若き日の信長の苦悩

皆さん、ご存知の織田信長。とにかく、沢山の本やドラマや映画で色んな人物像に描かれる彼は、見た物によって、また沢山の人物イメージを持たれていると思います。日本人にとって良くも悪くも、最も印象深い歴史人物の一人でしょう。

さて、「戦国時代の覇者」と言われるこの人物は、志半ばで死んでしまいますが、日本列島で戦いに戦いを繰り返した時代を終わらせる流れを作った主要な人物です。そして、それまでの日本人の価値観、特に国の運営の仕方や戦争の仕方に革命を起こした人物でもあります。

信長が覇者となるまでのストーリーの始まりは、やはり今川義元を倒した時でしょう。
この今川義元という人物は、当時の最高権力者である足利幕府(今で言う日本政府)にとって、家系も良く実力もあるいということで、実質的には力がなくなっていた足利幕府に代わる最有力候補でした。歴史に「たられば」は禁句ですが、この時の戦いで、信長がもし今川義元に倒されていたとしたら、今川義元が天下を統一していたかもしれません。それ程に力がありました。

当時は、武田信玄や上杉謙信や斎藤道三など今でも有名な戦国時代のスターたちがいる時代です。
彼らよりも後輩であり、まだ無名だった信長が、いきなり、大スターの一人である今川義元を倒したわけですから、それらの先輩スターたちも驚いた筈。ま、最低でも、生意気な奴だとは思ったでしょう。

では信長は、その後、その諸先輩方に対して、どのような態度をとったのでしょうか。今川義元と同じように彼らを敵対視して、挑発的な態度をとったのでしょうか。

実は、まったく逆です。
当時の信長は今川義元に勝利したと言えど、まだまだ弱小大名であり、彼らには、とても勝てる体力を持っていませんでした。そこで、信長は、武田信玄に対して、自分の長男と信玄の娘の結婚を懇願。上杉謙信に対しては貢物と一緒に謙信を師と仰ぐようなへりくだった手紙を送っています。しかも何度も。。斎藤道三に至っては、道三の娘と信長は結婚し、義理の息子になっています。

「織田信長」と言うと、生まれてから「うつけ者」と言われた若い時期と、ある程度、勢力を持った時期のイメージが強いと思いますが、まだ駆け出しの頃は、こういう細かい配慮や政治をしていたのです。

信長は、様々な史実に共通してプライドが高い人物として描かれています。そんな彼にとってこの時期は、人が思う以上に悩ましい時期だった筈。

確かに、誰かにへりくだる信長さんは見たくないかも。。。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です