リンカーンを殺した男

リンカーンを殺した男<特別編> [DVD]

 

リンカーンを殺した男』(Killing Lincoln)は、2013年のアメリカ合衆国の伝記ドラマテレビ映画。ナショナルジオグラフィックチャンネルで2013年2月17日に放送された2時間の政治ドキュドラマである。トム・ハンクスがナレーターとホストを務め、ビリー・キャンベルが第16代アメリカ合衆国大統領のエイブラハム・リンカーン、ジェシー・ジョンソン(英語版)が暗殺者のジョン・ウィルクス・ブースを演じた。『バンド・オブ・ブラザース』のエリック・ジェンドレセン(英語版)が脚本と製作総指揮、エイドリアン・モートが監督、リドリー・スコット、トニー・スコット、クリストファー・G・コーウェン、マーク・ヘルツォーク、メアリー・リシオ、デヴィッド・W・ザッカー、テリー・ワインバーグがプロデューサーをそれぞれ担当した。

本作の企画段階で死去したトニー・スコットの追悼記念として放送された。平均で340万人が視聴し[2]、そのうち統計では25歳から54歳の視聴者が100万人だった[3]。これはナショナルジオグラフィックで2005年8月に放送された『インサイド 9/11(英語版)』の300万人を抜く高視聴率である[4]

日本ではナショナルジオグラフィックチャンネルにて『リンカーン大統領暗殺の真相』というタイトルで120分枠の字幕版と60分枠に短縮した吹替版が放送され[5]、後に20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンから現在のタイトルでDVDが発売された[6]

キャスト[編集]

  • エイブラハム・リンカーン – ビリー・キャンベル(日本語吹替:石塚運昇)
  • ジョン・ウィルクス・ブース – ジェシー・ジョンソン(英語版)(日本語吹替:平田広明)
  • メアリー・トッド・リンカーン – ジェラルディン・ヒューズ(英語版)
  • ジェームズ・R・タナー(英語版) – カム・ダブロウスキー
  • ロバート・トッド・リンカーン – ブレット・ダルトン
  • エドウィン・スタントン – グレアム・ベッケル(英語版)
  • クララ・ハリス(英語版) – エレノア・パーキンソン
  • エドマンド・スパングラー(英語版) – トッド・フレッチャー
  • ジョン・W・ニコルズ – ショーン・パイフロム
  • クロフォード – ジョナサン・チャイカヴスキー
  • チャールズ・リール(英語版) – マット・ハックマン
  • アルバート・フリーマン・アフリカヌス・キング(英語版) – マイク・ホームズ
  • ハリー・ホーク – ヴィンス・ナッポ
  • ウィリアム・ベル – ランス・レモン
  • デヴィッド・ケロッグ・カーター – エド・イースターリング
  • ナレーター/ナビゲーター – トム・ハンクス(日本語吹替:江原正士)※wikipedia参照




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です