ロード・トゥ・パーディション

ロード・トゥ・パーディション [Blu-ray]

 

ロード・トゥ・パーディション』(Road to Perdition)は、アメリカのミステリー作家であるマックス・アラン・コリンズ作のグラフィックノベルならびにそれを原作とした同名のアメリカ合衆国の映画である。題名(地獄への道)は原作者が執筆の際に影響を受けた『子連れ狼』のキャッチコピー「冥府魔道[2]を行く父子」からきている。なお、本項では映画に関して記述する。

ストーリー

イリノイ州ロックアイランドで、妻と2人の息子と共に暮らすマイケル・サリヴァンは、良き夫・良き父でありながらアイルランド系マフィアの殺し屋という裏の顔も持っていた。マフィアのボスであるジョン・ルーニーは、サリヴァン一家を自分の家族のように溺愛していた。その一方で実の息子であるコナーに対しては冷ややかで、コナーはそれを苦々しく思っていた。

ある日、組織の幹部会で父から激しく自分のミスを攻め立てられたコナーは、父への恐れと、そんな父に自分以上に溺愛されるサリヴァン一家への嫉妬と憎悪の念を抱くようになり、サリヴァンの妻と次男を殺害。それを知ったサリヴァンは生き残った長男と共にコナーへの復讐を決意。実の息子と、それ以上に愛したサリヴァン父子との間に板挟みになったジョンは実の息子を選び、サリヴァンの許に一流の殺し屋であるマグワイアを派遣。マグワイアの度重なる襲撃から逃れたサリヴァン父子は、かつて自分たちを愛してくれたジョンと、妻子の敵であるコナーを射殺。心身ともに憔悴しきったサリヴァンは息子と共に海辺の小さな家で一時の休息を過ごす。しかし突然サリヴァンの体を一発の銃弾が打ち抜いた。後ろを振り返るとマグワイアがいた。瀕死の状態でマグワイアを射殺したサリヴァンは、泣きつづける息子の腕の中で息を引き取るのであった。

出演者

役名 俳優 日本語吹替
マイケル・サリヴァン トム・ハンクス 江原正士
ジョン・ルーニー ポール・ニューマン 小林勝彦
マグワイア ジュード・ロウ 家中宏
マイケル・サリヴァン・Jr タイラー・ホークリン 亀井芳子
ピーター・サリヴァン リアム・エイケン 渡辺美佐
コナー・ルーニー ダニエル・クレイグ 千田光男
アンイー・サリヴァン ジェニファー・ジェイソン・リー 佐藤しのぶ
フィン・マガヴァン キアラン・ハインズ 水野龍司
フランク・ニッティ スタンリー・トゥッチ 佐々木梅治
アレクサンダー・ランス ディラン・ベイカー 田原アルノ
カルヴィーノ ダグ・スピヌッザ 岩崎ひろし
ジャック・ケリー デヴィッド・ダーロウ 石井隆夫
フランク ケヴィン・チャンバーリン 天田益男
サラ ダイアン・ドーシー 竹口安芸子
ヴァージニア ペギー・ローダー 定岡小百合
ニッティの部下 ロデリック・ピープルズ 北川勝博
ルビー ララ・フィリップス 片桐真衣

※wikipedia参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です