Monthly Archives: 4月 2015

恋する予感

恋する予感 』( 英: An Awfully Big Adventure )は、1995年に公開されたイギリス映画。マイク・ニューウェル監督。

An Awfully Big Adventure

ストーリー

女優を夢見る16歳の少女ステラは、リヴァプールにある劇団に入団し、演出家兼劇団の代表であるメレディスの助手になった。 だが、メレディスはゲイで、おまけにその相手を捨てることが多く、ステラの恋は失敗に終わった。 ある日、劇の主演俳優が骨折し、オハラという俳優が代わりに来た。 今度はオハラに恋するステラだったが、オハラには隠された過去があった。

キャスト

  • オハラ:アラン・リックマン(吹き替え:辻親八)
  • メレディス:ヒュー・グラント(吹き替え:中多和宏)
  • ステラ:ジョージナ・ケイツ(吹き替え:氷上恭子)
  • バニー:ピーター・ファース(吹き替え:沢木郁也)
  • アラン・アームストロング
  • ローズ:プルネラ・スケイルズ
  • リタ・トゥシンハム
  • アラン・コックス
  • エドワード・ペサーブリッジ
  • ニコラ・パジェット
  • キャロル・ドリンクウォーター
  • クライヴ・メリソン
  • ジョージ:ジェラルド・マクソーリー※wikipedia参照

いつか晴れた日に

いつか晴れた日に [Blu-ray]

 

いつか晴れた日に』(いつかはれたひに、原題: Sense and Sensibility)は、1995年製作のアメリカ・イギリス合作映画である。アン・リー監督。ジェーン・オースティン の『分別と多感』が原作であり、原題は原作と同じ。

主演のエマ・トンプソンが脚本を担当しており、第68回アカデミー賞にて脚色賞を受賞した。

あらすじ

貴族のダッシュウッド氏が亡くなった後、ダッシュウッド夫人と3人の娘、エリノア、マリアンヌ、マーガレットは、年500ポンドの遺産しか残されなかったことに愕然とする。ダッシュウッド氏は妻と娘たちの身を案じ、死ぬ間際に彼女たちを頼むと先妻との間の息子ジョンに頼んでいたにもかかわらず、ジョンの妻ファニーがそれを阻止してしまったのだった。ジョンとファニーは母娘が住んでいたノーランド・パーク邸に乗り込み、彼女たちを邪慳に扱うようになる。エリノアは、屋敷を訪れたファニーの弟エドワードと互いに好感を抱く。

ダッシュウッド母娘はミドルトン卿の厚意でバートン・コテージへ移り住む。マリアンヌは年の離れたブランドン大佐から愛情を寄せられるが、彼女は精悍な青年貴族ウィロビーと恋仲になってしまう。しかし、ウィロビーは理由も告げずにロンドンへ去り、マリアンヌは悲しみに沈む。一方、エリノアはエドワードの秘密の婚約者ルーシーの存在に大きな衝撃を受ける。ジェニングス夫人の招待で、失意のエリノアとマリアンヌ姉妹、そしてルーシーはロンドンを訪れるが、そこでは思いがけない事態が待っているのだった[2]

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
エリノア・ダッシュウッド エマ・トンプソン 土井美加
マリアンヌ・ダッシュウッド ケイト・ウィンスレット 日野由利加
エドワード・フェラース ヒュー・グラント 宮本充
ブランドン大佐 アラン・リックマン 堀勝之祐
ジョン・ウィロビー グレッグ・ワイズ 大塚芳忠
ダッシュウッド夫人 ジェマ・ジョーンズ 谷育子
マーガレット・ダッシュウッド エミリー・フランソワ 藤枝成子
サー・ジョン・ミドルトン ロバート・ハーディ 石森達幸
ジョン・ダッシュウッド ジェームズ・フリート 金尾哲夫
ファニー・ダッシュウッド ハリエット・ウォルター 駒塚由衣
ルーシー・スティール イモジェン・スタッブス 井上喜久子
ダッシュウッド氏 トム・ウィルキンソン 筈見純
シャーロット・パーマー イメルダ・スタウントン 小宮和枝
パーマー氏 ヒュー・ローリー
ジェニングス夫人 エリザベス・スプリッグス 京田尚子

