ジョディ・フォスターのママはゴースト

ジョディ・フォスターのママはゴースト』(O’Hara’s Wife)は、1982年のアメリカ映画。

元々はアメリカでTV映画として製作・放映された作品で、ジョディ・フォスターが女優業を控え学業中心だった大学在学中に唯一出演したハートフル・コメディー。日本では後に『ママはゴースト』の題名でビデオ販売されている。

あらすじ

平凡な中年の主婦ハリーは、ある日突然、心臓発作で死んでしまう。だが、夫が一人では何一つできないことを心配するあまり、ゴーストになって家族の元に戻り、夫や子供たちを助けようとするが、おせっかいがたたって大騒動を巻き起こしてしまう。

スタッフ

  • 監督・脚本:ウィリアム・バートマン
  • 製作総指揮:マイケル・T・マーフィ
  • 製作:ピーター・S・デイヴィス、ウィリアム・N・パンザー
  • 脚本:ジョセフ・キーランド
  • 撮影:ハリー・ストラドリング・Jr
  • 音楽:アーティ・バトラー

キャスト

  • ジョディ・フォスター:バーバラ・オハラ
  • エドワード・アズナー:ボブ・オハラ
  • マリエット・ハートレイ:ハリー・オハラ
  • ペリー・ラング:ロブ・オハラ
  • ケリー・ビショップ:ベス・ダグラス

※wikipedia参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です