チェンジリング

チェンジリング』(Changeling)は、2008年のアメリカ映画。クリント・イーストウッドがアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎え、1920年代のロサンゼルスで実際に発生したゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元に映画化された。なお、題名は「取り替え子」という、自分の子供が醜い子供に取り替えられるというヨーロッパの伝承に基づく。

第61回カンヌ国際映画祭出品。第81回アカデミー賞主演女優賞、撮影賞、美術賞ノミネート。

changeling

ストーリー

1928年のロサンゼルス。シングルマザーで、電話会社に勤務するクリスティンの息子、ウォルターが姿を消す。クリスティンは警察に捜査を依頼し、その5ヵ月後、警察からウォルターを保護したと朗報が入った。喜ぶクリスティンだったが、再会した息子は全くの別人だった。警察にそのことを主張すると、彼女は「精神異常者」として精神病院に収容されてしまう。

キャスト

 

役名 俳優 日本語吹替
クリスティン・コリンズ アンジェリーナ・ジョリー 湯屋敦子
グスタヴ・ブリーグレブ牧師 ジョン・マルコヴィッチ 壤晴彦
J.J.ジョーンズ警部 ジェフリー・ドノヴァン 内田直哉
ジェームズ・E・デーヴィス市警本部長 コルム・フィオール 佐々木敏
ゴードン・ノースコット ジェイソン・バトラー・ハーナー 平田広明
レスター・ヤバラ刑事 マイケル・ケリー 広瀬彰勇
キャロル・デクスタ エイミー・ライアン
サミー・ハーン ジェフ・ピアソン
ジョナサン・スティール デニス・オヘア

※wikipedia参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です