※wikipedia参照

恋の闇 愛の光

恋の闇 愛の光 [Blu-ray]

 

恋の闇 愛の光』(こいのやみ あいのひかり、Restoration)は、1995年製作の映画。原作はローズ・トレメインの同名小説。王政復古時代の激動のイングランドを舞台に、一人の医師の堕落と成長を、絢爛豪華なセットとキャストで描く。アカデミー賞美術賞、衣裳デザイン賞受賞。

ストーリー

優秀な医学生ロバート・メリヴェルは、ふとしたきっかけで国王チャールズ2世に取り立てられ御殿医となり、王の愛人シリアと形式だけの結婚をし、領地と城を与えられ、享楽にふける生活を送る。だがシリアに恋してしまったことから、王の怒りを買い追放される。やがて共に医学を学んだピアースの元で、貧しい人たちの病院で働くようになり、本来の自分を取り戻す。

 

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
VHS版
ロバート・メリヴェル ロバート・ダウニー・Jr 平田広明
チャールズ2世 サム・ニール 大林隆之介
キャサリン メグ・ライアン 深見梨加
シリア・クレメンス ポリー・ウォーカー 相沢恵子
ジョン・ピアース デヴィッド・シューリス 石井康嗣
ウィル・ゲイツ イアン・マッケラン 丸山詠二
エリアス・フィン ヒュー・グラント 小杉十郎太
アンブロース イアン・マクダーミド

※wikipedia参照

泉のセイレーン

泉のセイレーン ヘア解禁版 [DVD]

 

泉のセイレーン』(原題:Sirens)は、1993年製作のオーストラリア・イギリス合作映画。

Sirens

キャスト

  • アンソニー:ヒュー・グラント
  • エステラ:タラ・フィッツジェラルド
  • ノーマン・リンゼイ:サム・ニール
  • エル・マクファーソン
  • ポーシャ・デ・ロッシ※wikipedia参照

フォー・ウェディング

フォー・ウェディング [Blu-ray]

 

フォー・ウェディング』(Four Weddings and a Funeral「4つの結婚式と1つの葬式」)は1994年にイギリスで制作された映画。マイク・ニューウェル監督によるロマンティック・コメディ。

この後、『ノッティングヒルの恋人』 などでヒットを飛ばす脚本家、リチャード・カーティスとヒュー・グラントのコンビの第一作目で、当初の予想に反して世界中でヒットした。

友人の結婚式で偶然出会った女性に一目惚れした男性が、本当の愛を見つけるまでを描く。

ストーリー

独身のイギリス男性チャールズは、恋愛関係には不自由しないものの結婚に関しては消極的でいた。今日も花婿付き添い人の務めがあるのに寝坊、妹分の同居人スカーレットに叩き起こされ、式場にかけ込む。この結婚式でキャリーというアメリカ女性に出会う。「どんな女性?」とフィオナに聞くと「アバズレ」と言われるが、運命を感じた彼はさっそく彼女にアタックする。彼女の泊まる「ボートマン」に行く。ベッドをともにするが、「婚約発表はいつにする?」と言われ、口ごもっているうちに、彼女はアメリカに帰る。

2つ目の結婚式でも遅刻しそうになる。初めての司祭のちぐはぐな儀式が始まる。キャリーと再会したのを喜んだのも束の間、彼女から「スコットランドの半分を持っている」というフィアンセを紹介される。愕然とする彼に追い打ちをかけるように、結婚を迫られて別れたばかりのヘンリエッタに「U2をドイツの潜水艦だと思うような私はバカよ」と泣きつかれたのをはじめ、パーティは悪夢に。キャリーの誘いでパーティを抜け出した彼は「寝酒を」と誘われ、再びベッドをともに。しばらく後、街でキャリーに偶然再会し、ウェディングドレス選びに付き合わされる。2人はお互いの恋愛歴を語り、チャールズは初めて彼女に愛を告白するが、手遅れだった。

