17歳のカルテ

17歳のカルテ』(じゅうななさいのカルテ、原題: Girl, Interrupted)は、1999年のアメリカ映画である。2000年に日本公開された。原作は1994年に出版されたスザンナ・ケイセンによる自伝。邦訳は『思春期病棟の少女たち』(吉田利子訳/草思社/1994)。

girl interrupted

ストーリー

ある日突然、薬物大量服用による自殺未遂を起こして精神科病院に収容されたスザンナ(ウィノナ・ライダー)。パーソナリティ障害という自覚が無く、その環境に馴染めなかったスザンナだが、病棟のボス的存在であるリサ(アンジェリーナ・ジョリー)の、精神疾患である事を誇るかのような態度に魅かれていく内に、精神科病院が自分の居場所と感じるようになっていく。

しかし退院した患者の近親姦を喝破してその患者を自殺に追い込むというリサの行動から、徐々に彼女の行動に疑問を持つようになって行く。だがその事でリサに疎んじられ、他の患者も全員リサに同調して彼女は孤立する。

やがてリサや他の患者との全面対決に至るが、その出来事によってスザンナは「リサはここ(精神科病院)でしか生きられないからこれだけ強気な行動に出られるのだ」と気づき、自分は社会復帰を目指さなくてはならないと決意し、退院したところで映画は終わる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
スザンナ・ケイセン ウィノナ・ライダー 高橋理恵子
リサ・ロウ アンジェリーナ・ジョリー 湯屋敦子
ジョージーナ・タスキン クレア・デュヴァル 本田貴子
デイジー・ランドネ ブリタニー・マーフィ 小島幸子
ポリー・クラーク エリザベス・モス 小笠原亜里沙
トビー・ジェイコブス ジャレッド・レト 佐藤淳
メルヴィン・ポッツ医師 ジェフリー・タンバー 仲野裕
ソニア・ウィック医師 ヴァネッサ・レッドグレイヴ 藤波京子
クランブル医師 カートウッド・スミス 佐々木敏
ヴァレリー・オーウェンス ウーピー・ゴールドバーグ 小宮和枝

※wikipedia参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です