#1: 戦略「脳」を鍛える―BCG流 戦略発想の技術

戦略「脳」を鍛える―BCG流 戦略発想の技術   戦略「脳」を鍛える―BCG流 戦略発想の技術 御立 尚資 過去の24時間でランキングが上昇しました 2日間100位以内 (65) ダウンロード: ¥ 599 (この商品の現在のランクに関する正式な情報については、Kindle本のベストセラーリストをご覧ください。)     以下、amazonより抜粋

内容紹介

戦略「論」は後講釈、つまり学問にすぎない。ビジネスの実践で勝つための戦略は「ユニークさ」が必要。本書ではユニークな発想を生み出す「頭の使い方」を解説。 【主な内容】 第1章 インサイトが戦略に命を吹き込む 第2章 思考の「スピード」を上げる 第3章 三種類のレンズで発想力を身につける 第4章 インサイトを生み出す「頭の使い方」を体験する 第5章 チーム力でインサイトを生み出す

出版社からのコメント

戦略コンサルタントの「マル秘の奥義」がわかる!! クラウゼヴィッツと孫子を読んだ軍事参謀同士が戦ったらどうなるか? 同じ戦略論を読み、同じ理屈で戦うので、お互い手の内はわかっている。そのため、勝負はつきにくくなるだろうが、それでも、勝ち負けはつく。そこで勝敗をわけるのは何か? 定石を超え、相手の裏をかく戦い方の工夫、ちょっとしたアイデアなどの「ユニークさ」であろう。 将棋や囲碁はもちろん、企業間の競争においても同様のことがいえる。本書では、定石を超える「ユニークさと「イノベーション」を生み出す能力を「インサイト」呼び、この能力について解説していく。ボストンコンサルティンググループ過去40年の歴史の中で秘伝の奥義され、上司・部下、先輩・後輩の間で継承されてきたンサイトを生むための発想術を紹介し、戦略構築能力いわば戦略「脳」を鍛えるプロセスを明らかにした。アカデミックな戦略論の基本も解説されているので、経営学の初学者にとっては戦略の本質を知ることができ絶好の入門書である。 また、マイケル・ポーターやP・F・ドラッカーを読んでも勝てる戦略・戦術がつくれないとお悩みの中・上読者にとっては、「机上の知識」を「実務に役立つ知恵に変えてくれる一冊となるだろう。

内容(「BOOK」データベースより)

“ポーター”を読んだだけでは勝てる戦略はつくれない!ボストン・コンサルティング・グループがもつノウハウの中核部分を初公開。定石を超えた「イノベーション」を生み出すための発想法を解説。

内容(「MARC」データベースより)

ボストン・コンサルティング・グループがもつノウハウの中核部分を初公開。戦略論という定石を知った上でのプラスアルファの能力、「インサイト」を中心課題とし、そのさまざまな要素を解説し、頭の使い方のコツを紹介する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

御立/尚資 ボストン・コンサルティング・グループヴァイスプレジデント。京都大学文学部卒業。ハーバード大学経営学修士(MBA with High Distinction)。日本航空株式会社を経て現在に至る。金融、消費財・流通業界を中心に幅広い業界に対して、事業戦略、グループ経営、イノベーション、プライシング、M&A等のプロジェクトを数多く手掛けている。BCG Worldwideの金融および消費財・流通に関するエキスパートグループのコアメンバー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)