キャリーの結婚式の祝の席で[2]、年長の陽気な友人ガレスが突如倒れた。

葬式の席で、同性愛の恋人マシューの弔辞(W・H・オーデン[3]の詩”「葬儀のブルース」(Funeral Blues)”)が響く。それはこの世で結婚を許されなかった彼の、愛の誓いだった。

チャールズは、結婚とは何だろうと思い悩む。彼は迷いを捨てて、ヘンリエッタとの結婚を選んだ。ところが、式の当日5分前に現われたキャリーが離婚したと告げる。チャールズの心は激しく惑わされるが…。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
VHS版
チャールズ ヒュー・グラント 井上倫宏
キャリー アンディ・マクダウェル 山崎美貴
フィオナ クリスティン・スコット・トーマス 宮寺智子
ガレス/ギャレス サイモン・キャロウ 宝亀克寿
マシュー ジョン・ハナー 山路和弘
トム ジェームズ・フリート 斎藤志郎
スカーレット シャーロット・コールマン
デヴィッド デヴィッド・バウアー
ハミッシュ コリン・レッドグレイヴ
ヘンリエッタ アンナ・チャンセラー
司祭 ローワン・アトキンソン

※wikipedia参照

エクスペンダブルズ(シリーズ)

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション [Blu-ray]

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』(The Expendables 3)は、パトリック・ヒューズ監督、シルヴェスター・スタローンとクレイトン・ローゼンバーガー、カトリン・ベネディクト脚本によるアンサンブル・アクション映画。2012年の映画『エクスペンダブルズ2』の続編で、シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、アントニオ・バンデラス、ジェット・リー、ウェズリー・スナイプス、ドルフ・ラングレン、ケルシー・グラマー、ランディ・クートゥア、テリー・クルーズ、ケラン・ラッツ、ロンダ・ラウジー、グレン・パウエル(英語版)、ビクター・オルティス、ロバート・ダヴィ、メル・ギブソン、ハリソン・フォード、アーノルド・シュワルツェネッガーらが出演する。北米で2014年8月15日に公開された後、約2か月半後の11月1日に日本で公開された。本作はシリーズ初の映倫区分G指定である[3](1作目はR15+指定、2作目は劇場公開版はPG12指定でソフト版は無修正でR15+指定)[注 1]

