ドラフト・デイ

ドラフト・デイ [Blu-ray]

 

ドラフト・デイ』(原題:Draft Day)は2014年にアメリカ合衆国で製作されたドラマ映画で、NFLドラフトを題材にしている。監督はアイヴァン・ライトマン、主演はケビン・コスナーが務める。

あらすじ

2014年のNFLドラフトの日、一位に選ばれるのはウィスコンシン大学のクォーターバックでハイズマン賞を受賞した、ボー・キャラハンであろうという見方が大勢を占めていた。クリーブランド・ブラウンズのゼネラルマネージャーを務めるソニー・ウィーヴァー・ジュニアは17回のドラフトに参加し、選手との交渉権を獲得してきたベテランである。その父親であるソニー・ウィーヴァー・シニアはブラウンズのコーチを務めていたが、息子に解雇されてドラフトの1週間前に亡くなった。呆然としたままドラフトに臨んだ、ウィーヴァー・ジュニアはシアトル・シーホークスから自分たちのもつドラフトの全体1位指名権をトレードしないかと持ち掛けられた。また、ウィーヴァ―は最近になって恋人のアリ・パーカーが自分の子供を妊娠したと知った。パーカーはブラウンズに賃金問題に関する弁護士として雇われていた。なお、2人は他のブラウンズのスタッフに自分たちが付き合っているとばれないようにしていた。

シーホークスのゼネラルマネージャーであるトム・マイケルズが持ちかけてきたトレードを、ウィーヴァ―は断った。しかし、ブラウンズのオーナー、アンソニー・モリーナに「ドカンとやれ」と言われ、トレードの申し出を受けることになった。こうしてブラウンズは向こう3年のドラフト1巡指名権をシーホークスに譲渡する代わりに、2014年の全体1位指名権を得た。マイケルはいい取引をしたと思ったが、この取引が思わぬ混乱を引き起こした。

キャスト

  • ケビン・コスナー – ソニー・ウィーヴァー・ジュニア
  • ジェニファー・ガーナー – アリ・パーカー
  • デニス・リアリー – ヴィンス・ペン
  • トム・ウェリング – ブライアン・ドリュー
  • フランク・ランジェラ – アンソニー・モリーナ
  • エレン・バースティン – バーブ・ウィーヴァー
  • サム・エリオット – ムーア
  • チャドウィック・ボーズマン – ヴォンテ・マック
  • ロザンナ・アークエット – アンジー
  • テリー・クルーズ – アール・ジェニングス
  • アライアン・フォスター – レイ・ジェニングス
  • グリフィン・ニューマン – リック
  • パトリック・セント・エスプリト – トム・マイケルズ
  • シャイ・マクブライド – ウォルト・ゴードン
  • ウィリアム・アール・ブラウン – ラルフ・モーリー
  • ケヴィン・ダン – マーヴィン
  • P・ディディ – クリス・クロフォード
  • ジョシュ・ペンス – ボー・キャラハン
  • ウォレス・ランガム – ピート・ベグラー
  • クリストファー・カズンズ – マックス・ストーン
  • パトリック・ブリーン – ビル・ゾッティ
  • パット・ヒーリー – ジェフ・カーソン

本人役

  • ラス・ブランドン(バッファロー・ビルズの前CEO)
  • ロジャー・グッデル(NFLのコミッショナー)
  • ジョン・グルーデン(アメリカンフットボールのアナリスト)
  • ジム・ブラウン(プロフットボール殿堂入りしている元クリーブランド・ブラウンズRB)
  • バーニー・コーザー(元クリーブランド・ブラウンズQB)
  • クリス・バーマン(スポーツキャスター)
  • デヴィッド・ラムゼイ(アメリカ人俳優)
  • リッチ・アイゼン(CBSスポーツなどに所属するジャーナリスト)※wikipedia参照




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です