平凡な少年が競技ダンスに目覚める…!『ボールルームへようこそ』

ダンスをテーマにした漫画はいろいろあれど、ここまで社交ダンス(正式には「競技ダンス」)をかっこよく&面白く描いた漫画は『ボールルームへようこそ』が初めてじゃないだろうか。
ごく平凡な人間が実はすごい素質を備えていて、その競技に出会ったことで才能を開花させていく、という設定は王道だが、主人公が人柄のいい少年で好感がもてることと、とにかくダンスシーンの画力がすごいのがこの作品の魅力だ。
魅力的なキャラクター、迫力、情熱、感動、ダンスを通して成長する主人公…男性にも女性にもおすすめできるダンス漫画。
「社交ダンスはお年寄りの趣味でしょ?ダサい」と思っているあなた。
そんな偏見はひっくり返るだろう。

 

wikiより参照

ボールルームへようこそ』は、竹内友による日本漫画作品。『月刊少年マガジン』(講談社)にて2011年12月号より連載されている。社交ダンス競技ダンス)をテーマに描かれた作品。単行本は2015年10月現在既刊8巻。

途中、一時休載をしていたが、月刊少年マガジン2月号(2017年1月6日発売)から、連載を再開[1]

あらすじ[編集]

将来の夢も趣味もなく、無気力に日々を過ごしていた中学生・富士田多々良

ある日、カツアゲにあっていたところ、謎のヘルメット男仙石要に助けられる。プロダンサーの仙石に連れ去られた場所は、社交ダンスの教室「小笠原ダンススタジオ」だった。勧められるままに体験レッスンを受けるが、そこで同じ中学の同級生花岡雫に出会う。雫は卒業後、プロを目指して海外留学を考えているダンサーだった。

雫の出場するダンス大会へ応援にいくが、そこで雫のパートナーで、ランキング1位の天才ダンサー兵藤清春に出会う。持ち前の目の良さから、スタジオ練習で清春のモーションを目で見て盗んだ多々良は、シャドー練習に励みワルツをマスターする。

日本一を決める、最高峰のアマチュア大会である三笠宮杯・全日本ダンススポーツ選手権。そこに出場する清春&雫パートナーの応援に行った多々良は、仙石に強引に勧められて、行方不明の清春の代役として、雫のパートナーとしてワルツを踊ることになってしまう。多々良に触発された清春は、情熱的なタンゴを踊り切り、会場にスタンディングオベーションを起こすが、替え玉がバレてしまい6カ月の出場停止になる。

赤城兄弟の妹・赤城真子とペアを組むことになった多々良は、同じく雫とペアを組むことになった兄・赤城賀寿と、非公式試合・天平杯で勝負することになる。双方が死力を尽くし会場を沸かせるが、多々良ペアは7位の最下位に終わる。しかし、パートナーの真子が「ポールルームクイーン賞」に選ばれ、ガジュとの勝負には勝利する。

公立高校に進学した多々良は、ダンス経験のあるクラスメイトの緋山千夏とパートナーを組むことになるが、ジュニア時代に男役ばかりやってきた千夏に悪戦苦闘する。D級に昇格した多々良ペアは、上を目指すために「兵藤ソシアルダンスアカデミー」に移籍。指導を受けることになった兵藤マリサから、「東京都民ダンススポーツ大会」のA級選での優勝を命じられるが、格上の釘宮や、千夏の元パートナーと争うことになる。

登場人物[編集]

社交ダンス

富士田 多々良(ふじた たたら)
声 – 土屋神葉[2]
市立玉村中学校3年生。観察力がよく、目で見て動きをすぐに覚える才能がある。競技ダンスには無縁であったが、スタジオに誘われ社交ダンスを教わり始めると、仙谷や雫、兵藤たちに触発されやがて魅入られていく。
花岡 雫(はなおか しずく)
声 – 佐倉綾音[2]
市立玉村中学校3年生。アマチュアの選手。来年にはパートナーの兵藤と共に海外へ留学する予定。
仙石 要(せんごく かなめ)
声 – 森川智之[2]
現役プロの選手。ラテン&10ダンスの二冠王者。強引な性格でよく人を叩く。主に多々良が被害を受けている。
兵藤 清春(ひょうどう きよはる)
声 – 岡本信彦[2]
中学3年生。アマチュアの選手。雫のパートナーの天才ダンサー。
赤城 賀寿(あかぎ がじゅ)
高校1年生。三笠宮杯ファイナリスト。真子の兄。
赤城 真子(あかぎ まこ)
中学2年生。賀寿のパートナーであり妹。気弱な性格。
緋山 千夏(ひやま ちなつ)
多々良のクラスメートで、パートナー。中学時代はリード(男)役をしていた。
たまき
小笠原ダンススタジオのスタッフ。多々良にキレイなお姉さんと称されるほど美人。
兵藤 マリサ(ひょうどう マリサ)
清春の母。元プロフェッショナルスタンダードチャンピオン。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です