あらすじ

バーニー・ロス率いる命知らずの傭兵部隊「エクスペンダブルズ」は、スワジランドにて収監されている元エクスペンダブルズの最初期メンバーであるドクター・デス、通称ドクの救出作戦をクリスマス、ガンナー、トールら4名で実行し、無事成功。メンバーにドクを復帰させ、すぐさま次の任務へ移る。CIAより、武器の密売組織のリーダーであるミンズという男の排除と武器取引の阻止を依頼されていたエクスペンダブルズは、アフリカのソマリアにあるモガディシュの港にてメンバーの1人であるヘイルと合流し、さっそく作戦を実行。作戦はドクの活躍もあって順調に進むかと思えた。ところが、いざミンズを狙撃する段階になってバーニーとドクの二人は驚愕した。なんとミンズの正体とは過去にバーニーと袂を分かち、殺されたはずの元エクスペンダブルズ最初期メンバーの1人、コンラッド・ストーンバンクスだったのだ。ストーンバンクスらの応戦によって逆に返り討ちにされたバーニーらの作戦は失敗、さらにはメンバーのヘイルがストーンバンクスからの狙撃を受け、重傷を負い意識不明に陥ってしまう。ヘイルをアメリカの病院に入院させたバーニーの元にCIAの作戦担当指揮官であるマックス・ドラマーが現れ、作戦の失敗を責めるが引き続きストーンバンクスの排除をバーニーに申し付ける。バーニーは強大な力を持つストーンバンクスを相手にするにはさらに犠牲がでる可能性を否定できず、これ以上現メンバーを失いたくない彼はチームの解散を宣言。新たに若い命知らずの隊員を集め、捨て身の作戦を決行しようとする。この事にクリスマスらは激怒し反発するがバーニーの考えは変わらず、かつてバーニーと共に戦ったことのある元傭兵で今は傭兵のヘッドハンティングや斡旋業を行っているボナパルトに依頼して新たなメンバーを集める。その途中、ガルゴという経歴を詐称してまでメンバーへの参加を申し出た元スペイン軍の男をあしらいつつ、バーニーは元アメリカ海兵隊員のジョン・スマイリー、天才ハッカーで電子工作に長けるソーン、優秀な射撃手で武器の取り扱いに長けるマーズ、接近戦のプロである女戦士のルナの4名を新たに仲間に加わる。ドラマーからの依頼で急きょストーンバンクスを排除でなく生け捕りにするという注文の変更となったことを不服としながらも、バーニーはライバルの傭兵であるトレンチに依頼し、ストーンバンクス一味が潜伏するルーマニアに侵入。ブカレストで武器取引を行おうとしていたストーンバンクスを急襲し捕縛に成功する。作戦は成功したかに見えたが、トレンチの待つ空港へ移動中にストーンバンクスの手下らの逆襲を受け、ストーンバンクスを奪還された挙句、バーニーを除く新人4名は拉致されてしまう。バーニーは新人らを奪還するべく、単身でストーンバンクスが根城にしているアズメニスタンという小国へ向かおうとするが、そこにかつて協力を断られたガルゴが現れ、さらにクリスマス、ガンナー、トール、ドクらエクスペンダブルズのメンバーらも集結。さらにドラマーもトレンチと今は彼の配下として働く元メンバーのイン・ヤンを雇い入れ、アズメニスタンへ向かう。かくしてバーニーたちは、ストーンバンクス一味によって買収されたアズメニスタン軍の待ち構える戦場での、死闘の火蓋が今切られる。

キャスト

日本語吹替はDVD・BD版のもの。

バーニー・ロス
演 – シルヴェスター・スタローン / 日本語吹替 – ささきいさお[6][7]
傭兵部隊「エクスペンダブルズ」のリーダー。早撃ちの名手でキンバーゴールドコンバットⅡ45ACPの二丁拳銃と、コルト・シングル・アクション・アーミーを愛用。航空機の操縦などにも長ける。悪人には容赦しない性格で非常に仲間思いであり、本作では現メンバーらを思ってあえて新チームの結成に乗り出すこととなる。
リー・クリスマス
演 – ジェイソン・ステイサム / 日本語吹替 – 山路和弘[7]
傭兵部隊「エクスペンダブルズ」のメンバーの1人。元SAS隊員でナイフ術のエキスパート。バーニーの右腕ともいうべき存在であったが、突如チームの解散宣言をされて激怒する。それでも当初はバーニーの指示に従っていたが、結局アズメニスタンに単身乗り込もうとする彼に他メンバーと共に合流する。
イン・ヤン
演 – ジェット・リー / 日本語吹替 – 池田秀一[7]
傭兵部隊「エクスペンダブルズ」の元メンバーの1人で、現在はトレンチの配下になっている。マーシャルアーツの達人であるが本作では披露しておらず、終盤ドラマー、トレンチと共にヘリによる空襲を行う。
ガンナー・ヤンセン
演 – ドルフ・ラングレン / 日本語吹替 – 大塚明夫[7]
傭兵部隊「エクスペンダブルズ」のメンバーの1人。射撃と空手の名手。前々作では薬物依存症に陥ってチームを放逐され、一時的に敵対もしていた。前作以上に飲酒癖がついたのか酒の入ったスキットルを常備している。終盤、使い方もわからないのにソールが残していたウェアラブルコンピュータを勝手に装備して戦場に赴き、他メンバーから呆れられるがそれによってメンバーらの窮地を救うこととなる。
トール・ロード
演 – ランディ・クートゥア / 日本語吹替 – 木下浩之[7]
傭兵部隊「エクスペンダブルズ」のメンバーの1人。破壊工作と格闘技のプロ。見た目に反してナイーブな性格をしている。
ヘイル・シーザー
演 – テリー・クルーズ / 日本語吹替 – 西凜太朗[7]
傭兵部隊「エクスペンダブルズ」のメンバーの1人。銃火器のスペシャリスト。チームのムードメーカー的存在の黒人。ソマリアでの戦闘でストーンバンクスから狙撃されて重傷を負い、意識不明になってしまう。
トレンチ
演 – アーノルド・シュワルツェネッガー / 日本語吹替 – 玄田哲章[6][7]
民間軍事会社の経営者。「エクスペンダブルズ」のライバルだが、今回はバーニーを気遣ったり彼らの作戦に参加する等、かなり協力的になっている。

