マチェーテ

マチェーテ [Blu-ray]

 

マチェーテ』(英: Machete)は、2010年9月3日に公開されたアメリカ映画。ロバート・ロドリゲスとイーサン・マニキス監督によるアクション映画であり、2007年の映画『グラインドハウス』で使われた偽予告編の本編である。主演は予告のときと同じくダニー・トレホ。その他にジェフ・フェイヒー、ジェシカ・アルバ、リンジー・ローハン、ドン・ジョンソン、チーチ・マリン、ミシェル・ロドリゲス、スティーヴン・セガール、ロバート・デ・ニーロらが出演。特にスティーヴン・セガールにとっては2002年の『奪還 DAKKAN -アルカトラズ-』、リンジー・ローハンにとっては2007年のI Know Who Killed Me以来となる世界規模で公開される劇場映画出演である。また、これまで脇役を演じてきたダニー・トレホにとって初の主演作品である。

ストーリー

メキシコの連邦捜査官のマチェーテは、マチェーテを愛用して犯罪者を狩る凄腕の男だった。だが、その強い正義感ゆえに麻薬王トーレスと衝突し、妻娘を惨殺される。

それから3年後、マチェーテはアメリカテキサスで不法移民の日雇い労働者をしていた。ある日、マチェーテはブースという男から不法移民嫌いで知られるマクラフリン議員の暗殺を依頼される。

キャスト

( )内はDVD・BDの日本語吹き替えを担当した声優。

  • マチェーテ – ダニー・トレホ(廣田行生)
元はメキシコの連邦捜査官で、現在はテキサスで日雇い労働者をしている。ブースにマクラフリン暗殺任務を指示された後に裏切りに遭い、復讐を誓う[2]
  • サルタナ・リヴェラ – ジェシカ・アルバ(佐古真弓)
マチェーテを捜査するI.C.E.捜査官。
  • マクラフリン上院議員 – ロバート・デ・ニーロ(池田勝)
メキシコからの移民を弾圧する上院議員。
  • ルース – ミシェル・ロドリゲス(朴璐美)
マチェーテの友人のタコス売り。移民のために戦う女革命戦士の裏の顔を持つ。
  • トーレス – スティーヴン・セガール(大塚明夫)
麻薬王[3]
  • エイプリル・ブース – リンジー・ローハン(竹田まどか)
ブースの娘[4]
  • マイケル・ブース – ジェフ・フェイヒー(小川真司)
マクラフリンの補佐官。マチェーテを暗殺者として雇う[2]
  • パードレ – チーチ・マリン(後藤哲夫)
マチェーテの「聖なる」兄弟であり、彼を助ける元連邦捜査官でカトリックの神父[4]
  • ヴォン・ジャクソン – ドン・ジョンソン(大塚芳忠)
移民狩りをしている自警団のリーダー。
  • エリース・アヴェラン、エレクトラ・アヴェラン
マチェーテが入院する病院のセクシーなナース[5]
  • トレス・ヘンチウーマン – シェリル・チン
トレスの右腕の女性[6]
  • オシリス – トム・サヴィーニ
  • ジュリオ – ダリル・サバラ
  • ジューン・ブース – アリシア・レイチェル・マレク
ベンツの妻でエイプリルの母
  • スナイパー – シェー・ウィガム
  • レポーター – アラ・セリ
    ※wikipedia参照




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です