青いドレスの女

青いドレスの女 [DVD]

 

青いドレスの女』(あおいドレスのおんな、Devil in a Blue Dress)は1995年のアメリカ合衆国の映画。

ミステリー作家ウォルター・モズリイの初長編小説で、黒人探偵「イージー・ローリンズ」シリーズの第1作『ブルー・ドレスの女』を映画化した作品である。

ストーリー

1948年のロサンゼルス。堅実で真面目だが失業中の黒人労働者イージー・ローリンズは、いきつけのバーの経営者で友人のジョッピーに白人男オルブライトを紹介される。イージーはオルブライトに市長選を降りた富豪カーターの婚約者で失踪中の白人女ダフネを探すよう依頼される。危険な臭いを感じつつも、手に入れたばかりのマイホームのローンを返済するために、イージーは依頼を受ける。

ダフネの行方を追い始めたイージーに、当のダフネから会いたいと連絡が来る。しかし、ダフネに言われるままに彼女を連れて行った先で2人は白人男の死体を発見、イージーが目を離した隙にダフネは車に乗って姿を消す。

自分が殺人犯に仕立て上げられる危険を感じたイージーはカーターに会いにいくが、カーターはオルブライトなど知らないと言う。ダフネを探しているのはカーターの対立候補であるテレルだと気づいたイージーは、万が一に備えて古くからの友人マウスを呼び出し、彼の協力の下、真相を突き止めようとする。

イージーにダフネに関する情報を教えた後に何者かによって殺されたコレッタが、ダフネから預かっていた写真を手に入れたイージーは、テレルが養子にした少年たちを性愛の対象としていることを知る。この証拠写真をダフネが手に入れたことが事件の発端であり、さらにダフネが実は黒人との混血であり、そのことがカーターの家族に知られ、その反対によってカーターの前から姿を消したのだ。

オルブライトらに捕らえられたダフネを激しい銃撃戦の末に救い出したイージーは彼女をカーターのもとに連れて行き、事件の後始末をカーターに頼む。ダフネはその後、再び姿を消す。

イージーは、今回の件で手に入れた金を元手に探偵業を始めることにする。

登場人物

エゼキエル(イージー)・ローリンズ
演 – デンゼル・ワシントン、日本語吹替 – 山寺宏一
失業中の黒人労働者。堅実で真面目な性格で、マイホームの購入に際しては白人のようにローンを組めた。
ドウィット・オルブライト
演 – トム・サイズモア、日本語吹替 – 大塚明夫
富豪カーターの婚約者ダフネを探す仕事をイージーに依頼した謎めいた男。凶暴な性格。
ダフネ・モネ
演 – ジェニファー・ビールス、日本語吹替 – 日野由利加
富豪カーターの婚約者。
マウス・アレクサンダー
演 – ドン・チードル、日本語吹替 – 江原正士
イージーの古くからの友人。短気ですぐに銃で人を撃つ危ない男。
マシュー・テレル
演 – モーリー・チェイキン、日本語吹替 – 島香裕
市長候補。カーターの対立候補。
トッド・カーター
演 – テリー・キニー、日本語吹替 – 有本欽隆
富豪。婚約者のダフネが失踪した後に市長選を降りた。
ジョッピー
演 – メル・ウィンクラー、日本語吹替 – チョー
イージーの友人でバーの経営者。オルブライトにイージーを紹介する。
ディーガン・オデル
演 – アルバート・ホール、日本語吹替 – 中博史
イージーの親友。
コレッタ・ジェームズ
演 – リサ・ニコル・カールソン、日本語吹替 – 磯辺万沙子
イージーの友人デュプリーの恋人。ダフネの親友で、彼女に関する情報をイージーに教えた後に何者かによって殺される。
デュプリー・ブロチャード
演 – ジャーナード・バークス
イージーの友人。コレッタの恋人。

※wikipedia参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です