新キャラクター

ガルゴ
演 – アントニオ・バンデラス / 日本語吹替 – 東地宏樹[7]
元スペイン軍の傭兵。かなりのベテランであるが常に五月蠅く喋り続ける性格のために傭兵仲間から煙たがられている。ボナパルトら傭兵斡旋業でもブラックリストに入れられているらしく、「殺ししか特技がない自分に仕事をくれ」と経歴を詐称してまでバーニーらに近づく。だが、腕は確かで接近戦ではかなりの戦闘力を発揮する。実は過去にある作戦に参加して失敗し、仲間をすべて失ったという暗い過去を持っている[注 2]。ちなみにバンデラスは過去にスタローン主演の映画『暗殺者』で主人公の敵暗殺者役を演じていた。
ドクター・”ドク”・デス
演 – ウェズリー・スナイプス / 日本語吹替 – 江原正士[6][7]
傭兵部隊「エクスペンダブルズ」のメンバーでナイフ術の達人。元衛生兵であり、応急処置などの医療技術も高い。エクスペンダブルズ結成時の最初期メンバーの1人だったが、某国の要人暗殺に失敗し刑務所に入れられていた。ちなみにこのことをガンナーらに問い詰められた際には、脱税が理由と答えていた[注 3]。メンバーの増員のためにバーニーらによって移送中に脱獄を果たし、彼らに合流する。ちなみに彼の役を演じるスナイプスは、過去にスタローン主演の映画『デモリションマン』に敵役で共演している。
ジョン・スマイリー
演 – ケラン・ラッツ / 日本語吹替 – 浪川大輔[7]
バーニーが集めた新たなエクスペンダブルズメンバーの1人。元米海兵隊員で過去の作戦で仲間を失ったことから失意で除隊。メキシコで八百長ボクシングをして小金を稼ぐ日々を送っていた。銃器の取り扱いや格闘術のスキルを持つほか、バイクの操縦技術に長ける。
ルナ
演 – ロンダ・ラウジー / 日本語吹替 – 佐古真弓[7]
バーニーが集めた新たなエクスペンダブルズメンバーの1人で女性。高い近接格闘能力を持っておりクラブの用心棒を務めていた。当初はバーニーからホステスと勘違いされたが、屈強な男達を瞬く間に倒したことから気に入られ、スカウトされる。
ソーン
演 – グレン・パウエル(英語版) / 日本語吹替 – 小松史法[7]
バーニーが集めた新たなエクスペンダブルズメンバーの1人。凄腕のハッカーでかつてシアトルの市街を3日間も機能不全に追い込んだことがある。作戦時には腕にウェアラブルコンピュータを装備し、ハッキングなどの電子工作や小型の無人偵察機の操作に用いるなどハイテク機器に精通している。趣味がロッククライミングなどのエクスストリームスポーツであり、身体能力も高い。
マーズ
演 – ビクター・オルティス / 日本語吹替 – 長谷川俊介[7]
バーニーが集めた新たなエクスペンダブルズメンバーの1人。米国防高等研究計画局で最新の兵器の開発にかかわるエリートの軍人。最新の兵器の扱いに長ける他、ボクシングなど近接格闘にも長ける。
ボナパルト
演 – ケルシー・グラマー / 日本語吹替 – 土師孝也[7]
傭兵斡旋業者。バーニーとは旧知でかつては傭兵をしており、同じ戦場で戦っていたこともある。
コンラッド・ストーンバンクス
演 – メル・ギブソン / 日本語吹替 – 磯部勉[7]
