープランド(医者) パトリック・デンプシー 田中完
エドガー・パディントン(エステルの夫) ヘクター・エリゾンド 高桑満
ケルヴィン・ムーア(スポーツキャスター) ジェイミー・フォックス 世古陽丸
ジュリア・フィッツパトリック(小学校教師) ジェニファー・ガーナー 園崎未恵
ジェイソン・モリス(郵便係) トファー・グレイス
リズ・カラン(秘書) アン・ハサウェイ 小松由佳
アレックス・フランクリン(高校生) カーター・ジェンキンス
リード・ベネット(花屋の店員) アシュトン・カッチャー
ポーラ・トーマス(リズの上司) クイーン・ラティファ
ウィリー・ハリントン(高校生) テイラー・ロートナー
アルフォンソ・ロドリゲス(花屋のオーナー) ジョージ・ロペス
エステル・パディントン(エドガーの妻) シャーリー・マクレーン 沢田敏子
グレース・スマート(高校生/エディソンの子守) エマ・ロバーツ
ケイト・ヘイゼルタイン(飛行機の乗客/軍人) ジュリア・ロバーツ 田中敦子
エディソン(小学生) ブライス・ロビンソン
フェリシア・ミラー(高校生) テイラー・スウィフト

※wikipedia参照

アリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランド』(Alice in Wonderland)は、2010年公開のアメリカ映画。ティム・バートン監督。

ルイス・キャロルの児童文学小説『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』を原作に、その後日談的なストーリーとして再構成、実写とモーションキャプチャによって映画化した。

alice in wonderland

ストーリー

不思議の国[3]での冒険から13年後。19歳となり、最愛の父親を亡くしたアリス・キングスレーはパーティに出席していた。だが、このパーティーはアリスの母と姉が極秘裏に企画したアリスの婚約パーティだった。アリスは貴族の御曹司・ヘイミッシュから求愛されるが、突然の出来事に混乱してその場から逃げ出してしまう。

そんな時、アリスはチョッキを着た白ウサギを追って、幼少時代に訪れた不思議の国へ再び迷い込み、そこでかつて出会ったマッドハッターやチェシャ猫達と再会。だが、不思議の国は13年前とは一変しており、赤の女王に支配された暗い世界と化していた。

アリスはかつてここを訪れた事を夢だと考え記憶を失くしていたが、自分が預言書に記されている「救世主」だと知らされ、この世界を赤の女王の支配から解放するため、赤の女王の妹である白の女王やマッドハッター達の力を借りて、赤の女王に戦いを挑むことになる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替1 日本語吹替2
マッドハッター ジョニー・デップ 平田広明
アリス・キングスレー 19歳 ミア・ワシコウスカ 安藤瞳 坂本真綾
6歳 マイリー・エラ・チャレン 宇山玲加 松浦愛弓
赤の女王 ヘレナ・ボナム=カーター 朴璐美 島田彩夏[4]
白の女王 アン・ハサウェイ 深田恭子 高橋真麻[4]
ハートのジャック クリスピン・グローヴァー 藤原啓治 木下浩之
トウィードルダム マット・ルーカス 小形満 高戸靖広
トウィードルディー
アブソレムの声 アラン・リックマン 土師孝也 大友龍三郎
白ウサギの声 マイケル・シーン 塩屋浩三 佐々木睦
ヤマネの声 バーバラ・ウィンザー 京田尚子 滝沢ロコ
チェシャ猫の声 スティーヴン・フライ 茶風林 岩崎ひろし
三月ウサギの声 ポール・ホワイトハウス 大川透
ベイヤードの声 ティモシー・スポール 廣田行生 竹田雅則
ドードー鳥の声 マイケル・ガフ※遺作 浦山迅 宝亀克寿
ジャバウォッキー クリストファー・リー 稲垣隆史 長克巳
効果音 フランク・ウェルカー
長身の薔薇の声 イメルダ・スタウントン 定岡小百合
デカ鼻女 ホリー・ホーキンス
チャールズ・キングスレー マートン・チョーカシュ てらそままさき 大川透
アスコット卿 ティム・ピゴット=スミス 有川博 菅生隆之
ヘイミッシュ・アスコット レオ・ビル 落合弘治 遠藤純一
ヘレン・キングスレー リンゼイ・ダンカン 一柳みる 寺内よりえ
アスコット夫人 ジェラルディン・ジェームズ 宮寺智子 一城みゆ希
マーガレット・キングスレー ジェマ・パウエル 岡寛恵 魏涼子
ローウェル ジョン・ホプキンス 楠大典 咲野俊介
フェイス・チャタウェイ エレノア・ゲックス うえだ星子 松尾翠
フィオナ・チャタウェイ エレノア・トムリンソン 武田華 三田友梨佳
イモージェン叔母さん フランシス・デ・ラ・トゥーア 片岡富枝 磯辺万沙子
太鼓腹の男 ジョエル・スワトー 多田野曜平

