フライト

フライト [DVD]

 

フライト』(Flight)は、ロバート・ゼメキス監督・製作による2012年のアメリカ合衆国の映画である。

ストーリー

オーランド(オーランド国際空港)からアトランタ(ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港)に向かっていた航空機が、突然急降下を始めてしまった。機長のウィップ・ウィトカーは制御不能となった航空機を背面飛行させた後に地上への胴体着陸を試みた結果、乗客・乗員102名のうち96名が生還を果たした。

ウィップは「奇跡のパイロット」として一躍時の人となる。ところが事故調査委員会はウィップの血液からアルコールが検出されたとして、彼に過失致死罪の適用を検討していた。実は、ウィップはアルコール依存症で、コカインの常習者だった。通常なら生還不能ともされる状況下で多数の乗客・乗員を救った英雄とも言われる一方で、過失致死罪となれば終身刑の身となるウィップはNTSBの尋問に挑む。事故責任の所在をめぐる知略や事実の攻防戦が辿り着く先は…。

背景

水平尾翼の異常により機体が急降下したことや、事故原因が尾翼部分のネジ交換を怠ったことにより、ねじ山が無くなっていたこと、加えて背面飛行を行ったことなどの共通点が多くみられることから、アラスカ航空261便墜落事故をモデルにしたと思われる。そこから多くの乗客・乗員の生還を前提とするため、燃料放出を可能とする機材の条件変更や、あらすじの脚色を行ったうえで映画化したと思われる。

キャスト

ウィップ・ウィトカー
演 – デンゼル・ワシントン、日本語吹替 – 小山力也
事故機の機長。元・アメリカ海軍パイロット。
ヒュー・ラング
演 – ドン・チードル、日本語吹替 – 目黒光祐
パイロット組合がウィップに用意した敏腕弁護士。
ニコール・マッゲン
演 – ケリー・ライリー、日本語吹替 – 高森奈緒
薬物依存症の女性。入院先でウィップと出会う。
ハーリン・メイズ
演 – ジョン・グッドマン、日本語吹替 – 楠見尚己
ウィップの親友。ドラッグの売人。
チャーリー・アンダーソン
演 – ブルース・グリーンウッド、日本語吹替 – 田中正彦
パイロット組合の代表。ウィップの古くからの友人で、海軍の同じ部隊いたが、パイロットは引退している。
エレン・ブロック
演 – メリッサ・レオ、日本語吹替 – 寺内よりえ
運輸安全委員会調査班リーダー。
ケン・エヴァンス
演 – ブライアン・ジェラティ、日本語吹替 – 松本忍
事故機の副操縦士。敬虔なキリスト教徒。
マーガレット・トマソン
演 – タマラ・チュニー、日本語吹替 – 福田如子
事故機の客室乗務員。ウィップとは古くからの付き合い。
カテリーナ・”トリーナ”・マルケス
演 – ナディーン・ベラスケス、日本語吹替 – 織部ゆかり
事故機の客室乗務員。ウィップの恋人。
男性患者
演 – ジェームズ・バッジ・デール、日本語吹替 – 佐藤せつじ
ウィップとニコールが入院先の病院で出会ったガン患者。頭髪がなくなっている。
ディアナ
演 – ガーセル・ボヴェイ、日本語吹替 – 渡辺育子
ウィップの元妻。

※wikipedia参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です