武器密売組織のリーダー。ミンズという偽名で活動している。表向きは美術商で美術品にはX線検査などが輸出入時に行われないことを武器密売に利用している。元エクスペンダブルズのメンバーであり、バーニーやドクと同じ結成時の最古参だったが武器密売などの道に走ったことでバーニーらと袂を分かち、彼の手によって殺害されたはずだった。しかし本人によると、防弾衣を身に着けていたから助かったとのこと[注 4]
核兵器などの大量破壊兵器密売や民族虐殺などにかかわっており、ドラマーらCIAが排除しようとしていたが国際司法裁判所にて戦犯として裁かれることとなり、バーニーらへの依頼が急きょ生け捕りへ変更となる。多数の重武装の手下を引き連れているほか、自身の戦闘能力も高くリボルバー式の大口径拳銃S&W M500を愛用しており、劇中ヘリコプターに乗っている状態でヘイルをライフル狙撃で打ち倒すなどした。豪胆な性格でバーニーらに捕縛された時も一切臆するどころか挑発し返し、終盤、買収した軍が役立たずと見るや単身で拳銃片手にトラックで現場に乗り付け、バーニーと一騎打ちを行った。本作の敵役であり冷酷非情な人物でもあるが、妻に絵画をプレゼントするといった家庭人の一面も持ち合わせている。また本人曰く、娘もいるらしい。
ゴラン・ヴァータ
演 – ロバート・ダヴィ / 日本語吹替 – 斉藤次郎[7]
ストーンバンクスと兵器の取引を行っている男。核兵器をストーンバンクスより入手しようとする。
クリュッグ[注 5]
演 – イヴァン・コスタディノフ / 日本語吹替 – 藤原貴弘
ストーンバンクスを警護する部隊のリーダー。顔に大きな傷がある。
刑務所長
演 – スラヴィ・スラヴォフ
ドクを移送する予定だった特殊刑務所の所長。ドクによって刑務所に列車を突っ込まれ死亡する。
ルーク
演 – ヴェリザール・ビネヴ / 日本語吹替 – 古屋家臣
モスクワの美術商。ストーンバンクスに300万ドルで絵画を売る。
マックス・ドラマー
演 – ハリソン・フォード / 日本語吹替 – 村井國夫[6][7]
CIA作戦担当指揮官。彼の部下を殺したミンズことコンラッド・ストーンバンクスの排除を指揮しており、バーニーにその依頼を行っていた。元アメリカ空軍でパイロットをしており[注 6]、終盤、自らヘリコプターを操縦し、空襲やヘリ同士の空中戦を行う。※wikipedia参照

エンダーのゲーム

エンダーのゲーム ブルーレイ [Blu-ray]

 

エンダーのゲーム』(Ender’s Game)は、オースン・スコット・カードによる同名の小説を原作とした2013年のアメリカ合衆国のSFアクション映画である。監督・脚本はギャヴィン・フッドが務め、エイサ・バターフィールドが主人公のエンダー・ウィッギン(英語版)を演じる。他にハリソン・フォード、ベン・キングズレー、アラミス・ナイト、ヘイリー・スタインフェルド、ジミー・ピンチャク(英語版)、ヴィオラ・デイヴィス、アビゲイル・ブレスリンが共演する。日本では、映画配給の英語に『Distributed by BUENA VISTA INTERNATIONAL』で表記される作品としては本作が最後である。『ニード・フォー・スピード』以降は『Distributed by WALT DISNEY STUDIOS MOTION PICTURES INTERNATIONAL』が表記される。