※wikipedia参照

レイチェルの結婚

レイチェルの結婚』(Rachel Getting Married)は、2008年のアメリカ映画。

第65回ヴェネツィア国際映画祭出品。主演のアン・ハサウェイは第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。

rachel getting married

ストーリー

キムは10年間、薬物治療のリハビリ施設の入退院を繰り返していたが、姉のレイチェルの結婚式のために実家に帰ってくる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
キム アン・ハサウェイ よのひかり
レイチェル ローズマリー・デウィット 安藤麻吹
ポール ビル・アーウィン 野島昭生
アビー デブラ・ウィンガー 宮寺智子
シドニー トゥンデ・アデビンペ 楠大典
キャロル アンナ・ディーヴァー・スミス 真山亜子

※wikipedia参照

プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔』(The Devil Wears Prada)は、2003年4月に刊行されたローレン・ワイズバーガーによるアメリカ合衆国の小説作品、及び2006年に公開されたアメリカ映画。

仕事と恋について考えさせられます。
また、アン・ハサウェイの綺麗さは突出しているし、シャネル、グッチ、ルイヴィトンetc…
とハイブランドが沢山登場して夢のようです!

THE DEVIL WEARS PRADA

<ストーリー>
大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった!それは一流ファッション誌RUNWAYのカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった!ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々、その上センス、ゼロ!!と酷評され、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされる。キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。カレの誕生日は祝えないし、友達にも愛想をつかされる。この会社で、このままでいいの?私って、本当は何をしたいんだっけ…?

※Amazon一部参照

レ・ミゼラブル

2013年、お正月映画NO.1大ヒット作品!!
是非一度ご覧頂きたい映画です!!

