「蒼天航路」を読んでみた

蒼天航路は原作・原案が李學仁(イ・ハギン)、漫画が王欣太(キング・ゴンタ)の作品です。蒼天航路で描かれているのは、皆さんご存じの三国志の世界。

「三国志」とは、魏(ぎ)、呉(ご)、蜀(しょく)という3つの王朝が一時代に興り、覇権を争った時代を指します。魏を興す曹操(そうそう)、呉を興す孫権(そんけん)、蜀を興す劉備(りゅうび)を中心とした様々な英雄たちが登場し、歴史ドラマを展開します。

この漫画が珍しいのは、日本人が信じる「三国志」とは違う「三国志」を内容の素材としていること。どういうことかと言うと、日本で広く親しまれている「三国志」の正式名称は「三国志演義」です。多くの日本人が歴史の史書として認識しているこの本は、中国の「四大奇書」と呼ばれており、後世に書かれた歴史小説です。つまり、歴史書ではないんです。

「三国志演義」は、三国志の時代から明の時代にかけて講談師(話しを聞かせる人)が作った紙芝居の内容を素材としており、人の噂やイメージなどが多分に含まれている内容です。
横山光輝氏が描く三国志は、この「三国志演義」を素材としています。

蒼天航路が素材とする「三国志」は歴史書の方の「三国志」です。これを「三国志正史」と呼びます。こちらは、中国で正式に認められた歴史書です。中国の王朝では、次の王朝の歴史書担当が前の王朝の歴史を書くという暗黙のルールが決められているそうです。なので、三国志の次の晋の時代の歴史家が書いたのが、この「三国志正史」です。

「三国志演義」は、四大奇書と呼ばれるだけあって、怪奇的なストーリーが含まれています。また、「三国志正史」と大きく違う点は、「三国志演義」の善玉が蜀の劉備であり、悪玉は魏の曹操です。「三国志正史」は小説ではないので、善玉も悪玉もありませんが、正統は、あくまでも曹操になっています。

前述した通り、中国の王朝の正史は、次の王朝の歴史家が書くので、三国志の後の王朝である晋が王朝を引き継いだのが三国志の魏である以上、魏を正統にしなくてはいけなかったということですね。

蒼天航路に描かれる三国志の英雄たちは、「三国志演義」のような善玉、悪玉という観念が無い為か、登場する人物たち全員に哲学やドラマがあり、英雄として格好良いキャラクターになっています。

次回から、蒼天航路の世界を詳しくご紹介しちゃいます!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です