キャスト

※()は日本語吹き替え

  • アンドリュー・”エンダー”・ウィッギン(英語版)[5] – エイサ・バターフィールド(逢坂良太)
  • ハイラム・グラッフ大佐(英語版)[6] – ハリソン・フォード(磯部勉)
  • ペトラ・アーカニアン(英語版)[7] – ヘイリー・スタインフェルド(佐藤聡美)
  • ヴァレンタイン・ウィッギン(英語版)[6][7] – アビゲイル・ブレスリン(白石涼子)
  • メイザー・ラッカム(英語版).[8] – ベン・キングズレー(麦人)
  • グウェン・アンダースン少佐[9] – ヴィオラ・デイヴィス(斉藤貴美子)
  • ビーン(英語版)[6] – アラミス・ナイト(沢城みゆき)
  • アーライ[6] – スラージ・パーサ(桑島法子)
  • ボンソー・マドリッド[6] – モイセス・アリアス(内山昂輝)
  • ディンク・ミーカー[6] – カイリン・ランボ(木村昴)
  • ピーター・ウィッギン(英語版)[6]ジミー・ピンカク(英語版)(阪口周平)
  • ダップ軍曹[10]ノンソー・アノジー(英語版)(乃村健次)
  • バーナード[6] – コナー・キャロル(田谷隼)
  • スティルソン[11] – カレブ・J・タガード
  • ジョン・ポール・ウィッギン(英語版)[10] – スティーヴィー・レイ・ダリモア(志村知幸)
  • テレサ・ウィッギン(英語版)[10] – アンドレア・パウエル(田中敦子)
  • フライ・モロ[8] – ブランドン・スー・フー(朝比奈拓見)
  • シャムラジナガル提督 – トニー・マーカンダニ(大友龍三郎)
  • パイロットの声(カメオ出演)[12] – オースン・スコット・カード
    ※wikipedia参照

パワー・ゲーム

パワー・ゲーム スペシャル・プライス [Blu-ray]

 

パワー・ゲーム』(原題: Paranoia)は、2013年にアメリカ合衆国で製作されたスリラー映画。ジョゼフ・フィンダー(英語版)の小説『侵入社員』を原作にしており、ロバート・ルケティックが監督を務めた。出演はリアム・ヘムズワース、ゲイリー・オールドマン、アンバー・ハード、ハリソン・フォード。

ストーリー

巨大IT企業「ワイアット社」に勤める青年アダムは、野心家だがなかなか結果を出せずにいた。ある日、アダムは自身の失敗の腹いせに会社の経費を私的流用してしまい、これがCEOであるワイアットに発覚してしまう。終わりを覚悟するアダムだったが、ワイアットは彼に極秘である命令を下す。それはワイアットの長年のライバルであるゴダードがCEOを務める巨大IT企業「アイコン社」に潜入し、新製品の情報を盗み出せというものだった。

ワイアットに弱みを握られてしまったアダムは断ることもできず、「アイコン社」に社員として潜入することになる。そこでアダムは幹部職員のエマと親密な仲になり、次第にゴダードからも信頼を勝ち得ていくのだった。今までとは打って変わった生活に酔いしれるアダムだったが、彼を待っていたのはワイアットとゴダード、二人の経営者の恐るべき本性だった。

キャスト

※()は日本語吹き替え

  • アダム・キャシディ – リアム・ヘムズワース(小松史法)
  • ニコラス・ワイアット – ゲイリー・オールドマン(山路和弘)
  • エマ・ジェニングズ – アンバー・ハード(佐古真弓)
  • ジョック・ゴダード – ハリソン・フォード(村井國夫)
  • ケヴィン – ルーカス・ティル
  • Dr.ジュディス・ボルトン – エンベス・デイヴィッツ
  • マイルス・ミーチャム – ジュリアン・マクマホン
  • エージェント・ギャンブル – ジョシュ・ホロウェイ
  • フランク・キャシディ – リチャード・ドレイファス(魚建)
  • アリソン – アンジェラ・サラフィアン(英語版)
    ※wikipedia参照

