アウトブレイク

アウトブレイク [Blu-ray]

 

アウトブレイク』(Outbreak)は、1995年制作のアメリカ映画。アフリカからアメリカに持ち込まれた非常に致死性の高いウィルスに立ち向かう人々を描いたパニック・サスペンス大作。

ストーリー

1967年。ザイールのモターバ川流域で内戦に参加していた傭兵部隊に原因不明の出血熱が流行し多数の死者を出した。調査に訪れたアメリカ陸軍は感染者の血液を採取した後、隠蔽のため部隊のキャンプを燃料気化爆弾で消滅させる。

時は流れ現在。モターバ川流域の小さな村で未知のウイルスによる出血熱が発生する。フォード准将の指示でアメリカ陸軍伝染病医学研究所のダニエルズ大佐を始めとした調査隊が現地に向かうも時既に遅く、村の医師と村から離れて暮らしていた祈祷師を除いて村は全滅状態となっていた。空気感染は無いとしながらも、ダニエルズはウイルスの致死率の高さと感染者を死にいたらしめるスピードの早さに危機感を抱き、軍上層部とアメリカ疾病予防管理センター(CDC)に勤務する元妻のロビーに警戒通達の発令を要請するが、双方から却下されてしまう。

そんな折、アフリカから一匹のサルがアメリカに密輸入された。密売人のジンボはカリフォルニア州沿岸の田舎町シーダー・クリークのペットショップに売りつけようとするが失敗し、持て余したサルを森に放す。その後、サルから飲んでいた水を顔に浴びせられたジンボと、彼とキスをしたジンボの恋人、サルに腕を引っかかれたペットショップの店長ルディーらが次々とモターバ熱を発症し、死亡する。更に、不注意でルディーの血液を浴びた血液検査技師が恋人と町の映画館へ行ったのを機に、飛沫感染によってアウトブレイク(爆発的な感染)が始まってしまう。

上層部のマクリントック少将とフォード准将は、この伝染病が以前モバータ流域で派生した伝染病と同じであることに気づく。実は以前持ち帰った血液はマクリントック少将の指示で、医師でもあるフォード准将もからんで密かに細菌兵器として保管されており、その血清も作られていた。しかし細菌兵器のことを正義感の強いダニエルズ大佐に知られることを恐れ、彼を今回のモターバ伝染病対策から外したが、ダニエルズは命令を無視して密かに部下と共にシーダー・クリークに飛び、ロビー率いるCDCのチームと協力して治療法の研究と感染ルートの特定を進める。

そのとき軍から運び込まれた医薬品によって、感染した猿が病気から回復する。それを見てすでに血清が作られていた事にダニエルズは気がつき、細菌兵器の隠蔽の事実にも気がつく。しかしすでに空気感染するヴィールスへと変異した伝染病には、その血清は効かなかった。その事実をフォード准将に告げると、ダニエルズ排除の命がマクリントック少将より出ていたが逮捕せず黙認してくれた。そこでさらに調査を進めると、空気感染しないアフリカン・モターバも、変異して空気感染するようになったヤンキー・モターバも、ともに最初にアメリカに持ち込まれた宿主が保菌しているという結論に行きつく。そしてその宿主は密輸された小型の猿であり、森に逃がされた事も突き止める。そんなときダニエルズの愛するロビーも感染してしまう。ダニエルズは部下のソルト少佐と2人で、軍からの追っ手を振り切り、森で猿の捕獲に成功する。その猿は両方のヴィールスに対する抗体をもっていたため、猿の血液から作った血清をロビーに投与すると彼女の病気が回復に向かう。しかし伝染病の拡散を防ぐためには住民ごと街を消滅させるしかないというマクリントック少将の働きかけにより、作戦遂行の許可も既に出ており、燃料気化爆弾を搭載した爆撃機が街に向かっていた。ダニエルズとソルトはヘリコプターに乗って爆撃機の進路を阻みつつ、爆撃機を操縦する兵士に向かって軍の細菌兵器開発と隠蔽の事実、新たに作った血清によって住民の命が救える事実を訴え、作戦中止を懇願する。しかし細菌兵器の事実を隠蔽したいマクリントック少将は、そのまま作戦遂行を厳命する。兵士たちは人道的見地と軍の規律の板挟みになりながら、気化爆弾を投下する。爆弾は大きく街を外れ海上で大爆発していた。

モターバ・ウイルス

劇中に登場する架空のウイルス。

高熱、全身や消化管からの出血などエボラ出血熱に似た症状を引き起こす(ウイルスの形状もエボラと似ている)が体内に侵入すると驚異的なスピードで増殖を行い内臓を融解させ感染者を数日で死に至らしめ、致死率は100%と極めて高い。ジンボらが感染したウイルスは血液や体液を介した場合でのみ感染したが技師が感染したウイルスは空気感染が可能でエボラ以上の致死率と感染力を持つ恐怖のウイルスであった。

名前の由来は感染が確認された村の近くを流れる「モターバ川」から。一方、アメリカで発見された空気感染するタイプは「ヤンキー・モターバ」と呼ばれた。更にヤンキー・モターバには髭状の物質が生えているのが特徴である。映画では宿主が空気感染する/しない両方の株を保持しているという説明がされているが、小説版では原株がヘンリー(感染した技師)の持病=喘息から遺伝子的影響を受けてヤンキー・モターバに変異したという憶測が展開されている。

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD版 日本テレビ版
サム・ダニエルズ大佐 ダスティン・ホフマン 野沢那智 大和田伸也
ロビー レネ・ルッソ 宮寺智子 小山茉美
ビリー・フォード准将 モーガン・フリーマン 前田昌明 坂口芳貞
ケイシー ケヴィン・スペイシー 仲野裕 牛山茂
ソルト少佐 キューバ・グッディング・Jr 北川勝博 家中宏
ドナルド・マクリントック少将 ドナルド・サザーランド 納谷悟朗 田口計
ジンボ パトリック・デンプシー 田中正彦 山路和弘
フリオ ベニート・マルティネス
ブリッグス大佐 デイル・ダイ 小山武宏
大統領補佐官 J・T・ウォルシュ
(クレジットなし)
野島昭生

※wikipedia参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です