炎の少女チャーリー

FIRESTARTER

 

炎の少女チャーリー』(ほのおのしょうじょチャーリー、Firestarter)は1984年のアメリカ合衆国のホラー映画。 スティーブン・キングの小説『ファイアスターター』を映画化した作品である。

ストーリー

アンディヴィッキーは大学在学中に新薬の被験のアルバイトに参加して知り合った。その新薬はアンディには相手の精神に働きかけアンディの言葉を自発的な思い付きとして刷り込む術を、ヴィッキーにはテレパシーを発現させた。2人以外の多くの被験者は死亡した。

アンディとヴィッキーは結婚し、チャーリーが産まれた。2人は娘も超能力を持って産まれたことを知ると、それを秘密にしておこうとした。

チャーリーが9歳になった年のある日。アンディが仕事から帰ってくると、ヴィッキーが殺されていた。一家は既に新薬実験を行った政府の秘密機関「店(ザ・ショップ)」に監視されていたのだ。「店」はチャーリーのパイロキネシスの能力を分析し、兵器に応用しようとしているのだった。アンディは、「店」のエージェントの手からチャーリーを救い出し、逃亡が始まった。

アンディは自分たちの安全を守るために、これまでの経緯を手紙に書き、大手新聞社へと投函した。しかし、この手紙がアンディとチャーリーが隠れ住んでいた場所を「店」に知らしめることになった。「店」は片目のエージェントレインバードを差し向け、アンディとチャーリーは捕えられてしまう。

「店」の施設でアンディとチャーリーは離れ離れにされた。アンディは投薬され朦朧とした状態におかれた。アンディへの超能力実験の結果、その超能力は次第に弱くなっており、やがて無くなるものと「店」は判断した。一方、チャーリーには用務員に化けたレインバードが接触し、次第にチャーリーの信用を得ていった。チャーリーはアンディと会うことを要求するために、レインバードの提言から、超能力実験に手を貸すことになった。アンディのほうも薬を飲んだふりをすることで次第に、超能力を取り戻してゆく。アンディは「店」の長であるキャップ・ホリスターの精神に、自分たちを解放することを刷り込んだ。

アンディとチャーリーが再会しようとしたとき、逃亡に気付いたレインバードが現れる。アンディは超能力でキャップ・ホリスターにレインバードを撃たせるが、レインバードは逆にキャップ・ホリスターとアンディを撃ち殺す。そのレインバードもチャーリーの超能力の炎に焼かれて死んだ。

死に逝くアンディはチャーリーに施設を破壊し、逃げるように言う。嗚咽しながらチャーリーは施設を燃やした。

原作小説との違い

  • 原作小説ではジョン・レインバードはチェロキー族ということになっている。
  • チャーリーが自分のパイロキネシス能力を無闇に使用しないよう、アンディとヴィッキーはトイレットトレーニング同様の方法で自制できるよう躾をほどこしていたが、映画版ではその事には言及されていない。
  • チャーリーが最後にマスコミに訴えようと訪問するのが、小説では「ローリング・ストーン」誌だが、映画では「ニューヨーク・タイムズ」紙になっている。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
チャーリー・マクギー ドリュー・バリモア 渕崎ゆり子
アンディ・マクギー デヴィッド・キース 安原義人
ヴィッキー・マクギー ヘザー・ロックリア
ジョン・レインバード ジョージ・C・スコット 加藤正之
キャップ・ホリスター マーティン・シーン 秋元羊介
ジョセフ・ウォンレス博士 フレディ・ジョーンズ 辻村真人
ハーマン・ピンチョット モーゼス・ガン
アーブ・マンダーズ アート・カーニー 宮川洋一
ノーマ・マンダーズ ルイーズ・フレッチャー 佳川紘子

※wikipedia参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です