42 〜世界を変えた男〜

42~世界を変えた男~ [Blu-ray]

 

42 〜世界を変えた男〜』(42 せかいをかえたおとこ、原題: 42)は、2013年制作のアメリカ合衆国の映画。

アフリカ系アメリカ人初のメジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソンを描いた作品。タイトルの「42」とはロビンソンが付けていた背番号で、現在アメリカの全ての野球チーム(メジャーはもとより、マイナーリーグ、独立リーグ、アマチュア野球に至るまで)で永久欠番となっている。

アメリカとカナダでは公開から3日で、2730万ドル(約27億円)を売り上げて初登場1位となり[3]、野球映画史上最高のオープニング記録を打ち立てた[4]

あらすじ

1947年、ブルックリン・ドジャース(ロサンゼルス・ドジャースの前身)のゼネラルマネージャー・ブランチ・リッキーは、ニグロリーグでプレーしていたアフリカ系アメリカ人のジャッキー・ロビンソンを見出し、彼をチームに迎え入れる事を決める。

だが、当時はまだ黒人差別が激しく、メジャーリーグも白人だけのものだった事から、彼の入団は球団内外に大きな波紋を巻き起こす。

案の定、ロビンソンは他球団はもとより、味方であるはずのチームメイトやファンからも差別を受けてしまい、孤独な闘いを強いられる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ジャッキー・ロビンソン チャドウィック・ボーズマン 三宅健太
ブランチ・リッキー ハリソン・フォード 勝部演之
レイチェル・ロビンソン ニコール・ベハーリー 根本圭子
レオ・ドローチャー クリストファー・メローニ 落合弘治
ウェンデル・スミス アンドレ・ホランド 小森創介
ピー・ウィー・リース ルーカス・ブラック あべそういち
ラルフ・ブランカ ハミッシュ・リンクレイター 野沢聡
ディクシー・ウォーカー ライアン・メリマン
カービー・ヒグビー ブラッド・バイアー
エディ・スタンキー ジェシー・ルケン
ベン・チャップマン アラン・テュディック
レッド・バーバー ジョン・C・マッギンリー
ダッチ・レナード C・J・ニコースキー
クレイ・ホッパー ブレット・カレン
ハロルド・パロット T・R・ナイト

※wikipedia参照

カウボーイ & エイリアン

カウボーイ&エイリアン 未体験ロング・バージョン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

 

カウボーイ & エイリアン』(原題: Cowboys & Aliens)は、2011年のアメリカ映画。2006年発売のグラフィックノベル『カウボーイ & エイリアン』の実写映画化作品である。

ストーリー

1873年、アリゾナ準州、一人の男(ダニエル・クレイグ)が真昼の砂漠で目ざめた。男は記憶を失なっており、右腹に深い傷を負っていた。身につけているのはボロボロの下着と、左手にはまった奇妙な金属製の腕輪のみ。近くには見知らぬ女性が写った小さな写真が落ちていた。男は死に物狂いで腕輪を外そうとするが、どうしても外れない。そこに3人のならず者達が通りかかり、男が丸腰であるのを見て、追いはぎを行なおうとするが、逆に男は瞬く間に3人のならず者達を殺傷し、彼らの衣服、武器、荷物そして馬を奪う。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ジェイク・ロネガン ダニエル・クレイグ 小杉十郎太
ウッドロー・ダラーハイド大佐 ハリソン・フォード 磯部勉
エラ・スウェンソン オリヴィア・ワイルド 小松由佳
ドク サム・ロックウェル 家中宏
ナット・コロラド アダム・ビーチ 遠藤純一
パーシー・ダラーハイド ポール・ダノ 平川大輔
エメット・タガート ノア・リンガー 小林翼
ジョン・タガート保安官 キース・キャラダイン 小島敏彦
ミーチャム クランシー・ブラウン 菅生隆之

※wikipedia参照

1 2 3 46