「将軍家光の乱心・激突」を見た

今回は少しだけネタバレ文がありますので、
知りたくない方は【※ここまで】の文までにされることをオススメします。

「将軍家光の乱心・激突」は1989年に公開された映画で、監督は降旗康男さんです。降旗監督の作品で特に有名なところ(私が知っている)ですと、「鉄道員(ぽっぽや)」「極道の妻たち 三代目姐」など。まだまだ有名な作品があります。尚、アクション監督は千葉真一が担当しています。

「将軍家光の乱心・激突」は何度か見ている映画です。結構好きです。こういう少数精鋭で大軍団と戦う系のストーリーは結構好きです。しかも、この映画は、この時代の歴史にあまり詳しくない人でも十分、内容を理解できると思います。

しかし残念なのは、せっかく歴史の知識なしに楽しめる映画なのに、何故、客層にかたよりが出るような、こんなタイトルにしたのでしょう・・・。「将軍家光の乱心・激突」ではなく、ただの「激突」で良かったのではないかと。このタイトルを見ると、映画を見ようと思う人は、歴史好きに限られてしまうのではと思うわけです。最低でも、デートでは見ませんね。ま、どちらにしてもデートでは見ないか。。

さてさて、つべこべ言わずに内容について簡単にご説明しましょう。
尚、ご説明する内容は歴史の史実ではなく、あくまでも映画のストーリーですので予めご了承ください。

時は、江戸時代が始まって間もなくという頃。
徳川幕府の3代目将軍である徳川家光が日本を支配していました。
徳川家光の跡を継ぎ4代目の将軍となる「竹千代」はまだ幼く、保養で温泉に入りに行っていました。
そんな頃、江戸城では「竹千代は自分に似ていないから」という理由で、
頭がおかしくなった家光が、我が子を殺すべく竹千代の保養地に刺客を送ります。
竹千代を補佐する大人たちは、もう将軍職はあきらめて、このまま逃げようかとも考えますが、
さすが、将軍になるべき人物、竹千代は江戸城に行って家光と対決(?)することを決意。
その江戸までの道中を守る為に、7人の浪士が竹千代を刺客から守るというストーリーです。

2010年にリメイク公開された「13人の刺客」や
黒澤監督の「7人の侍」が思い出される少数精鋭VS大人数という設定です。

主役は、今は亡き緒形拳さん。脇を長門裕之さんが固め、悪役はアクション監督でもある千葉真一が刺客の首領を兼務。
頭がおかしい様子の徳川家光を京本政樹。
間違えている家光を本当は止めたいのだけど、でもやっぱり家光のことが一番大切だから・・・的な補佐役として丹波哲郎。
【※ここまで】

戦いについては、緒形拳さんと千葉真一さんの戦いが最終的な見どころですね。
そして、本当の見どころは、そこまでやって、多くの犠牲を払って、
ようやく江戸に辿り着いた竹千代が、果たして狂った家光とどう対峙するのか、です。本当に最後の最後。

ちなみに、この映画には、湘南爆走族のアキラ役で名前を売り出せるかという頃の織田裕二さんも護衛の7人の一人として登場しています。7人の一人でありながら登場シーンは多くありませんが印象に残る役を任されています。ここから織田裕二さんも名前を売り出していったのでは。

タイトルを決める時にもう少しエンターテイメント性を考慮できていれば、
「天と地と」ばりにスケールを大きくできたのではと思う今日この頃です。
ま、スケールを大きくして、見たらスケールが小さいというパターンもあるので何とも言えませんが。

さすが千葉さんの演出か、長門さんが全身燃えながら戦うシーンが
結構コーマーシャルされていたのが記憶にあります。

もし良ければ、是非見てみてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です