rp_LesMiserables-300x300.jpg

内容紹介

これが
愛、勇気、希望―――世界が泣いた、永遠に語り継がれる物語■2013年、正月映画NO.1大ヒット!!
観客動員:約470万人、興行収入58億円!
「オペラ座の怪人」を抜き、国内ミュージカル映画歴代1位を記録!!
■世界の映画賞を多数受賞!!
★第70回ゴールデングローブ賞、最多3部門受賞!!
作品賞(コメディ・ミュージカル部門)、主演男優賞(コメディ・ミュージカル部門)ヒュー・ジャックマン、助演女優賞/アン・ハサウェイ
★第66回英国アカデミー賞、最多4部門受賞!!
助演女優賞、美術賞、メイキャップ・ヘア賞、録音賞
★第85回アカデミー賞堂々8部門でノミネート!!
作品賞、主演男優賞(ヒュー・ジャックマン)、助演女優賞(アン・ハサウェイ)、主題歌賞、衣装デザイン賞、メイクアップ賞、美術賞、録音賞
■社会現象となった“レ・ミゼラブル”!!
★サウンドトラック盤が異例の大ヒット!
★映画を超えたリアルな感情表現、鳥肌が立つ臨場感。多くのリピーターが誕生!!
★若者から年配層まで幅広く支持を得た映画史に残る1本!!【ストーリー】
ジャン・バルジャンは、パンを盗んだ罪で19年間服役した後、仮出獄するが、生活に行き詰まり、再び盗みを働いてしまう。
その罪を見逃し赦してくれた司教の真心に触れた彼は、身も心も生まれ変わろうと決意し、過去を捨て、市長となるまでの人物になった。そんな折、不思議な運命の糸で結ばれた女性ファンテーヌと出会い、彼女から愛娘コゼットの未来を託されたバルジャンは、
ジャベールの追跡をかわしてパリに逃亡。
彼女に限りない愛を注ぎ、父親として美しい娘に育てあげる。
しかし、パリの下町で革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発。
誰もが激動の波に呑まれていく…【キャスト】
・ヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン):『リアル・スティール』(2011)、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(2009)
・ラッセル・クロウ(ジャベール):『スリーデイズ』(2010)、『ロビン・フッド』(2010)
・アン・ハサウェイ(ファンテーヌ):『ダークナイト ライジング』(2012)、『アリス・イン・ワンダーランド』(2010)
・アマンダ・セイフライド(コゼット):『TIME/タイム』(2011)、『ジェニファーズ・ボディ』(2009)
・エディ・レッドメイン (マリウス):『マリリン 7日間の恋』(2011)、『イエロー・ハンカチーフ』(2008)
・ヘレナ・ボナム=カーター(マダム・テナルディエ):『英国王のスピーチ』(2010)、『アリス・イン・ワンダーランド』(2010)
・サシャ・バロン・コーエン (テナルディエ):『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』(2012)、『ブルーノ』(2009)
・サマンサ・バークス(エポニーヌ)
・アーロン・トヴェイト (アンジョルラス):『トラブルナイト in L.A.』(2011)<未>、『ゴシップガール (シーズン2、3)
・イザベル・アレン(コゼット(少女時代))【スタッフ】
■監督:トム・フーパー『英国王のスピーチ』(2010)
■製作:ティム・ビーヴァン『宇宙人ポール』(2010)、『グリーン・ゾーン』(2010)、『ユナイテッド93』(2006)
エリック・フェルナー『宇宙人ポール』(2010)、『グリーン・ゾーン』(2010)、『ユナイテッド93』(2006)
デブラ・ヘイワード『宇宙人ポール』(2010)、『グリーン・ゾーン』(2010)、『ユナイテッド93』(2006)
キャメロン・マッキントッシュ
■製作総指揮:ライザ・チェイシン『宇宙人ポール』(2010)、『グリーン・ゾーン』(2010)、『ユナイテッド93』(2006)
アンジェラ・モリソン
ニコラス・アロット
リチャード・パパス
■原作:ヴィクトル・ユゴー(原作小説)
原作・脚本・音楽プロデューサー:アラン・ブーブリル(ミュージカル『レ・ミゼラブル』)
原作・脚本・作曲・音楽プロデューサー:クロード=ミシェル・シェーンベルク(ミュージカル『レ・ミゼラブル』)
■共同脚本:ウィリアム・ニコルソン『エリザベス:ゴールデン・エイジ』(2007)、『グラディエーター』(2000)、『トゥルーナイト』(1995)
脚本・作詞:ハーバート・クレッツマー『地獄の罠』(1959)
■撮影:ダニー・コーエン『英国王のスピーチ』(2010)、『パイレーツ・ロック』(2009)
■プロダクション・デザイン:イヴ・スチュワート『英国王のスピーチ』(2010)、『ジェイン・オースティン 秘められた恋』(2007)
■編集:メラニー・アン・オリヴァー『ジェーン・エア』(2011)
クリス・ディケンズ『宇宙人ポール』(2010)、『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)、『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン! 』(2007)
■音楽プロデューサー:アン・ダッドリー『トリスタンとイゾルデ』(2006)、『アメリカン・ヒストリーX』(1998)、『フル・モンティ』(1997)
■音楽監修:ベッキー・ベンサム『マンマ・ミーア! 』(2008)

【特典】
予告編集

■製作:2012年 イギリス
■Disc枚数:1
■画面サイズ:16:9 ビスタ・サイズ
■収録時間:158分

(C) 2012 Universal Studios.ALL RIGHTS RESERVED

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

※amazonから内容抜粋