ウォンテッド

ウォンテッド』(原題: Wanted)は、2008年のアメリカ合衆国のアクション映画。原作はマーク・ミラーとJ・G・ジョーンズ(英語版)の同名グラフィック・ノベル。主演はジェームズ・マカヴォイとアンジェリーナ・ジョリー、監督は『ナイト・ウォッチ』のティムール・ベクマンベトフ。

2008年6月25日にイギリスで、同年6月27日にアメリカ合衆国で公開された。日本では同年9月13、14、15日に先行上映され、20日に一斉公開された。

本作の後日談としてゲーム『Wanted: Weapons of Fate』が製作されている。

wanted

ストーリー

ウェスリーは経理事務のルーティン・ワークにウンザリしている一人の若者。しかし彼の運命は、セクシーで謎めいた女フォックスとの出会いによって一変する。スーパーで突如襲いかかる正体不明の暗殺者から彼を守ったフォックスは、千年前から、神に代わって“運命の意志”を実践してきた秘密の暗殺組織“フラタニティ”のメンバーだった。ウェスリーは、組織のボスであるスローンから、父が組織一の殺し屋Mr. Xで昨日メトロポリタンビルで殺されたばかりだったことを知らされ、殺害された父の後を継ぐ選択を迫られる。

父を殺し、自分を襲った暗殺者クロスへの復讐を胸に、ウェスリーは過酷な訓練に耐え抜き、父から受け継いだ特殊能力を開花させる。組織の切り札として次々にターゲットを暗殺していく彼は、ついに父を殺した暗殺者に戦いを挑む。しかし父の死の背後には、忌まわしい陰謀が隠されていた。特急列車での激しい死闘の末、ウェスリーはクロスを倒すものの、クロスはウェスリーが自分の息子であるとの言葉を遺して息絶える。

実は、スローンがウェスリーに語った話は嘘であり、組織の掟を破って自らの保身と組織の強化を図ったスローンが、邪魔になったクロスを暗殺するために、クロスが唯一殺すことができないウェスリーをクロスの暗殺者に仕立て上げたのである。クロスの仲間であるペクワースキーから全てを知らされたウェスリーは復讐のために組織を全滅させることにする。クロスが遺した資料を基に立てた計画で、組織のメンバーは次々とウェスリーに殺されて行く。しかし、スローンを追いつめたウェスリーは逆にフォックスらに取り囲まれてしまう。ウェスリーはそこでスローンの正体を明かすが、ウェスリーに銃を向けるメンバーらはスローンの裏切り行為がむしろ自分たちのためであることを知り、ウェスリーを殺そうとする。ところが、そこでフォックスがウェスリーに味方し、メンバーらを射殺、自らもその銃弾に倒れる。その間にスローンは逃亡する。

行き場をなくしたウェスリーは以前の職場で働いていた。彼が1人で残業していると、背後にスローンが現れ、ウェスリーを殺そうとする。しかし、それは罠だった。そのウェスリーは偽者で、本物のウェスリーは遥か遠方からスローンを射殺する。ようやく、自分を取り戻したウェスリーがいう。「君は最近どんなことをした?」。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • ウェスリー・ギブソン – ジェームズ・マカヴォイ(DAIGO): 平凡なサラリーマン。
  • スローン – モーガン・フリーマン(坂口芳貞): 暗殺組織のボス。
  • フォックス – アンジェリーナ・ジョリー(湯屋敦子): 組織の女殺し屋。
  • ペクワースキー – テレンス・スタンプ(大木民夫): 銃弾職人。
  • クロス – トーマス・クレッチマン(原康義): 組織を裏切った殺し屋。
  • ガンスミス – コモン(西凜太朗): 銃器のプロ。ウェスリーの訓練士。
  • キャシー – クリステン・ヘイガー(英語版): ウェスリーの恋人。
  • リペアマン – マーク・ウォーレン(咲野俊介): 拷問師。ウェスリーの訓練士。
  • Mr. X – デヴィッド・オハラ(英語版): 組織一の殺し屋。クロスに殺される。
  • Xターミネーター – コンスタンチン・ハベンスキー(英語版): 回復室のロシア人。ネズミ使い。
  • ブッチャー – ダト・バフタゼ(石住昭彦): ナイフ使い。ウェスリーの訓練士。
  • バリー – クリス・プラット: ウェスリーの軽薄な同僚。
  • ジャニス – ローナ・スコット: ウェスリーの嫌味な女上司。
  • プジャ – ソフィヤ・ハキュエ(英語版): 銃弾の鑑定士。

    ※wikipedia参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です