スターダスト

スターダスト スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

 

スターダスト』(Stardust)は、ニール・ゲイマンのファンタジー小説(絵:チャールズ・ヴェス)。及びそれを原作とした映画。1998年出版。ゲイマンの初めての単独での著書である。

日本では2007年に角川文庫より出版(訳:金原瑞人、野沢佳織)。

あらすじ

ヴィクトリア朝時代のイギリス。ロンドンから馬車で一晩かかる距離にある村ウォール。村の東には村の名の由来になる高い壁がどこまでも続いており、その向こう側に入ることは普段禁じられている。9年に一度、その禁が解かれ壁の向こう側で市が開かれる日が近付くと、あらゆる人種の人々が市を目当てに遠くから村に集まってくる。その市では不思議や驚異といったものが売られており、毛むくじゃらで言葉を話す生き物や魔法使いが店を開いている。ウォール村は魔法の国、妖精国と壁を隔てているのであった。

ウォール村で生まれ育ったダンスタンは市で不思議な女性と出会い、一晩を共にする。後に幼馴染と結婚するが、しばらくの後「トリストラン・ソーン」と名付けられた赤ん坊が壁の向こう側から送られてくる。 成長したトリストランは理由も分からないまま母に愛されず妹に虐められ、壁向こうの市にも行けずに寂しい少年時代を過ごしていた。村一番の美少女ヴィクトリアに片想いをするトリストランはある日、二人でピクニックをしている時に見た流れ星を取ってきたら結婚するという約束をヴィクトリアとし、妖精国へと旅にでる。

一方、妖精国にある国の一つストームホールド国では現王が死の淵に瀕していた。7人の息子たちのうち生きている3人と死んだ4人の王子たちを集めて、「ストームホールドの力」と呼ばれるトパーズを手にしたものが次の国王となると言い、宝石を空高く投げた。宝石は星のように輝いたあと流れ星として落ちる。ストームホールド国の王たちは代々兄弟たちで殺し合い地位を手に入れており、まだ生き残っている王子たちはトパーズをいち早く手にするために策謀を巡らす。

妖精国のとある森には三姉妹の魔女が住んでいた。彼女らは流れ星を捕まえてその輝く心臓を食べ、美貌と寿命を長らえている魔女の女王リリムであった。もう何百年も前にすっかり年老いきってしまった彼女たちは流れ星が落ちたのを見て、最も年長のリリムが僅かに残った星の心臓を食べて魔法の力を取り戻し、流れ星の捕獲に向かった。

彼らが見ていた流れ星が落ちた地点に当たる森。そこには美しい金髪の青い絹の服を纏った女性が倒れていた。ポケットにトパーズを入れて。

キャスト

役名:俳優(劇場公開版日本語吹き替え)

  • トリスタン・ソーン:チャーリー・コックス(中谷一博)
原作での名前はトリストラン。
  • イヴェイン:クレア・デインズ(魏涼子)
原作では異種族との間に子供は生せない設定。原作では逃れているがラミアに捕まってしまう。
  • 魔女ラミア:ミシェル・ファイファー(深見梨加)
原作ではリリムの一人。原作では無かったセプティマス・トリスタンとの戦闘シーンがある。また姉妹たちと連絡を取るための指輪をしている。
  • キャプテン・シェイクスピア:ロバート・デ・ニーロ(樋浦勉)
オリジナルキャラクター。原作のジョハネス・アルベリックに当たる。空飛ぶ海賊船キャスパータイン号の船長。狡猾で残虐と知られるが本当は心優しく、人間界のイギリスに憧れを抱いている。名前は本名ではなくウィリアム・シェイクスピアに肖ったもの。雷を捕まえて売りさばいている。
  • ヴィクトリア・フォレスター:シエナ・ミラー(園崎未恵)
原作では終盤で婚約していることが明らかになるが、映画では最初から婚約者がいる設定。
  • ダンスタン・ソーン(青年):ベン・バーンズ
  • ダンスタン・ソーン(中年):ナサニエル・パーカー
原作では既婚だが映画ではトリスタン以外の家族はいない。旅に出るトリスタンに母の秘密を話している。
  • ファーディ:リッキー・ジャーヴェイス(丸山壮史)
オリジナルキャラクター。盗品故買を生業とし、キャプテン・シェイクスピアは常連。
  • ストームホールド王:ピーター・オトゥール(有川博)
彼が遺す「ストームホールドの力」は原作ではトパーズだが、映画では赤いルビーになっている。
  • プライマス=第一王子:ジェイソン・フレミング(谷昌樹)
  • セカンダス=第二王子:ルパート・エヴェレット(いずみ尚)
原作では初登場時に既に死亡しているが、映画では序盤登場しセプティマスに殺される。
  • ターシアス=第三王子:マーク・ヒープ
原作と死因が異なる。
  • セクスタス=第四王子:デヴィッド・ウォリアムス
  • クオータス=第五王子:ジュリアン・リンド=タット
  • クインタス=第六王子:アダム・バクストン
  • セプティマス=第七王子:マーク・ストロング(山路和弘)
原作と死因が異なる。またルビーを持つのがイヴェインであること、流れ星の心臓を食べると寿命が伸びることを知っている。

以上王子たちは死ぬと死亡時の姿で生き残っている王子の側に亡霊として現れる。生者に知覚されることはなく、コメディリリーフとしての役割が強い。原作ではセプティマスの死亡で全員消滅するが、映画では新たな王が決まるまで下界に留まらなければならなくなっている。
  • ウーナ:ケイト・マグワン
原作では誇り高く上下関係を重んじる厳しい性格であるが、映画ではそのような面は見られない。また原作では極彩色の鳥に変身するが、映画では普段身に着けている青いドレスと同じ青い鳥になる。またサルとの奴隷契約の終了方法が違う。
  • 魔女エンピューザ:サラ・アレクサンダー
  • 魔女モルモ:ジョアンナ・スキャンラン
原作のリリムの2人にあたる。モルモが二女、エンピューザが三女。
  • 魔女サル:メラニー・ヒル
原作のようにマダム・セミリとは呼ばれない。
  • 門番:デイビッド・ケリー
オリジナルキャラクター。原作では門番は村の男性たちの持ち回り制。
  • ビリー:マーク・ウィリアムズ
  • ハンフリー:ヘンリー・カヴィル
オリジナルキャラクター。ヴィクトリアの婚約者。
  • バーナード(男):ジェイク・カラン
  • バーナード(女):オリビア・グラント
原作のブレヴィスに当たる。宿屋の一件で原作では死亡するが映画では生存、セプティマスに同行する。
  • 占い師:ジョージ・イネス
以下全員オリジナルキャラクター。
  • 司教(毒殺):ストルアン・ロジャー
  • 司教(エンディング時):マーク・バーンズ
  • 海賊(副長):デクスター・フレッチャー
  • 海賊:テリー・マーフィー、カルロス・ベッセ・ペエル、エルウィン・’チョッパー’・デヴィッド、アダム・フォガティ、ジョーダン・ロング、スペンサー・ウィルディング
  • ナレーション:イアン・マッケラン(稲垣隆史)※wikipedia参照




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です